ホームちかのトレード日記ちかの仮想通貨FXトレード日記!イーサリアムの最新情報から相場を読み解く!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.31 最終更新
ちか

ちかの仮想通貨FXトレード日記!イーサリアムの最新情報から相場を読み解く!

ちかトレード

こんにちは、ちかです。前回の大敗北から一転、今回のスイングトレードはイーサリアムが上がってくれているのでここまで順調です!そこで今回はイーサリアムの最近の値動きについて私なりにいろいろと調べてみました。調べてみると興味深いことがたくさん分かりました!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

現在の残高:80,685円!!!

こんにちは!ちかです。

この間のスイングトレードでとったETHXMRのポジションが調子良さそうなので
今日はこのままのポジションをキープして様子見です!

仮想通貨,トレード,イーサリアム

自分でもびっくりするくらいイーサリアムの相場が伸びてきているので、
今日はその理由を突き止めるべく最新のイーサリアムの情報についてまとめてみました!

イーサリアムの相場の値動きの原因は?

仮想通貨,トレード,イーサリアム

イーサリアムの相場を見てみると、今年の7月からずっと下がり続けて、9月くらいに底値を記録し、
そこからだんだんと上がっていくという動きを見せています。

そこで、7月に何かあったのかと思い調べてみると、
やっぱり原因がありました。

イーサリアムのガス価格が過去最高値を記録していたとのことです。

ガス価格というのは、
イーサリアムを送金するときにかかる手数料のことです。

私の友達のイーサエモンプレイヤーまいちゅんも、
イーサエモンはイーサリアムを使うのでプレイするときに、

まいちゅんまいちゅん

「ガス代がものすごくかかっちゃって大変〜( ゚д゚)」

と嘆いていました。

どうやらこのガス価格の高騰の理由は、FCoinの新規仮想通貨上場システムの影響らしいです。

ガス価格の高騰をもたらしたFCoinとは?

仮想通貨,トレード,イーサリアム

FCoinというのは、今年5月に設立された新進気鋭の仮想通貨取引所で、
設立からわずか1ヶ月で仮想通貨取引量世界1位を記録するほどの人気取引所です。

ちかちか

なお現在は人気も落ち着き順位も少し落ちたようですが、それでも世界20位前後らしいです!

ここのFCoinに新規仮想通貨を上場する時には投票を行うので、
たくさんのトークンを取引所に送金しなければなりません。

これらのトークンはイーサリアムブロックチェーン上で生成されていることが多く、
したがってイーサリアムブロックチェーン上での取引量が増大し、ガス代の高騰に繋がったようです。

イーサリアムのスケーラビリティ問題

こうしてガス価格が高騰することが本質的には何を意味するのかというと、
イーサリアムにスケーラビリティの問題が存在することを指し示しています。

スケーラビリティというのは簡単に言えば多数の取引を処理できる能力のことです。

スケーラビリティ問題を解決する新技術「キャスパー」

この問題を解決するべく、「キャスパー」という技術が今年の10月頃を目安に実装されるという情報が一時期流れました。

キャスパーが実装されると、コンセンサスアルゴリズムがこれまでのPoWからPoSに移行するとのことです。

コンセンサスアルゴリズムとは?

コンセンサスアルゴリズムというのは簡単に言うと、
仮想通貨の取引を認証するシステムのことです。

仮想通貨がブロックチェーンを活用して機能しているのは皆さんご存知だと思うのですが、
そのブロックチェーンのブロック一つ一つには認証が必要なんです。

そしてそのコンセンサスアルゴリズムには大きく分けてPoWPoSという二つの種類が存在します。

PoWは「Proof of Works」といって仕事量の多いネットワーク参加者が決定権を持つコンセンサスアルゴリズムです。

一方、PoSは「Proof of Stakes」といって、仮想通貨の保有量の多いネットワーク参加者が決定権を持つコンセンサスアルゴリズムとなっています。

PoWはビットコインで採用されているコンセンサスアルゴリズムですがトランザクションにかかる時間が長く、
つまり素早く数多くのトランザクションを処理できる能力「スケーラビリティ」が不十分であると言えます。

PoSにすることによってスケーラビリティを上げトランザクションの処理能力が上がり、
ガス代の高騰にも歯止めがかかると見られています。

しかし、キャスパーの実装は当分延期になることが発表され、
その影響で戻ると思われた相場は反対に下がり続けました。

大規模アップデート「コンスタンティノープル」

仮想通貨,トレード,イーサリアム

そんな中、10月中旬に行われたイーサリアムのミートアップで、
大規模アップデート「コンスタンティノープル」が11月に行われることが発表されました。

こうしたコンスタンティノープルのようなアップデートは以前からも度々行われており、
「トランザクション時間やトランザクションにかかる費用の軽減」
などにつながる重要な施策がいくつも生み出されてきました。

本来であれば先ほど説明したキャスパーの実装もこれに含まれる予定だったのですが、
前の項で述べたように、キャスパーの実装は遅れてしまったので今回のアップデートには含まれません。

今回のアップデートの目玉は、「マイニング報酬を減らす」という施策です。
マイニング報酬を削減することはそのままイーサリアム自体の供給量を減らすことになるため、
イーサリアムが発行されすぎて価値が下落するのを抑制するという狙いがあります。

このニュースの影響でイーサリアム相場の下落が止まったのではないか、
という結論に私はいたりました。

ちかちか

ちょうど今回のポジションをとったのも10月の半ば以降だったしね!

イーサリアムの相場を調査してみた感想

今回は自分なりにいろいろと調べてイーサリアムの相場の値動きを調べてみましたが
やっぱり自分でいろいろと原因を探ってみて考えるのは面白いですね!

実際今回調べたことによって、
仮想通貨の値動きというのは、仮想通貨のアップデートに大きく影響されていて、
各仮想通貨のトランザクションのしやすさが大きな要素になっているということも分かりました。

今までの私はただ単にこのテクニカル分析でそういう結果が出てきたから~、
とか凄腕トレーダーさんがこう言ってたから~で終わってたんですけど、

そこからさらにその裏にある背景事情に迫っていくのは、
なんだか自分で謎解きゲームをしているみたいでトキメキました(笑)

師匠の凄腕トレーダーさんも、今回重要なのはただ聞くだじゃなくて実際自分で動いたことだ、
ってほめてくださりましたし!

トレードをやるとこうしてより深く仮想通貨について考える機会が得られるので、
金銭面以外でも大切なものが得られてすごくいい体験をすることができたな、
と素直に思いました。

また次回以降もこの調子で仮想通貨と深く向き合いながらトレードをしていきたいと思います。
よろしくお願いします!

最終更新日:2018年10月31日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちか
仮想通貨をきっかけに投資のテクニカルにハマってます。元々は料理が趣味だったけど、今は完全に仮想通貨投資。好きこそもののなんとやらで、投資専業で生活できたらなんて考えてます。
ちかの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」