ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】11月22日(木):仮想通貨相場は一休み、NY株式市場の動きを見極めたいところか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】11月22日(木):仮想通貨相場は一休み、NY株式市場の動きを見極めたいところか?

今週は、プチ暴落という感じで下落する仮想通貨相場ですが、この相場によっていろんなことが見えてきています。今後の仮想通貨相場を見るうえで確認しておきましょう。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

今週は、ビットコインキャッシュが大暴落、これにつれてビットコインも19日に60万円を割ると、サポートラインとして期待された50万円まであっさりと割り込んでしまいました。

昨年までは、仮想通貨相場とはガチホで儲かるというステージにありましたが、もはや株式や為替市場と同様に下落時にこそ妙味のある市場となってしまったようです。

分かりやすく言うと、株式市場も為替市場もコツコツと買いで相場は右肩上がりに上昇していきますが、下落時にはあっという間に暴落してしまうという形です。もちろん、下落時の主役となるのはショートであり、先物やFX取引となります。

昨年の12月にCME、そしてFXや先物がどんどん提供されていますので、これからの仮想通貨相場を見る際にも株式や為替市場と同じように見ることが重要かもしれません。まっ、これで普通の相場になったと言うことかもしれませんが。

さて、仮想通貨の説明をする場合には、ビットコインのように発行上限が決まっている通貨はインフレに強いということがしきりに言われていましたが、実際にはどうでしょう。

チャートは、ゴールド(ドル建て)の日足ボリンジャーバンドです。8月に安値を付けて以来、反転上昇しているのが見て取れます。つまり、ゴールドはNY株式市場とはほぼ反対に動いており、リスクヘッジの役割を果たしているといえるでしょう。

このレポートで再三ご説明しているリスクオフの動きとなっているわけです。分かりやすいように、いつもNY株式市場(NYダウ)でお話をしていますが、正確には、Nasdaq市場により反比例しています。

※ お金の流れを見る場合には、ニューヨークダウ平均よりもNasdaq市場のほうがより正確に反映するといわれています。

さて、このゴールドのチャートを見てみると、ビットコインは今のところはインフレに強いどころか、簡単にリスクオフの動きにつれ安してしまっているように思えます。イーサリアムもしかりです。

 

それでは、このチャートは何のチャートでしょう。クイズみたいになりましたが、これはリップル(ドル建て)の日足ボリンジャーバンドです。

チャートとしては非常に似ているような気もしますが、いかがでしょうか?リップルは、仮想通貨の中ではリスクヘッジの役割を果たしているといえるのではないでしょうか。

現時点で、ビットコインやイーサリアムがリスクヘッジとして機能しておらず、リップルは機能していると判断するのは早計かもしれませんが、今後の株式市場の動向を見ながら確認していくと面白いかもです。

今回は触れませんが、NYダウも正念場を迎えていますので、上にしろ下にしろ大きく動く可能性は高いとみています。

 

チャートは、Factom(FCT)の4時間足ボリンジャーバンドです。Factomが何故上昇しているのか、ファンダメンタルス分析的には何もわかりませんが、チャートは非常に強い形です。株式で言うと、休養十分の小型現物株ですから、今週1,000円台にのせて終わるようだと来週さらに上昇する可能性があります。ボリンジャーバンドのセンターラインには注意です。

大切なことは、このような通貨がでてきているということは、明らかに仮想通貨相場が変化してきているということであり、将来性のある仮想通貨はこのような動きをしてくる可能性はあるでしょうし、逆に、詐欺通貨まがいの資金調達が目的であった草コインは退場していくことになるでしょう。

 

チャートは、今回のプチ暴落劇では犯人扱いをされているビットコインキャッシュの4時間足ボリンジャーバンドです。今回の暴落劇では、一度も4時間足のセンターラインを終値で抜けていません。本日中にセンターラインとぶつかりますので、どちらかに動く可能性ありです。バンド幅も縮小しています。

日足チャートでは、陰の陰はらみも示現していますので、センターラインを抜けて上昇するといったんは底打ちという形になります。

ビットコインキャッシュの暴落から、仮想通貨全体に飛び火した感もありますので、ビットコインキャッシュが仮にいったん底打ちしたら、他の通貨にも大量の買戻しが入ることも考えられます。

ただし、センターラインがこれまで同様にレジスタンスラインとして機能してしまうと、さらに一段下を目指して安値を更新してしまう可能性が高くなります。

 

 

「リップルの高騰に備えて今から買っておきたい!」という人には、こちらの記事がおすすめです!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事