ホーム最新ニュースビルゲイツ財団がリップルに次いでコイル社と提携のニュース!目的はMojaloopの発展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.26 最終更新
えりな

ビルゲイツ財団がリップルに次いでコイル社と提携のニュース!目的はMojaloopの発展

ニュース, リップル

2018年10月、ビルゲイツ財団がリップル社に続いてコイル社と提携したというニュースがアナウンスされました。提携した目的はMojaloopの発展のようです。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

寒くなってきましたね~、風邪ひいてませんか?えりなです

マイクロソフトの開発者で、世界一の金持ちとして有名なビルゲイツ。そんな彼が結成するビルゲイツ財団が、コイル社とタッグを組みました。

コイル社とは一体何なのか?タッグを組んだ理由とは?リップルとの関係、etc、をまとめてみたので是非一読して下さい!

ビルゲイツ財団がリップル社に続いてタッグを組んだコイル社とは?

ニュース, リップル

コイル社って社名を初めて聞く人も多いと思うので触れておきましょう。コイル社は、デジタル決算会社です。

リップル社で最高技術責任者を努めたステファン・トーマス氏やイヴァン・シュワルツ、リップル社共同創業者のクリス・ラーセン、Cobaltアルゴリズムの考案者のイーサン・マクブローやベン・シャラファンなどによって設立されました。そんな背景もあり、コイル社はリップル社と深い繋がりを持っているのです

コイル社はリップル技術利用「Xpringコンソーシアム」のメンバー

コイル社は、リップル社が設立したXRPLedgerをスタートアップ支援を行う「Xpringコンソーシアム」のメンバーです。ILPで、XRPLedgerを利用するため、日々システム開発を行っています。

リップル社と提携に続き、ビルゲイツ財団コイル社と提携のニュース

ニュース, リップル

2017年10月、ビルゲイツ財団はリップル社と提携することをアナウンスしました。これは、アナウンス直後にリップルが高騰するほどの衝撃ニュースだったのです。

それから1年経った2018年10月、ビルゲイツ財団から新たな提携のニュースがアナウンスされました。それは、コイル社と提携するという内容です。

ビルゲイツ財団とリップル社の提携はこちらも!

Mojaloopのさらなる発展が目的

ビルゲイツ財団とコイル社の提携の目的は、Mojaloopのさらなる発展です。Mojaloopは、銀行口座を持てない発展途上国の人々に送金できるモバイル決済プラットフォームで、オープンソースで使うことができます。

えりなえりな

Mojaloopの詳しい概要については、次の章で説明しましょう

リップル技術利用「Mojaloop」で銀行口座が持てない30%に支払いシステムを提供

ニュース, リップル

Mojaloopは、2017年10月にリップル社のカンファレンス「SWELL」で発表されたモバイル決済プラットフォームです。

CoilのCEOであるステファン・トーマス氏がリップル社にいた時から既に立ち上げています。

銀行口座を持っていない人は約17億人

2017年に行われた世界銀行の調査によると、銀行口座を持っていない人は、約17億人いることが分かっています。これは、世界人口の約30%です。

日本はほとんどの人が銀行口座を持っているので、世界中の人も銀行口座を持っていると思っていました…。想像以上に多い数字に驚きませんか?

発展途上国の人たちは銀行口座を持てない

銀行口座を持てない人たちのほとんどは、金融のインフラが整っていない発展途上国の住人です。

発展途上国は低所得層で、個人情報を証明できるものがないため、金融サービスを受けれない人たちがたくさんいます。

Mojaloopを使えば発展途上国の人々が金銭を送受信できる

Mojaloopを使えば、銀行口座を持てない人達でも金融に必要な個人情報を証明できるようになります。

その結果、銀行口座を持てない発展途上国の人たちが、金銭を送受信できるようになるのです。しかも、スマートフォンオンリーでお手軽!

えりなえりな

ビルゲイツは世界一の金持ちと称される人物なのでお金の亡者だと思っていましたが、貧困層のサポートに熱心なようですね

リップル社に続く、ビルゲイツ財団とコイル社の提携に関するニュース・世間の声をリサーチしてみた

ニュース, リップル

今回のビルゲイツ財団とコイル社の提携に関して、世間の人達はどう思っているのか気になったので、Twitterや2ちゃんねるを覗いてリサーチしてみました。その一部を抜粋します。

・「アンチ仮想通貨じゃなかったんですね^^笑”」

・「素晴らしい活動ですね。」

・「ビルゲイツは仮想通貨に否定的な立場です。彼の批判する仮想通貨とはビットコイン。とりわけ透明性の欠如、マネロン、身代金、薬物売買、テロ資金等で利用されていることを批判しています。対して、リップルのプロダクトやXRPには肯定的です。今や全てが仮想通貨と一括りにされない時代になってきています。」

・「ビルゲイツの2014年のインタビューでは、ビットコインをApplepay等と取り上げ肯定的な立場を示しました。それは、取引コストの大幅カットや大規模サービスデリバリーを可能にする観点からの肯定であり、現在もこの意見は覆していません。彼は、アングラの中ではなく、実社会で仮想通貨を活用したいのでしょう。」

皆さん、実のこもった意見をお持ちのようで、感心します。仮想通貨に否定的だったビルゲイツが、リップに関しては肯定的なんですね。興味深い意見です!

リップル関連ニュースでは、今後もゲイツ財団とコイル社動向から目が離せない

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?今回は、ビルゲイツ財団とコイル社の提携の話題を取り上げてみました

ビルゲイツ財団は、Mojaloop普及のためにケニア中央銀行に働きかけを行うなどの動きを見せていましたが、今回のコイル社との提携で動きは加速度を増しています。

発展途上国の人たちが金融アクセスできるようになれば、大きな経済成長も起きるかもしれません。その際は、リップル価格が上昇することは間違いないでしょう。

2019年以降、どの仮想通貨に投資しようか迷っている人は、リップルが買いかもしれません。余裕資金で長期保有してみてはいかがでしょうか?​

仮想通貨リップルが今後伸びる理由はこちらも!

最終更新日:2018年11月26日

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事