ホーム最新ニュースアップルとグーグルで、Kinトークンを実装したアプリケーションがスタート
研修生

アップルとグーグルで、Kinトークンを実装したアプリケーションがスタート

アップル,グーグル,Kinトークン

カナダに拠点を置く大手のメッセンジャーアプリ会社Kik(キック)。世界に3億のユーザーを抱えていると言われているチャットアプリ会社が独自のトークン“Kin”実装のアプリケーションを発表しました。

Kinトークンを開発いたKik(キック)とは?

アップル,グーグル,Kinトークン

大手チャットアプリ会社のKik(キック)は、仮想通貨であるKinトークンを開発し、公開しました。

Kik(キック)は、ブーストラップ※1の資金ために、2017年に行われた最大規模のICO※2で9800万ドルを調達しました。

そして、今夏にサポートチームの結成を発表しました。このサポートチームはユーザーがトークンを利用したり、報酬として受け取ることができるアプリケーションを開発しています。

これを書いている時点で、すでに10個のアプリが公開され、グーグルプレイiOSストアでも、さらに多くのアプリが承認される動きとなっており、今後、30以上のアプリがデビューするとされています。

※1複雑なプログラムを読み込むための簡単なプログラム
※2イニシャル・コイン・オファリング/コインの発行による企業の資金調達

Kinトークンの誕生とアプリの開発

アップル,グーグル,Kinトークン

Kinトークンは、カナダに拠点を置くモバイルメッセージアプリ会社Kik Interactive社によって作られました。

Kinエコシステムで働くプロダクトマネージャーのAyelet Laub氏は、インタビューで次のように語っています。

「私たちは、エコシステムを作成し、そこで開発された1つのアプリでKinトークンを稼ぎ、もう1つのアプリでそのKinトークンを使う」

アプリには、携帯電話のユーザーが最もよく知っているクラシックな種類から誕生したものがたくさんあります。このアプリは親しみやすさというメリットがある反面、大物議員よって混乱した市場で激しい争いが浮上したというデメリットの面もあります。

幸いにも、これらのKinトークンを実装しているアプリは単独に競争する必要などなく、ほとんどのユーザーが経験したように、ユーザの導入に対し、報酬を支払うシステムになっています。

またもう1つの方法があります。ユーザーがこのアプリを取り入れ、導入することで奨励される点です。

Kinトークンを実装したアプリたち

アップル,グーグル,Kinトークン

次にあげるアプリは、最近、グーグルプレイで配信されました。

  • Reveald(出会いアプリ)
  • Kingguist(言語習得アプリ)
  • Nearby(ネットワーク)
  • GoChaleenge.me(社会的な目的としての)
  • AddMe(ビシネス用ネットワーキング)
  • Find(旅行用のネットワーキング)
  • Vent(ダイアリー)
  • Kinny(社会情勢情報)
  • Blastcast(緊急メッセージ)
  • Pause For(仮想通貨に投資することで慈善事業に寄付)

BlastcastとPause ForはすでにiOS上で利用できます。

これらは、Kinトークンを貯めやすく使いやすいアプリです。

Kinトークンは世界中で通用することを目指した仮想通貨

アップル,グーグル,Kinトークン

少し前は、このアプリ開発に参加希望していたグループが200以上もありました。その中から、最終的に40のチームが選ばれ、その開発プログラムのうち、32チームがグールグプレイかあるいはiOSストアのどちらかで自分たちのアプリを提案しています。

開発チームをサポートすることは、同時に補助金を得ることもでもあり、またKinトークンの配当金もあります。つまりユーザーになることをメリットとしています。

Kik(キック)の創設者であるTed Livingston氏は、何度も次のように言及しています。

「将来は、Kinトークンが世界中で最も使用される仮想通貨で、インターネットのユーザーにとって使いやすい身近な通貨になってほしいと願っている。通貨が最小の単位で、オンライン上で簡単に自由にトレードすることができれば、さらに多くの人がもっと多くの通貨を使うだろう」

Kinトークンはイーサリアムとステラのハイブリッド

アップル,グーグル,Kinトークン
アップル,グーグル,Kinトークン
Kinトークンイーサリアムを基盤としたERC-20のトークン※3ですが、その機能性の多くがステラのブロックチェーン上にあります。といいますのも、Kik Interactive社はたくさんのトランザクションを無料で運用したかったからです。Kinトークンはすぐに多くのモバイルアプリで使えるようになりました。

※3イーサリアム上で使用されることを目的に作られたトークン。ちなみにトークンとは、仮想通貨業界でいうところの企業や個人がブロックチェーン上で発行している独自のコインのこと

Kinトークンを実装したアプリの重要な構成要素

アップル,グーグル,Kinトークン

アプリの多くはごく普通の目的のために開発されたと言われています。つまりこうです。もし仮想通貨がモバイルの昔ながらのありきたりの使い方を改良できるとするならば、そこには、日付をかいたり、仕事の仕分けするアプリを開発があります。

例えば、Blastcast(緊急メッセージ)は、通信者がはるか離れたiOSのプラットフォーム上で実験できる、アンドロイド用の唯一のアプリです。コンタクト率が高くて、フォロワーを増やすことより、親しいユーザーを多く作ることを目的としたソーシャルネットワークです。もし、誰かが他の誰かにKinトークンを送れば、同時にKinトークンを報酬として得ることができます。

参加を促せば、Blastcast(緊急メッセージ)はユーザーに最初から100を少し上回るKinトークンを与え、さらに報酬が増えるようにお膳立てしてくれます。しかし、すぐに十分なユーザーを集めることができないと、トークンの量は減ってしまいます。つまり、ユーザーを増やすことが重要なのです。

Kinトークンの開発者たちの躍進

アップル,グーグル,Kinトークン

Kinトークンの開発者たちは、日々奮闘しています。一度、解明すれば、自分たちのしている作業に自信を持ち、モバイルアプリチームにアプローチをかけて、その実装を押し進めるでしょう。

それに加え、Kinトークン実装のアプリは今日市場に出回っている分散型のアプリと比べると、型破りの方針と呼ばれるものを取得しました。ユーザーたちに彼らのウォレットと繋がっていいか尋ねたのです。

Kinトークン実装アプリは最初からこのアプローチを変えているようでした。それぞれのユーザーに新しいウォレットを生成するアプリへの転身です。

Laub氏はKinエコシステムが従来の慣例的なものにならないようにしていると述べています。ですが、この点にはいくつかの意見がでました。例えば、KDPチームは、アプリが人と人とのやりとりを追跡する機能をアプリ内に実装するのを避けることを勧めました。ですが、参加しているチームの多くがアプリ内の実装を望んでいました。

これが、iOSの着手を牽引していたアプリが5つだけだった原因かもしれません。

ちなみに、アップルは仮想通貨の購入を奨励してはいません。

Kinトークンの未来

アップル,グーグル,Kinトークン

それに加え、新事業は成長するには収入の動き流れを知ることが必要です。Kinトークン自体は、Kin Reward Engine(KRE※4)から毎日の支払いを直接行うために作られました。日々、KREは日々、経済動向の比率に応じてKinトークンが使えるアプリケーションに支払いをしています。

そうすることで、開発者たちはユーザーから直接にトークンを報酬としてもらう必要はありません。ですが、KREはまだ活動していません。

よって、最近のチームに対するKinトークンでの補助金はKREへのアクセスの代わりとしてであり、KREがいつ活動するのかはいまだ不明です。

「おそらく次の3ヶ月か翌月のうちに、さらに具体的なアップデートをするだろう。その時がまちがいなく日船を切る時だ」とLaub氏は説明しています。

※4 Kinエコシステムの中で作られた報奨金のシステム制度

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする


ブログランキングも応援してね!

  にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨情報へ

関連記事

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

放置少女(完全放置でも
レベルアップ?!)

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

CryptoGTの無料登録はこちら