ホーム市況11/16(金)|BCHのハードフォーク時間に向けて全面安となった仮想通貨相場/その後は下げ渋っているものの戻りは弱い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.17 最終更新
仮想通貨 ねこ

11/16(金)|BCHのハードフォーク時間に向けて全面安となった仮想通貨相場/その後は下げ渋っているものの戻りは弱い

11月16日の仮想通貨市況
・日本時間16日午前2時にBCHのハードフォークは予定通りに実施されました
・仮想通貨相場は全面安から下げ止まっている状況、一時、リップルがイーサリアムを時価総額で抜く場面も

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ある程度予想はされましたが、日本時間16日午前2時に行なわれたビットコインキャッシュのハードフォークに向けて仮想通貨相場は全面安の展開となり、ほとんどの通貨が10%前後の大幅下落となりました。

その後は、NY株式が堅調だったこともあり日本時間にかけても下げ渋っていますが、戻りは弱く予断を許さない状況は続いています。

https://coinmarketcap.com/charts/より

 

16日17:50分現在の主要通貨の価格は以下の通りです。

通貨 価格(円) 24時間の変動比
BTC 626,000 -12,088(-1。89%)
ETH 20,066 -205(-1。01%)
XRP 52,900 +0.852(+1.66%)
BCH 39,929  -11,484(-22.38%)

 

昨日は、ビットコインキャッシュのハードフォークに向けて投げ売りが殺到することになり、ビットコインは60万円割れの592,500円まで売られています。その後に下げ渋りは見せているものの、63万円台前半までの戻しとなっており、17日18時時点では62万円台後半というところです。

さすがに投げ売りが出た後だけに一定の戻りは試す展開になりますが、下げの割には戻しが弱いというところで、予断を許さない状況は続きます。

本日もビットコインキャッシュは20%以上の下落率となっており、下げ幅は厳しい状況です。ビットコインキャッシュの時価総額を考えれば、仮想通貨相場全体に影響を及ぼすようなものでもないのでしょうが、ビットコインに大量の売り物が出るとなると話は別です。

今後は、これらの懸念材料がどうなるかによって、相場展開も上下に動くことになるのではないでしょうか。

ビットコイン価格は、テクカル的には売りトレンド発生ですが、そもそも下落相場の中での下落トレンドですから、下落幅(下落余地がそれほどない可能性)にも注意が必要です。

また、本日、一時的にリップルがイーサリアムを時価総額で抜いていますが、現在も拮抗している状況です。相場の戻り方次第ではイーサリアムも大きく戻す可能性はありますが、こちらも注目しておきたいところです。

 

最終更新日:2018年11月17日

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」