ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】11月15日(木):仮想通貨相場は全面安、このまま暴落してしまうのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】11月15日(木):仮想通貨相場は全面安、このまま暴落してしまうのか?

昨日16:00あたりから下落を始めた仮想通貨相場は、その後大きく下落し、ビットコインは年初来の安値を更新しています。今後、様々な情報が流れてくるでしょうが、テクニカル面から現在の暴落相場を見てみます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

相場は相場に聞けとは、昔からの格言ですが、その意味は「相場のことは神のみぞ知るものであり、人知の及ぶものではない」、つまり、今回の暴落要因が後講釈で原因が追究されることになるでしょうが、本当のところは誰にもわからないという意味です。

ビットコインキャッシュのハッシュ問題がもめていますので、一部の大手マイナーから売りが出ている可能性はありそうですが、昨年の今頃であれば簡単に吸収されてしまっていたでしょう。このリスクオフのタイミングで出たことで相場に大きな影響を及ぼしていると思われます。

気になるテクニカル面を見ていきましょう。

チャートは、ビットコインの日足ボリンジャーバンドです。レンジ相場から完全に下方向に強烈なトレンドが出ています。現時点では、60万円がサポートラインとなっているように見えますが、ここをも割り込むようだとさらに下落幅が拡大しそうです。

安値圏でのレンジ相場からのトレンドですから、売りも売りずらいところではありますが、一部のマイナーによる売り物が控えているのであれば、さらに投げ売りが加速する可能性もあるでしょう。

 

チャートは、リップルの日足ボリンジャーバンドです。昨日は、いったんセンターラインを下抜けるものの、再度上抜いて終わっていますが、本日現時点(17:30)ではセンターラインを下抜いています。ビットコインでは下落トレンドが発生していますが、リップルについては本日正念場というところです。

昨日のリップルは、50円が強力なサポートラインとなりましたが、本日はどうでしょう。今のところは昨日の安値を更新していない状況ですが、昨日の安値を更新し50円台も割り込むようだと投げ売りが加速しそうです。

逆に、本日もセンターラインがサポートラインとなるようでしたら、短期の上昇トレンドは継続となります。

同じくリップルの1時間足ボリンジャーバンドです。昨日の16時ころにセンターラインを上に抜けることができずに急落しています。本日午前中にいったんセンターライン付近まで買われるものの失速しました。

1時間足では、センターラインは急角度の下向きとなっており、強力なレジスタンス(抵抗線)となります。

どちらかというと、リップルそのものの要因というよりは、世界的なリスクオフの動きや他の仮想通貨の要因で連れ安となっている感はありますが、ちねみに、イーサリアムとの時価総額の差が800億円まで縮まってきています。

チャートは、ビットコインキャッシュの日足ボリンジャーバンドです。昨日、いったんはセンターラインがサポートラインになるかのような動きも見えましたが、16時ころより急落しています。現在は、5万円がサポートラインとなっていますが、日本時間の午前2時ころに予定されているハードフォーク次第ではまた波乱がありそうです。

冷静にビットコインキャッシュのチャートを眺めてみると、結局は11月に入ってからのハードフォークによる付与期待から高騰したものの、元のポジションに戻ってきているだけとも見て取れます。

チャートは、NEMの日足ボリンジャーバンドです。ある意味では、タイミングが悪かったとしか言いようがありませんが、久々に急騰も元さやに納まっています。今のことろは、センターラインがサポートラインとなっているようですが、本日どう動くか注目されます。

 

仮想通貨全体としては、時価総額で半分以上を占めているビットコインの価格に大きな影響を受けてしまいますが、冷静に一つ一つの通貨のチャートを眺めているとそれぞれに違いがあることが見て取れます。

仮想通貨相場自体は、12月に向けて買いが入っていたタイミングでもありましたので、短期筋の売り物はこのタイミングで投げられる可能性もあるでしょう。一つのタイミングとしては、日本時間午前2時前後のビットコインキャッシュのイベントは要注意です。

相場が急落するタイミングというのは、多くの投資家の投げ売りが要因となります。ビットコインキャッシュのハッシュ問題で一部マイナーからの大量の売りが出てくるようだと、更なる投げ売りも想定しておかなくてはならないでしょう。

それにしても、株式の世界では、「投げは買ってやれ」という格言があります。長期的に見れば、投げ売りは儲かる可能性が高いということですが、果たして、仮想通貨相場ではどうでしょう。

仮想通貨ホルダーにとっては、しばらくは胃の痛む状況が続きそうですが、これから仮想通貨への参入を検討している投資家にとっては、バーゲンセールとなる可能性もあるでしょう。

「リップルの高騰に備えて今から買っておきたい!」という人には、こちらの記事がおすすめです!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事