ホーム最新ニュースコインベースがCircle社によって発行されたステーブルコインを上場予定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たかしま編集長

コインベースがCircle社によって発行されたステーブルコインを上場予定

コインベース, ステーブルコイン

米国最大規模の仮想通貨取引所であるコインベースに、Circle社が発行したステーブルコイン「USD coin」が上場しました。テザー(USDT)から始まり新しいもので競争が激化するステーブルコイン業界の行く末とは。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

コインベースが初のステーブルコインを上場させる予定

ブルームバーグによると、アメリカ最大の仮想通貨取引所の一つであるコインベースが、Circle社も参画するコンソーシアムに参加することが明らかになりました。

そのCircle社はつい最近、米ドルのペッグ通貨として「USD coin」を発行しており、現在注目を集めているステーブルコイン戦国時代の当事者となっています。

今年の9月末に最初のトークンが発行された「USD coin」は、コンソーシアムに参加したコインベースに上場する最初のステーブルコインとなるようです。

コインベースに上場している仮想通貨はこれまで数少なく、新規上場のニュースが流れるたびに該当の仮想通貨の価格が大きく変動することで知られています。

今回は価格が一定に保たれるペッグ通貨のため、価格に反映されることはありませんが、その影響力は後ほどシェア率という形で現れてくることでしょう。

競争が激化するステーブルコイン市場

コインベースが参加した「Centre(センター)」と呼ばれるコンソーシアムは、従来の銀行から保証金を引き出すプラットフォームになることで、将来的に法定通貨と仮想通貨の橋渡しとなることを目指しています。

その上で、価値が一定に保たれるように設計されているステーブルコインの存在は、サービスの拡充に大きな意味を持っていると考えられます。

現在、数多くのステーブルコインが新たに発行され、仮想通貨の利便性を高めるべく競争が激化しているのは、そういった背景があることからでしょう。

テザー(USDT)はその中でも最大のシェアを誇りますが、第三者の監査を拒否したり銀行口座を開示しないことで信用が欠落してきており、つい先日は最低のシェア率を更新しました。

またその他にも、世界最大規模のビットコイン長者であるウィンクルボス兄弟の取引所Geminiが「Gemini Dollar」を発行し、さらに同時期にPaxos社によって発行された「Paxos Standard Token」が軒を連ねています。

今回のCircle社が発行した「USD coin」を含めて各々が独自の動きを見せており、今後のステーブルコイン業界の行く末に注目が集まっています。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事