ホーム市況11/27(火)|昨日の反発も続かず安値圏での小動き/リップル30円台後半はサポートラインとなるか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

11/27(火)|昨日の反発も続かず安値圏での小動き/リップル30円台後半はサポートラインとなるか?

11月27日の仮想通貨市況
・昨日の反発も続かず、仮想通貨相場は安値圏での小動き
・リップル30円台後半はサポートラインになるのか、この一両日に注目

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨相場は昨日の反発も長続きすることはなく、再度最安値にチャレンジしに行くような展開を見せています。昨日のNYダウは354ドル高といったん反発しており、今週底堅い動きをするようだといったんはリスクオフの動きも収まるでしょう。

 

https://coinmarketcap.com/charts/より

 

271825分現在の主要通貨の価格は以下の通りです。

通貨 価格(円) 24時間の変動比
BTC 417,820 -27,990(-6.33%)
XRP 39,140 -2,560(-6.14%)
ETH 11,859 -895(-7.03%)
BCH 19,746  -392(-1.88%)

 

相変わらず総弱気という感じの仮想通貨相場ですが、時価総額は少しずつ回復傾向を見せており、いったん投げ売りや収束し様子見というところでしょうか。BitMEXの本日のビットコインの取引高シェアは約35%という状況で、本日もFX主導の相場展開といえるでしょう。

ちなみに、BitMEXFXでは、1日に3回(日本時間で5時、13時、21時)スワップ金利が発生しますが、現在はショート(売り)するとスワップ金利()として手数料を支払う必要があり、より短期売買になる傾向があります。手数料を払ってでもFXで売りたい人が多いということも言えます。

 為替FXでは2国間(通貨ペア)の金利差がスワップポイントとして1日に1回(NY市場クローズ後)に発生し、トルコや南アフリカなどの高金利通貨はスワップ狙いでトレードされることもあります、仮想通貨のFXにもスワップ金利が発生するケースが多いようです。

 

チャートは、リップルの4時間足一目均衡表です。昨日の反発で19日以降レジスタンスとなっていた転換線(水色)を抜けますが基準線(濃い赤)に頭を抑えられた格好です。ここから上昇すると基準線と転換線が陽転(ゴールデンクルス)します。

いずれにせよ、この基準線を上抜かない限りは反転上昇とはいきません。また、薄い緑色の遅行線が29日には実線とぶつかりますので、この一両日で上か下かに動く可能性は大です。

リップルの40円前後の相場は8~9月と同水準となり、ここがサポートラインとなり意外と底堅い動きをする可能性もありますが、どうでしょう?


同じ納税でも、お得に賢く!
今だけふるさとプレミアムなら還元率最大42%!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」