ホームDappsイーサリアムのスマートコントラクトとは?仕組みや事例を徹底解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.05.09 最終更新
ちあき

イーサリアムのスマートコントラクトとは?仕組みや事例を徹底解説!

イーサリアムは今後の仮想通貨業界を引っ張っていく存在です。イーサリアムがそこまで注目されているのかという点を理解していない人が多いです。今回はイーサリアムが有能だと言われる理由ともなっているスマートコントラクトについて紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ちあきです!仮想通貨市場が最近激しく動いていますね!
ツイッターで私は情報を集めたりする時に使うのですが、仮想通貨に関するツイート数が最近増えている気がします!

最近だと色々な仮想通貨が分類されてきて、投資をする時も好き嫌いが出てきてる印象があるね!
今後安定を求めるならビットコインだと思うけど、ビットコインはコインの基軸だから仕方ないね!

仮想通貨市場に慣れてきた人はアルトコインを購入するとは思いますが、アルトコインはビットコインの暴落に巻き込まれます。

アルトコインを購入する人はビットコイン単体の金額も気にしながら購入しないので、難易度としては高くなるよね。

最近仮想通貨のサミットも増えてきてるから仮想通貨の注目度も徐々にあがってるのも嬉しいね!

ちあきちあき

仮想通貨市場は株やFXと比較すると大きく動くから見てると楽しいよね!今後の大きな動きに期待するの!

仮想通貨は投資としての面を持っていることから投資でしか利用されないことが多いですが、その技術面が評価されていることが多いです。

しかし、その技術に関しての知識をしっかりと理解している人はそこまでいないです。そこで今回はイーサリアムの技術であるスマートコントラクトを紹介します。

ちあきちあき

技術面が評価されている仮想通貨は将来性に安心して投資する事が出来るね!実際仮想通貨は1000種類以上あるから逆に言えば来年にも消える仮想通貨も存在するって事だから危険!

イーサリアムのスマートコントラクトとは


スマートコントラクトとは直訳すると「賢い契約」という意味になります。

スマートという意味をどのように解釈するかによりますが、基本的には賢くなると同時に「自動化」が進んでいるということを意識すると良いでしょう。

つまり、スマートコントラクトは契約の自動化ということになります。

「取引全般」がスマートコントラクトを活用することで自動化することが可能となっており、契約を結ぶことをプログラム化することによって、契約行動を行なう手間が省くことができます。

ちなみにこの「契約行動」というものは4つのステップに分類されます。「契約定義」「イベント発生」「価値の交換、契約執行」「決済」という4つのステップで出来ています。

「契約定義」よりあとの3つに関してはスマートコントラクトで全て自動化することが可能となっています。

このスマートコントラクトは実はビットコインが作成される以前からその存在は提唱されていました。

1994年に最初に提唱されており、これを導入した最初の例として皆さんがよく利用している自動販売機です。

自動販売機からもわかるように契約の自動化によって、契約相手と信用関係などを結び必要がなく、コストや時間を浪費する必要がなくなります。

自動販売機はお金を入れると商品が自動で出てきます。これは書類などで契約を交わしたわけでもなく、人と人が関わって合意したわけでもありません。

しかし、実際にものは売買されて商品を手に入れることができるのです。

契約がプログラム化によって、機械的に情報を整理して認証を実行するため、相手の虚偽情報の申請を気にする必要はなくなります。

これにはブロックチェーン技術もかかってきており、契約行為の履歴が記録されており、確認できるため透明性も高くなっています。

また、スマートコントラクトを利用することで第3者機関を利用しなくて良いため、コストもかかりません。

現代のシステムでは第3者機関の信用情報を担保として契約の際に利用することが多いです。

しかし、第3者期間を利用すると仲介料などが必然的にかかってしまいます。スマートコントラクトではこのコストがかかりません。

紙面での契約を不要となるため、契約に関連する訴訟なども削減してくれます。

さらに、ブロックチェーン技術を利用しているということから一切改ざんができないため、安全に取引することが可能となっています。

ここで仮想通貨の本質的な技術でもあるブロックチェーンが利用されており、透明性も高くなりセキュリティに関しては安全だと言えるでしょう。

ちあきちあき

賢い契約って意味深だよね!スマートコントラクトって今後銀行と提携したりしたら大きな強みの1つになりそう!

イーサリアムのスマートコントラクトの問題点


そんなスマートコントラクトにもデメリットはあります。上記でも説明したとおり、ブロックチェーン技術を利用している以上改ざんすることはできません。

これはメリットであると同時にデメリットでもあります。

これは契約を結んでから事情変更が不可能だということでもあります。

ブロックチェーンがインターネット上の技術である以上、バグが発生する可能性はあります。もし、バグが起こってしまっても、対応することはできません。

仮にそのバグがハッカーからの攻撃の引き金となってしまった場合は致命的な事件となってしまいます。

現にイーサリアムを襲った大きな事件はこういったバグが引き金となりました。

また、契約自体がプログラミング言語で組まれているため、ユーザーがプログラミング言語を理解していないと契約の内容も分からないです。

ここで問題になってくるのが契約内容の中でも免責事項など項目が含まれていた際です。これをプログラミング言語で表現するのは難しく曖昧な表現になってしまうことも多いです。

契約内容自体も置き換えはできないため、一番低単価で購入するという契約に対して、「信頼が薄いので値段が少し上がってもいいから別のところで購入する」という契約に変更することはできないのです。

ちあきちあき

一見完璧に見えても問題点は必ず出てくるよね!バグが発生する可能性が捨てきれないのはプログラムをする上で仕方がないから今後どれだけバグの頻度を抑えられるかが重要な気がする!

イーサリアムのスマートコントラクトの利用例


すでにスマートコントラクトは多くの場所で利用されており、その汎用性は高まってきています。そこで実際にスマートコントラクトの技術が利用されている場面を紹介していきます。

ちあきちあき

イーサリアムのスマートコントラクトの仕組み気になってきた!今後どんな動きがあるのかをまとめた記事を上で紹介してるから見てみて!

Ujo music

「Ujo music」はCosnsenSysから出資を受けているプロジェクトとなっており、2015年の段階から開発が進められてきました。

このプロジェクトは、アーティストとリスナーを直接つなげるプロジェクトとして発足されています。

音楽社会では、実際に音楽を聴くリスナーに届くまでにレコード会社や配信を行っているプラットフォームなどの第3者が絡んでおり、第3者によって音楽の所有権などが管理されていることが問題となっていました。

アーティストもこの第3者に収入を搾取されているという実態もあり、この問題解決のために「Ujo music」が開発されていました。

イーサリアムのブロックチェーン技術を利用することで第3者機関を通さずにアーティストのもとに直接お金が届くというシステムとなっています。

こちらはグーグルクロムの拡張機能でもあるイーサリアムウォレットであるメタマスクを利用しています。支払いに関してはETHを利用する形となります。

最近だと、曲やアルバムを購入すると、購入した曲やアルバムとコラボしているトークンが自身のウォレットにもらえるという仕組みが実装されつつあります。

これはそのアーティストの曲を購入したという証明にもなるため、ユーザーとしては嬉しい機能です。

このサービスに関しては仮想通貨の利用が浸透していない現在では、少し手間がかかるという印象の人が多いようです。確かにスマートスピーカーなどが出てきているため、そちらに流れる人が多いです。

しかし、仮想通貨の利用が日常に溶け込んでくると、こういったサービスも利用される機会が多くなってきて、アーティストに還元されるお金も増えてきて市場が潤うのではないでしょうか。

ちあきちあき

アーティストとリスナーを直接つなげるプロジェクトって参加型って事だよね!参加型だと一体感が出るから投資をしても楽しいし、スマートコントラクトを利用しているから情報改ざんもないし安心出来る!

Golem

GolemはコンピュータリソースをP2Pで取引することが可能となる「分散型スーパーコンピュータ」を目指して作成されたものです。

あくまでイーサリアム上で構築されたプラットフォームの名前となっており、GNTというトークンも作成されています。

ブロックチェーン技術を利用することで、分散した複数のコンピュータが持つコンピュータリソースによって成り立ったネットワークを形成し、これを世界規模で行うことでコンピュータリソースのシェアサービスを構想しようとしています。

ICOを行った際には当時の金額で約370億円という資金を調達することに成功したことから、世界中でもこのICOに注目が集まりました。

2018年の4月にはGolemサービスのベータ版でもある「Golem Brass Beta」をイーサリアムのメインネットにて発表しました。

インターネットユーザーにパソコンが持つ処理能力を貸し出す機会を与えることを目指しています。この発表によって、GNTの価格が大幅に高騰しました。

Golemは今回ようやくプロジェクトのローンチにありつきましたが、これまでにもたくさんの苦労がありました。

まず、ICO資金を獲得した際には、Golemが行うとしていたプロジェクトのジャンルには強豪がいなかったのですが、2018年までに強豪相手と呼べるようなライバルもたくさん出てきました。

それらのライバルはすでにICOによって資金調達を行っていたり、プラットフォームを立ち上げていたりなどGolemよりも進捗が進んでいるサービスもありました。

また、2018年4月にはサービスをローンチしましたが、これに対して詐欺だという声も多く、疑惑のサービスと評されることもありました。まだまだその疑惑は完全に払拭することができていません。

しかし、以前にもTezosという仮想通貨が現在のGolemと同じ状況となっており、2017年にICOを行い、莫大な資金を調達できたにも関わらず、そのプロジェクトは成功を収めていません。

今回のGolemのローンチはこのTezosと比較されることが多い結果となっていますが、Tezosはクローズドテストしか行えなかったため、Golemの方が優秀だという評価となり、結果としてGNTの市場価値が上がることになりました。

Golemのライバルとして挙げられるのは「SONM」と「iEXEC」となります。

SONMはブロックチェーン技術を利用した分散型ネットワークを利用してコンピューティングを世界中でシェアしていく仕組みの構築が目的となっています。

iEXECはブロックチェーン技術を利用したクラウドリソースの分散型マーケットの構想を練っています。

比較してみると3社全てが似たようなサービスの構築を目指していることから大きな競合となることから予想されています。

現在発表しているメインサービスのほかにどのようなサービスを起こして差別化を行っていくのかが今後顧客を獲得できるかの分かれ目となってくることでしょう。

ちあきちあき

分散型スーパーコンピュータが完成したら今後大きく仮想通貨市場に変化を与えそうな予感がする!今後は細かい差別化も重要になってくるね!

Mijin

「Mijin」はエンタープライズブロックチェーンとも呼ばれており、法人向けのブロックチェーンとして開発が進んでいます。

ブロックチェーンの技術は仮想通貨の取引に必要不可欠な技術であり、複数のコンピュータに分散して記録するという技術です。

その中でも利用者が管理するネットワーク上で指定したノードだけを参加させることがプライベートブロックチェーンとなっています。

プライベートブロックチェーンは名前のとおり、プライベート情報を扱うのに適しています。

プライベートブロックチェーンは参加している承認者も普通のブロックチェーンより少ないため、決済が完了するのも早いです。

また、取引を承認するとなるとインセンティブとしてマイニング報酬が必要となっていましたが、プライベートブロックチェーンではそれも必要ありません。

ちあきちあき

法人向けのブロックチェーンはあんまり見ないから今後に期待できるね!更にプライベートブロックチェーンって初めて聞いたから深く調べて見ると決算完了が早いって良い事だね!

Mijinのプライベートブロックチェーンはセキュリティに関してしっかりとした管理が行われているブロックチェーンとなっています。

機能的にも優れているブロックチェーンとなっているため、「マルチアセット」「マルチシグネチャ」「スマートコントラクト」の技術が詰め込まれています。

「マルチアセット」は分散されたブロックチェーンネットワークを構築できるため、複数のアセットを同時に一元化して管理できます。

一元管理であるため、mijinのブロックチェーンによって、様々な情報が一元管理されています。

すでに不動産の領域で情報共有や空家情報、リフォーム履歴などを共有する実証実験が行われています。

「マルチシグネチャ」は電子署名を複数人の承認が必要とする場合の複雑な操作などにも対応できるようになっています。

企業等では会議で項目を決定する場合は、複数人の承認が必要となるケースが多いです。1人の独断で全てを決定することはほぼ不可能なことが多いでしょう。

その複数人の承認者を最大で32人まで登録することができます。承認権限も柔軟に変更することができます。

これらに加えてスマートコントラクトが関わってくるため、mijinの機能性がとても高くなってくると言っても過言ではありません。

活用のシーンの方向もある程度決まってきています。Mijinはアセット管理、決済システム、契約システム、情報管理システムとしてのニーズも高いです。

すでに国内の上場企業の株式総会で利用された経歴があります。議決権行使にmijinのブロックチェーンが活用されたことがあり、話題となりました。

議決権の行使に利用された経歴があることからブロックチェーンがこういった権利行使の場面で利用されることがあるという可能性を見出しました。

ちあきちあき

マルチアセットを今後利用する仮想通貨が増えてきそうだね!ただ、素晴らしい技術は徐々に真似されるから似たり寄ったりになってきそう!

例えば、選挙のような社会的な権利の場面でもブロックチェーンが利用される未来があるのかもしれません。

さらに、2017年7月には中部電力がエネルギー分野におけるブロックチェーンの活用を検証する実証実験を行い、そこでmijinが利用されました。

この検証実験はmijinを利用して、中部電力の社員がブロックチェーンに対する理解を深めることが目的となっており、mijinのブロックチェーンを中部電力に組み込んで何かプロジェクトを行ったわけではありません。

今回のことで大きな成果を残したというわけではありませんが、中部電力がブロックチェーン分野に興味を示しているということは明らかです。

今後、具体的な利用につながる可能性も高くなっています。

最後に2018年4月に世界的にも有名なソフトウェア会社であるマイクロソフト社の日本法人である日本マイクロソフト社が発表したサービスである「Microsoft Azure」内でmijinの利用を可能にしたことを発表しました。

「Microsoft Azure」はクラウドプラットフォームとなっており、プラットフォーム内には様々なコンテンツがあります。

「Azure Marketplace」というアプリケーションによって、mijinが利用可能となりました。

この提携による恩恵はとても大きく世界88ヶ国でmijinが利用可能となりました。日本のみならず世界中でmijinの存在が知られるきっかけとなりました。

今後に関しても注目されているmijinですが、NEMにも採用が確定しており、信頼性も高い技術であると言えるでしょう。

ちあきちあき

世界的にも有名なソフトウェア会社であるマイクロソフト社がmijinの利用を可能にしたのは凄い事だよね!今後の動きにも注目が集まりそう!

イーサリアムのDAppsには要注目


スマートコントラクトを利用して機能するDappsというものが注目を集めています。

DAppsはブロックチェーンを利用して構築していく分散型アプリケーションのことを指しており、すでにいくつも開発されています。

管理者がいない非中央集権のアプリケーションとなっており、オペレーションなども自動となっています。

現在はそんなDAppsの形を利用したゲームなどが多く開発されており、すでに利用しているユーザーもいます。現在有名で話題を呼んでいるDAppsのゲームをいくつか紹介します。

ちあきちあき

DAppsはブロックチェーンを利用してゲームにも利用されてるんだね!分散型アプリケーションの将来性は抜群に感じる!

くりぷ豚

くりぷ豚は日本発のDAppsゲームとなっており、日本のユーザーが多いゲームとなっています。

くりぷ豚は豚を育成する育成ゲームとなっており、豚の種類はとても多いためコレクター要素も高いゲームとなっています。

自分自身で豚を交配することで新しい種類の豚を誕生させることができます。手に入れた豚はお見合いさせたり、マーケットにて販売させたりなどして新しく利益を生むことができます。

くりぷ豚を売買するにはイーサリアムが必要となり、上手く売買ができれば利益を出すことが可能となっています。

くりぷ豚の種類がとにかく多いため、ひたすら交配を行ったり、マーケットを覗いて新しいくりぷ豚を入手していくゲームになります。

ユーザーからの人気も高くなっており、ほかの企業との提携なども決まっています。

コンプリートしたユーザーがまだ出ていないことから、これから先もアップデートされていく可能性は十分ありますし、今後に期待が集まっているDAppsの一つです。

最新情報を共有するために、Twitterのアカウントもあるため、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

ちあきちあき

くりぷ豚は日本発のDAppsのゲームで勇名だよね!私もした事があるけど楽しかった記憶がある!ゲームでお金も稼げるから一石二鳥な感じがしてた!

クリプトキティ

クリプトキティはDAppsゲームを世間に広めた最初のゲームです。最初のDAppsゲームということで注目を集めていた存在でもあり、現在もその人気を維持しています。

クリプトキティはどんなゲームなのかというと、こちらも育成ゲームとなっています。キティという生き物を交配させて新しいキティを作っていくという育成ゲームです。

しかし、このゲームは交配しかできません。それ以降はマーケットに自分が育てたキティを出品させ販売することしかできません。

キティの中にもレア度が存在しており、レア度高ければ高いほど希少価値が高くなることから高値で取引されます。

いかに希少なキティを売買するかがこのゲームの鍵となります。

つまり、クリプトキティはいかにしてお金を稼ぐのかということにフォーカスしているゲームでもあります。

過去には日本円にして1000万円にもなった記録があり、ゲームといえど侮れないと思ってください。

なお、ゲーム内での購入もイーサリアムにて行われます。イーサリアムを利用して行って、上手くいけば初期投資の何倍のイーサリアムが手に入ることもあります。

交配のみとなるため、少し地味ではあるかもしれませんが、こうやってコツコツ進めていくことが好きな人にとっては面白いゲームかもしれません。

ちあきちあき

クリプトキティはDAppsゲームを世間に広めた最初のゲームって事もあるからユーザーが比較的に多い事が特徴だよね!ゲーム性は育成ゲームだから愛着も出てくるし途中で辞められなくなっちゃう笑

イーサエモン

イーサエモンは、「イーサエモン」というモンスターを捕獲し、育成して戦わせるゲームです。

アプリ内ではイーサエモンのレンタル・販売やトレーニングを積み重ねていき、強くしていくことでトークンを稼ぐというゲーム性になっています。

イーサエモンはモンスターの獲得やトレーニングにイーサリアムを利用します。そのため初期費用に関しては他のDAppsゲームよりもかかってきます。

ゲーム性が他のDAppsゲームよりも高いことからユーザーからの人気も高いゲームとなっています。

ユーザーの満足度が高いことからこれから先も人気が出てきて、アップデートがどんどんと進んでいくことでしょう。

まだまだ試行段階であることから、改善されていくことは多いことが予想されています。DAppsゲームを代表するような存在なっていくことは間違いなしです。

ちあきちあき

プレイした感じはポケットモンスターに感覚が似てるかな?モンスターを捕獲して育成して他のイーサエモンと勝負させるって感じだから競技性があるな!って印象!

イーサリアムのスマートコントラクトは柔軟な技術


スマートコントラクトという技術は多くの場面で利用できるため、柔軟な対応ができて汎用性も高い技術となっています。

そのため、これから先も様々な場面でも利用されるでしょう。スマートコントラクトはこれからも応用を効かせていくことが必要となっています。

スマートコントラクトは様々な仮想通貨でも利用が開始されており、どんな分野でも利用できるものです。

AIなどの未来の技術と同じように研究が進んでいけば、新しい技術としてより便利な将来に役に立っていくことでしょう。

ちあきちあき

イーサリアムって一言で言っても色々な技術があるんだね!ダップスやスマートコントラクトは今後大きく成長しそうだから個人的に期待してるよ!

最終更新日:2019年05月09日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」