ホーム仮想通貨初心者向け【仮想通貨始めるなら】初心者必見!仮想通貨の基礎用語をご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

【仮想通貨始めるなら】初心者必見!仮想通貨の基礎用語をご紹介

仮想通貨,初心者,用語

仮想通貨初心者の方は情報サイトなどを見て仮想通貨について勉強すると思いますが、分からない用語もあるのではないでしょうか。そこで今回は、仮想通貨初心者の方に向けて仮想通貨の用語を10個紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨の情報を探しているときに分からない用語に出会うこともあると思います。すべてを分かるようになるのは難しいですが、基本的な用語の意味は分かっていた方が仮想通貨を安全に楽しむことができると思います。

そこでここからは、仮想通貨の用語を解説していきます。初心者の方が知っておいた方がいい用語をピックアップしました。

仮想通貨初心者必見!仮想通貨全般についての基礎用語

仮想通貨,初心者,用語

まずは、仮想通貨全般の基礎用語の中から4つ解説していきます。4つの用語は、仮想通貨の取引を行うときや、情報サイトのニュースなどにもたびたび登場する用語ですので、理解しておくとよいでしょう。それでは紹介していきます。

初心者必見の基礎用語「アルトコイン」

仮想通貨初心者の方もアルトコインという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。アルトコインとは、一般的にはビットコイン(BitCoin)以外の仮想通貨のことを総称した呼び方です

語源は「Alternative Coin」すなわち「代替的なコイン」という言葉の略称に由来しています。また、アルトコインといっても数多くの仮想通貨が発行されています。

そのため、価格もバラバラで通貨1単位の呼び方も違います。安いものではほとんど価格がつかない銘柄から高額なものでは数万円の価値がついている通貨もあります。

また、アルトコインの特徴として一般的に価格の変動が激しいということが挙げられます。ビットコインも仮想通貨であるため価格変動は大きいのですが、アルトコインは特に価値がはっきりしていないという特徴から急激な価格の下落の可能性もあります。

その一方で、価値が認識されれば、急激に価格を上昇させる可能性もあり、いい意味でも悪い意味でも価格変動が大きいのがアルトコインであるといえます。

仮想通貨関連の重要用語「ICO」

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリングの略称で、企業が特定のプロジェクトを遂行するための資金を仮想通貨調達するという資金調達の方法のことです

プロジェクト遂行のために資金を必要としている企業が独自に仮想通貨を発行してその仮想通貨を購入してもらうことで資金調達ができるという仕組みです。

ICOの最大の目的は資金調達ですが、目的はそれ以外にも存在します。1つ目は発行した通貨自体の価値を高めることを目的としたものです。2つ目はお金儲けの仕組みを作ることを目的としたものです。

1つ目については、通貨の価値が高まる可能性があることから投資家が注目されています。2つ目については、新しく通貨を発行しておいて資金を持ち逃げしてしまうなど詐欺まがいのプロジェクトがあったりするため取引には慎重な判断が必要です。

初心者が誤解しやすい用語「分裂(ハードフォーク)」

最近ではビットコイン・キャッシュのハードフォークが話題になりましたが、ハードフォークとは何なのでしょうか。ハードフォークとは、簡単にいうと仮想通貨のアップデートです。しかし、一般的にイメージするアップデートとは少し違います。

ハードフォークが行われると新しいルールに適応したコイン(アップデート後)と旧ルールに対応しているコイン(アップデート前)のコインが両方存在する状態になります。2つの通貨には互換性がないので2つとも別々の通貨として存在することになります。

仮想通貨のハードフォークは仮想通貨の問題点を改善するために行われます。例えば、ビットコインでハードフォークが行われて誕生したのがビットコイン・キャッシュです。

このときには、取引情報を記載するブロックの容量に変化があり、ビットコイン・キャッシュは1MBから8MBになったのに対してビットコインは従来のまま1MBとなりました。

このように、ハードフォークとは互換性のないアップデートであり、仮想通貨の問題を改善するために行われるものです。ハードフォークの注意点としては、ハードフォークが行われると急激な相場変動やハードフォークの直前・直後に取引が停止されるということがあります。

ハードフォーク予定の通貨を保有している場合にはハードフォーク直前は情報をこまめにチェックする必要があります。

初心者が知っておくべきセキュリティー関連用語 「ウォレット」

ウォレットとは保有する仮想通貨を保管する場所のことをいいます。ウォレットには種類があり、一般的にウェブウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットに分類されています

初心者が知っておくべき【利便性】が優れた「ウェブウォレット」

ウェブウォレットウェブ上で管理されているウォレットです。インターネットに接続できる環境であればどこからでもアクセスすることができる利便性が高いウォレットです。

しかし、インターネットに接続されていることからセキュリティー面ではハッキングの恐れがあり、保有している仮想通貨の盗難の可能性もあります。取引に利用する少量の通貨を保管することに向いているウォレットです。

初心者が知っておくべき【利便性とセキュリティーのバランス】が優れた「デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、自分のパソコン上にウォレットをダウンロードして管理するウォレットです。デスクトップウォレットは自分のパソコン上にあることから自分が利用したいときに利用できるところが利点です。

しかし、パソコンが壊れてしまっても通貨が取り出せるようにパスワードウォレット秘密鍵は自分で管理しなければいけません。

初心者が知っておくべき【セキュリティー】が優れた「ハードウェアウォレット」

ハードウェアウォレットは、外部ハード(USBのようなもの)をパソコンに接続して通貨の出し入れをするとき以外はインターネットから遮断されるためハッキングのリスクを最小限にすることができるウォレットです

また、万が一ハードウェアウォレットが破損してもパスコードを保存していればデータの復元をすることができます。

初心者が知っておくべき【セキュリティー】が最も優れている「ペーパーウォレット」

ペーパーウォレットは、紙の媒体を使用しており、ウォレットアドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管します

ペーパーウォレットの場合はインターネットに接続するのはペーパーウォレットを作成するときと出金時のみです。そのため、ハッキングのリスクを最小限にすることができます。

初心者必見!仮想通貨の取引に関連する用語

仮想通貨,初心者,用語

ここからは、仮想通貨の取引に関連する用語を6つ紹介していきます。取引に関連する用語は数多くありますが、今回は取引を行うにあたって最低限しっておくべき用語をピックアップしました。それでは紹介していきます。

初心者が理解しておきたい用語「取引所」

取引所個人間で直接売買をすることができる場所です。一般的に取引所のほうが間に入る業者が少ないため手数料が安くなる傾向にあります。その分、注文の仕方が複数あったりして慣れない人にとっては難しいと感じる場合があるかもしれません。

仮想通貨初心者の方は利用する取引所を選ぶときにどのように選べばよいか悩むこともあるかと思います。以下の記事ではおすすめの取引所が紹介されています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

初心者が理解しておきたい用語「販売所」

販売所仮想通貨交換業者から直接仮想通貨を売買することができる場所です。少し手数料が高めに設定されていることがありますが、仮想通貨を購入したいときにすぐ購入できるところシンプルな取引となるため初心者にも分かりやすいというメリットがあります。

初心者必見の取引方法の用語「現物取引」

現物取引取引する仮想通貨の価格分の法定通貨もしくは基軸通貨を支払って通貨を購入する方式のことです。購入する仮想通貨の価値に応じて代金を支払い交換するということです。

また、現物取引では仮想通貨を購入したときに支払った価格より相場価格が高騰した場合に利益になります。一般的に一番取引をする頻度が多い取引方法といえます。

初心者必見の取引方法の用語「レバレッジ取引」

レバレッジ取引では、レバレッジを利かせて取引を行うことができます。例えば、レバレッジ10倍であれば資金の10倍の仮想通貨を購入することができます。

また、レバレッジ取引では売りから入ることができます。仮想通貨を保有していなくても仮想通貨を売ることができます。その場合には、下落相場でも稼ぐことができます。

しかし、レバレッジ取引はレバレッジをかけすぎると損失が膨らんでしまう可能性があります。リスクがあることを頭に入れたうえで上手く活用するといいでしょう。

初心者必見の注文に関連する用語「指値注文」

指値注文売買したい価格と数量を指定して自分の注文を板に並べる注文方式です。指値注文であれば、自分の指定した価格で売買ができます。また、相場チャートに張り付いて価格の変動に目を配らせ続ける必要がありません。

そのため、深夜に寝ている間日中のチャートを見れない時間でも取引ができる便利な注文方法です。

初心者必見の注文に関連する用語「成行注文」

成行注文とは自分が売買したいときに売買することができる注文方法です。値段の指定はせず、注文板に並んでいる注文から安い順番で購入することになります。売却するときには注文板に並んでいる注文から高い価格の順番で売却されます

成行注文は自分が売買したいときに取引できるというメリットがありますが、デメリットもあります。成行注文では、注文板の枚数が薄いと予想以上に高い価格で購入することになってしまう可能性があります。

仮想通貨初心者に知っておいてほしい仮想通貨知識の重要性

ここまでで仮想通貨初心者の方が知っておくとよい仮想通貨の用語を解説しました。仮想通貨の取引を行うときには仮想通貨の知識が重要になります。

例えば、取引所を利用して取引をしたいときにも注文方法を知っていなければ取引するタイミングを逃してしまうことになります。また、ウォレットについてなどセキュリティー対策についての知識は仮想通貨を保有する上では重要です。

セキュリティーについての知っておくことで自分の保有する仮想通貨をハッキングなどの被害から守ることにつながります。この他にも仮想通貨初心者の方が知っておくべき内容は多くあります。

少しずつでもいいので仮想通貨についての知識を深めていくことで仮想通貨を安全楽しむことができるのではないでしょうか。

以下の記事では仮想通貨初心者の方が何を勉強すればいいのかを解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」