ホームウォレット仮想通貨ネムとは?ネム対応のウォレット2選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.11 最終更新
ちあき

仮想通貨ネムとは?ネム対応のウォレット2選

仮想通貨,ネム,ウォレット

ネムは、新しい経済活動(経済圏)を作るために開発された多機能プラットフォームサービスと高い承認速度の仮想通貨です。ウォレットにはハーベスティングができるNano Walletとセキュリティの高いTrezorがおすすめです。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ちあきです!仮想通貨のハッキング事件がまたありましたね。
ハッキング事件といっても、サーバー構築の段階で仕掛けていたからびっくりしました!

仮想通貨の技術はとても凄いものだから、悪い事してほしくないな!
皆仲良く仮想通貨を楽しめばいいのに!

今回はコインチェックで有名になったNEMについて調べてみたよ!
最近NEMはビットコインの価格につられる事なく単独で上昇してるよね!

ちあきちあき

仮想通貨って色々な考え方が人によってあるよね!だからこそ私は面白いと思う!

仮想通貨ネム(NEM)とは?


ネム(NEM)は2015年3月に生まれたアルトコインです。utopianfutureというBitcointalk上のフォーラムにより生み出されました。

NEMの意味は、New Economy Movement(新しい経済活動)といった意味です。

金銭的自由を獲得し、金銭が持つ価値を分散化、平等にするために、ということで生まれたのです。

ただ、この意味自体は あまり目新しいものではありません。

仮想通貨の目的それ自体がこの理念により生まれたと言っても過言ではありません。

では、このNEMにはどういった特徴があるのでしょうか?

ちあきちあき

NEMの特徴ってあんまり考えた事がなかったから気になる!utopianfutureというBitcointalk上のフォーラムにより生み出されたんだね!勉強になった!

ネム(NEM)の仮想通貨名は「XEM」

NEMという名前が有名ですが、仮想通貨名はXEMとなります。

では、ネム(NEM)は何かと言えば、先ほどの理念である「新しい経済活動(経済圏)」を作るための多機能プラットフォームの名称のことを指します。

プラットフォームとは簡単に言えば、土台となるシステムでWindowsやAndroid、iOSなどがあります。

ですが、一般的にはどちらもネムという呼ばれ方をします。

ですので、以降仮想通貨についての呼称はネムコイン、サービスとしてはネムとして記載してきます。

ちあきちあき

最初XEMを見た時違う通貨なのかな?どうなんだろう?って思ったの今でも覚えてる笑

ネムコインはマイニングにより生まれない

ビットコインで問題になっているのは、ビットコインを生成するのにはマイニングによって新規発行がされることにあります。

このマイニングというのは有志のマイナーという方々によって、業務用PCなどを使用し莫大な電力を使用し作られています。

その代わり、マイニング報酬が発生し、ビットコインが支払われるという形がとられています。

しかし、このマイニングは前述のように莫大な電力を使用することや、生成までにかかる時間が膨大であるため、様々なトラブルを引き起こしています。

そこでNEMでは、マイニングを行わず最初に発行をしておくことにより、マイニングをしない仮想通貨として生まれました。

総発行量は8,999,999,999XEMで、すでに1600人の投資家に均等に振り分けられており、それが市場に流通し相場が作られています。

ちあきちあき

仮想通貨の問題点であるマイニングに影響されないのは凄い良い所だよね!マイニングから撤退する企業が多いからマイニングが絡んでいる仮想通貨の今後の動向には私も注意してる!

マイニング報酬の代わりにハーベスティング(収穫)がある

しかし、ビットコインが流行った理由の一つにマイニング報酬がもらえるというものがあります。

マイニング報酬をもらっている人々が強力な信仰者(ファン)となり、 ビットコインの人気を支えているのです。

そこで、ネムではハーベスティング(収穫)という報酬を出せる方法を提案したのです。

これは、ブロックチェーンの管理を行うと言ったもので10000XEM以上を持っているアカウントならば誰でも行うことができるものです。

ちあきちあき

ハーベスティング(収穫)って不労所得と同じだよね!何もしなくてお金が稼げるって魅力的!10000XEMは今の価格だと誰でもすぐに購入できるから今がチャンスだね!

ハーベスティングの種類

ハーベスティングには、 ローカルハーベスティングとデリゲートハーベスティングの2種類があります。

ローカルは、パソコン内のボタンを押すだけでハーベスティングができる方法で手数料もかかりませんが、いつでもできるというわけではなくランダムで収穫タイミングが訪れます。

10000XEM以上持っており、かつ取引が多いなど重要度が高いユーザーほど、回ってくる確率が多くなります。

スマホゲームなどで例えるなら、課金ユーザーほど収穫が回ってきやすく、無課金ユーザーにはあまり回ってこないという感じですね。

一方デリゲートハーベスティングは、 ごくわずか(0.15XEM)の手数料を支払い第三者に作業を委託する方法です。現在、ハーベスティングをやるというと基本的にはこちらの方法になります。

ちあきちあき

アクティブな人には仕事が回ってくるって現実世界に似てる気がする!私も試しに10000XEM購入してみようかな!

デリゲートハーベスティングの方法

まず、「Nano Wallet」というウォレットを公式ページからダウンロード&インストールします。

日本語対応なので特に問題なく操作できるかと思います。

この時に秘密鍵・ウォレットファイルの表示がされますので、必ず保存しておきます。

紙・外付けHDD・USB・DVD-Rなど別の媒体にいくつか分けて保存するのが安全です。わたしは、ネットワークに干渉されないDVD-RとUSBに保存しています。

ちなみに10000XEM以上と公式には記載されていますが、実際のところ、これより多くなければハーベスティングが開始できないという報告が上がっています。

もし、10000XEMちょうどで開始できないという方は、それ以上のXEMを入れてみてください。

その後、サービスタブからデリゲートハーベスティング機能のデリゲードアカウント管理からアカウントを作成します。

モード選択を委任有効化(Activate)にし、ウォレットのパスワードを入力し、送信します。

これでデリゲートハーベスティングの準備が完了しました。

ここからは、既得バランスが10,000XEMになるまで待ちます。

意味が分からないかと思いますが、簡単に言えば、一時所有ではなく、XEMをしっかり保有していると確認されるための準備期間のようなものです。

入金したXEMが多ければ多いほど10000XEMが確認されるまで早くなります。

既得バランスが10,0000XEMになったら、いよいよデリゲードハーベスティングを有効化することができます。

有効化処理をしたら、後は待つだけです。

ただ、恐ろしいことにたまに自動的に無効になっているときがあるので、たまにチェックをすることが必要です。

少ないXEMだと利回りは銀行よりいい程度(0.5%~1%)ですが、大きく入金すればそれだけハーベスティングの確率も上がるため、ポートフォリオ上問題がなければ入れてみるのもいいかもしれません。

ちあきちあき

銀行の金利って崩壊してるからNEMが銀行の役割をしてくれてるのは嬉しいよね!不労所得って社会人からしたら時間がとられないもんね!

ネムコインの将来性・メリット


ネムコインは、数ある仮想通貨の中でも将来性の高い仮想通貨として知られています。

では、ネムコインはどんなところが注目されているのでしょうか。

ちあきちあき

NEMって徐々に知名度をあげてるよね!個人的に名前も可愛いから応援してる!

承認速度が圧倒的に早い

仮想通貨といえば、ビットコインのように取引に10分以上の時間がかかるというイメージはないでしょうか。

ネムコインの場合、生成速度が1分程度と約10倍のスピードを誇っています。

これは様々なアルトコインの中でもトップクラスの速さはあります。

ちあきちあき

今後仮想通貨が銀行と提携する事になったら承認速度が重要視されるしNEMのスピードは大切だよね!

ハーベスティングが誰でもできる

ビットコインがここまで流行った理由の一つとして、マイニングというものがあります。

マイニングは自前の演算能力を差し出すことにより、運営に報酬を獲得できるという仕組みです。

しかし、マイニング報酬を獲得するには、高機能のPCや専門知識が必要となります。

すると一般人からは敬遠される要因となってしまいます。

一方、ハーベスティングは10,000XEM以上持っていれば、簡単に参加することができるので、投資をする方におすすめです。

ちあきちあき

最近マイニングから撤退している企業が増えてるからマイニングからハーベスティングに切り替わった時NEMは絶対強いと思う!

誰でも独自コインを作れる

ネムは、誰でも少し勉強すれば誰でも自由に独自コインを作ることができます。

他のブロックチェーンプラットフォームよりもハードルが低く設定されています。

また、拡張性も高く参入者が多いため、今後このプラットフォームが活発化することでネムコインの価値も高まる可能性があります。

ちあきちあき

NEMは色々な所で使われてるよね!個人的に仮想通貨を作ってみたかったから試してみる!

他にはない独自技術

仮想通貨の多くはビットコインなど既存の仮想通貨をトレースしています。

しかし、ネムコインに使われている技術は、完全にオリジナルなので、今後の開発次第で更なる利便性の高さが期待できます。

ちあきちあき

NEMが開発された時から利便性の高さは言われてたよね!だからファンが多いのかな?

決済店舗が増えてきている

ビットコインよりは数が少ないものの、ネムコインで決済できる店舗は増えつつあります。

決済時間が早いためビットコインよりも便利さを感じるという方も多いようです。

ちあきちあき

NEMで購入できるサイトを作ってるよね!上手くNEMは商売にも溶け込んでいくイメージある!

仮想通貨取引所「Zaif」と連携

Zaifは国内でも人気の仮想通貨取引所ですが、運営元のテックビューロ社と連携し、共同開発を開始しています。

また、NEM財団を成立させています。

このNEM財団は営利を目的としておらず公共事業を目的としているので、運営状態の透明化が行われているため、他の営利法人と比べると安心に繋がると判断する投資家が多いと考えられます。

ちあきちあき

運営状態の透明化が行われているのは投資をする私達も安心出来るね!

ネムコインの危険性・デメリット


ここまで良いところをご紹介してきましたが、逆にネムコインが持つ危険性やデメリットについてもご紹介していきます。

同じ構想のライバルが多い

プラットフォーム型仮想通貨というと代表的なものにイーサリアムがありますが、他にもプラットフォーム型の仮想通貨は少なくない数があります。

今後、どの仮想通貨が生き残るかどうかまだ読めないところがあります。

ちあきちあき

ライバルが沢山いるって事はそれだけ成長する可能性もあるって事だと私は思う!切磋琢磨するパターンだね!

流出事件のイメージが強い

2018年1月、コインチェックから600億円相当のネムコインが流出したのは記憶に新しいかと思います。

もちろん、これは取引所による管理体制が不足していたため起きた事件ではあるのですが、一般人からするとネムコインという仮想通貨自体に悪いイメージがついている人も少なくありません。

対応は収束し、信頼回復は始まっていますが、第一印象のイメージの悪さが今後どのように一般に普及していくのかが問題です。

ちあきちあき

NEM全く関係ないのに可愛そう・・・コインチェックがオンラインで保管してたのが一番悪いのに!ただイメージが悪くなるってのは駄目だよね!

ネムコイン対応のおすすめウォレット2選


評判が良く日本人に人気のあるにもネムコインですが、NEM流出事件でも分かる通り、取引所にそのまま置いておくというのはあまりおすすめできません。

自分のネムコインを守るために、専用のウォレット(財布)に仮想通貨を保管しておくという意識が現在高まっています。

ウォレットには大きく分けて、ネットウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットが存在します。

一番セキュリティが高く利便性も悪くないのが、ハードウェアウォレットです。

ただ、専用端末を購入しなければならないため、初期費用がかかってしまいます。

初心者の方はまずはデスクトップウォレットやモバイルウォレットからはじめるのが良いでしょう。

とはいっても、具体的にどういったものが良いのか判断がつかない方が大半かと思います。

そこで、具体的にネム対応のおすすめできるウォレットを二つ厳選してご紹介します。

ちあきちあき

NEM対応のおすすめできるウォレットって調べても中々出てこないから気になる!NEM単体でもセキュリティは高いからウォレットもセキュリティが高いものを選択したい!

Nano Wallet

ネムが提供する公式のウォレットです。

パソコンとスマホに対応したアプリをインストールして利用します。

基本的にネムコインについてはコチラのウォレットを利用することをおすすめします。

というのも、開発元だからこそ一番NEMの使い方について熟知しているため、機能更新など対応が早いことがあげられます。

また、一番の理由としてはハーベスティングができることにあります。

また、他のウォレットと連携して使うことのできる使い勝手の良さがあるため、ハーベスティング目的の方は必ず登録しましょう。

ハーベスティングの年利は約1%程度と決して低いものではありませんし、多くのネムコインを有している場合、それ以上の年利になる可能性もあります。

ネムの将来性に期待して保管しておきたいという場合は、こちらのウォレットを選ぶようにしましょう。

ちあきちあき

公式ウォレットって安心するよね!ハーベスティングの年利は約1%と考えても利点ばかりだよね!開発元だからこそNEMを深く理解できてるってのはNano Walletの一番の強みだね!

Trezor

ハードウェアウォレットの一つで、専用端末を利用した保管方法です。

専用端末は15800円程度と安くはありませんが、その分、ハードウェアウォレットの中でも随一のセキュリティの高さで人気を誇ります。

また、対応通貨も国内取り扱いのものならすべてに対応し、現在もその対応数を増やしています。

セキュリティもあえて公開鍵をユーザーに扱わせないため、わざわざコピーする必要がなく、そこから秘密鍵が流出することもありません。

送金の際にもパソコン画面と端末ボタンの二重承認制を採用しているなどハッカーからの攻撃に強い構造をしています。

また、Nano Walletとの連携もできるため安全にかつハーベスティングもできるとネムコインの保管方法としては最上級と言って過言ではない方法になるかと思います。

ちあきちあき

価格が高い分ハードウェアウォレットの中でも随一のセキュリティの高さはとても魅力的だよね!沢山のNEMを購入するならTrezorを購入するしかないかも!

ウォレットは用途によって使い分ける

仮想通貨,ネム,ウォレット
この二つのウォレットは相性が良く、どちらも利用するのがおすすめです。

しかし、仮想通貨を始めたばかりであったり、まだ金額が少なかったりという場合は、まずはデスクトップウォレットやモバイルウォレットである公式アプリを使うのがおすすめです。

しかし、大きな金額を扱っていたり、 しばらく動かす予定がなかったりなど保管がメインになる場合は、ハードウェアウォレットでネットワークから切り離し、第三者に管理を依存しない方法にすることをおすすめします。

ちあきちあき

ウォレットの使い分けは重要だね!デスクトップウォレットやモバイルウォレットである公式アプリを使ってみる事からスタートするのがいいかも!

最終更新日:2018年10月11日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事