ホーム取引所ビットコインの買い方!コンビニで購入する方法を徹底解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.20 最終更新
ゆい

ビットコインの買い方!コンビニで購入する方法を徹底解説!

ビットコイン 買い方 コンビニ

ビットコインの買い方としては、取引所に銀行振込で日本円を入金して、日本円でビットコインを購入するのが基本的なのですが、コンビニで購入するという人も少なからずいます。そこで、ビットコインをコンビニで購入する方法について、解説いたします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆいゆい

こんにちは!新しいものが大好きなゆいです!休日の日にはビットコインのチャート画面と睨めっこしていることが多いです。よろしくお願いします!(*・ω・)ノ ルンルン♪

ビットコインを購入するには、利用している取引所に日本円を入金して、その日本円で取引所からビットコインを購入する必要があります。日本円を入金してビットコインを購入するという点については、国内取引所にも言えることでしょう。

日本円を入金する方法は基本的に銀行振込なのですが、実はもうひとつあります。コンビニを利用した入金方法についてです。

そこで、コンビニを利用したビットコインの買い方を説明するだけでなく、コンビニを日本円の入金に利用するメリットとデメリットについて、解説していきます。

ゆいゆい

ビットコインに関する最新情報については、下記の記事が参考になるでしょう♪

コンビニを利用したビットコインの買い方とは

ビットコイン 買い方 コンビニ

コンビニを利用したビットコインの買い方の前にまず、利用する取引所の口座の入金方法について、説明いたします。

多くのユーザーは銀行振込で、ビットコインを扱う仮想通貨取引所に日本円を入金します。特に、ジャパンネット銀行や楽天銀行と言ったインターネットバンキングを利用した銀行振込方法が多いと言えるでしょう。

ゆいゆい

インターネットバンキングって本当に便利ですよね!家にいながらスマホで自分の残高を確認できますから♪わたしもインターネットバンキングを利用して、取引所に銀行振込してます!(^▽^)/

しかし、コンビニを利用して、利用する取引所の口座に入金するという方法があります。その方法についてですが、その前に利用する取引所の本人確認を済まさなければなりません。

取引所によっては、本人確認しなくても入金できるところがあると言われているのですが、例え入金できたとしても、取引所が扱っているビットコインなど仮想通貨を購入することができないなど、大幅な機能制限が設けられます。

ゆいゆい

本人確認の書類が自宅に郵送されるまでの間、二段階認証など、セキュリティ面についての設定を行うといいでしょう♪

本人確認の手続きを全て済ませることで、その機能制限が撤廃され、日本円の入出金やビットコインなど仮想通貨の購入など、取引所の機能を利用することができるというわけです。

コンビニを利用したビットコインの買い方についての本題に入りますが、取引所の操作方法は各取引所によって異なるので、共通する部分を限定してお話いたします。

その共通する部分についてですが、コンビニを利用した取引所の入金方法を順番に説明するとこうなります。

  • 利用する取引所にログイン
  • 日本円の入金を選択
  • コンビニでの支払いを選択
  • 利用したいコンビニを選択して、入金したい額を入力して請求手続きを行う
  • 請求手続きを終えると、番号が出てくるので、その番号をメモするなどする
  • 番号を控えた状態のまま、選択したコンビニに足を運び、そのコンビニに設置されている端末を操作
  • 端末を操作して番号を入力して手続きを済ませると、請求書が端末から発行される
  • 発行された請求書をレジに持ってきて、現金で支払いを行う
  • その後、利用する取引所にログインして、入金しているかどうかを確認
  • 反映されたら、入金手続きが全て終了

大雑把で説明すると、このような手順となるわけです。入金が完了した直後に、利用する取引所の口座に反映されると言われています。多少のラグもあったとしても、待たせるということはないと考えてもいいでしょう。

ゆいゆい

すぐに反映されるのでしたら、価格上昇直前の状態となったビットコインに、即座に対応できるというわけですね♪

コンビニ以外での日本円入金方法について

コンビニを利用する以外に、銀行振込やクレジットカードやペイジーなどの方法で入金することができます。クレジットカードの場合、多くが取引所への入金ではなく、そのクレジットカードで直接、ビットコインを購入するという方法になるとされています。

ゆいゆい

クレジットカードの国際ブランドであるマスターカードが、仮想通貨決済の処理速度向上に関する特許を取得し、仮想通貨市場に参入したとされています。

その内容が下記の記事に記載されていますので、良ければ参考にしてみてくださいね♪

しかし、クレジットカードで購入できる取引所が少なくなってきているとのことです。以前はクレジットカードで、ビットコインなど仮想通貨を購入することができたのですが、現在はそのサービスを停止しているという国内取引所も存在しています。

話しを戻しますが、日本円を入金する方法で、ユーザーの多くが銀行振込を選択すると言われています。インターネットバンキングを利用した銀行振込でなら、効率が良いと言えるでしょう。

インターネットバンキングの場合、自宅にいながら、スマートフォンまたパソコンだけで、その口座の残高を確認し、銀行振込が可能となります。

インターネットバンキングを利用すれば、わざわざATMや銀行窓口に足を運んで、通帳記帳する必要がない、振り込み手続きをする必要がないというわけです。

ゆいゆい

多くの銀行は、インターネットを利用した、残高の確認と振込の手続きなどができるように対応しています!

デメリットとしては、インターネット環境とスマートフォンまたはパソコンがないと、インターネットバンキングを利用できないというところです。

インターネットに依存しなければならない世の中になってきていますが、それだけに、我々は便利な生活を求めていると言えるでしょう。

ちなみに、日本のインターネットバンキングの利用率は、2017年度の調査によれば、約7割だとされています。参照:マイナビニュース

ビットコインの買い方でコンビニを利用するメリットとデメリットとは

ビットコイン 買い方 コンビニ

ビットコインの買い方のひとつに、コンビニの利用が挙げられますが、そのコンビニを利用してビットコインを購入するメリットとデメリットがそれぞれあります。

そのメリットとデメリットを次に挙げて解説していきます。

ビットコインの買い方でコンビニ利用のデメリットとは

コンビニを利用して、ビットコインを購入するデメリットを箇条書きでまとめてみました。

  • コンビニに直接足を運ばなければならない
  • 現金でしか支払えない
  • 現金のみ対応が故にリスクがある
  • セブンイレブンは対応していない
  • 架空請求先に利用される可能性がある
  • コンビニで入金した後から1週間、入金額の半額程度取引所から出金できない
  • 取引所によっては手数料が高い

一番注目して頂きたいのが、コンビニに直接足を運ばなければならないというところです。コンビニを利用してビットコインを購入するということは、コンビニに直接足を運んで、利用する取引所に入金しなければならないというわけです。

しかし、リスクがあります。そのリスクとは、取引所ではなく、現金を持ち歩いている自分自身が身の危険を晒すことになり、場合によっては、ひったくりに遭い、現金を盗まれる可能性があるというところです。

ゆいゆい

ひったくりに遭いたくないので、インターネットバンキングでなるべく、銀行振込で入金してビットコインを購入しているのです。(((uдu*)ゥンゥン

コンビニを利用して取引所に入金する方法についてですが、セブンイレブンだけが利用できません。なぜかはわかりませんが、ローソンやファミリーマートなどのコンビニであれば利用できます。

取引所のコンビニ入金の手続きを行うとき、どのコンビニがいいのかを選択できるので、特に理由がない場合は、自宅から近いコンビニを選ぶほうが適切だと言えるでしょう

架空請求先についてですが、悪いことに利用することが可能と言われています。取引所のコンビニ入金の手続きを終えた後に番号を控えるのですが、その番号を対象の相手に開示して、相手を言い包めて、支払わせるという詐欺の手口です。

こういった手口で詐欺に遭ったという情報はありませんが、相手がいきなり、「番号開示するから支払って」などと言ってきたら、詐欺の可能性が大きいので注意が必要です。

ゆいゆい

コンビニを利用した入金の詐欺って・・・。色々な詐欺の手口が出てきますね・・・。

ビットコインの買い方でコンビニ利用のメリットとは

コンビニを利用してビットコインを購入するメリットを箇条書きでまとめました。

  • 銀行口座を必要としない
  • 24時間対応(※24時間営業していないコンビニもあり)
  • 入金手続き後、即座に入金が反映される

考えられるメリットはこの3つだけなのですが、注目して頂きたいのが、銀行口座を必要としないところです。国内取引所は利用するユーザーに対して、銀行口座の登録を求めておらず、登録はあくまで任意という形を取っています。

コンビニを利用して取引所に日本円を入金し、ビットコインを購入するという方法は、銀行振込をしたくないと考える人にとっては向いていると言っても過言ではないでしょう。

ゆいゆい

だけど、日本円の出金を申請する時は、絶対に自分の銀行口座が必要になりますよ♪

もうひとつは、24時間対応のところですが、コンビニによっては、24時間営業していないところがあります。深夜になってまで、コンビニを取引所への入金に利用する人は少ないと言えるでしょう。

ゆいゆい

わたし、深夜の時間帯には寝ていますけどね・・・

そして、ビットコインの買い方でコンビニを利用する最大のメリットは、コンビニでレジを済ませた直後に入金が反映されるというところです。

この部分については上述に触れていますので、説明は省略いたしますが、この点については、コンビニを利用する価値があると言えるでしょう。

ゆいゆい

急な値上がりに対応するために、どうしてもコンビニ払いをしなければならないときがあるんですよね・・・。

ビットコインの買い方!コンビニで購入する方法についてのまとめ

ビットコイン 買い方 コンビニ

ビットコインの買い方は、銀行振込で取引所に日本円を入金して、その日本円でビットコインを購入するのが、仮想通貨ユーザーの間でも一般的となっています。

一方で、デメリットを承知の上で、コンビニを利用して、日本円を取引所に入金するユーザーが少なからず存在します。

通常の銀行振込で取引所に日本円を入金する場合、入金が反映されるまでには、早くて1時間かかるとされています。その1時間の中で、ビットコインがいきなり暴騰したら、もう少し入金の反映が早ければと、誰もが悔やみ、考えることでしょう。

コンビニを利用して入金した場合は、入金がすぐに反映されます。現金でしか対応できないというデメリットがあるものの、入金がすぐに反映されるというメリットについては、注目すべきポイントだと言えるでしょう。

ゆいゆい

ビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルなど、魅力的なアルトコインが数多く存在しています。アルトコインを購入する際、以下の記事が参考になるでしょう♪

最終更新日:2018年10月20日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事