ホーム仮想通貨初心者向け初心者必見!仮想通貨投資の始め方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

初心者必見!仮想通貨投資の始め方

仮想通貨,初心者,始め方

仮想通貨初心者でもわかりやすい仮想通貨投資の始め方を紹介します。インターネット環境とパソコンまたはスマホ、メールアドレス、運転免許証があれば、仮想通貨投資に必要な仮想通貨取引所の口座が開設できます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

「仮想通貨って何?どこで買えばいいの?」など、仮想通貨に興味はあっても始め方が分からない初心者は案外多いです。

仮想通貨の知識がほとんどなくても、株式投資などの経験がなくても、仮想通貨投資はすぐに始められます。初心者でもわかりやすいように、仮想通貨投資の始め方を紹介します。

仮想通貨投資を始める準備

仮想通貨,初心者,始め方

仮想通貨投資を始める人は、何をどのような順番でやればいいのか迷いますよね。そこで、仮想通貨の始め方を順番に説明します。

まずは仮想通貨の基礎知識、そして仮想通貨の買い方を学びましょう。

初心者にもわかる仮想通貨基礎知識

まずは、仮想通貨って何か、それをはっきりさせないといけませんね。仮想通貨初心者は、電子マネーみたいなものと勘違いしている人も多いみたいですが、はっきりとした違いがあります。

それを理解しないと、仮想通貨投資はできません。電子マネー投資って聞いたことないでしょう?

仮想通貨ってそもそも何?

仮想通貨は「仮想」、つまり紙幣や硬貨などの物質ではない電子上のデータで、「通貨」、つまり価値の基準・交換手段・保存の3要素をもったものです。

インターネット上にのみ存在するデータで、お金と同じような機能をもつのが仮想通貨ですが、ここで「じゃあ、やっぱり電子マネーと同じじゃないの?」と疑問に思われるかもしれませんね。

でも、電子マネーと仮想通貨ははっきりした違いがあります。

仮想通貨は

  • ブロックチェーンと呼ばれる技術が使われる
  • 仮想通貨自体に価値がある(電子マネーは円などの通貨を電子上で支払決済するだけ)
  • 世界中どこにでも送金可能
  • 発行主体が非中央集権的

といった特徴があります。

仮想通貨はどこで買える?

そして、初心者が最も悩むのが、どこで仮想通貨を買うかです。

仮想通貨を手に入れる方法はいくつかありますが、初心者が手っ取り早く、継続的に手に入れるには、仮想通貨取引所で買うのがベストです。

仮想通貨取引所による仮想通貨投資の始め方について、詳しくは次の章で説明します。

仮想通貨はどこで使える?

仮想通貨は「通貨」というだけあって、それを使って何かを買うことができます。とはいえ、まだ仮想通貨を使って買い物や支払い決済ができる場所やWebサイトは非常に少ないです。

日本国内で有名な仮想通貨が使える場所が、ビックカメラです。ビックカメラは、国内全店およびネットショップでビットコインが使えます(1回の会計で最大30万円分まで)。

さらに、子会社のソフマップやコジマの一部店舗でもビットコイン決済が使えます。

とはいえ、仮想通貨で買い物や決済ができる場所は、まだまだ少ないです。クレジットカード決済や電子マネー決済に比べて大きく立ち後れているので、現状では仮想通貨は投資対象と考えた方が良さそうですね。

仮想通貨初心者が最低限準備すべきこと

仮想通貨,初心者,始め方

仮想通貨取引の始め方を説明する前に、最低限準備すべきことがあります。初心者は見落としがちかもしれないので、念のため確認しておきましょう。

パソコン・スマホ・ネット環境

仮想通貨は、インターネット上にのみ存在するので、当然のことながらインターネット接続できるパソコンやスマホ、そして安定したネット環境が必要です。

最近はパソコンを持たずにスマホのみ使っている人も多いですよね。でも、本格的に仮想通貨投資をするなら、パソコンの方がおすすめですよ。

スマホのみでも、アプリを利用すれば取引自体は可能です。初心者がとりあえず仮想通貨投資をスタートするなら、スマホのみでも良いかもしれません。

仮想通貨取引所によってはスマホアプリがないこともありますし、とても使い勝手が悪いアプリの場合もあります。

また、ハッキングなどによりせっかく買った仮想通貨が第三者に抜き取られてしまうという被害もあります。ウイルス対策ソフトも入れておくべきでしょう。

例外としてペーパーウォレットというものを利用すれば、紙面で仮想通貨を受け取ることも可能ですが、どのみち使うためにパソコンやネット環境などが必要になります。

メールアドレス・本人確認書類

仮想通貨取引所を作成するために、Gメールなどのメールアドレス、そして本人確認書類が必要です。Yahoo!メールはハッキングされやすいみたいなので、避けましょうね。

本人確認書類は、運転免許証やパスポートなどをデジカメやスマホなどで撮影し、それをjpegなどの形式で予め保存しておきましょう。スマホで登録する場合、アカウント作成時に撮影することができる場合もあります。

仮想通貨を購入する資金

そして、仮想通貨を購入するには資金が必要です。とはいえ、初心者がいきなりたくさんの資金を用意する必要はありません。

仮想通貨投資の初心者なら、数千円~数万円程度から始めましょう。そして、仮想通貨取引所の使い方や仕組みに慣れてきてから徐々に金額を上げていけば良いのです。

ちなみに、仮想通貨取引所の口座開設自体は、無料でできます

以前はクレジットカード払いが利用できる取引所が多かったですが、最近ではクレジットカード払いで仮想通貨を買うことができなくなってきています

これは、アメリカやイギリスなど世界的な潮流です。日本でクレジットカード払いによる仮想通貨の購入が停止されたのは、むしろ遅かったぐらいです。

クレディセゾンなど国内のクレジットカード大手5社はカードを使った仮想通貨の購入を相次ぎ停止した。仮想通貨の価格変動が大きく、カード決済の損失発生のリスクが高いと判断した。

ヤフーが仮想通貨交換業に参入するなど業界再編の新たな動きが出ている半面、購入手段の面では利用者に過度なリスクをとらせないよう自主規制の動きが広がってきた。



日本円を仮想通貨取引所に入金するには、銀行振込やコンビニ払いなどが利用できます。手数料や入金までの期間は、取引所ごとに異なります。

初心者が今すぐできる!仮想通貨の始め方

仮想通貨,初心者,始め方

仮想通貨の始め方で、初心者が真っ先に検討すべきなのはどの仮想通貨取引所を選べばいいか、でしょう。

実は、どの仮想通貨取引所を選ぶかという問題は、初心者だけでなく仮想通貨に詳しい人でも悩むところですし、状況によって使い分けたり、切り替えたりしています。

仮想通貨の初心者なら、国内の仮想通貨取引所から始めるのが良いでしょう

仮想通貨取引所の売買は、ネット証券などによる株式売買とイメージが似ています。

仮想通貨取引所の始め方

仮想通貨取引所の始め方は、国内の取引所であればそれほど苦労することなくできます。

取引所によって口座開設の方法が多少違いますが、おおまかな流れは共通しています。

メールアドレスの登録

まずは「新規口座開設」や「アカウント作成」の画面でメールアドレス(取引所によってはパスワードも)を入力します。

コインチェックなど、FacebookなどのSNSで新規登録できる取引所もありますが、セキュリティの観点からメールアドレスによる新規登録をお勧めします

特に、最近はFacebookによる個人情報の流出事件があったばかりなので、そこから紐づけられて取引所の資金が不正に盗まれてしまうかもしれないですよ!

各種情報を入力して本登録

メールアドレス等を入力して送信すると、登録したメールアドレス宛にメールが送られてきます。リンク先をクリックまたはタップすると、仮登録ができます。

仮登録では、氏名・生年月日・住所などの情報を入力し、送信します。

この時点では、利用できる機能が制限されているので、仮想通貨取引はまだできません。取引所によっては、SNSや電話番号・Google認証システムなどによる二段階認証電話番号認証が必要です。

身分証明書のアップロード

そして、運転免許証やパスポートなど、あなたの身分を証明する本人確認書類の画像をアップロードします。

サイズや画像形式が指定されている場合があるため、その指示に従いましょう。

本人確認書類で、あなたが入力した氏名・生年月日・住所などが正しいかどうかがチェックされます。

郵送による本人確認

最後に、取引所からあなたの自宅に書留などで郵便物が届きます。郵送による本人確認で、あなたが日本に居住していることの証明になります。

日本円を入金する

仮想通貨,初心者,始め方

無事に口座開設が完了したら、いよいよ仮想通貨を手に入れることができます。

でもその前に、あなたの口座に日本円を入金しなければなりません。以前はUSドルなどの入金が可能な国内の取引所がありましたが、現在は日本円のみのようです。

また、クレジットカード決済は制限されています。日本円の入金は、銀行振込コンビニ入金です。その他、ペイジー決済でスピーディーに入金できる取引所もあります。

仮想通貨を購入しよう

仮想通貨の始め方で、最も緊張するのが仮想通貨の購入でしょう。初心者はもちろんですが、ある程度慣れてきても大きな金額が動くときは、やはりドキドキしてしまいます。

初心者は、最初は口座に入れた日本円で仮想通貨を購入することになります。その後は、その仮想通貨で別の仮想通貨を購入することも可能になりますよ。

初心者はビットコインから購入しよう

仮想通貨にはいろんな種類があります。個人的にいろいろおすすめの仮想通貨があるんですが、初心者なら迷わずビットコインから購入しましょう

そもそも、仮想通貨はビットコインとアルトコインの2種類に分けられます。

アルトコインとはaltcoinと表記されます。この「alt」はalternative、つまり「代替」という意味です。

つまり、ビットコイン以外の全ての代替コインをアルトコインと呼んでいるわけです。

もともと、仮想通貨はビットコインから始まっています。基本的に、ビットコインに採用されたブロックチェーン技術を、他の仮想通貨が真似してできているのです。

いまや、ビットコイン以外の仮想通貨もかなり流通していますが、それでもビットコインの時価総額は圧倒的首位ですし、ビットコインは全てのアルトコインと基本的に交換できます

ビットコインの購入方法は、それぞれの取引所により名称は異なりますが「販売所」「取引所」などで、チャートを見ながら自分が買いたい金額やレートを入力することにより買います。

「取引所」では株式投資の「板」のように、買注文と売注文とがうまくマッチングした時に取引が成立する場合もありますが、ちょっとコツが必要です。

初心者は「販売所」で取引するのが簡単です。ただ、手数料が若干高めになりますので、慣れてきたら「取引所」の利用もすると良いでしょう。

複数の仮想通貨取引の始め方

ビットコインを購入したら、アルトコインの取引も開始しましょう。

ビットコインだけだと、ビットコインと円とのレート差のみになりますので、投資のチャンスが少ないです。

様々なアルトコインに分散投資することで、例えばビットコインの価格が下がっても他の仮想通貨で値上がりすれば利益が得られる場合があります。

複数の仮想通貨取引の始め方は、基本的にはビットコインと同じです。

日本円でアルトコインを買っても良いですし、今度はビットコインでアルトコインの売買や、アルトコイン同士の売買までできます。

現在、日本国内の取引所で扱うことができる仮想通貨の数は数種類~10種類程度です。海外の大手取引所と比べると数十~数百分の一ほどの種類の少なさです。

とはいえ、初心者のうちなら、それぐらいで十分ではないでしょうか。

仮想通貨をウォレットに預けよう

仮想通貨,初心者,始め方

仮想通貨投資初心者のかたの多くが、買った仮想通貨を取引所に預けたままにしています。少額ならいいですが、多額の資金を投資するなら、仮想通貨をウォレットに預けましょう。

2018年に入ってからも、新聞やネットなどで話題になった「コインチェックのNEM流出事件」や「Zaifの仮想通貨流出事件」は聞いたことがあるでしょう。

取引所は、常に世界中にいるハッカーに狙われています。ハッカーに仮想通貨を盗まれた場合、その分の補償があるかどうかは、取引所次第ともいえます。

おすすめのウォレットや取引所の特徴・使い方をより詳しく知るために、以下の記事もぜひチェックしましょう!

これで脱初心者!より高度な仮想通貨投資の始め方

仮想通貨,初心者,始め方

ここまで書いた流れに沿って仮想通貨の売買を繰り返していけば、脱初心者も夢ではありません。

そうなってくると、より利益を拡大するために高度な投資にチャレンジしたくなってくることでしょう。

そこで、より高度な仮想通貨投資の始め方を学びましょう。

まず、仮想通貨取引所は目的に応じて数種類開設しましょう
例えば

  • 資金引き出しが容易
  • 手数料が安い
  • レバレッジ取引ができる
  • 取り扱い通貨の豊富さ

などです。

そう考えると、国内の仮想通貨取引所だけでは物足りなくなってくることに気づくでしょう。

海外の仮想通貨取引所の利用の始め方

国内の仮想通貨取引所だと、取り扱う仮想通貨の種類がとても少なく、多いところでも10種類弱ほどです。

それに対し、海外の仮想通貨取引所の中には、数百種類もの仮想通貨を取り扱っているところもあります。

多ければ良いというわけではないですが、いわゆる「草コイン」と呼ばれるものが、異常な値上がりを見せることもあるのです。

国内外の仮想通貨取引所の比較をした以下の記事を参考に、海外の取引所の開設も検討してみてはどうでしょうか?

レバレッジ取引の始め方

「わざわざ海外の取引所を開設するのはちょっと・・・英語も不安だし!」

という人も、国内の仮想通貨取引所でレバレッジ取引をすれば、少ない資金で大きく稼ぐことができるかもしれません。

レバレッジとは「てこ」のことです。理科の時間とかで習ったと思いますが、てこの原理を使えば小さな力で大きな荷物を持ち上げることができるようなものです。

レバレッジ取引で、何倍、いや何十倍もの利益を得ることも可能ですが、逆に損失も何倍、何十倍になるかもしれないリスクがあります。

最大200倍までレバレッジがかけられる取引所もありますが、それはさすがに初心者が手を出すべきではありませんよ!

マイニングの始め方

レバレッジと違い、地道に仮想通貨を稼ぐ方法にマイニングというものがあります。

マイニングは主に中国などの海外で行われる、電子上の「仮想通貨の採掘」です。

マイニングとは、ビットコインなど多くの仮想通貨に欠かせない、ブロックチェーンの正当性を検証する作業です。

マイニングに成功すると報酬がもらえますが、もらえるのは世界でたった一人。ビットコインだと約10分おきにマイニングが行われるので、世界中で競争が行われています。

マイニングを、個人で買ったパソコンでできたのは遠い昔の話。今では、マイニングプールに参加するか、クラウドマイニングに投資するなどの方法があります。

マイニングの始め方は、以下の記事を参考にしてください。

個人的には、今マイニングをするのはリスクが大きすぎるような気もします。

国内ではGMOインターネットがマイニングに力を入れていますが、やや悪戦苦闘している感じも見受けられますね。

管理アプリでポートフォリオを管理

さて、仮想通貨投資は増やす方法だけを考えていてはいけません。攻めだけでなく守りの戦略も必要です。

せっかく手に入れた仮想通貨を盗まれないために、ウォレットに移すようにしましょう。ウォレットの始め方はすでに述べたとおりです。

そしてもう一つ、ビットコインだけでなく多くのアルトコインも買い、複数の取引所を開設しているなら、どこの仮想通貨取引所にどのぐらいの仮想通貨を入れているか忘れるでしょう。

そこで、スマホなどの管理アプリを使い、ポートフォリオの管理を行いましょう。

自分でエクセルなどを使っても良いですが、無料で簡単に使えるアプリはたくさんあります。なにより、市場価格を反映してくれるため、最新の情報が得られます。

おすすめのアプリをいくつか挙げます。

  • クリプトフォリオ(Cryptofolio)
  • コインスタッツ(CoinStats)
  • ブロックフォリオ(Blockfolio)

iPhone・Androidどちらでもインストール可能です。

初心者が知っておくべき仮想通貨投資のリスク

仮想通貨,初心者,始め方

ここまで読まれて、
「仮想通貨投資を始めたら絶対もうかる!」と思われたかた、少し待ってください。

仮想通貨投資は本当にもうかるの?と問われると、実際のところ「わからない」というのが答えです。仮想通貨初心者が注意すべき仮想通貨投資のリスクは、たとえば以下のようなものがあります。

  • 株式投資やFX、先物取引などの投資と比較して変動が激しい
  • 不動産投資のような安定性に乏しい
  • 確定申告で雑所得として申告しなければならず、ルールも確立していない
  • 仮想通貨取引所が閉鎖するリスク
  • ICO詐欺

まとめると、仮想通貨投資はハイリスクハイリターンで、うまく上昇相場の流れに乗れば大きな利益が期待できる反面、逆に大幅な下落や詐欺などのリスクもあります。さらに、せっかくもうけたお金も、翌年の確定申告でごっそり税務署に持って行かれてしまうカモしれません。

それらをふまえた上で、仮想通貨投資を始めるのを検討してくださいね。

脱初心者を少しでも早めるために、以下の記事もご参照ください!

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事