ホームリップルリップルが将来目指すもの|リップル社・XRP・RippleNetの関係をおさらい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

リップルが将来目指すもの|リップル社・XRP・RippleNetの関係をおさらい

リップル,将来

遂に時価総額2位の地位を確立しつつあるリップル!そんなリップルが将来的に目指すものとは何なのでしょうか!?今回はリップル社・XRP・RippleNetのそれぞれの関係性とリップルが目指すものをおさらいとしてご紹介します。

記事上「BitPointキャッシュバックキャンペーン」
はるはる

こんにちわ『はる』です。遂にリップルがイーサリアムを抜いて時価総額2位に浮上し大注目ですね!ここでは、リップルが将来目指すものについておさらいしておきましょう!!

リップルの将来を左右する『Ripple Net』参加企業が急増中!

リップル,将来

2018年9月、リップル社CCOの「クリス・ラッセン」氏が「現在Ripple Netは100社以上の提携を結んでいる」と発表していました。

その後2か月、同年11月にはなんと「Ripple Net」へ参画している企業数は200社を超えていると発表があり、、

はるはる

たった2か月で100社以上もの企業が増加した事は驚愕ですね!!




こうした参画企業の急増の裏には、10月に開催された「SWELL」での「xRapidを商品化する」といった発表がやはり大きく影響しているようです。

はるはる

つまり、リアル社会で国際送金に仮想通貨XRPが使用される日は近いという事ですね!!



リップルが将来的に目指すもの|『IoV』実現の為に必要なものおさらい

リップル,将来

今回の記事では、主にリップル社が目指している目標やそれを実現する為に必要なものなどをおさらいしながら各項目をご紹介していきます。

リップル社が将来的に目指すサービスとしての最終目標に「IoV」を掲げている事は有名ですよね。

では、この「IoV」とは一体なんなのでしょうか。

『IoV』とは「価値のインターネット」

「IoV」とは直訳すると「価値のインターネット」という意味になりますが、現在私たちが日常で使用しているメールやデータのやり取りに「価値」を加えようというものになります。

つまり、仮想通貨や法定通貨などのお金を含めたあらゆる価値が世界中どこでも気軽に格安で、さらには一瞬で移動する事を可能にするネットワークになります。

はるはる

リップル社は、この「IoV」を実現させる為に、様々なサービスの開発に着手しているのです!!



RCL(Ripple Consensus Ledger)

RCLは、リップル社が独自開発している分散型台帳の技術を活用した決済システムです。

このRCLを利用する事によって、従来問題視されていた送金手数料の高さ、送金にかかる時間といった国際送金や決済時にかかる問題を解決できると言われています。

仮想通貨XRP

XRPは、上記で説明したRCLで使用される仮想通貨で、各国の様々な種類の通貨の橋渡しをする「ブリッジ通貨」としての役割に加えて、アンチスパムの役割も果たせるよう設計されています。

リップル社が掲げている「IoV」の実現には、特にXRPのブリッジ通貨としての役割が重要と言われており、従来複雑だったネットワーク形態をシンプルに構築可能になっています。

ILP(InterLedger Protocol)

ILPとは、銀行等の金融機関がビットコイン等の異なるブロックチェーンを繋いで、より簡単に送金する為のプロトコル(規格)です。

このILP技術は、後述するRipple Netのソリューションの一つ「xCurrent」でも利用されている技術です。

もともとは2015年10月にリップル社が提唱しましたが、Web技術の標準化を定める非営利団体「W3C」によりILPの標準化が進められています。

W3Cは、現在私たちが閲覧しているホームページを構築する「HTMLやCSS」等のプログラミング言語の仕様を公開している団体なのです。

はるはる

つまりは、「世界中のWeb仕様を決定している団体がILPを標準化する」とまで発表しているという事になりますね!!



リップルとXRPの違い|将来的に重要な『Ripple Net』3つのソリューション

リップル,将来

2017年順調に価格推移していたリップル(XRP)ですが、2018年初頭の仮想通貨バブルの崩壊やコインチェックのNEM流出事件など、様々な影響により現在価格は下降しています。

2018年9月には、「1XRP=30円」を切る事もあり投資家の間では焦りの声がTwitter上で散見されました。

今後、気になるリップル(XRP)価格を考察する為に、リップルとXRPの違いや将来を左右する「Ripple Network」についてまずはおさらいしておきましょう。

「リップル」と「XRP」の違いとは

目次を読んで「ん?」と不思議に思った方も居るかもしれませんが、正確にはリップル」と「XRP」はそれぞれ別の意味があります。

リップルとは、一般的には仮想通貨名称としてだけでなくリップル社の事を指し、銀行等の金融機関同士での国際送金をより迅速に低コストで行うプロジェクトが進められています。

はるはる

そして、こうしたリップル社が提供するサービスで使用される仮想通貨がXRPになります!!



つまり、

  • 【リップル】=リップル社、および送金システム
  • 【仮想通貨】=XRP

というのが本来の正しい意味合いになりますね。

Ripple Netは『国際送金』の未来を変えるネットワークシステム

Ripple Net(リップルネット)とは、リップル社が提供しているサービスの一つで、「国際送金の将来を変える可能性のあるネットワークサービス」と言われています。

銀行、送金事業者、仮想通貨取引所等を含んだ企業同士を「Ripple Net」を経由して接続する事によって、従来より迅速かつ低コストな国際送金を実現できます。

Ripple Networkの開発者は、現リップル社CTO(最高技術責任者)である「David Schwartz」氏で、Ripple Netのチーフ開発者として有名です。


このRipple Netに接続した金融機関や送金事業者は、世界中のネットワークに瞬時に接続されて、国際送金の送受信、直接取引が可能となるのです。

これまで銀行を経由して何千円というコストを払い何日間もかかっていた国際送金が、

はるはる

Ripple Netを利用する事で、瞬時に送金やデータを受け取る事が可能になるわけですね!!



では、次にRipple Netを支えている3つのソリューションをみていきましょう。

Ripple Netソリューション①『xCurrent』

xCurrentとは、銀行等金融機関同士をつないでより安全で低コストな送金を可能にする金融機関向けのソリューションと言われています。

xCurrentの特徴は、「異なる通貨同市でも金融機関同士の送金や決済を瞬時に可能なソフトウェア」である事と、「送金情報だけでなく様々な取引データを共有・可視化」できる点です。

また、xCurrentは前述した「ILP」をベースに開発されており、導入している企業はリアルタイムでメッセージのやり取りも可能になります。


はるはる

xCurrentは既に世界中の金融機関が利用する事を公表しており、日本では三菱UFJ銀行もその一つとして有名ですね!!



Ripple Netソリューション②『xRapid』

次に、xRapidとは、送金時にXRPをブリッジ通貨として使用する事により世界中の法定通貨や仮想通貨による送金・決済に瞬時に可能にするソフトウェアです。

日本などの先進国では気になりませんが、発展途上国等へ送金する際、銀行を経由した従来の方法だとコストが高く時間もかかる等デメリットがありますよね。

はるはる

そこで、仮想通貨XRPを使用する事で流動性コストを最小限に抑える事が可能になるわけです!!



また、前述したxCurrentとxRapidを同時に導入する事で、より迅速で低コストな送金が可能になるのが最大の特徴です。

「アメリカドル→XRP変換→日本円」といったようにXRPをブリッジ通貨として使用する事で、スムーズな取引が可能になるんですね。


最近のニュースでは特に、アメリカの大手クレジットカード会社「アメリカンエキスプレス」がxRapidを採用すると発表している事からも、今後の期待が高まります。

Ripple Netソリューション③『xVia』

最後に、xVIaとは、外部からRipple Netに接続してスムーズな国際送金を可能にする為のAPIです。

APIとは、各ソフトウェアを共有したもので、外部からRipple Netを利用する為の仕組みの事を指します。

xVIaはご紹介した2つのソリューションとは違って、ソフトウェアのインストールが必要なく利用出来る点、導入するコストをかけずRipple Netを利用できる点が最大の特徴です。

はるはる

また、送金時に必要となる請求書などといった重いデータを添付し簡単に送信出来る点も魅力的と言われています!!




『Ripple Net』のメリットと仮想通貨XRPの将来価格への影響

リップル,将来

では、Ripple Netが世界中に普及し参画する企業が増えるとどのようなメリットがあるのか、また仮想通貨XRPの将来価格への影響はあるのかを考察していきましょう。

Ripple Netのメリット

今や世界中の大手銀行や金融事業者がこぞってRipple Netへの参画を表明しており、その数はさらに急増中です。

現時点ではまだ国際送金のほとんどが従来の「SWIFT」と呼ばれる銀行送金システムに依存しており、送金にかかる日数は2~4日、さらにコスト面でも多大なお金が必要となっています。

さらには、こうした送金が一方通行でしかできず、送金時の情報紛失などの理由によって約12%がエラーになってしまうなど問題を抱えています。

もし将来的に、Ripple Netに参画する企業が世界中の金融機関の大半を占め、現実的に機能するようになれば、

はるはる

一気にこれらの問題は解決し、よりスムーズで低コストな国際送金が可能になるでしょう!!



将来的に仮想通貨XRP価格への影響はあるのか

では実際にRipple Netが普及する事によって、リップル(XRP)価格への影響はどれほどあるのか気になるところですよね。

このRipple Netの普及とXRP価格上昇が比例するかという問題は、Twitterでも様々な議論がなされており、参画企業がいくら増えても「xRapid」を使わなければXRP価格は上がらないとも言われています。

ただ、一般的に言えば、「xRapidとxCurrent」を同時に導入する金融機関などが増加すればするほど流動性が確保出来る為にXRPの取引量は増えるでしょう。

2018年10月に開催された「SWELL」で「xRapidを商品化する」発表がありました。


この発表の通り「xRapidが商品化」されれば、世界中の金融機関が簡単にRipple Netを導入する事が可能になり、

はるはる

XRPも使用されるので将来的に価格は上がるとの見方が強いようです!!



世界規模で金融の常識を変える『Ripple Net』

一般人にとって、国際送金が非常に便利になると聞いてもピンとこない方も多いでしょう。

例えば、日本在住の両親から、アメリカに留学中の子供に生活費を送金した場合、従来ならば銀行を通して数千円の手数料をとられて、しかも反映されるのは数日を要する事になっていましたよね。

しかし、リップル社が提供するRipple Netサービスが将来的に順調に普及すれば、わずか数十円~数百円のコストで、かつ一瞬で子供への送金ができて、スマホで確認もできるようになります。

はるはる

そういった意味では、Ripple Netが普及する事は「私たちの生活を変える事」とも言えますね!!



【最新】将来のリップル価格に好材料となりそうなニュースまとめ

リップル,将来

2018年11月25日現時点のリップル価格は50円を下回って推移していますが、将来リップル(XRP)価格が上昇する為に好材料となるニュースをいくつかご紹介します。

①リップル(XRP)がアゼルバイジャンの取引所に上場

2018年11月25日、アゼルバイジャン共和国にある「Cross Exchange」にリップル(XRP)が新規上場すると発表されました。


このCross Exchangeという取引所は11月25日から一般向けにオープン予定で、前日の24日にはプレマイニングに参加可能という事だったようです。

仮想通貨を世界中にあるATMを利用し様々な法定通貨に変換して引出す事ができるマスターカード付のデビットーカードや、仮想通貨FXなど様々なサービス展開がされる予定です。

はるはる

さらに、日本人には嬉しい「公式サイトでの日本語サポート」も実施されていますので非常に楽しみですね!!



②国際送金システム『xRapid』が2018年内に商業利用を開始

日本時間の2018年10月3日の深夜から開催されたリップル社のカンファレンス「SWELL」

このSWELLでは、Catalyst Corporate Federal Credit Union(アメリカ)、Cuallix(メキシコ)、MercuryFX(イギリス)の各金融機関でxRapidが採用され「商業利用の開始」が発表されました。


前述したように、SWELLで発表された「xRapidの商業化」が実施される事によって、

はるはる

世界中の様々な金融機関がRipple Netに参画しやすくなり、結果的にXRPの将来価値は上がると言えるでしょう!!

③Appleが自社のApple Payにリップル社のILP技術を採用

以前から、様々なニュースサイトでApple社がリップルの通信プロトコルである「ILP」を採用する可能性があるとして示唆されていました。


iPhone等で使用されているブラウザSafariで使用する支払いに、Payment Protocol API(通信規約としてのインターフェースのようなもの)にILP技術を統合していく形ですね。

実際には、Apple Payへの対応は現在進行中のようですが、現実的に本格稼働するとXRP価格に多大な影響をもたらす好材料となりそうですね。

リップルが将来目指すもの|リップル社・XRP・RippleNetの関係まとめ

リップル,将来

今回は今大注目の仮想通貨であるリップル(XRP)とリップル社が提供するサービス「Ripple Net」についてご紹介しました。

今や世界規模で国際送金の基盤を固めつつあるリップル

将来的にXRP価格が上がる要因は多々考えられますが、どれも現実的に稼働され普及してから本当の価値は上がるとの見方が強いようですね。

特に「xCurrentが普及してもXRPを使用しない為に将来的価格は変動しない」といった見方も多く、

はるはる

今後どのように前述した3つのソリューションがRipple Netに統合されていくのかがポイントです!!



ただ、xRapidの商品化がされ、Ripple Netに参画する銀行などの金融機関が増えたという点では、将来的にxRapidを使用したいと考えている金融機関が多い事にもなります。

はるはる

もしかしたら、将来XRPを使用した国際送金が本格的に始まる合図なのではとわたしは思っています!!

リップルの将来的な価格予想については以下の記事を参考にして下さいね。



記事下「BitPointキャッシュバックキャンペーン」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録
サイド「LINEコンバ」

マイクリ!驚異の2億円調達?!

SPサイド「マイクリmch-start」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

SPサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

PCサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

CryptoGTの無料登録はこちら

サイド「CryptoGTの無料登録はこちらchika-cryptogt」

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

ランキングに参加してね♡

SPサイド「ブログランキング」 SPサイド「ブログ村」