ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨に潜む破産の危険まとめてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

仮想通貨に潜む破産の危険まとめてみた

仮想通貨,破産,まとめ

当たれば大きな利益を得る仮想通貨取引ですが、相場参加者の9割が損をしていると言われています。その中には、破産するほど大失敗している人もいるのです。今回は、そんな人たちの声や実態をまとめてみました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨は、キャッシュに代わる新しい通貨として、世界中で注目を集めています。

2017年は、仮想通貨で億単位を稼ぎ出す「億り人」という言葉が生まれ、テレビや雑誌、インターネットで話題になったのは記憶に新しいところです。

しかし、2018年は一気に大暴落!特に、ビットコインの暴落は大変なものとなり、2017年の1/3ほどまで落ち込んでしまいました

その結果、破産の危機を向かえている投資家が続出しています。

仮想通貨で痛い目を見た人たちの2chまとめ

仮想通貨,破産,まとめ

インターネット掲示板2チャンネルには、仮想通貨で大損した人たちのリアルな声が載っています。

その一部をまとめてみました。

これを読めば、明日は我が身です!

「50万割れた時、全貯金ビットコにぶっこんでガチホしちまった…。 テクニカル分析で今月中に100万は行くと思ったのに…朝から涙が止まらない。」

ビットコインに全財産をつぎ込んでしまった結果、悲惨な思いをしたようですね。

後述しますが、仮想通貨投資は余裕資金で取り組まなければなりません。

また、テクニカル分析を過剰に信用しすぎるのも危険です。

テクニカル分析は、あくまでもトレードチャンスの目安ですので、100%ハマるものではありません。

「破産したわ。-1億3000万」

マイナス1億3000万円!とんでもない損失ですね…。

これだけ損できるということは、それ相応の金額を注ぎ込んでいるということですから、そもそもの資金力がすごい!

私にそんな資金力があったら、投資しないで遊んで暮らすかも(笑)

「税金はらえないわ。夜逃げ確定」

後述しますが、仮想通貨で失敗して税金が払えなくなったというのは、よくあることです。

税金を念頭においていないのは、初心者にありがちなミス!気をつけておきましょう。

「こんなあっさり破産するもんだなwww現実感ないわ」

仮想通貨は、ハイリスクハイリターンな取引なので、ものの数秒で破産してしまうのはよくあること

そのため、現実感を感じない人は多いのです。

この人は、破産しているにもかかわらず「www」を打っているから、現実逃避しているものと思われます(笑)

「なんでいきなりこんなあげんの?ふざけんなよ!人ころすきか」

2018年の暴落を受けて「2018年はこれからも下がっていく」と読み、ショートにかけていた投資家は多いです。

しかし、下げっぱなしということはありえないので、たまには上がることもあります

原因不明の一時的な高騰とか何なんだろう…、痛い目を見る人も多いんですよね。

仮想通貨は、株やFXより乱高下が激しいので、気を付けなければなりません!

破産する人はトレードがヘタ!NGトレードまとめ

仮想通貨,破産,まとめ

仮想通貨で破産するような人は、トレードが下手です。

これは、はっきりと言い切れます!

理にかなったトレードをしていれば、例え損をしたとしても、破産まで行くことはないはずです。

破産するような人たちは、多くが次のようなトレードをしています。

損切りをしない

自分が思った方向と逆の方向に行ってしまった場合は、損失が大きくなる前に「損切り」するべきです。

でも、「もうしばらくしたら戻ってくるかもしれない」という期待を持ち、損切りできない人がたくさんいます。

損切りができないのは致命的なので、仮想通貨取引をやめたほうがいいと言っても過言ではありません!

ポジポジ病

トレードチャンスは、何回も訪れるものではありませんので、稼げている投資家はタイミングを見計らってポジションを取ります。

しかし、常にポジションを取り続けてしまう人が多いんです。

これを「ポジポジ病」と呼んでいます。

初心者や損失をすぐに取り返そうとする人に多い傾向です。

全財産賭けちゃう

投資は、失っても生活が困らない余裕資金で行うべきです。これは、投資の業界では常識とされています。

しかし、「人生一発逆転!」と言わんばかりに、全財産を注ぎ込んでしまう人が多いんです。

配偶者や子供がいる人は、特に意識してください。

独学でトレードをする

仮想通貨の相場を読むためには、テクニカル、経済、世界情勢、政治、etc、あらゆる事を理解していなければいけません。

これらの勉強をしっかりするのは時間がかかるため、「なんとかなるっしょ!」と、独学でトレードしている人が多いです。

実の入った解釈ができていれば独学でも構いませんが、なかなかそうはいきません。

無料セミナーもあるので、専門家の指導を受けた方が良いと思いますよ。

デモトレードしない

仮想通貨取引には、「デモトレード」というものがあります。

これは、仮想通貨取引をシミュレーションできるシステムです。

実際に動いている相場に参加できるため、シミュレーションとはいえ「リアル」なのが魅力!

初心者は、まずデモトレードで相場観を養うべきなのですが、やってない人が多いんです。

デモトレードで黒字が出ていない間は、相場に参加するべきではありません。

デモトレードの大切さはこちらでも説明しています!

「ロスカット」があるからトレードだけでは破産しない

仮想通貨,破産,まとめ

前述したように、仮想通貨で破産している人がたくさんいますから、「仮想通貨取引って怖いなぁ」と思っている人が多いと思います。

でも、取引しただけでは破産になることはありません

なぜなら、「ロスカット」という機能があるからです。

ロスカットとは?

ロスカットは、損失が大きくなった時にポジションが強制決済されるシステムです。

ロスカットが発動することで、投資家の資産が0、或いはマイナスにならないように考慮しています。

仮想通貨で破産につながる行動は「借金」にアリ!

仮想通貨,破産,まとめ

ロスカット機能があるのであれば、どうして仮想通貨取引で破産する人が出てくるのでしょうか?

その多くの理由は、「借金」にあります。

どういった事例で借金してしまうのか、まとめてみました。

損失をカバーするために借金する

取引で大きな損が出てしまった場合、多くの人はその損を取り返そうと躍起になります。

しかし、資金がない…。

そんなために、借金してても資金を作るのです。

それで利益が取れれば良いですが、多くの場合は、損失が膨らんで借金だけが残ってしまいます。

「信用取引」が怖い!

取引所によっては、預けたお金以上の取引が可能で、これを「信用取引」と言います。

仮に、預けたお金の5倍の取引ができるとしましょう。

そうすると、100万円しか預けていないのに、500万円の取引ができるのです。

だけど、その後トレードに失敗して価格がゼロになってしまったら、400万円の損失を背負わなければなりません

貯金で賄えない場合は、借金をする羽目になるのです。

税金が払えない

仮想通貨取引で利益が出た場合は、税金を払わなければなりません。

税金を支払うのは翌年です

しかし、翌年に入って大きな損失を出してしまった場合、税金を支払えないほど損をすることがあるのです。

その場合は、借金を背負ってでも税金を支払わなければなりません。

何百万何千万なる可能性があるので、怖いです!

破産の理由は下記でも説明したいます。

借金を債務整理して破産を逃れよう

仮想通貨,破産,まとめ

仮想通貨取引で多額の借金を抱えてしまった場合は、返済しなければなりません。

返済の見込みのある金額の場合はまだ良いですが、厳しい場合はどうしたらよいのでしょう…。

そういう時は、債務整理しかありません。

債務整理とは?

債務整理は、法的に借金を減額できる方法です。

債務整理を行えば、借金が半額近くまで減ることがあります。

債務整理は全部で3種類なるので、紹介しておきましょう。

借金が少ないときは「任意整理」

借金が比較的少ない場合は、任意整理がおすすめです。

任意整理すれば、利息をカットして、元本だけ返済することができます。

利息って高いから、これは助かりますね!

借金額が多くて収入があるときは「個人再生」

借金が多い場合は、個人再生がおすすめです。最大1/5まで借金を減らすことができます

かなり魅力的ですね!でも、条件があります。

それは、「返済の見込みがつく収入があること」です。

個人再生した後に残った借金は、計画通りに返済しなければならないため、収入が少ない場合は認められません

返済不可能な場合は「自己破産」

返済不可能なぐらい借金を作ってしまった場合は、自己破産となります。

自己破産が認められれば、返済義務はありません

相当魅力を感じる概要ですが、自動車や住宅などの財産が全て没収されてしまうため、無一文になります

デメリットが大きすぎるので、自己破産はなるべく避けるべきです。

仮想通貨で自己破産はできる?

仮想通貨,破産,まとめ

「無一文になってもいいから、自己破産して借金をチャラにしたい」。

こう思う人は少なくありません。

自己破産するには、一定の要件を満たしていなければならないのです。

ギャンブルで作った借金は認められない

ギャンブルで作った借金は、自己破産の対象外とされることが多いです

つまり、パチンコや競馬の借金は、自己破産できないということですね。

仮想通貨投資は、ギャンブル的な要素もあるので、この辺が気がかりです…。

初めての自己破産なら認められることが多い

仮想通貨の借金であっても、初めての自己破産なら認められるケースがあります

ただし、収入や借金額などで左右されることもあるので、この限りではありません。

初回で認められたとしても、2回目の自己破産では認められないでしょう。

仮想通貨での破産に気をつけよう

いかがでしょうか?今回は、仮想通貨による破産に焦点を当ててみました。

借金を背負ってまで仮想通貨にのめり込むのは、危険なのが分かってもらえたかと思います。

ただ、一攫千金のチャンスがあるのも事実なので、相場に参加する人が後を絶ちません。仮想通貨投資する際は、リスクをちゃんと理解した上で、自己責任で行いましょう。

なお、仮想通貨で儲けた人が破産してしまうケースの記事が下記にもありますので、参考にして下さい。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事