ホーム市況10/29(月)|仮想通貨相場は本日も先週に引き続き小動き/ビットコイン価格のボラティリティが示す「閑散に売りなし?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たかしま編集長

10/29(月)|仮想通貨相場は本日も先週に引き続き小動き/ビットコイン価格のボラティリティが示す「閑散に売りなし?」

10月29日の仮想通貨市況
・週明けの仮想通貨相場は、先週に引き続き方向感のない展開で小動き
・ビットコイン価格のボラティリティは18か月ぶりの低水準だが、「閑散相場に売りなし」という格言通りに動くのか

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

29日の仮想通貨相場は、先週に引き続き方向感のない動きに終始しており、本日夜間から始まるNY株式市場の動きを確認したいという可能性があります。ビットコイン価格は一時710,000円近くまで売られるものの、その後は714,000円台まで戻す動きとなっています。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

29日18時55分現在の主要通貨の価格は以下の通りです。

 

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC 714,500 -1,046(-0.15%)
ETH 22,555 +58(+0.27%)
XRP 50.946 +0.160(+0.31%)
BCH 48,447 -70(-0.14%)

 

閑散相場が続く仮想通貨相場ですが、ビットコインの日足ベースのチャートで見ると、一目均衡表では、遅行線は実践に絡んだ状態で、現在価格は雲の下限に沿うように動いています。同様に、日足ボリンジャーバンドでは、バンド幅が縮小する中でセンターラインの下にくっつくような形で推移しています。

まさに、閑散相場というところで、売り物はそこそこ出てくるものの、売られたところには買い物が入るという、まさに「閑散に売りなし」というところでしょうか。

ビットコインのボラティリティは18か月ぶりの低水準となっていますが、ボラティリティは短期売買派の指標でもありますので、機関投資家の存在しない仮想通貨相場では、ガチホ投資家が買っていると想定され、将来的には上昇要因とも考えられます。

ビットコインの低いボラティリティが上昇要因だとする記事↓


【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事