ホームウォレット【最新】仮想通貨モバイルウォレット一覧!実はこんなにあるって知ってた!?
はる

【最新】仮想通貨モバイルウォレット一覧!実はこんなにあるって知ってた!?

仮想通貨,ウォレット,一覧

仮想通貨取引を行う上であると大変便利なのがスマホで使えるモバイルウォレットです。あなたは現在モバイルウォレットがどのくらいの種類があるのかご存知ですか?今回は現時点で利用できる仮想通貨用モバイルウォレットの一覧をご紹介!

記事上ふるさと

目次

はるはる

こんにちわ『はる』です!皆さんはスマホでお手軽に仮想通貨を管理できるモバイルウォレットは利用していますか?今回はそんな便利なモバイルウォレット一覧をご紹介します!!



仮想通貨ウォレットは全5種類!中でも使いやすいのが『モバイルウォレット』

仮想通貨,ウォレット,一覧

仮想取引を行っている投資家にとって、自分の資産である仮想通貨を上手に取引・運用・保管する為に必要不可欠なウォレット

仮想通貨ウォレットは「電子財布」とも呼ばれており、主に5つの種類に分類され、それぞれメリット・デメリットが存在します。

以下が、主な仮想通貨ウォレット5種一覧とその特徴になります。

モバイルウォレット(ソフトウェアウォレット)
スマホ対応の専用アプリをダウンロードして使用するウォレット
ウェブウォレット(ソフトウェアウォレット)
インターネット上で専用アカウントを作成して使用するウォレット
デスクトップウォレット
パソコンに専用ソフトをインストールして使用するウォレット
ハードウェアウォレット
主にUSB接続の専用端末を使用しオフライン上で使用するウォレット
ペーパーウォレット
仮想通貨を保管するのに必要な情報を紙媒体に印刷して使用するウォレット

主に、上記の5つのウォレットに分類されます。

この中でも、今後特に圧倒的に普及する可能性があるのが、スマホにダウンロードして外出先でもお手軽に管理できる「モバイルウォレットです。

そこで、今回は2018年10月現時点で、どれほどのモバイルウォレットが存在するのかを徹底的に調査し一覧でご紹介していきたいと思います。

モバイルウォレットの基本的な仕組み

仮想通貨,ウォレット,一覧

仮想通貨を始めたばかりで初心者の方の中には、「そもそもウォレットってなに?」という人もいるかもしれません。

前述したようにウォレットとは「電子財布」とも呼ばれていますが、その中に仮想通貨自体を保管しているわけではありません。

ウォレットの中に「仮想通貨を保有しているユーザーのみが知り得る秘密鍵を管理する為のもの」になります。

はるはる

つまり、銀行口座でいうところの「暗証番号」のようなものですね!!

自分が保有している仮想通貨自体は、ブロックチェーン上に存在・管理されています。

この仮想通貨ごとに設定される秘密鍵とアドレスがある事によって、仮想通貨の使用権が証明されるわけです。

具体的にモバイルウォレットを例に挙げると、自分の秘密鍵をアプリに入力する事で、管理されているアドレス内の自分の資産を管理可能になるのです。

仮想通貨のモバイルウォレットの魅力的なメリットを大公開!

仮想通貨,ウォレット,一覧

5つに分類されているウォレットの中でも特に「利便性に優れている」と言われるモバイルウォレット。

そんなモバイルウォレットを利用する上で魅力的な特徴やメリットをいくつかご紹介します。

特徴①どこでも使用できる

モバイルウォレットは、スマホに専用アプリをダウンロードして使用するので、持ち運びがしやすくどこでも使用でき、利便性に優れています。

デスクトップウォレットやウェブウォレット等のパソコン上で使用するタイプでは、Wifi環境でしか使用できません。

はるはる

しかし、モバイルウォレットであればスマホの電波を利用して管理できる為、外出先でもお手軽に使用できるのが最大の特徴と言えるでしょう!!



特徴②ほとんどの専用アプリが無料で使用できる

モバイルウォレットは、各社色々な専用アプリとして、「iOSならAppStore・AndroidならGoogle Play」から無料でダウンロードできるのがほとんどです。

セキュリティが非常に高いと言われるハードウェアウォレットでは約2万円前後の費用が必要ですので、単純にコスト面で言えば無料で使用できる点はメリットと言えるでしょう。

特徴③自分に最適なものを選びやすい

仮想通貨,ウォレット,一覧

前述したように、モバイルウォレットはスマホ専用アプリなので、実際にダウンロードする際にそのアプリの口コミや評判が一目でわかります。

そういった面では、取捨選択がしやすく自分の投資方法、管理方法に最適な専用アプリを見つけたり削除したりする事が簡単にできるのも魅力です。

また、ネット上であれば怪しいアプリ等をダウンロードしてしまう事があるかもしれません。

しかし、モバイルウォレットはそもそもアプリを監査する段階ではじかれますので、ある程度信用性のあるアプリだけがストアで公開されています。

特徴④実店舗で支払いができる

仮想通貨,ウォレット,一覧

モバイルウォレットは、スマホのアプリに対応している実店舗であれば支払が可能な点も魅力的です。

実際には、店舗側にある読取器からスマホで表示されたQRコードを読み取って支払いをするケースが多いようですね。

もちろんパソコンでもQRコードは読み込み可能ですが、持ち運びには不便ですので、実店舗での支払いには向いていると言えます。

モバイルウォレットを利用する上での注意点やデメリット

仮想通貨,ウォレット,一覧

ここまでモバイルウォレットの便利な点ばかりを挙げてきましたが、メリットがあれば必ずデメリットも存在します。

ここでは、実際にモバイルウォレットを利用する際の注意点やデメリットをご紹介しますので、ぜひ注意して覚えておきましょう。

注意点①セキュリティ機能が高いわけではない

仮想通貨,ウォレット,一覧

スマホでお手軽にいつでもアクセスできるモバイルウォレットは利便性には優れていますが、セキュリティ面は特に高いわけではありません。

特にオフライン上で管理するハードウェアウォレットやペーパーウォレットと比較した場合、セキュリティ機能では劣ります。

モバイルウォレットはスマホというインターネットにアクセスできるオンライン上で秘密鍵を管理しているので、ハッキングリスクがあるのです。

サービス提供会社としてもこうしたリスク面を考慮してセキュリティ機能には特に気を配ってはいます。

デスクトップウォレットやウェブウォレットと比較した場合、若干セキュリティ機能は高いと言われていますが、オンライン上で使用する点は変わりません。

はるはる

その為、後述するバックアップを必ず取っておく必要が出てくるわけですね!!

注意点②アルトコイン対応のウォレットが少ない

仮想通貨,ウォレット,一覧

スマホがこれだけ普及しているにもかかわらず、仮想通貨はまだまだ世間には浸透していないのが現状です。

その為、仮想通貨の代表格ともいえるビットコインに関してはそれなりの種類のモバイルウォレットが各社から提供されています。

しかし、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)対応のモバイルウォレットに関しては、今の所は非常に少ないのが現状です。

はるはる

ただ、アルトコインが普及し、仮想通貨業界全体が世間に浸透してくればおのずとアルトコイン対応のモバイルウォレットは増えていく可能性はありますね!!

注意点③スマホを破損・紛失した時ウォレットにアクセスできない

近年のスマホの耐久力は上がっているとはいえ、よくあるトラブルが液晶画面の破損やスマホ自体の紛失や盗難と言われています。

自分は「そんなトラブルは絶対にない」とは言い切れません。

はるはる

こうした万が一の事態に備えておかないと、自分のウォレットにアクセスできずに資産をなくしてしまう事にもなりかねません!!

モバイルウォレットのデメリットに対応する為に「バックアップ」をとる事が重要

仮想通貨,ウォレット,一覧

その為、モバイルウォレットを中心に仮想通貨の取引や保管をしている人は、必ず「データのバックアップ」を行うようにしましょう。

一般的なモバイルウォレットでは、復元パスフレーズ(英語や日本語など12~24の組み合わせで構成)が存在します。

はるはる

復元パスフレーズとは、いわゆる「モバイルウォレット内データを復元できるパスワード」です!!

この復元パスフレーズを忘れてしまうとデータが復元できないので注意しましょう。

モバイルウォレットのこうした機能を利用して必ずモバイルウォレット内のデータバックアップを取る事を心がけましょう。

【最新】実はこんなにある仮想通貨ウォレット一覧!あなたに最適なものはどれ!?

仮想通貨,ウォレット,一覧

今後、仮想通貨が世の中に普及していく中で、もっともモバイルウォレットが同じく普及する可能性を秘めています。

はるはる

スマホでお手軽に使用できる点、外出先でも管理できる点、ほぼ無料で使用できる点など、メリットの所で挙げた魅力とスマホの普及率から見ると一目瞭然です!!

ここでは、実際にスマホの専用アプリで管理するモバイルウォレットがどれくらいあるのか調査してみました。

今回は18種類もの仮想通貨用モバイルウォレットを一覧でご紹介しますので、ぜひこの中から自分の仮想通貨取引や管理に最適なものを探す参考にして下さいね。

【注意】
こちらでご紹介しているモバイルウォレットの対応OSや対応仮想通貨等は、運営会社により変更される事がございます。

ウォレット一覧①【Copay(コーペイ)】

「Copay」は、有名なビットコインウォレットの一つでパソコンとスマホ両方に対応している数少ないモバイルウォレットです。

現在は「CopayがBitPayに統合」され、1つのサービスになっています。

対応仮想通貨はビットコインとビットコインキャッシュの2つですが、日本語対応で操作性が良い点、対応OSが多い点が特徴です。

一つのアカウントを複数の秘密鍵で管理するマルチシグネチャ機能を搭載しているのでセキュリティ機能は高いモバイルウォレットですね。

【対応OS】iOS、Android、Windows、Mac、Linux等
【対応通貨】BTC、BCH
【日本語対応】〇


ウォレット一覧②【Bread(ブレッド)】

ビットコイン対応の初心者向けウォレットとして有名なのが「Bread(旧Bread Wallet)」です。

無駄のないシンプルな機能、送金手数料自動決定機能など、モバイルウォレットが初めての人におすすめのウォレットです。

他のモバイルウォレットと違って、端末上に秘密鍵を保持している(サーバーを介していない)のでサイバー攻撃等のリスクが少ないのも特徴です。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTCのみ
【日本語対応】△(iOSのみ日本語対応)


ウォレット一覧③【Mycelium(マイセリアム)】

Myceliumはアメリカの「Mycelium Holding」という会社で開発され、2014年に「Best Mobile App」賞を受賞した有名なビットコインウォレットです。

対応仮想通貨はビットコインのみですが、安全なオフライン環境でウォレット管理可能なコールドストレージ機能が魅力です。

コールドストレージに秘密鍵を保管しておけるため、他のモバイルウォレットよりもセキュリティ機能は高いと言えるでしょう。

また、12個の単語をメモしておく事でバックアップが可能となっています。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTCのみ
【日本語対応】△(Androidのみ日本語対応)


ウォレット一覧④【Coinomi(コイノミ)】

なんと対応通貨数はビットコインをはじめなんと70種以上に対応している点が最大の特徴ですが、リップルやネムには非対応となっています。

Coinomiは海外の開発アプリになりますが、日本語対応している点も魅力です。

はるはる

また、モバイルウォレットとしての機能だけでなく、「Shapeshift」と「Changelly」の2つの両替所と繋がっており、仮想通貨同士の交換が可能です!!

使いやすいシンプルデザインのインターフェースと両替機能で評判の高いモバイルウォレットとなっています。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】70種類以上に対応(XRP・XEMは非対応)
【日本語対応】△(Androidのみ日本語対応)


ウォレット一覧⑤【NEM Wallet(ネムウォレット)】

仮想通貨NEMの公式アプリであるパソコン版「Nano Wallet」のモバイルアプリとなるのが「NEM Wallet」です。

NEM Walletは、現在の残高確認、XEMの送受信やハーベスト履歴の確認ができる仮想通貨NEMに特化した機能となっています。

また、「新規アカウント作成⇒QRコードスキャン⇒キーをインポート」という3つの手順で簡単にアカウントを作成できます。

仮想通貨NEM保有者で、ハーベストの状況が常に気になる人にとっては必須アプリとなっています。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】XEM
【日本語対応】〇(右上のJapaneseを選択)


ウォレット一覧⑥【Jaxx(ジャックス)】

Jaxxはモバイルウォレットの中でも、ビットコインやイーサリアムなど対応仮想通貨が約40種類と非常に多いのが特徴です。

残念ながら日本語には対応していませんが、

はるはる

こうした一つのウォレットで複数の仮想通貨が取り扱えるのは非常に大きな魅力です!!

ただ、Jaxxはセキュリティに関しては、あまり高いというわけではなく、実際に過去2017年に仮想通貨の盗難事件が発生しています。

その為、高額な仮想通貨をJaxx単体で保管するには向いていないので、少額で多くの仮想通貨を保管する人には向いていると言えるでしょう。

ただ、ウォレットとしては機能が豊富な上に動作が軽快、非常に使いやすいと評判のアプリです。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTC・ETH等約40種類(iOSはZcash・Rootstock・The DAO利用不可)
【日本語対応】×


ウォレット一覧⑦【Blockchain(ブロックチェーン)】

Blockchainは数あるビットコインウォレットの中でもっとも歴史があり、現在ではイーサリアムにも対応しています。

Blockchainは他のモバイルウォレットと違い、運営会社が利用ユーザーの残高・取引内容を見る事はできません。

非中央集権型の管理体制となっているのが特徴で、各利用ユーザーがウォレットを作成し、秘密鍵は各自で責任を持って管理する仕組みになっています。

はるはる

この管理方法は非常に画期的と言われており、現在世界でもっとも普及しているモバイルウォレットとなっています!!

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTC・ETH
【日本語対応】〇


ウォレット一覧⑧【Eidoo(エイドゥ)】

Eidooの特徴は、なんといっても「イーサリアム系の仮想通貨全部に対応(ERC20とERC223の通貨に対応)している」点です。

その数はなんと約500種類にもおよび、近々ビットコインにも対応予定との事ですが、現時点では残念ながら「リップルやXPは非対応」となっています。

そしてもっとも便利な機能が、「一つのアドレスで全通貨を管理できる」上に、「入金した通貨が何の通貨かを自動判別する機能」が付いている事です。

はるはる

また、イーサリアム系の仮想通貨やトークンであれば、このEidoo一つで管理できる点、二次元バーコードを使用して送金できる点も魅力ですね!!

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】イーサリアム系仮想通貨全種(詳しくはコチラhttps://eidoo.io/)
【日本語対応】×


ウォレット一覧⑨【Ginco(ギンコ)】

ネット上でもっともイチオシとされているモバイルウォレットの一つがこの「Ginco」ではないでしょうか。

安心・安全のセキュリティ機能に加えてデザインも洗練されており、とにかく使いやすいと評判が高いモバイルウォレットです。

はるはる

ウォレット機能だけでなくGinco限定のAirDropにも参加できたり、開発会社が日本の為にサポートも手厚いのが魅力ですね!!

ERC20トークン「Augur」や「OmiseGO」などに対応しており、今後は仮想通貨のハブとなるプラットフォームを目指しているようです。

【対応OS】iOSのみ(※Androidは近日リリース予定)
【対応通貨】BTC・ETH・MONA等17種類(詳しくはコチラhttps://ginco.io/)
【日本語対応】〇


ウォレット一覧⑩【Monero Wallet(モネロウォレット)】

「Monero Wallet」は、日本でも人気の仮想通貨モネロ(XMR)の管理に特化したモバイルウォレットです。

AppStoreとGoogle Playともに平均評価「4.1 / 5.0」という非常に高い評価を受けているだけあり、非常に使いやすいのが最大の魅力です。

シンプルなインターフェースが特徴で、なんといってもモネロ開発チームからサポートを受けているウェブウォレット「My Monero」のモバイル版となります。

はるはる

モバイルウォレットとしての外出先で使用できる、持ち運びできるなどの利便性は高いので、外出先で頻繁に入出金をする人に向いています!!

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】XMRのみ
【日本語対応】×


ウォレット一覧⑪【Wei Wallet(ウェイウォレット)】

Wei Walletは、イーサリアム専用の日本語に対応したオープンソース(GitHub上でソースコードを公開中)のモバイルウォレットです。

将来的に「OmiseGo」等ERC20トークン系も保管できる可能性はありますが、現時点ではイーサリアム専用でシンプルさを追求したウォレットです。

Wei Walletの特徴は、イーサリアム専用だけあって「Dapps(分散型アプリケーション)」である点、日本円換算機能が付いている点です。

はるはる

また、ウォレットの仕組みが完全公開されている為に、ウィルスやマルウェアを仕組んでいない証明にもなるのが魅力です!!

複数の仮想通貨ではなく、あくまでイーサリアムのみお手軽に保管してみたい人向けのモバイルウォレットと言えるでしょう。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】ETHのみ
【日本語対応】〇


ウォレット一覧⑫【Toast Wallet(トーストウォレット)】

Toast Walletは、リップル(XRP)専用のウォレットで、モバイルウォレットだけでなくデスクトップウォレットともに配布しています。

はるはる

国際送金という機能に特化した仮想通貨として非常に人気のあるリップルのモバイルウォレットを探している人は多いのではないでしょうか!?



特にリップルは長期保有に向いていると言われている為、取引所に置いておくのは不安という方におすすめのウォレットになります。

リップルをお手軽にスマホで保管でき無料で利用できるアプリですが、オンライン上のウォレットの為に大金は保管しないようにしましょう。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】XRPのみ
【日本語対応】×




2018年10月現時点で、上昇傾向を見せ始めた仮想通貨リップルに関しては、下記記事をぜひ参考下さい。



ウォレット一覧⑬【Dash Wallet(ダッシュウォレット)】

Dash Walletは、仮想通貨「Dash」専用の公式モバイルウォレットです。

これまでDash関連のアプリは、Appleの審査基準にひっかかって拒否されていましたが、ようやく認められてダウンロードできるようになったようですね。

Dash Walletは、Dash公式アプリだけあって「即時決済機能」が搭載されており非常に充実した機能があります。

はるはる

複数の仮想通貨ではなく、少額の仮想通貨Dashを保管しておきたい人は一度ダウンロードして機能を実感してはいかがでしょうか!!



【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】DASHのみ
【日本語対応】〇


ウォレット一覧⑭【Lisk Wallet by Freewallet(リスクウォレット)】

Lisk Wallet by Freewalletは、Freewalletという会社が提供している仮想通貨LISK専用の非公式モバイルウォレットです。

対応言語が9種類と多いですが、今の所は日本語対応がされていませんが、ログインやモバイルアプリ操作が非常に簡単で、2段階認証にも対応しています。

なにより外出先でスマホを利用して仮想通貨Liskを管理したい人や頻繁に入出金を行う人に最適のアプリです。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】LSKのみ
【日本語対応】×


ウォレット一覧⑮【LoafWallet(ローフウォレット)】

LoafWalletは、仮想通貨ライトコイン(LTC)を管理する為の公式専用モバイルウォレットです。

日本でも人気の高い仮想通貨ライトコインを頻繁に売買する人やお手軽管理したい人向けのアプリになります。

LoafWalletは、画面もシンプルでアプリ容量も少なく軽量軽快な動作が特徴ですが、現時点でiOS版のみが公開されています。

しかし、Android版はOSのバージョンによりインストールできない事もあるようですが、セキュリティが高くバックアップも簡単にできるのが特徴です。

はるはる

また、マルチタスクで動作させた時も重くなる事がない点や、日本語対応している点が魅力的です。



【対応OS】iOSは対応済、Android(Verによりインストール不可)
【対応通貨】LTCのみ
【日本語対応】〇


ウォレット一覧⑯【GreenAddress(グリーンアドレス)】

GreenAddressは、非常にセキュリティ機能が高く、「SegWit」や「マルチシグ」といった最新技術を採用しているモバイルウォレットです。

SegWit対応アプリという事で、送金手数料が安く設定できる点が非常に魅力的で、別のウォレットへはたったの2.4円で送金できます。

はるはる

また、前述したマルチシグ対応なのでモバイルウォレットの中でもセキュリティ機能が高いので安心です!!



ビットコインのみ対応ですが、他にもPINやタッチID搭載によるクイックログイン機能等、様々な機能を搭載しています。

モバイルウォレットの中で人気も高いようですが、残念ながら日本語対応はしていません。

SegWitとは

仮想通貨が抱える2つの問題である「スケーラビリティ問題」「トランザクション属性」に対する解決機能の一つと言われています。

取引量の増大により動作が遅くなったりする事なく軽快に取引が可能になる機能です。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTCのみ
【日本語対応】×


ウォレット一覧⑰【IndieSquare(インディースクエア)】

IndieSquareは、ビットコインのブロックチェーン技術を利用したカウンターパーティーウォレットです。

はるはる

IndieSquareの最大の特徴は、「独自トークンの発行・売買」が行える一風変わったモバイルウォレットである点と日本語対応している点ですね!!



カウンターパーティー(XCP)とは、この独自トークンを発行する為に必要となる次世代型金融プラットフォームと言われています。

スマホ上でこうした画期的な独自トークンを発行したり、ビットコインやカウンターパーティー(XCP)の保管ができる事で今話題を集めています。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTCとカウンターパーティー対応通貨のみ
【日本語対応】〇


ウォレット一覧⑱【Bither(ビザー)】

Bitherは、マルチシグには対応していませんが、セキュリティが比較的高いビットコイン専用のモバイルウォレットです。

残念ながら日本語対応していない為、英語が苦手な人にはあまり向いていないかもしれません。

しかし、Bitherはアプリ自体が軽く非常にシンプルな操作が特徴で、

はるはる

送金・受取もわかりやすくチャート画面も見る事ができます!!



一応コールドウォレットとしての設定もできるようですが、説明が全て英語な点やスマホのみで全て管理できるわけではないので熟練者向けのアプリと言えます。

【対応OS】iOS、Android
【対応通貨】BTCのみ
【日本語対応】×


【最新】仮想通貨モバイルウォレット一覧まとめ

仮想通貨,ウォレット,一覧

今回は、仮想通貨取引時に大活躍するモバイルウォレットの一覧をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

まさかモバイルウォレットだけでこんなにも種類があるとは思いもしなかったという人も居るかもしれませんね。

ただ、現時点では日本語対応がされていなかったり、自分の保管したい仮想通貨に対応していなかったりとウォレットごとに特徴がバラバラなのが現状です。

ビットコインの保管用としてはともかく、主要ではないアルトコインを保管する為のモバイルウォレットはまだまだ種類が少ない事がわかりましたね。

今後、こうしたアルトコインに対応したモバイルウォレットは徐々に開発されると思います。

はるはる

ただ、現時点でスマホでお手軽に仮想通貨を管理したい人にとって、自分の最適なモバイルウォレットを見つける参考になれば幸いです!!

ウォレットはモバイル用だけでなく様々な特徴のものが存在します。以下の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ参照下さいね。



記事下ふるさと

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

同じ納税でもお得に賢く!

同じ納税でもお得に賢く!

CryptoGTの無料登録はこちら

大人気ブロックチェーンゲーム

コインガールズ記事も配信中!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

ゲームで稼げるって本当?!

クリスマスキャンペーン♡

MCHサイド

同じ納税でもお得に賢く!

クリスマスキャンペーン♡

MCHサイド