ホーム最新ニュースビットコインキャッシュ ハードフォークで2ブロックチェーンに分岐 急速な変化はなしと予想
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.11.28 最終更新
仮想通貨 ねこ

ビットコインキャッシュ ハードフォークで2ブロックチェーンに分岐 急速な変化はなしと予想

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

ビットコインキャッシュのハードフォークから数日が経ち、2つに分岐したビットコインABCとビットコインSVはどちらも争いから退く気配はありません。この2つのチェーンはどのような未来をだとっていくのでしょう?ハードフォーク後の動向から予想してみます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ビットコインキャッシュのハードフォークで分岐した2つの新たなブロックチェーンの誕生

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

ビットコインキャッシュのハードフォークから数日が経ち、ブロックチェーンが2つに分岐しました。

それに伴い、ビットコインキャッシュの保有を一時的に停止していた仮想通貨取引所は、16日前日の物議をかもしだしたハードフォークの動向に話題を向け、ビットコインキャッシュが永遠に2つに分裂するかもしれないといった考えが強くなり始めています。

11月20日、アメリカに拠点を置く大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)は、以下のことを主張しました。

「ビットコインキャッシュで期間限定の取引を再開する準備ができており、相場速報表示機に『the Bitcoin Adjustable Blocksize Cap※1』かあるいは、『ビットコインABCチェーン』と表示する予定です」

それに加え、コインベース(Coinbase)は、最終的には『ビットコインキャッシュ・サトシビジョン』、あるいは『ビットコインSVチェーン』のサービスを停止する予定があるとしています。

が、しばらくはビットコインSVの開発作業が『少なくとも数週間』は続くだろうとしています。

ポロニエックス(Poloniex)ビットフィネックス(Bitfinex)などの取引所はすでに2つのチェーン両方との積極的な取引を推し進めています。

元来のビットコインキャッシュの記号をなくし、2つの仮想通貨を『ビットコインキャッシュABC』あるいは『BAB※2』、そして『ビットコインキャッシュSV』あるいは『BSV※3』として区別しています。

ねこねこ

わ〜なんだかややこしいにゃ〜!

また、コインダンス(Coin Dance)※4からのデータによれば、ビットコインABCチェーンは、ブロックのカウントとPoW(プルーフ・オブ・ワーク※5)の点からいうと、ビットコインキャッシュSVより先を進んでいると示しているとのことです。

市場価格と膨大なマイニングの点から見ますと、明らかに不利な立場にあるにも関わらず、ビットコインSVの支持者は、ゆくゆくはビットコインABCブロックチェーンを追い抜く計画があると強く主張しています。

※1 ビットコインABCのこと
※2 ビットコインABCの通貨単位
※3 ビットコインSVの通貨単位
※4 ビットコインや他の仮想通貨関連の情報サイト
※5 ブロックチェーン技術をささえる「コンセンサスアルゴリズム(合意を得る方法)」のことで、ブロックを生成するマイナー(採掘者)を選ぶ時のルール

ビットコインキャッシュのハードフォークで派生したビットコインABCとビットコインSV

クレイグ・ライト氏
ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐
仮想通貨ニュースメディアビットタイムズ BITTIMES 出典

ビットコインSVの支持者のリーダーで、nChain※6の主要な科学者であるクレイグ・ライト氏※7は、ビットコインSVの指針を作り上げた人物です。

コインデスクのインテビューに次のように答えています。

「私たちはまだ戦いの途中である。そしていつか勝ち取ることができる未来が来るにと確信している。分岐はなく、2つのブロックチェーンのうち、1つは生き残り、もう1つは生き途絶える。そう、消えて無くなるのは私たち側(ビットコインSV)ではない」

ライト氏はまた次のように続けます。

「いずれ、ビットコインSVチェーンが勝利者となる日が訪れ、それはビットコインABCが破綻した時である。最近、ビットコインABCネットーワークを支えているパソコンを利用したエネルギーやハッシュパワー※8」は長くは続かない。

最終的にハッシュパワーは衰え、それがビットコインSVがビットコインABCチェーンに打ち勝つ要因となるであろう。そしてビットコインABCは完全に停止するに違いない」

ロジャー・バー氏
ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐
COINTELEGRAPH 出典

しかしながら、ビットコインABC側には、Bitcoin.com※9の最高経営責任者であるロジャー・バー氏※10がおり、バー氏は最近、ビットコインABCでマイニングしたハッシュパワーは、数ヶ月は持続するだろうと主張しています。

Bitcoin.comのユーチューブチャンネルで流れた1週間をまとめたニュースで、バー氏は次のように言及しています。

ハッシュレート※11がどこから出てるかなんて余計なお世話だよ。それはたった1日のことではないからね。僕らが望んでいる限り(続くのさ)。もし僕らが誕生から育てていく必要があると思えば、ただ10年突き進むだけだよ」

ねこねこ

にゃんだか余裕だにゃ〜

ハードフォークで派生したビットコインSV “ど根性ハンティング”

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

このように、ビットコインABCとビットコインSVの戦いは終わることなく、どちらのブロックチェーンも相手に対して敵対心を持ち、主導権を獲得したいという粘り強い感情があり、また、それはどちらが主導権を握ってもおかしくない可能性を秘めています。

ライト氏は「長い時間をかければ、ビットコインSVのネットーワークは51%攻撃※12でハッシュパワーを十分に蓄えることができるだろう。それはコンピューターエネルギーの大部分の占有を示唆しているに過ぎないけどね」と強調します。

このライト氏の脅しはハードフォーク前日の14日、木曜日にすでになんらかの影響を与えていました。

このような想定内の攻撃はほとんどがビットコインABCがビットコインキャッシュチェーンの生成を長期にわたって先導していった後、突然起こった出来事でありました。

ライト氏は自分の戦略のことを「ど根性ハンティング」と称し、絶対にその戦略の動きには思いもよらぬ“突然の爆発”は起こりえないと説明しています。つまり、長期戦を見据えているということです。

ライト氏は続けます。

「我々は彼ら(ビットコインABC)の後をつけ、追跡し、最後の最後まで追い続ける。彼らが燃え尽きるまで、金を使わせるのだ」

ねこねこ

ワタシも根性あるにゃよ〜!

ハードフォークで派生したビットコインABC “チェックポイント”

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

しかし、51%攻撃の可能性について話すならば、ビットコインABCの開発者であり支援者であるChirs Pacia氏は、メディアムポスト(Medium post)誌の中で次のように強調しています。

「すでにある対策が取られ、ビットコインABCチェーン上における認証されたブロックを大規模な再編成※13から守ることができた」

それは、“チェックポイント”と呼ばれ、ビットコインABCネットワークに特別に追加されたソフトウェア(バージョン0.18.4)です。分岐後のチェーンに、“チェックポイント”を設定し、ブロックチェーン上のブロックが取って変えられたりあるいは「再編成」になるような提案が出ないようにしている。

例え、どれほど長く続いているチェーンの生成による提案だったとしてもこの、“チェックポイント”で防げる仕組みになっています。

また、その一方で、この対策は、ブロックチェーン技術においてコンセンサス(同意)を得るという基本的仕組みに反しているという批判もあります。

しかし、Paica氏は、“チェックポイント”技術の長所は「2010年から広く用いられ、あの有名なビットコインの創設者であるサトシ・ナカモト氏でさえ、51%攻撃からブロックチェーンを守るために用いている」と断言しています。

※6 ビットコインキャッシュコミュニティの有力企業
※7 オーストラリア人。コンピューター科学者であり、起業家。公の場で「自分がSatoshi Nakamotoだ。ビットコインを作ったチームのリーダーである」と自称していたが、数日後「『サトシ・ナカモト』である証拠を示したくない」とする表明をだした。
※8 マイニングを行う時の計算能力の速さのこと
※9 ビットコインの総合ポータルサイトを運営する会社
※10 サンノゼ出身。ビットコインの黎明期からビットコイン関連の企業を起こした先駆者であり、ビットコインの推進者。ビットコイン世界では「ビットコインの神(bitcoin jesus)」と呼ばれている。
※11 ハッシュレート ハッシュパワーをわかりやすく単位であらわしたもののこと
※12 悪意あるマイナーがネットワーク全体のマイニング速度の51%以上支配し、不正を行う攻撃のこと
※13 Reorg(リオーグ)=Reorganizationの略 再編成とは、分岐したブロックチェーンが再び一つに再編成されること

ねこねこ

ハードフォーク前の記事を読んでみてにゃ!


ハードフォークで分岐されたことによる取り組み

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

16日のハードフォーク後、ビットコインABCで実行された“チェックポイント”が生成されたブロックの再編成の可能性を防げなかったことは、肝に命じておかなければなりません。

Paica氏が記事でほのめかしている中から垣間見られるのは、“チェックポイント”以前のブロック、そのブロックこそが競い合うブロックチェーン上の悪意ある攻撃(51%攻撃)から安全であった点です。

以前のブロックはビットコインSVのマイナー達(ビットコインキャッシュが分岐する前から「隠れたチェーン」をマイニングしている人たち)による51%攻撃を避けるのに効力を発揮するものであったということです。

さしあたり、ビットコインABCで日々生成されている新しいブロックが、ビットコインSVのハッシュパワーによる51%攻撃で破壊されるという可能性は極めて少ないです。

しかしながら、ビットコインABCの開発者でマイナーでもあるJonathan Toomim氏はコインデスクのインタビューで次にように言及しています。

「最初、ビットコインABCチェーンは途方にくれながらもバー氏による提案で、ビットコインのブロックチェーン上でマイニングを続けていました。

ビットコインABCはそれに加え、ビットコインにハッシュパワーを復帰させ、今にも起こりそうなビットコインSVの攻撃として、必要に応じてネットワークに転送したのです。ついには、ブロックの再編成の事態に備えて、Toomim氏は次のように提案しました。

「いくつかの技術的な解決策があり、ハッシュレートなしでも再編成を防ぐことはでき、それはまるで6つ以上のブロックの再編成を防ぐためにコードを書くといったような類のものだ。

この2つとも実行すれば、ビットコインABCを攻撃から守っている間は、ビットコイン(BTC)と同等の収益を得ることができる」

ねこねこ

熱い戦いだニャ!

またToomim氏に、『可能性としてビットコインABCのマイナー達によるビットコインSVへの新たな逆襲があるかどうか』について訪ねた時、次のように答えました。

「ビットコインABCは優勢的な立場にあり、ハッシュパワーでもってビットコインSVに攻撃をしかけることはできるが……それは選ばない」

「ビットコインABC側は、自分のルールセット※14を用いてコインで実行したい人、だれでもが喜んで受け入れられるべきだ」

「そういった人々は許可がなくても自由に生成したり開発したりできる……ビットコインABCはビットコインSVを倒すためにハッシュパワーは使わない。

というのも、それ(ハッシュパワーを使用すること)は私たちの信念に反するからだ」とToomim氏は主張します。

※14 ルールの優先順位を定義すること

ハードフォークで分岐したビットコインABCとビットコインSVの喪失とは?

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

今のところ、ビットコインSVとビットコインABC両サイドのマイナー達は困惑しながらもマイニングを続けています。

コインダンス(Coin Dance)の数値によると、ビットコインキャッシュ(BCH)のマイナーはビットコインのブロックチェーンをマイニングするより、ビットコインSV、あるいはビットコインABCのマイニングで75%以上の利益を得ているとのことです。

これは、特にバー氏のbitcoin.comでしているようなマイニングプール※15にぴったりと当てはまり、ハッシュパワーをビットコイン(BTC)のマイニングからビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングへと故意的に動かしているのを示しています。

ハードフォークで分岐した後のビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

しかし、分岐以前とは違って、ビットコインキャッシュ(BCH)の価格は以前とはかなりかけ離れてしまいました。

市場データーサイトのTradingViewによりますと、ハードフォーク以前のビットコインキャッシュ(BCH)の価格は1日で、504.04ドル最高値までありました。ですが、派生して以来、ビットコインABCは短い期間で300ドルにしか上がっていません。

ビットコインSVの方は、派生直後、最高で170.97ドルにまで上がりましたが、これまでの6日間の間に着実に値が下がり、60.00ドルになっています。

仮想通貨の広い範囲における支持者たちは、結果として、ビットコインABCとビットコインSVの両側の支持者達は大きな損失を受けていると主張しています。

Ryan X Charles氏※16は、コインデスクのインタービューで、「『全員が損失』を受け、そのダメージはビットコインABCとビットコインSVの指導者達の評判からの影響によるものであり、この問題は終わっていない」と言及しています。

ねこねこ

ん〜、暗中模索の状態だにゃ!

ハードフォークで分岐した2つのブロックチェーンの今後は?

ビットコインキャッシュ, ハードフォーク, 分岐

デジタル決済ネットワークPromise Protocolsの最高経営責任者であるTaariq Lewis氏は、次のようにに述べています。

「この2つのブロックチェーンの分岐が市場における『仮想通貨の認識価値を傷つけた』が、その反面、ビットコインABCとビットコインSVの両方とも“生き残る”であろう」と予測しているのです。

Lewis氏は続けて言及します。

「2つのブロックチェーンとも生き残るであろう。ドージコイン※17とビットコイン・ゴールド※18が生き残ったように。仮想通貨にコミュニティがある限り、なくならない前例がある」

それに続いて、次のような疑問もしばらくはなくなりません。

ビットコインABCはビットコインキャッシュを先導する有力なネットワークとして牽引しつづけるのだろうか?あるいは、ビットコインSVのマイナー達(長期にわたって続けられる供給源があるにしろないにしろ)からの攻撃に苦しみ、勢いが衰えてしまうのあろうか?

長く続くビットコインキャッシュの論争は、bitcoin.comのCEO、バー氏が16日の終わりに強調したような予想した結果にいたっておらず、ビットコインABC側にもビットコインSV側にもしばらくは『勝利者』の姿を見ることができません


Roger Ver氏のツイッター

“戦いに勝つ者は誰もいない
損失した人が何人かいるだけだよ”

※15 複数のノードが協力してマイニングを行うコミュニティのこと
※16 オンライン決済プラットフォームのMoneyButtonの最高経営責任者
※17 ドージコイン 2013年に公開された仮想通貨。略号がDOGEで、柴犬をモチーフにしたおふざけ仮想通貨の1つ。
大手仮想通貨情報サイトのCoinMarketCap
※18 ビットコイン・ゴールド 2017年10月にビットコインから分岐した仮想通貨
Bitcoin(BTC)とBitcoin Cash(BCH)関連のサービスを展開している

ねこねこ

いろいろ言われていたけど、予想とは違う動きになってるにゃ。もっと知りたい方は↓を見てにゃ


最終更新日:2018年11月28日

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事