ホーム市況11/20(火)|20日の仮想通貨相場も全面安、ビットコインは50万円割れ/BitMEXの取引高が急増中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

11/20(火)|20日の仮想通貨相場も全面安、ビットコインは50万円割れ/BitMEXの取引高が急増中

11月20日の仮想通貨市況
・20日の仮想通貨相場も全面安、リップルやステーブルコインなど安定感のある通貨はそれほど下落せず
・BitMEXの取引高が急増しており、FXのショートが相場を引き下げている可能性も見ておきたい

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

昨日から、反発らしい動きも見せずにじり安となっていた仮想通貨相場は、本日も日本時間のお昼ごろから下落加速がかかってきて大幅な全面安の状態となり、ビットコイン価格はサポートラインになると思われた50万円をあっさりと割っています。

過去の経験則からは、株式や為替の暴落相場時には「もうはまだなり」という格言が生きることが多く、さすがにこの辺が大底だろうと買いを入れると、あっさりと先物売り(FX含む)に売られてしまい、さらに相場は下落することが多いので要注意です。

https://coinmarketcap.com/charts/より

 

20日18:30分現在の主要通貨の価格は以下の通りです。

通貨 価格(円) 24時間の変動比
BTC 498,968 -96,617(-16.25%)
XRP 50,900 -2,411(-4.56%)
ETH 14,519 -2,893(-16.61%)
BCH 22,197  -7,284(-25.02%)

 

ここのところ目立つのが、BitMEXの取引高で本日に限っていうとビットコインの取引高の実に40%以上がBitMEXとなっており(CoinMarketCap)、ビットコインFXのショートが激増していることが分かります。

単純に考えて、投資家のFXの売りというのももちろん多いでしょうが、ビットコインの現物を多く所有するマイナーあたりの売りとも考えられます。例えば、レバレッジを1倍にして所有する現物の量だけショートをかけることはリスクヘッジとして機能します。

FXには金利が発生しますが、今のような状況で下落している分には金利はそれほど問題にならないでしょう。また、レジスタンスラインには多くの短期筋のショートが待ち構えていますので、若干反発したとしてもすぐに下落するという傾向があります。

最終的には反対売買する必要がありますので、大きく反発する可能性も秘めていますが、問題はそこに至るまでどのくらい下落するのかということですね。

また、本日は、リップルやステーブルコインといった通貨はそれほど大きく下落していません。皮肉なことに中央集権(?)的な存在のある通貨ほど下落していません。

ここ数日ステーブルコインの取引高が急増していますので、今後は大きく見直されることになるでしょう。

安定性のある通貨には買い物が多く入っていることから、12月12日サービスのローンチ予定のBakkt(バックト)は注目されることになりそうです。

 

「リップルの高騰に備えて今から買っておきたい!」という人には、こちらの記事がおすすめです!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事