ホーム税金2019年の仮想通貨の確定申告はどうなる!?最近のニュースから読み取る確定申告!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.22 最終更新
ちあき

2019年の仮想通貨の確定申告はどうなる!?最近のニュースから読み取る確定申告!

仮想通貨,確定申告

仮想通貨の確定申告に関しては制度ができてからまだまだ時間が経っていません。その為、確定申告に慣れていないユーザーも多いでしょう。国税庁が定めた制度もまだまだ完璧とは言えません。そこで今回は2018年に行われる確定申告の最新情報を紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ちあきです!

仮想通貨市場の事を自分なりに分析したり先読みが出来ないかな?って考えて休みの日は仮想通貨のイベントに参加するようになりました!

仮想通貨のイベントに参加すると参加している人も仮想通貨に興味をもっている人ばかりだからワクワクするし何より自分の知識を大きく伸ばす事が出来るから嬉しい!

最近仮想通貨市場は安定していたのに、テザーの話とか、某有名仮想通貨取引所が買収されるっていう噂が出てしまってビットコインの価格が70万を割ってしまったのが痛いです・・・

最近だとリップルが大きく価格を高騰させて61円になったと思ったら40円になったりして価格予想が難しいのが現状だよね!
個人的にNEMの価格が1桁になった時が購入するタイミングかなって思う!

仮想通貨で沢山稼げたとしても確定申告が必要になるってのは注意が必要だよね!逆に仮想通貨で負けたとしても雑所得だから所得を下げれないんじゃないのかな?って考えている人は大きな間違いなんだよ!

雑所得に反映する事が出来る購入の品物も沢山あるみたいだから一度大きく損した人でも確定申告をする際は税理士に話をしてみるだけでも大きく納税金額が変化するパターンもあるみたい!

ちあきちあき

仮想通貨市場を読み解くのは重要だよね!仮想通貨市場は安定している様に見えて一気に暴落するから予想するのが難しいよね!特にビットコインの価格が暴落するとアルトコインの価格も流れるように価格が衰退していくから注意が必要だね!

今回は仮想通貨の確定申告のニュースを分析した記事にしてみたよ!
確定申告を脱税した人など沢山いると思いますが、少しずつピックアップされて追加課税を払わされているよね!どうせ払うなら先に払うほうが絶対にいい!

納税をきちんとしなかったり、確定申告が漏れていたらそれは犯罪だから自分自身でしっかり意識をもって行動する事が大切だと思う!

仮想通貨の確定申告は2017年から始まったため、新しい制度です。その制度もしっかりと決まっているわけではないため、年々変わってくる可能性も十分あります。

しかし、確定申告は欠かせないことなので、慎重に行っている人も多いですし、できるだけ正確な情報が欲しい人も多いでしょう。

そこで今回は現在出ている仮想通貨の確定申告に関するニュースなどをピックアップして次の確定申告について、予想していきます。

ちあきちあき

確定申告は1度もした事がない人は不安だと思うけどそれは皆同じだから安心して!仮想通貨の確定申告に関するニュースがメディアで沢山報道しているから紹介していきますね!

現在の仮想通貨の確定申告


まずは仮想通貨の確定申告について解説していきます。2017年は仮想通貨流行の年となり、多くの人が仮想通貨投資を始めました。実際に、仮想通貨投資を行っていない人でも名前を聞く機会はあったかと思います。

多くの人が仮想通貨によって利益を出しており、利益によって生活が豊かになっていたり、投資活動が上手く循環したりする人も多いのではないでしょうか。

しかし、そこで発生したのが確定申告の問題です。これは2017年に国税庁から制度として挙げられたものとなっており、仮想通貨で一定の利益を上げた人が対象となります。

この対象となる利益の金額はそれぞれの立場によって異なってきます。

まず、サラリーマンなど企業に勤めていて、副業で仮想通貨投資を行い、利益を上げた人は1年間で20万円以上の利益を出していると、確定申告の対象となります。

学生や主婦など家族の扶養に入っている人は1年間で33万円以上の利益を出していると確定申告の必要があります。

そして、フリーランスや個人事業主の人は利益額とは関係なく確定申告は必要となってきます。

確定申告を逃してしまうと、ペナルティとして多くの税金が掛かってしまうため、確実に申告漏れがないように行うようにしましょう。

ちあきちあき

サラリーマンなど企業に勤めている状態で副業をしている人や仮想通貨取引をしている人は注意が必要だよね!20万を超えた段階で申告が必要なの!勤めている人や専業主婦の人で納税する金額やラインが変わるのは注意が必要な所だよね!

仮想通貨の確定申告の税率

仮想通貨の税率は所得額によって変動します。仮想通貨で得た利益は雑所得として総合課税の対象になると発表されています。つまり、給与所得と合算した金額によって税率が変わります。

利益が多額になると、最大で45%まで跳ね上がります。そのため、利益を出すことに集中するよりはいかに税率を抑えながら利益を出すかがポイントとなります。

税率に関しては今後も変動する可能性は少なからずあるので、常に把握しておくことが大切です。

ちあきちあき

雑所得として総合課税の対象になるのは注意が必要!特に雑所得は利益が多額になると、最大で45%まで上昇するのは一番注意しないといけない所!45%を忘れて取引をしていると納税金額が足りない!って人も2017年にも複数人いたから皆はそんな事がないようにしなきゃだよ!

ふるさと納税で節税が可能

誰でも簡単にできる節税として有名な「ふるさと納税」。

2009年ごろからスタートした制度で、仮想通貨で得た所得に対しても控除が可能となっています。

具体的には、自分の好きな自治体に寄附をすることで、その金額分の所得が控除されるという仕組み。控除には上限額がありますが、上手く計算して最大限まで控除されるようにやっている人はたくさんいます。

さらに自治体からお得な返礼品も貰えるので、返礼品目的で寄附をする人もいるほど。

自分が欲しい返礼品を探して、その自治体に寄附をする。すると自分の所得が控除されて税金が少なくなるという素敵な制度なんです。

ただし、2019年に制度の見直しが入る可能性があるとニュースでやっていたので、やるなら2018年中にやったほうがいいかもしれません。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

 

2017年の確定申告


それでは、2017年分の仮想通貨の確定申告はどのような結果になったのでしょうか。

国税庁は2018年の5月に発表した確定申告の結果によると、仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上あると確定申告あった人は331人でした。この確定申告では景気回復の兆しが出てきました。

しかし、仮想通貨の業界関係者からは実際の利益はもっと多いという指摘をしている人も多く、2018年分の確定申告はより多くの金額と、より多くの人から申告が来ることが予測されています。

2017年は仮想通貨の価格が大きく跳ね上がる機会が多くあり、仮想通貨利益が魅力的だと感じる人も多かったでしょう。しかし、それに対してそこまで申告額が大きくないことから申告していない人もいるのではないだろうかと考える人も多いです。

それでは2018年分の仮想通貨の確定申告に対してはどこまでどのような考慮がされているのでしょうか。

ちあきちあき

1億円以上あると確定申告あった人は331人なのは思ったより少ないく感じたかな?海外投資家の方が多く稼いだって事なのかな?私は思うんだけど確定申告を小額だからしていない人が6割くらいいそう・・・小額だから確定申告をしないっていうのはスーパーで10円ガムだからお金払わなくて万引きしてもいいやって考えと同じ事を気がついてほしいよね!

2018年度の確定申告に向けて


2018年分の確定申告は2019年の2月16日から3月15日の約1ヶ月の期間で行うことになります。

確定申告のシーズンに気をつけなければいけないのは税務署の執務時間を確認しなければいけないということです。税務署の執務時間は月曜日から金曜日となっており、時間も8時30分から17時00分までとなっていることが多いです。

土日祝日は基本的にやっていないことも多く、自分の地区の税務署に問い合わせしてみると良いでしょう。

ただし、地区によってはこの期間の土日だけ税務署が開いているということもあります。サラリーマンのように平日から仕事を行っている人はこういった時間を確認しておいて空いた時間で確定申告を行うようにしましょう。

すでに2018年度の仮想通貨の確定申告に向けて、国税庁も動き始めています。仮想通貨が流通し始めてからそこまで年月も経っていないため、国税庁も対応しきれていない部分も多かったですが、仮想通貨の確定申告に対して申告の簡略化を検討しているとのことです。

また、2019年1月から税金の申請を行う場合はマイナンバーカードを持っていなくても税金の申告が可能となる新方式を導入するという発表が国税庁からありました。

これはマイナンバーカードの交付率が11%となっているため、普及が進んでいないということが影響しているようです。

今まではマイナンバーカードやそのコピーがないと確定申告ができないという状況でしたが、2019年からは少し必要書類も減り、負担も少なくなりそうです。

2019年の1月からは本人確認を税務署で済ませて、IDとパスワードを発行してもらい、それを利用して自宅のパソコンから申告できるようになるようです。これはスマートフォンからもできるようです。

仮想通貨の確定申告は手間がかかる作業でもあり、損益計算に苦労する人も多いです。仮想通貨に関しては日本円に換金した際も、サービスや商品を購入した際にも課税の対象となります。

課税の対象の有無の問題の他にも、取引を年間に何回も行う人にとってはその取引を合算して行うのもかなり時間がかかったり、計算ミスをしてしまったりする可能性もあります。

そこで確定申告の簡略化が検討される動きとなりました。簡略化の具体的な内容にも触れていきましょう。

ちあきちあき

会社で働いていると確定申告をする時間が中々なくて困るよね!飽いた時間に資料をまとめるのは大変そう!

簡略化の内容

国税庁が考えている簡略化の内容は「仮想通貨の所得や納税額の計算の自動化」「納税申告に必要な書類の簡略化」「自動計算ソフトの周知徹底」となっています。

特に損益計算などの自動化については力を入れているようですが、そうなってくると仮想通貨ユーザーが自動計算ソフトを利用して事前にCSV(取引データ)を整理して保存しておく必要があります。

もちろん、すでに利用したことがある人にとっては楽な作業かもしれませんが、まだ利用したことがない人にとっては自動計算ソフトの利用もハードルとなります。

自動計算ソフトを利用する際のガイドなども国税庁の施策として行い、援助してあげると仮想通貨ユーザーも利用しやすいかと思います。

どちらにしろ、今の現状では自動計算ソフトを頼りにするのは少しリスクがあります。そういったソフトウェアを開発している企業もまだ仮想通貨の確定申告に関して把握しきれていない部分も多いです。

自動計算ソフトを利用する前に自身で地道に記録していくことも大切と言えるのではないでしょうか。

ちあきちあき

「仮想通貨の所得や納税額の計算の自動化」「納税申告に必要な書類の簡略化」「自動計算ソフトの周知徹底」を使う事が会社員の人は良いよね!私も去年までは使ってなかったけど、自動計算ソフトを使うようになってから凄い時間が短縮出来る様になったよ!会社員だと自分の時間が少ないから有意義に使う事が大切だよね!

ちあきちあき

ビットコインでお金を稼いでも税金を払わないといけないのは注意が必要だよね!計算方法も勉強しなきゃだね!

確定申告でミスしてしまうと


確定申告で申告する税金の額を多く払いすぎてしまったり、逆に少なく払ってしまったりすることがあります。

初めて確定申告を行う人は慣れない作業も多く、ミスをしてしまう人も多いです。こういったミスをしてしまうと余計にお金を払わなければいけないということになります。

確定申告の締切前では、「訂正申告」という形で対応することができるため、もう一度確定申告と同じ書類を集めて再提出すれば訂正は可能です。

その際に同じ書類がない場合もありますが、その時は税務署印が押されているものをコピーして提出することで解決できます。

また、訂正申告についても機嫌が決められていることが多いので、管轄の税務署に確認してみると良いでしょう。

仮に確定申告の締切後になってしまった場合は「更生の請求」か「修正申告」という形になります。

「更生の請求」は「所得税及び復興特別所得税の更生の請求書」という書類を記入することで受けることができます。

しかし、あくまで「請求」であるため、審査しだいでは断られてしまうこともあります。なお、この請求に関しては法定申告期限が決まっており、5年以内となっています。

確定申告の期限に関係なく5年以内であればいつでも提出は可能となっています。逆に5年間が過ぎてしまうともう対象とはなりませんので注意してください。

次に「修正申告」ですが、確定申告のミスとしてはこれが一番被害の大きいミスです。

確定申告の修正が法定期限を過ぎてしまい、所得税を少なく申告していた場合や大きく申告していた場合は「修正申告」の必要があります。

なお、「修正申告」を行っていく場合は「延滞税」というペナルティが発生します。なお、この延滞税は年々大きくなっていくため、修正申告が必要となった場合はできるだけ早めに申請する事をオススメします。

「修正申告」を行う際には「所得税及び復興特別所得税の修正申告書」が必要となります。書類の準備にも時間がかかるため、早め早めの対応が必要となります。

ちあきちあき

5年以内って所は注意が必要だね!確定申告を自分が完璧にしたと思っても確定申告漏れがあったらそれだけで追加課税をする必要性が出てくるから確定申告が終わった後再度自分で確認する必要性があるね!

確定申告に向けて良い準備を

すでに確定申告に向けて、動き出している人もいれば、全く手をつけていないという人もいます。もちろん事前にある程度準備をしておくとかなり楽になります。

仮想通貨の確定申告は特にそれが起きやすくなっており、まだまだ慣れていない人も多いため、準備には時間をかけたほうが良いでしょう。

そして、ふるさと納税のような節税もしっかりやって、少しでも税金を減らすように意識してみると良いでしょう。

ふるさと納税に関して、こちらの記事もおすすめです!

 

最終更新日:2018年12月22日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事