ホーム最新ニュースビットコイン(BTC)が暴落したのはイルミナティという影があったから?その陰謀論についてまとめてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

ビットコイン(BTC)が暴落したのはイルミナティという影があったから?その陰謀論についてまとめてみた

ビットコイン イルミナティ

ビットコインが暴落した理由は色々あるとされている中、その暴落にイルミナティという秘密結社の影があったという都市伝説があります。そこで今回、ビットコインを巡るイルミナティの陰謀論について、考察していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆいゆい

こんにちは、ゆいです!冬の寒さにみなさん、風邪をひかないようにしてくださいね。よろしくお願いします♪(≧▽≦)

ビットコイン暴落にイルミナティが関与したという陰謀説が上がっております。仮にそれが事実だとしたら、イルミナティにとって、どのようなメリットがあるのかと、誰もが疑問を抱くことでしょう。

そこで今回、ビットコインが暴落したのはイルミナティという影があったからについての陰謀論をまとめていきます。

ゆいゆい

ビットコインって何?と思った方は、下記の記事に詳細が語られているので、良ければ見に来てくださいね♪

ビットコイン(BTC)暴落に影があったとされるイルミナティとは

ビットコイン イルミナティ

イルミナティとは、フリーメイソンの上層部のみが所属している秘密結社にして、フリーメイソンの上位組織でもあります。

イルミナティには、世界各国の国家元首や大財閥のトップなどが所属していると言われております。その中に、ロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥のトップも含まれているとのことです。

彼らの力によって、イルミナティは世界を裏で牛耳り、動かしているとされています。

ゆいゆい

世界に影響力がある人達が所属しているなら、確かにイルミナティは世界を動かすことができますね・・・。

もう少し深掘りしていくと、約2,000人以上の資本家と各分野のエリートが所属していると言われています。

イルミナティは1776年に誕生し、そのイルミナティをインゴシュタット大学法学部長アダム・ヴァイスハウプト教授が設立しました。当初は秘密結社としてではなく、私的なサークルに過ぎなかったとされています。

しかし、1785年には弾圧を受け、その弾圧から逃れるために、アダム・ヴァイスハウプト教授はフリーメイソンという秘密結社に入ったと言われています。

時が経つにつれ、アダム・ヴァイスハウプト教授はフリーメイソン内にイルミナティを秘密結社として再組織して、様々な事件に関与し、さらに戦争にまで関与しているとされ、現在に至ったとのことです。

ゆいゆい

世界を震撼させるような事件にイルミナティの影響があったのでしょうか?

イルミナティにプロビデンスの目というマークがある

プロビデンスとは、キリスト教の摂理を意味し、神の全能の目というもうひとつの意味があります。このマークはイルミナティだけでなく、フリーメイソンでも使われているとのことです。

イルミナティの意味についての話しになりますが、イルミナティはラテン語で「光を掲げる者」を意味します。しかし、その「光」が神の光ではなく、ルシファーを表しているとのことです。

つまりイルミナティは、悪魔を崇拝する秘密結社だと考えられます。注目していただきたいのが、悪魔の数字「666」です。

新約聖書では、「666」は悪魔を表す数字として表現されているのですが、イルミナティにとっては、この数字を神聖なるものとして、崇められているそうです。

ゆいゆい

悪魔を崇拝すること自体がやばくないでしょうか?

実は「666」という数字を密かに埋め込まれている世界的な企業があると言われています。GoogleとAppleです。この二つの言葉を180度回転して逆さにすると、「666」のような数字が見えてきます。

気のせいかもしれませんが、実は「リップル(Ripple)」を英語にして、同じく逆さにすると、「666」と見えてくる気がします。全くの偶然なのか、意図的なのか、この部分については謎です。

ゆいゆい

リップルについての情報は下記の記事で語られていますので、よければ参考にしてみてくださいね♪

ビットコイン(BTC)暴落にイルミナティの影がある陰謀論の根拠とは

ビットコイン イルミナティ

ビットコインの暴落にイルミナティの陰謀が関わっている根拠は、イルミナティの目的にあります。イルミナティの目的は、世界統一国家の樹立で、世界各国の既存する政府を撤廃し、地球そのものを統治することです。

地球だけでなく、金融や文学など様々な分野の支配を固めることを目的とされているのですが、イルミナティにとって、最大の天敵が現れました。それがビットコインです。

ビットコインとは、ブロックチェーンの技術によって成り立っている非中央集権型の仮想通貨で、管理者が存在しません。

ビットコインのネットワークに参加している数多くのユーザーによって支えられているので、透明性が非常に高いとされております。

ゆいゆい

ブロックチェーンは仮想通貨に限らず、不動産や物流など、様々な分野に応用が可能とされています。ブロックチェーンの重要性を知りたい方は、下記の記事にアクセスして、参照にしてみてね♪

誰にも支配されないビットコインの存在をイルミナティは天敵とみなし、ビットコインにまつわる事件(ハッキングや仮想通貨流出など)を起こし、暴落を目論んだのではないかと考えています。

それだけにとどまらず、こんな説もあります。イルミナティはリップルを刺客として、仮想通貨市場に送り込んだという説です。

現在のリップルは、時価総額ランキング2位のイーサリアムを蹴落として、2位の座を獲得するだけでなく、1位のビットコインに迫る勢いです。

イルミナティがリップルを仮想通貨市場に刺客として送り込んだのは、仮想通貨市場そのものを支配することが目的なのではとも考えられます。

ゆいゆい

どの分野でも支配したくなるのが、イルミナティの行動理念なのでしょうか?

ビットコイン(BTC)だけでなく仮想通貨が全体的に暴落したのはイルミナティの陰謀?

リップルが仮にイルミナティから送られた刺客だとしましょう。イーサリアムを抜いて、時価総額ランキング2位の座を射止めたという実力は確かに事実です。

しかし、ビットコインを蹴落として、リップル自らが仮想通貨の王様になるメリットはあるのかと気になるところです。まずはそのメリットをまとめてみますと…。

  • リップルが仮想通貨市場の支配権を得る
  • 非中央集権型の仮想通貨を排除
  • イルミナティの影響を受けたステーブルコインを発行して仮想通貨市場の支配力を高める

こんな感じですね。仮想通貨市場を今更無くすことは、イルミナティでさえ不可能だけでなく、デメリットであると考えています。イルミナティ云々というより、通貨とは何かと、一から考える必要がありますね。

ビットコインの暴落にイルミナティの影響があるとすれば、同じく暴落したアルトコインなど他の仮想通貨の場合はどうなるのかと気になるところです。

暴落した原因を考察してみますと、やはりビットコインキャッシュのハードフォーク分裂から始まり、ビットコインを含む多くの仮想通貨もそのとばっちりを受けたとしか考えられません。

ゆいゆい

でも、これだけ暴落して、近いうちに暴騰するなら、今の仮想通貨はバーゲンセールと言っても過言ではないですね♪(≧▽≦)

ビットコインが暴落すれば、必ずと言っていいほど、他の仮想通貨も暴落します。そう考えると、ビットコイン以外の仮想通貨暴落に、イルミナティが関わっている可能性は低いということでしょう。

ビットコイン(BTC)が暴落したのはイルミナティという影があったからという陰謀論についてのまとめ

ビットコイン イルミナティ

ビットコイン暴落の要因に、秘密結社イルミナティの影があったのではないかという陰謀論が浮かび上がりました。これが単なる噂なのか、それとも真実なのか、信じるか信じないかはあなた次第だということです。

ゆいゆい

ビットコイン暴落理由については、こちらの記事でまとめてありますので、良ければ見に来て、参考にしてみてくださいね(^^♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事