ホーム最新ニュース今後の仮想通貨は復活する!3つの根拠からわかる仮想通貨の未来とは
研修生

今後の仮想通貨は復活する!3つの根拠からわかる仮想通貨の未来とは

仮想通貨今後

仮想通貨が下落傾向にありますが、今後の仮想通貨はどうなっていくのでしょうか。今後、仮想通貨は復活する可能性が高いといえます。今回は、仮想通貨が今後復活する根拠を解説していきます。

記事上ふるさと

仮想通貨が下落傾向が続くとこのままどんどん下落していくのではないかとネガティブな気持ちになってしまいますが、そんなことはありません。ここからは、今後、仮想通貨が復活する根拠を解説していきます。

今後の仮想通貨①現在下落相場だがそもそも市場がまだ小さい

仮想通貨,今後

まず初めに、仮想通貨が復活する理由としてはそもそも仮想通貨市場がまだ小さく、これから拡大していく市場であるからです。

現在、仮想通貨市場は約15兆円の規模です。もっとも拡大したときの5分の1以上縮小しています。しかし、もっとも拡大していたときでさえ、市場としては発展途上であったといえます。

実際に株式市場と比較するとよく分かります。現在、株式市場は世界全体で約5450兆円規模です。そう考えると仮想通貨市場がいかに発展途上であるかが分かります。

発展途上の仮想通貨は日々様々な出来事が起こります。ポジティブなニュースもあれば、もちろんネガティブなニュースもあるため、一時的に市場規模が縮小することもあると思います。

しかし、それも発展の過程であり、市場が成長する準備期間であるといえます。しかし、一方で、仮想通貨市場は縮小しているだけで発展途上というわけではないのではないかという考え方もできます。

それでも仮想通貨市場が発展途上であるといえる理由は次で解説します。

今後の仮想通貨②仮想通貨の技術的優位点は揺るがない

仮想通貨,今後

ここからは、仮想通貨市場が今後も発展していく理由を紹介していきます。仮想通貨の発展を支える仮想通貨が持っている魅力的な技術があります。それでは解説していきます。

今後さらに活用が期待されるブロックチェーン技術

仮想通貨には、今後市場を拡大していく原動力となりうる技術が利用されています。

それがブロックチェーン技術です。ブロックチェーン技術とは、分散台帳の1種とされており、取引履歴データがハッシュ値としてブロックごとに分けて保管されています。

そのブロックがチェーンのようにつながってデータを共有しているためブロックチェーンと呼ばれています。また、もし取引履歴を改ざんされた場合にはハッシュ値が変わるため、すぐに改ざんが発覚するしくみになっています。

このブロックチェーン技術は仮想通貨のみに限らず利用することができるため、需要は高まると考えられます。

また、ブロックチェーンが利用された仮想通貨を利用した決済システムでは取引履歴が改ざんできないというメリットがあるため、仮想通貨の決済システムの利用も進むことが予想されます。

今後ブロックチェーンは世の中に影響を与える!

仮想通貨に使用されているブロックチェーン技術は世の中に影響を与える可能性があります。例えば、ブロックチェーン技術を使用すると送金手数料が削減されます。

仲介手数料が必要なくなるため、結果的に送金手数料の削減につながります。また、取引履歴の改ざんが困難なことから決済システムに利用される可能性があります。

決済システムに導入されれば、正確性と透明性が向上し、効率よく取引が行われることが期待できます。

また、ブロックチェーン技術自体は仮想通貨でなくても活用することができます。そのため、活用範囲は広く利用しやすい技術であるといえます。

ブロックチェーンといえばビットコインが有名ですが、現在ビットコインは価格が暴落しています。今後のビットコインはどうなるのでしょうか。以下の記事には今後のビットコインについて予想が紹介されています。

 

今後の仮想通貨③仮想通貨が復活する理由!実用化が進行している

仮想通貨,今後

仮想通貨が今後復活すると考えられる理由は、仮想通貨の実用化が進んでいるためです。いくつかの通貨を例に解説していきます。

国際送金システム導入へ!リップル(XRP)

リップル(XRP)は、国際送金システムの導入へ向けて進んでいます。リップル(XRP)を利用した国際送金システムとしてリップル社が開発した「xRapid」があります。

「xRapid」は、リップル(XRP)をブリッジ通貨として活用することで発展途上国への送金で発生する手数料の削減を目的に開発されました。

「xRapid」では、仮想通貨「XRP」を利用することで、現地通貨を保有せずとも送金が可能となります。そのため、発展途上国のようなマイナーな法定通貨を保有していなくても送金が可能になります。

また、リップル(XRP)の送金速度の速さから、送金の流動性を高めることができるため、送金コストを削減することが期待できます。さらに、送金速度も速く、ブロックチェーン技術によって改ざんが困難であることも利点です。

この「xRapid」は、大手金融機関のWestern Union(ウエスタンユニオン)MoneyGram(マネーグラム)がすでに実用化に向けて実験を行っています。

また、今後、さらに「xRapid」を導入する金融機関が増えていく可能性を秘めています。

ゲームに活用される!イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)は、Dapps(分散型アプリケーション)を開発するためのプラットフォームです。そんなイーサリアムはゲーム関連のDappsが多く開発されています。

イーサリアムで開発されたゲームは、ブロックチェーン技術が活用されています。

このイーサリアムで開発されたゲームはブロックチェーンが正常に動作している環境であれば、ゲームのデータが改ざんされたり、サーバーメンテナンスや不具合で停止することがありません。

そのため、安全にスムーズにゲームを楽しむことができます。また、ゲーム開発のコードが公開されているため、自分の好みにストーリーにカスタマイズすることができるようです。さらに、ゲームをしながら儲けることが可能です。

Dappsゲームでは独自のトークンを発行していることが多く、そのトークンが取引所に上場していれば他の通貨と交換することができます。

また、ゲームによってはゲーム内のアイテムやキャラクターをイーサリアムと交換することができるようです。

ゲームをしながら仮想通貨を稼ぐことができる魅力的なシステムです。このように、イーサリアムプラットフォームとしてゲームにも活用されています。

実際、ゲーム市場は拡大しているので、イーサリアムを活用したゲームの人気がでることがあれば、イーサリアムの価格も上昇する可能性があります。

Amazonの決済にも活用されている!ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨,今後

ビットコインキャッシュ決済システムとして実用化されています。ビットコインで決済ができるサービスが増えていると同時にビットコインキャッシュの決済が利用できるサービスも増えています。

ビットコインキャッシュはビットコインに比べて決済にかかる手数料が安く済む利点があります。一回の取引にかかる手数料はビットコインに比べて約10分の1しかかかりません。

また、ビットコインと比べて決済速度が速いです。ビットコインキャッシュ方がブロックサイズが32MBとビットコインの1MBより大きく、処理能力が高いです。

そのため、ビットコインより決済システムとして利用しやすいといえます。また、現在ブロックサイズを1テラバイトまで拡大する実験が行われていることから、今後さらに処理能力が上がる可能性があります。

実際に、大手ショッピング会社のAmazonの決済サービス「Purse」ではビットコインキャッシュ(BCH)での決済に対応しています。

現在はあまりビットコインキャッシュで決済できるサービスは多くはありませんが、ビットコインキャッシュの処理能力が浸透すればさらに使用できるサービスが増えていく可能性があります。

今後仮想通貨が必要な時がやってくる!

このように、仮想通貨には将来性や実用性がある通貨が存在しています。現在は、低迷している仮想通貨ですが、今後、仮想通貨の機能や技術が必要になるときがくると考えられます。そのときには仮想通貨が復活するでしょう。

仮想通貨のことを冷静に見つめることも大切ですが、仮想通貨の将来性に期待して前向きに見守っていきましょう。

今後の仮想通貨についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。ぜひ読んでみてください。

記事下ふるさと

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

同じ納税でもお得に賢く!

同じ納税でもお得に賢く!

CryptoGTの無料登録はこちら

大人気ブロックチェーンゲーム

コインガールズ記事も配信中!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

【期間限定】大人気MCHスタート!

同じ納税でもお得に賢く!

【期間限定】大人気MCHスタート!

MCHサイド