ホーム最新ニュース【仮想通貨初心者なら必見!】仮想通貨のカンタン始め方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.20 最終更新
ちあき

【仮想通貨初心者なら必見!】仮想通貨のカンタン始め方

仮想通貨は簡単に始めることができます。口座を開設して入金して販売所で仮想通貨を購入するだけです。インターネットショッピングと同じような気軽さで始めることも可能です。ただ、慣れてくると様々な工夫をしていく必要もあります。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

初心者の方ならば、面倒くさいことを一気に抜きにして、さっさと仮想通貨を手に入れたいという方もいるかと思います。そんな初心者にまず見てほしい実は難しくない超簡単な仮想通貨の始め方を一緒にみていきましょう!

初心者が仮想通貨を簡単に始めるにはどうすればいい?


「仮想通貨」って気になるけど、ハードルが高そう、難しそう、詐欺に合いそうで怖い、そんなネガティブなイメージを持っている方もいるため、何か非常に面倒な手順があると思い込んでいる方もいるかもしれません。

しかし、仮想通貨は日本でイメージされるような危ないものでもそんなに難しいものでもありません。

そんな初心者仮想通貨始め方には基本的には為替の要領と同じです。

為替は日本円を利用してドルなど他の国の通貨を買うことを言いますが、仮想通貨の場合は日本円でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を買うのです。

たったこれだけで仮想通貨を手に入れることができると知れば、一度やってみても良いとおもいませんか?そんな仮想通貨の簡単な始め方を具体的にご紹介していきます。

ちあきちあき

仮想通貨って始めるのが前はものすごく難しそうで、私なんかにできるのかなって思ってました。でもやりとり自体は本当に簡単で買い物しているのと本当に変わらない感じです。なんならオークションよりも簡単かもです。

初心者必見!仮想通貨の簡単な始め方


初心者が仮想通貨を始めるのは、株などと違いかなり簡単に始めることが可能です。では、具体的にどういった方法なのかみていきましょう!

ちあきちあき


株とかFXもやったことがありますが、どちらかというとそれより簡単でした!慣れてくると自然に知識もついてくるので、楽しくなってきますよ!

①投資したい仮想通貨を決め資金を用意しよう


まずはとにもかくにも何の仮想通貨を買うか決めるところからはじめましょう。国内で取引されているのは主にビットコインとイーサリアムが中心です。

はじめですので、どちらでも大きな問題はありませんが、購入する資金には注意をしましょう。

あまり購入する額が大きすぎると値崩れしたときに大きな損になってしまう可能性があります。

仮想通貨はまだまだ値上がり、値下がりが激しい側面があるため、大きな金額を一つの仮想通貨に組み込むことはリスクに繋がります。

仮想通貨の中でもとりわけビットコインは、1億分の1BTCから購入することが可能なので、最小単位で購入するのであれば1円未満で購入することができます。

他の仮想通貨も購入通貨単位は非常に細かいものが多いので、まずは購入してみることを目標として資金を用意することをおすすめします。

ちあきちあき

そうそう!仮想通貨のすごいいいところってすごい少ない金額から投資できるっていうところですよね!株だと10万円くらいからはじめないといけないからちょっと考えちゃいますしね。

②取引所に口座開設しよう


購入する仮想通貨を決め、資金を用意したら取引所に口座を開設しましょう。

初心者におすすめの仮想通貨始め方は、管理画面が分かりやすくセキュリティのしっかりしているGMOコイン、DMMビットコインといった大手取引所・販売所を選ぶことです。他にも取引所はありますが、好みの取引所があれば、よく調べてから利用することを必ず行いましょう。

また、セキュリティ対策として口座開設の際にFacebookなどに代表されるSNS認証は使わないことを注意しましょう。

これはSNSのアカウント情報がハッカーからの攻撃などによりバレてしまうと芋づる式に攻撃を受けてしまう可能性を考慮しています。確かに連携操作は便利なのですが、こと資産管理をするものとは別にするのが無難です。

また、パスワードの使いまわしも絶対に止めましょう。理想で言えば、絶対に他人に推察されないパスワードを設定することが望ましいです。

例えば「onDEWc3a7Qv3」のように大文字・小文字・数字を組み合わせたものです。また、パスワードは定期的に変更することでサイバー攻撃のリスクを減らすことができます。

ちあきちあき

ツイッター乗っ取りとか、ライン乗っ取りとか割と身近にありましたよね。

それと同じで取引所もいつそうなるかって分からないですよね。取引所によっては知らないPCからのアクセスはブロックしてくれるところもあるみたいですけど、絶対ではないので自分でできる対策はしておきたいですね。

③口座に入金しよう


取引所が決まったら、実際に口座に入金をしていきます。特に注意事項はないのですが、強いてあげるとしたら振込用の口座でネット銀行を作っておくことをおすすめします。楽天銀行やジャパンネット銀行ですね。おすすめは楽天銀行です。

というのも、ネット銀行は振り込みがネット環境で行えるため忙しいサラリーマンの方でも夜に入金予約ができるからです。また、お金がかかりがちな振込手数料も月に1~2回無料といったサービスや楽天銀行でしたら楽天ポイントで手数料を支払うといったこともできるため、定期定期に仮想通貨を買っていきたいと考えている方はネット銀行を開設しておくのも良いでしょう。

ちあきちあき

私も一番最初は銀行振り込みでやってましたけど、利益が出た金額より振込手数料のほうが大きくなっちゃうっていう意味ないことしちゃったことがあります。

今は私も楽天銀行とジャパンネット銀行をもっていてそれぞれ十万ずつくらいは常に入れておくようにしています。何かあったときに超便利だし、無料回数超えても銀行よりすごく安く振り込めるので安心です。

なお、取引所についての記事は下記をどうぞ!

販売所が取引所か選ぼう


初心者仮想通貨始め方として悩むのが、買う場所には大きく分けて販売所と取引所があることです。

販売所はDMMビットコインなどの販売所が保有する仮想通貨を一定の金額で販売するといったものです。価格は一日毎に変更になります。

これは、両替所などと同じシステムで価格が決まっていることと相手先がすでに決まってるので取引が非常にスムーズです。

しかし、その分価格には利益分が含まれていますので、通常の相場よりも高く、売るときは安くなっています。ですが、複雑な操作が全く必要なく、ネットショッピングと同程度の労力で購入ができるため、初心者でとにかく簡単に仮想通貨を購入したいといことであれば、販売所をお勧めします。

一方取引所は、例えていうなら募集掲示板です。利用者は取引所に「この仮想通貨をいくらで買いたい」という注文を出します。すると逆に「これくらいで売りたい」という人とマッチさせて取引が完了するのです。

取引所のメリットは、販売所よりも安く買える場合が多いことと売却価格も販売所よりは高く売れることが多いことです。デメリットは操作がやや複雑な点とあくまで対他人との取引になるため、取引完了までの時間がかかるという点です。

ちあきちあき

私は最初は販売所にしました。その理由はちょっと買いたかったからっていうだけです。

でも販売所に慣れてくると取引所にだんだん興味が出てきてそちらで購入するようにもなりました。ちょっと手数料が高いというのも決め手でした。

取引所は販売所よりハードル高めですが、慣れちゃえば利益を出すのに必須です!

⑤後は購入するだけ


取引所か販売所か決めたら後は購入するだけです。より簡単に取引をするならば販売所が良いでしょう。販売所の場合は、仮想通貨の種類を決め、個数を選び確定すれば終了なので非常にお手軽です。

ちあきちあき

販売所はコンビニみたいな気軽さですよ。え?終わりっていう感じでストレスフリー。

取引所は取引完了まで時間がかかるからまずは初めに簡単っていうなら、販売所からが良いと思います!

仮想通貨購入時の注意事項


ここまでの説明で意外に仮想通貨を購入するのは難しくないということが伝わったでしょうか?しかし、仮想通貨を購入した後にも注意事項もありますので、併せて確認しておきましょう!

ちあきちあき

仮想通貨って取引所で取引していればいいだけっていうわけじゃないんですよね。便利に使うためにも気を付けとかなければならないことって結構ありますね。

一定以上の取引は本人認証の必要あり


初心者仮想通貨始め方は非常に簡単だとお伝えしましたが、取引所によっては、一定以上の金額以上の取引は本人認証の必要がでてくることは覚えておきましょう。

運転免許証やパスポートなど様々な認証方法がありますので、大きな取引をする予定がある方は本人確証を先にやっておいたほうがチャンスを逃さなくても済みます

ちあきちあき

無制限取引は本人確認の後っていうのはある意味サイバー対策とか詐欺対策みたいなものですよね。

こういうシステムを採用していても最初は私はしなくてもいいと思っています。感情的になって買いすぎて大損っていう可能性がないので、ある程度慣れてからでも良いと私は思います。

安全に保管するためにウォレットに入れる


取引所は常にサイバー攻撃のリスクにさらされています。すると取引所にあった仮想通貨資産は失われてしまします。

そうして失われた仮想通貨は残念ながら法律的には取引所に賠償の義務はないため、泣き寝入りしてしまう可能性もあります。

ただ、日本国内の取引所で起きたサイバー攻撃による損失はほとんどの場合補償が行われています。

しかし、大きな流出事件の場合、保有する仮想通貨の価値自体が落ちる傾向にあるため、補償が行われる頃には大きく値段が下がっている可能性もあるので注意が必要です。

そんなリスクが高い取引所に仮想通貨を保管せずに済む方法があります。それがウォレットです。ウォレットは簡単に言ってしまえば仮想通貨のお財布です。

とはいっても実態があるわけではなく、電子サービスの一つとなります。ウォレットには様々なものがありますが、使いやすいのはGincoといった日本製のスマホアプリです。

仮想通貨の保有量が多くなってきたら、ウォレットへの保管も検討しておきましょう。

ちあきちあき

仮想通貨は専用のお財布っていうのがあるんですよね。しかも色々種類があってびっくりしちゃいます。

Gincoは確かに使いやすいのでおすすめです。他のウォレットは正直英語ばかりで良く分からないので、慣れるまではこれでOKだと思います。

売るときは取引所で


買うときは販売所で買うことにメリットがありますので、問題はありませんが売るときは取引所のほうが高く売れることが多いためおすすめです。

慣れてきたら買うのも取引所が良いのですが、成行注文など専門用語も多いため、思いもよらない出費に繋がってしまいます。

売却時も同じといえば同じなのですが、売却は仮想通貨売買の利益確定の醍醐味でもあるので、ぜひここから覚えてみてください。

ちあきちあき

私も購入は販売所で、売るときは取引所っていう風にしていました。今は両方取引所ですけど。

その理由は購入はパッと買って仕事に行かなきゃいけないから。仮想通貨って取引速度超かかるので、そこまで暇じゃないんですよね。

販売所で買っちゃって、夜はじっくり相場見て売るっていう方法が私には合ってました。

仮想通貨で利益を出すと税金がかかるので注意

仮想通貨も商取引の一つなので、当然税金がかかってきます。税金の計算は簿記でいうところ売却益が出た段階になります。含み益の状態では税金計算されません。

どういうことか分かりにくいので、例を出して説明します。

1.100円分の仮想通貨を購入します。


2.購入した100円分の仮想通貨の価値が200円になります。この時点で税金はかかりません。


3.200円分の仮想通貨を利用して200円分の別の仮想通貨を購入します。この時点で差額100円の利益が確定され税金がかかります。

このように、仮想通貨の税金はその仮想通貨を何かしらに交換し、利益が出たときにおきます。

ちあきちあき

仮想通貨の税金ってまだ高いんですよね。計算も複雑ですしね。でも最近は自動で計算してくれるっていう取引所もあるからうまく使うといいかもしれませんね。

悪徳業者に注意しよう


初心者でも仮想通貨の始め方は簡単ですが、日本の仮想通貨に関する法整備はまだまだ整っていません。

なので、仮想通貨を不正に利用して利益を得ようと勧誘する企業や団体、個人が残念ながら存在します。最近でもそういったニュースが取り上げられていました。

基本的に仮想通貨に対する投資は他人に委ねるのはあまりよろしくありません。信頼に値する投資業者も少ないため、仮想通貨を始めるならば自分で始めるのがコントロールもきくためおすすめです。

ぜひ、チラシや広告、知人から仮想通貨投資を持ちかけられても毅然とした対応をする必要があります。

ちあきちあき

詐欺業者は本当に許せないですね!

でも、仮想通貨って割と簡単にやりとりできるっていうことを知ってもらったらきっとそういう業者も手を出せなくなると思うんですよね。

ぜひ、一度買ってみて仮想通貨はそんなに難しくないよっていうことを知ってほしいです。

最終更新日:2018年11月20日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事