ホーム仮想通貨初心者向け初心者必見!仮想通貨の口座ってどういうもの?ウォレットとの違いも解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

初心者必見!仮想通貨の口座ってどういうもの?ウォレットとの違いも解説!

仮想通貨,セキュリティ

仮想通貨を始めたばかりの初心者の方は仮想通貨の口座を開設したいと考えている方もいると思います。また、そういえば口座とウォレットってどう違うの?という疑問がある方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、仮想通貨の口座についてウォレットとの違いにも触れながら解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨初心者の方は仮想通貨の口座がどういうものなのか、ウォレットとどう違うのかが知りたいと思います。そこで、まずここからは、口座とは何なのかを解説していきます。

初心者が知っておきたい!仮想通貨の口座とは!

仮想通貨,初心者,口座仮想通貨の口座とは、仮想通貨の取引所に登録をして開設される口座のことです。取引所で取引をするためには、口座を開設しなければできません。また、取引所で購入した通貨は口座で保管されます。ここからは、仮想通貨の口座のメリットとデメリットを解説していきます。

初心者必見!仮想通貨の口座のメリット

取引所の口座のメリットは、管理する手間がかからないという点です。取引所の口座のセキュリティーなどの管理は取引所側が行うため、自分自身で行うことは口座のパスワードを管理するといったことだけになります

取引所の口座は初心者の方でも利用しやすいですし、口座に保管されている通貨はすぐに取引することができます。そのため、頻繁に取引を行う方には利用しやすいと思います。

初心者は理解しておくべき!仮想通貨の口座のデメリット

取引所の口座のデメリットは、セキュリティーに不安がある点です。取引所の口座は取引所が管理しているため、セキュリティーについても取引所が管理しています。取引所の口座はハッキングの被害にあう危険性があり、資産の流出の恐れがあります。

実際に、日本でもハッキングの被害によって取引所の口座内の資産が流出するという事件も起きています。また、取引所自体の倒産のリスクもあります。

取引所の口座は取引所の運営に依存しているため、取引所が倒産してしまうと口座が凍結されてしまう恐れがあります。凍結されてしまうと資産を取り出すことができなくなり、最悪の場合、資産を失うことになります。

このように、取引所の口座はハッキングなどのセキュリティーと倒産のリスクがあることを理解しておく必要があります。

ここまでの解説を見て取引所の口座を開設してみたいと思った方は以下の記事を読んでみてください。

 

初心者が知っておきたい!ウォレットとは!

仮想通貨,初心者,口座

ここからは、ウォレットについて解説していきます。ウォレットとは、簡単にいうと財布のようなものです。仮想通貨を保存することができます。

ウォレットにはいくつか種類があります。ウォレットの種類はウェブウォレット・デスクトップウォレット・ハードウェアウォレット・ペーパーウォレットに分けられます。

今回はそれぞれのウォレットについて詳しく解説はしませんが、それぞれのウォレットの違いを簡単に説明するとセキュリティーの高さの違いと利便性の違いがあります。

セキュリティーについては、ペーパーウォレット>ハードウェアウォレット>デスクトップウォレット>ウェブウォレットの順に高くなります。

利便性については、ウェブウォレット>デスクトップウォレット>ハードウェアウォレット>ペーパーウォレットの順によくなります。

セキュリティーが高ければその分、利便性が悪くなってしまい、利便性がよければセキュリティーが低くなってしまう関係性になっています。このように、ウォレットと一言でいってもくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

初心者が知っておきたい!口座とウォレットの違い

仮想通貨,初心者,口座

ここまでで取引所の口座とウォレットについて簡単に説明してきました。いよいよ、ここからは取引所の口座とウォレットの違いを解説していきます。口座とウォレットにはどのような違いがあるのでしょうか。

初心者必見!口座とウォレットの違いは【セキュリティー】

取引所の口座ウォレットセキュリティー面で違いがあります。結論から言うと口座のセキュリティーよりもウォレットのセキュリティーの方が安全性が高いといえます。

取引所の口座は基本的にインターネットに接続した状態で管理されているため、どうしてもハッキングの恐れがでてしまいます。しかし、ウォレットはインターネットに未接続で管理できるものもあり、ハッキングのリスクを軽減することができます。

特にハードウェアウォレットペーパーウォレットは入出金時以外はインターネットに接続することなく保管するためハッキングのリスクは限りなく低いです。このように、ウォレットと口座ではセキュリティー面で違いがあります。

初心者は理解しておくべき!口座は凍結される危険性も

取引所口座ウォレットの違いは、資産が凍結される恐れがあるかどうかです。取引所の口座の管理は取引所に一任されているいます。

そのため、もし取引所の運営が厳しくなり倒産してしまった場合、口座が凍結されてしまう可能性があります。そうなってしまうと、資産を出金することができないので結果的に資産を失うことになります。

その点、ウォレットは自分自身で管理するため、倒産などを心配する必要はありません。自分で設定したパスワードなどを厳重に管理するだけで資産を保管することができます。

このように口座ウォレットは、資産が凍結されて資産を失う可能性があるかどうかという違いがあります。

初心者は複数口座開設がおすすめ!

仮想通貨,初心者,口座

ここまでの解説では、取引所の口座のデメリットが多くなってしまいましたが、取引所の口座も使い方次第でリスクを少なくして利用することができます。そこでおすすめなのが複数の取引所の口座を開設することです。

複数の口座を開設することでセキュリティー面でのリスクを軽減することができます。1つの取引所の口座だけで管理をしているとその取引所がハッキング被害にあえばすべての資産を失うことになります。

しかし、複数の取引所の口座で管理しておけば、1つの取引所がハッキングの被害にあっても一部の資産を失うだけで済みます。このように、複数の口座で資産を分散して管理することでリスクを軽減することができます。

また、複数の取引所に口座を開設することで、より安く通貨を購入することができます。取引所は取り扱う通貨が異なっており、取引価格も異なっている場合があります。

その場合、複数の口座を開設しておくことでより安く取引されている取引所で購入することができます。

初心者におすすめするのはウォレット!
仮想通貨,初心者,口座

ここまでで、取引所の口座とウォレットについて解説してきましたが、やはり初心者の方にはウォレットを利用することをおすすめします。

ウォレットセキュリティー面で優れています。取引所の口座にすべての資産を保管しておくのはリスクが高いです。しかし、ウォレットと取引所の口座で資産を管理することでリスクを少なくすることができます。

また、ウォレットは種類があるため、自分の用途に合わせて使い分けることができます。例えば、一度購入した通貨は長期間取引せず保有しつづける方ならハードウェアウォレットやペーパーウォレットを利用することでハッキングリスクを最小限にして保管することができます。

また、頻繁に取引を利用する方はウェブウォレットやデスクトップウォレットを利用すると手間をかけずに取引をすることができます。このように、初心者の方にはいろいろな使い方ができ、セキュリティー対策もできるウォレットの使用をおすすめします。

口座とウォレットを上手く使い分ける

ここまでで、取引所の口座とウォレットについて解説してきました。取引所の口座にもウォレットにもメリット、デメリットがありますが、上手く使い分けるとよいです。

保有する通貨が少ないときは、取引所の口座を利用し、増えてきたらウォレットを利用するなど自分の資産状況や投資計画に合わせて口座とウォレットを使い分けるとよいのではないでしょうか。

ウォレットの役割と種類については以下の記事で紹介されています。ウォレットについてもっと詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」