ホーム取引所海外の仮想通貨取引所で魅力的なのはどこ!?国内にはないメリット&デメリットを徹底解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.05.11 最終更新
はる

海外の仮想通貨取引所で魅力的なのはどこ!?国内にはないメリット&デメリットを徹底解説!

仮想通貨,取引所,海外

近年、海外の仮想討通貨取引所が相次いで日本人の利用を停止しています。それでも海外の仮想通貨取引所でトレードをする魅力はどこにあるのでしょうか。今回はそんな海外の取引所に目を向けて国内にはない魅力をお伝えします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
はるはる

こんにちわ、はるです。金融庁による海外の仮想通貨取引所に対する規制が厳しい中、それでも海外の取引所を利用する魅力やメリットはどこにあるのかを今回ご紹介します!!

目次

海外の仮想通貨取引所の日本人利用が相次いで禁止されている!?

仮想通貨,取引所,海外

近年、仮想通貨取引が盛況になっていますが、一方で海外の仮想通貨取引所が相次いで日本人の取引所利用を禁止している事を知っていますか?

最近、日本人の利用を禁止した海外の取引所は以下になります。

  • HITBTC
  • Huobi
  • KuCoin
  • Kraken
  • Gate
  • Bigone

上記のとおり、なんと6社もの海外仮想通貨取引所が相次いで日本人の利用を禁止しているのです。

はるはる

これほど一斉に海外の取引所が日本人向けサービスを停止したのは初の事例と言われているほどですが、なぜこんな事態に陥ったのでしょうか…!?

それは、日本の金融庁による海外の仮想通貨取引所規制が主な原因と言われています。

今回は、そんな国内にはない海外の仮想通貨取引所を利用する魅力的なメリットやデメリットはなんなのか?

また、海外仮想通貨取引所を選ぶ際の重要ポイントやおすすめの取引所5選等をご紹介していきます。

金融庁による海外仮想通貨取引所への規制

金融庁による海外の仮想通貨取引所規制は、これまでも当然行われてきました。

基本的に、日本では国内の各仮想通貨取引所が取り扱う通貨は、金融庁がホワイトリストに指定している通貨しか上場できない状況にあります。

はるはる

そんな中、日本人の投資家たちは、よりボラティリティ(収益率)の高い仮想通貨トレードを行う為に海外の取引所を使用しているんですね!!

しかし、2018年初頭に発生した国内の取引所コインチェックのハッキング事件以来、金融庁の規制が一気に強まる要因の一つにもなりました。

プロジェクト側はICOを行う事も難しく、新規トークンの発行や新規の取引所開設に必要な交換業の免許交付なども実質的に差し止め状態となっているのが現状です。

アメリカの仮想通貨取引所コインベースが日本へ進出予定

このような国内の仮想通貨取引所に対する金融庁の厳しい規制の中、アメリカ最大の大手取引所コインベースが日本へ進出予定である事を発表しました。

次々と海外の大手仮想通貨取引所が日本から徹底する中、コインベースが日本進出の決めた方法はまたたく間に話題となりました。

日本経済新聞によると、日本の個人投資家の売買頻度が高い点がコインベースの日本進出理由の一つとされています。

「日本は仮想通貨の手数料が高く、個人投資家には不満も根強い。コインベースなどの参入で手数料全体が引き下げられれば、仮想通貨市場のすそ野拡大に寄与しそうだ。」



日本国内でも難しく撤退する取引所が多い中、金融庁からの規制、コストが高いセキュリティ問題をコインベースは既にクリアしているのかは気になるポイントですね。

はるはる

また、仮想通貨取引所間での競争が激化している手数料の値下げなども今後コインベースの動向に期待する価値はありますね!!

アメリカの大手取引「コインベース」の魅力についてはコチラの記事でたっぷり解説しています。



国内にはない!?海外の仮想通貨取引所の魅力とメリットをご紹介

仮想通貨,取引所,海外

国内の取引所とは一味違った海外仮想通貨取引所の魅力的なメリットはどこにあるのでしょうか。

ここでは、海外の仮想通貨取引所を利用するメリットをいくつかご紹介します。

メリット①取引量が圧倒的に多い

仮想通貨取引において、「1日の取引高が多いほど自分が出した注文が成立しやすくなる」というメリットがあります。

もちろん人気の高い銘柄ほど取引量は多く流動性は高くなりますが、世界には何百という数の仮想通貨取引所が存在します。

仮想通貨,取引所,海外



上記表は、「CoinMarketCaps」による世界の仮想通貨取引所24時間取引高ランキングになります。

この表を見ても分かる通り、日本国内では取引高が多い仮想通貨取引所でも、世界的に見た場合にはトップ10にもランクインしていない事がわかります。

仮想通貨,取引所,海外


18位になってようやく「Bitbank(ビットバンク)」がランクインしているのが現状です。

はるはる

このように、海外の仮想通貨取引所を利用するメリットとして、国内とはケタ違いの取引高がある点は非常に魅力的と言えるでしょう!!

メリット②取り扱い仮想通貨の種類が多い

仮想通貨取引をする時、あなたは自分が購入したい銘柄を取り扱っている仮想通貨取引所を利用しますよね。

日本国内では、前述したように金融庁が認めたホワイトリストに入っている仮想通貨しか取引所では売買できません。

しかし、海外であれば日本ほど仮想通貨取引に対する規制が厳しくないので、アルトコインの取り扱い種類が圧倒的に多いのが特徴です。

2018年9月現時点では、日本国内で一番仮想通貨の取り扱い数が多いのは「Zaifの10種類」となっています。

では、海外の仮想通貨取引所では一体どのくらいの取り扱い数があるのでしょうか。

海外の仮想通貨取引所 / 仮想通貨取り扱い種類
Cryptopia 500種類以上
Coinexchange 400種類以上
Bittrex 200種類以上



上記表を見ると、なんとアルトコイン500種類以上もの取り扱いがある取引所も存在するのです。

当然ですが、全てのアルトコインに価値があるわけではないので、単純に「アルトコインの取り扱い種類の多さ=人気の取引所」にはなりません。

はるはる

取引高世界一を誇る取引所「Binance」でも約100種類の取り扱いがあり、国内とはくらべものにならない数で驚きですね!!

こうした仮想通貨の取扱い種類の多さも、海外の取引所を利用する大きなメリットと言えるでしょう。

メリット③何十倍~何百倍になる可能性のある仮想通貨がある

前述したように、世界の仮想通貨取引所には日本国内では比較にならないほど仮想通貨の取扱い種類が多い事がわかりました。

それは同時に、「自分が購入できるコインが多い=稼ぐチャンスが多い」という図式が成り立ちます。

はるはる

現在も、世界中に存在するアルトコインの中には、将来的に何百倍にも価格が暴騰する可能性を秘めたアルトコインがある事になりますね!!

数ある草コインの中から、お宝探しのように価値のあるアルトコインを自分なりに見つける事ができるのもまた魅力と言えるでしょう。

メリット③アルトコインの取引手数料が安い

日本国内の仮想通貨取引所では、「取引手数料無料」を掲げている取引所は多いですが、そのほとんどはビットコインのみで、アルトコインの取引手数料が高い傾向にあります。

しかし、海外の仮想通貨取引所はビットコインよりむしろアルトコインを中心に取引が盛んに行われています。

その為、国内でアルトコインのトレードをした時よりも海外の方が取引手数料が安く済むケースが多いと言われているのです。

はるはる

世界的に有名な仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」では、アルトコインを含んで一律0.1%でトレードが可能となっていますのでお得ですね!!

また、国内では難しいアルトコインでの指値注文(Maker)ができる仮想通貨取引所が非常に多いのもまた魅力の一つと言えます。

メリット④日本よりも規制が厳しくない

日本の仮想通貨取引所は、基本的に金融庁の許可を得ないと取引所を運営する事ができません。

さらに、日本人が国内の仮想通貨取引所を利用する際には、「アカウントを登録し身分証を呈示して申請」して利用する場合がほとんどです。

しかし、海外の仮想通貨取引所は日本ほど規制が厳しくない為、アカウント登録に必要なものがメールアドレスだけで良い取引所も存在するのです。

はるはる

このように匿名性が高くお手軽に取引所を利用できるのは嬉しいですね!!

ただ、取引所によっては全機能を利用する為に身分証明をする必要があるところもありますのでその点は注意しましょう。

メリット⑤ハードフォーク等で仮想通貨を貰える場合がある

ハードフォークとは、簡単に言うと「仮想通貨のアップデート」の事を指します。

今では仮想通貨の代名詞となっているビットコインですが、過去に分裂騒動が起きてビットコインキャッシュが誕生しました。

その際に、分裂したビットコインキャッシュが無料配布されましたが、その後は日本国内で貰う事はできませんでした。

これは前述した金融庁による仮想通貨取引に対する規制が高まった為と言われています。

はるはる

もしその時ビットコインキャッシュを無料で貰えていたなら、9月24日時点の価格「1BCH=52,633円」が無料で入手できた事になりますね!!

このように、海外の仮想通貨取引所ではたびたび実施されるハードフォークや分裂騒動によってアルトコインが無料配布される事があります。

これは現在も変わらず行われており、取引所によってはある一定のユーザーの行動によりボーナスとして仮想通貨が貰える場合もあるようです。

海外の仮想通貨取引所を利用する際の注意点とデメリット

仮想通貨,取引所,海外

ここまで、日本国内にはない海外の仮想通貨取引所の魅力的なメリットを挙げてきました。

メリットが存在するという事は必ずデメリットも存在するという事です。
ここでは、海外の仮想通貨取引所を利用する上での注意点やデメリットをご紹介します。

デメリット①日本円の入金が不可能

これから海外の仮想通貨取引所に登録し口座を開設、利用したいと思っている人が一番頭に入れておく事が「海外では日本円の入金ができない」点です。

この点は、国内の仮想通貨取引所で慣れている人ほど、海外の取引所を利用した際に「非常に面倒臭い」と感じる人が多いと言われています。

その為、基本的に海外の仮想通貨取引所を利用する時のプロセスとしては、

  • 日本の仮想通貨取引所でビットコイン等の仮想通貨を購入する
  • 購入した仮想通貨を海外の取引所へ送金する
  • 送金した仮想通貨を利用して海外でトレードをする

という一見して非常に面倒臭い手順を踏まないといけない事がわかります。

ただ、こうしたデメリットを差し引いても、海外の仮想通貨取引所を利用するメリットがあると感じた人は、積極的に海外の取引所を利用した方が良いでしょう。

デメリット②サポート体制が不十分

これから仮想通貨取引を始める人たちにとって欠かせない存在となるのが「仮想通貨取引所のサポート体制」ですよね。

日本国内であれば、メールやスマホアプリ「LINE」を利用できるサポートがあったりサポート体制が整っている所が増えてきています。

しかし、海外の仮想通貨取引所では基本的に国内で期待できるようなサポート体制が整っていないところがほとんどです。

サポート体制があったとしても、メールサポートを含め日本語でなく全て英語のところが多いので、気軽に初心者が質問できないケースが多々見られます。

はるはる

そういった意味でも、海外の仮想通貨取引所でサポート体制を求める英語が苦手な人は、日本語対応した取引所を選ぶようにしましょう!!

デメリット③ほとんどが日本語対応していない

基本的に海外の仮想通貨取引所では、トレード画面をはじめ日本語には対応していない所がほとんどです。

はるはる

その為、Google Chrome等のブラウザに標準装備されている「Google翻訳機能」を使っての自動翻訳を利用するのが一般的になりますね!!

もちろんコンピュータによる自動翻訳ですので、正しい表記になっていないケースも多々見られますが、全て英語表記よりも見やすいという人も居るようです。

どうしても「日本語で海外の仮想通貨取引所を利用したい!」という人は、あらかじめ日本語対応した取引所を選ぶと良いでしょう。

大手の海外仮想通貨取引所で言えば、「BitMex(ビットメックス)」がおすすめです。

デメリット④将来性や価値の全くない仮想通貨も存在する

仮想通貨の種類が多い事はメリットにもなりますが、逆に言えば「全く価値のないコインも多数ある」という意味でもあります。

前述しましたが、確かに海外のアルトコインの中には価格が何百倍にも暴騰する可能性のある草コインが存在します。

しかし、こうした草コインのほとんどが価格が上昇する事なく淘汰されていっているのもまた現状なのです。

はるはる

その為、仮想通貨の種類が多いほど良いわけではない点には注意しましょう!!

デメリット⑤各国の規制や法律が変わって突然閉鎖される恐れがある

過去には、実際中国やイスラム系国家の仮想通貨取引所がいきなり閉鎖になった例があります。

今後、こうした仮想通貨取引所の突然の閉鎖は少なくなると言われていますが、それでも100%安全であるとは言い難いのが現実です。

自分の投資している資産がいきなり0にならないように、取引所は運営会社の信頼性やセキュリティ機能を中心に慎重に選ぶようにしましょう。

【厳選】海外の仮想討通貨取引所のおすすめ5選を厳選して大公開!

仮想通貨,取引所,海外

では実際に、これから海外の仮想通貨取引所を利用しようと思っている人の参考になるように、おすすめの取引所を厳選して5つご紹介します。

不動の取引高世界No.1で安定感抜群!【Binance(バイナンス)】

仮想通貨,取引所,海外



現在、世界でもっとも取引高が多く、勢いのある大手海外仮想通貨取引所と言えばこの「Binance」です。

Binaneは2017年に設立された取引所で、中国の大手取引所である元OKCoinCTO「CZ氏」が現CEOを務めている事でも有名です。

そんなBinanceの魅力はなんといっても、

はるはる

「取引手数料の安さ」と「仮想通貨の取扱いが100種以上」である事ではないでしょうか!!

他の海外のアルトコイン取引手数料は平均0.2%と言われる中、Binanceは「一律0.1%」と低いのがメリットです。

さらに、Binanceが独自発行しているBNBトークンを利用して売買する事でさらに半額の0.05%まで取引手数料を安くする事ができるのです。(ただし段階的に年々、割引率が下がることになっています)

過去に何度か不正アクセスがあったBinanceですが、ユーザーの資産を流出させる事はなかった為にセキュリティに関しても万全であると言えるでしょう。

日本語対応はなくなりましたが、新規上場する通貨投票権もユーザーが持てる点もあり、海外で最も人気の高い仮想通貨取引所でおすすめです。

追証なし!最大100倍のレバレッジ取引が魅力!【BitMex(ビットメックス)】

仮想通貨,取引所,海外



追証なしのレバレッジ取引をしたければ海外の「BitMex」でしょう。

「ある程度の取引高がないと注文が約定しづらい」と言われているレバレッジ取引ですが、BitMexは取引高も世界トップ3に入るほどなので安心です。

日本国内では法律でレバレッジの最大が25倍までと決められていますが、

はるはる

BitMexはなんと100倍レバレッジが可能な点が魅力的です!!

さらに「追証が発生しない」という点で、証拠金以上の損失が発生しないのも大きな特徴と言えます。

レバレッジ専門の取引所のためか手数料はやや高めになりますが、日本語対応もしているので英語が苦手な人も安心です。

ビットコインのレバレッジ取引に飽きた人はぜひこのBitMexのアルトコインFXをしてみてはいかがでしょうか。

海外なのに24時間日本語サポートが魅力的!【bithumb(ビッサム)】

仮想通貨,取引所,海外



世界の仮想通貨取引所の取引高ランキングトップ10に入るほど取引量の多い取引所「bithumb」は、なんとリップルの取引高が世界一で有名です。

韓国に拠点をかまえるbithumbの最大の特徴と言えば、なんといっても「24時間体制で日本語サポートしている」点でしょう。

数ある海外の仮想通貨取引所の中でも、Coinbaseと同じく2019年2月に日本で取引所を開設する予定です。

2018年6月にハッキング事件による被害(約18億円)を受けましたが、被害を最小限に抑え8月には新規口座の開設受付も開始した対応の早さは見事との意見もあるようです。

またbithumbでは、手数料が最大85%安くなるクーポン発行や優良顧客になる事で手数料が「0.01%」になる制度などを導入しています。

金融庁の厳しい審査をクリアし、日本での取引所設立が実現したとするとセキュリティは既に万全の体制と言えるでしょう。

アルトコインの取扱いがケタ違い!【CRYPTOPIA(クリプトピア)】

仮想通貨,取引所,海外



仮想通貨の種類の項目表で前述しましたが、CRYPTOPIAはなんと取り扱い通貨が500種類以上もある仮想通貨取引所として有名です。

「草コイン探しをしたいならCRYPTOPIA」と言われるほどその数は豊富で、

はるはる

将来性が高く価格が低いお宝アルトコインを見つけたいトレーダーには最適ですね!!

ただし、取扱い種類が多いだけに、現実的には詐欺まがいの通貨が紛れているケースも少なくない点には注意しましょう。

急成長中でおすすめの取引所!【CryptGT(クリプトジーティ)】

仮想通貨,取引所,海外



CryptGTは、なんとBitMexよりも取扱いペアが多くその上をいくレバレッジ最大200倍というとんでもない倍率が特徴の仮想通貨取引所です。

CryptGTは、取り扱っている仮想通貨の種類は全8種類と少ないですが、これらの通貨を入金・および証拠金として使用可能である点が画期的と言われています。

はるはる

つまり、今自分がホールドしているアルトコインを、そのままCryptGTで証拠金にしてアルトコインFX取引ができるというわけですね!!

従来のように、ビットコインに変換して取引所へ送金したりする手間が省けるのはメリットと言えるでしょう。

ただ、レバレッジ200倍であれば「1万円で200万円分の取引が可能」となりますが、利益が取りやすい分損失も激しいのでその点は注意しましょう。

日本国内でのトレードに慣れたら積極的に海外の仮想通貨取引所に登録!

仮想通貨,取引所,海外

今回は、日本国内ではなく海外の仮想通貨取引所のメリット、デメリットを中心におすすめの取引所を厳選してご紹介してきました。

日本の仮想通貨取引所での売買に慣れてしまっている人はどうしても海外の取引所へ踏み出す一歩が遅くなる傾向にあります。

ただ、国内で不可能な豊富なアルトコインの取扱いなど魅力がたっぷりあるので、デメリットを補ってトレードする価値のある取引所が多いのも事実です。

近年、不正アクセスやハッキング事件が相次ぐ中、海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、再度以下の点を頭に入れておきましょう。

  • アルトコインの種類は多いが価値のない仮想通貨も多い
  • 日本円での入出金が不可能
  • セキュリティ面が不安な取引所がある
  • 国の規制等により日本人の利用が停止される可能性がある

以上が主な注意点となりますが、こうしたリスクを分散・防止する為にも仮想通貨取引所は複数口座を開設して資産を分散しておきましょう。

複数の取引所に資産を分散させる事によって、

はるはる

ハッキング等の被害があった場合にリスクを最小限にとどめたり回避できるからです!!

国内ではありえない事が起こる」のが、海外の仮想通貨取引所を利用する点で最も気を付けるべきポイントである事を理解しておきましょう。

下記記事にて、あなたに最適な国内・海外の仮想通貨取引所をご紹介していますのでぜひご参考下さい。



最終更新日:2019年05月11日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事