ホーム市況11/1(木)| NYダウの堅調な動きにひとまず安心感の仮想通貨相場/ビットコイン価格は一時720,000円に迫るもその後は売り物に押される展開
たかしま編集長

11/1(木)| NYダウの堅調な動きにひとまず安心感の仮想通貨相場/ビットコイン価格は一時720,000円に迫るもその後は売り物に押される展開

仮想通貨 市況

11月1日の仮想通貨市況
・昨日のNY株式市場の241ドル高を受けて、本日は堅調に推移するも日経平均は220円安となり、仮想通貨相場も先細り状態
・ビットコイン価格は、昨日720,000に近づくも、その後は売り物に押され710,000円前後の動き

乱高下を繰り返す株式市場ですが、低迷する仮想通貨相場はこの影響から未だ抜け切ることはできないようです。本日も、昨日のNYダウを受け高く始まるものの、その後は売り物に押され伸び悩む展開です。

仮想通貨 市況
https://coinmarketcap.com/charts/より

1日18:30分現在の主要通貨の価格は以下の通りです。

 

通貨
価格(円)
24時間の変動比
BTC711,300+3,291(+0.46%)
ETH22,073+20(+0.09%)
XRP50,538+0.728(+1.47%)
BCH46,997+685(+1.44%)

 

昨日のNYダウは241ドル高、本日の日経平均は220円安という状況で、仮想通貨相場は買い優勢ながら上げ切らないという展開です。とりあえずは、来週6日の米国の中間選挙の結果を見たいというところでしょうか。

チャート的には厳しいNYダウだと思われますが、昨日の相場では抵抗線に跳ね返されて終わっているものの、窓開け相場ともなっており、本日以降に抵抗線突破するようだと来週6日に向けて上昇する可能性もありです。

※窓開け
好材料・悪材料の発表に対し、予測を外れた評価が市場に広がった際に相場に現れる大きな動き。チャート上は、ローソク足・ひげ共に一つ前の足に重ならない動きをみせ、窓が開くように空間ができる。

その場合には、仮想通貨相場も久々に賑わうことになるでしょうが、逆に、NYダウが昨日の窓を埋めてしまうようだと、週末にかけて、ともに売り優先となりそうです。

チャート的には、リップルなどには明るい兆しも見えてきており、これらの通貨が先導する形でビットコインも重い腰を上げることを期待したいところです。

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一わかりやすい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら