ホームICOGFPが変革する1500兆円市場|ESG投資×ブロックチェーンがもたらす新しいプラットフォームとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

GFPが変革する1500兆円市場|ESG投資×ブロックチェーンがもたらす新しいプラットフォームとは

みなさんはESG投資をご存知ですか?今回は「世界をより良いモノに投資しよう」という目標を掲げているGFPが、ブロックチェーン技術を用いて独自のGFCトークンを発行し従来のESG投資を変革させるプロジェクトをご紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ『はる』です。今回は「世界をより良いモノへ投資」するGFPという世界初のプラットフォームをご紹介します!!



仮想通貨を使ったプロジェクトは数あれど、失敗に終わるものが大半

GFP

「Coinopsy」「DeadCoins」2つのサイトをご存知ですか?

この2つのサイト、実は「過去に失敗した仮想通貨のプロジェクトをリスト化している」サイトとして有名です。

これらのサイト調査によれば、既に1000個以上のプロジェクトが失敗に終わっているとされています。

テックウランチというサイトによれば、2017年に詐欺などの不正行為を含んでプロジェクトが失敗したICO通貨が、

はるはる

なんと「約10億ドル(日本円でおよそ1,107億円)」にものぼるという事です!!



つまり、それだけ膨大な数に及ぶ仮想通貨プロジェクトが失敗に終わっているにも関わらず、いまだICOで動くお金は莫大であるのが現状なのです。

仮想通貨プロジェクトの大半が失敗しているのはなんで?

GFP

では、なぜここまで「仮想通貨プロジェクトの多くが失敗に終わる」のでしょうか。

プロダクト内容がない状態でスタートするから失敗する

仮想通貨プロジェクトは、現在数万種類は存在していると言われています。

これだけの数のプロジェクトが実際に全て利用されるわけがないので、ほとんどが淘汰されていくのは当然の摂理ですよね。

またもっとも重要な問題として、プロジェクト制作側が即時資金を集めたいという理由の為だけに「ほとんど価値のないプロダクト、またはプロダクトがない状態でスタート」している事です。

はるはる

つまり、価値の創造よりもICOでの資金調達が目的になってしまっている事が問題と言えますね!!



最近注目されるのは、すでにプロダクトがあるプロジェクト

ここ最近の仮想通貨全体相場の急落により、仮想通貨業界は逆により強化されており詐欺等の不正行為を企むプロジェクトは排除されていっている傾向にあります。

そんな中、投資家がこの下げ相場で生き延びる為にプロジェクトを見極めるには「プロジェクトの貢献度」を見る事と言えます。

そして、こうした仮想通貨プロジェクトへの貢献度が高いほど、既にプロダクト内容がしっかりと確立しているものがほとんどなのです。

今回はその中で面白いものをご紹介

前述したように、今後社会的に貢献できたり有効活用できたりするプロダクトを明確に持っているプロジェクトは、投資家にとっても安心して投資対象として見る事ができます。

今回は、その中でも最近特に注目され始めているGFP(Green Funding Platforms)」について詳しく解説していきます。

GFPが提供する『直接』投資プラットフォーム

GFP

「GFP(Green Funding Platforms)」という名前はまだ知名度が低く、仮想通貨取引を行っている投資家でも知らない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなGFPの魅力的な特徴をみていきましょう。

GFP(Green Funding Platforms)は投資プラットフォーム

GFPとは、ざっくりというと「仮想通貨を使った投資のプラットフォームを作るプロジェクト」の事を指します。

世界をより良くする為のモノに投資しよう」といった考えを持ち、

はるはる

環境や社会に配慮した「ESG事業」に投資できるプラットフォームを提供しています!!



ESG投資という投資の種類

では、ESG投資を投資先として分類した場合の将来性、課題点などをここでいくつかご紹介します。

ESG投資とは|ESG投資の将来性

ESG投資とは、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」のそれぞれ頭文字を取ったもので、この3つの視点から企業を分析し投資するものです。

近年、世界中で問題とされている様々な環境・人権・社会問題ですが、近年はこれらを事業投資によって解決しようとする動きが活発になっています。。


一般的に、欧州は「noblesse oblige(高貴な者の義務)」という思想が文化として広がっています。

こうした思想・考え方の強い欧州では、既にESG投資額が1,500兆円以上、アメリカでも800兆円以上の時価総額で運用されているのが現状です。

その額は世界の投資の4分の1を占める、というのですから驚きです。
さらに環境・人権・社会問題への注目は年々広がっており、今後の投資の主流となる可能性も秘めています。

はるはる

何かニッチな世界の話かと思えば、すごくスケールの大きい話なんです!!



ESGの課題点

ただ、せっかく「世界をより良くするため」にESG投資をしたとしても、結果的にその資金の全てが良い面で使用されているかどうかはわかりません。

たとえ1万ドルの資金がESG事業に投資されたとしても、9,000ドルが中抜きされて、仲介する事業者の間接コスト等に使用されていては意味がないですよね。

実際にESG投資された資金が不正に使用されたケースも過去にたくさん存在します。

実際、日産自動車や神戸製鋼等の大手企業での不正検査やデータ改ざん等、投資対象となる企業の不祥事が相次いでいます。

特に日産自動車に関しては最近大きなニュースになっているので、どれだけ大きな問題なのかお分かりだと思います。


そして、こうした大企業の多くが「ESG投資先としての優良企業」として注目されていた事実は、

はるはる

不正な資金に使用された事例となり問題視されているのです!!



GFPが提供するもの

では、実際にGFPが提供するものにはどんなものがあるのか、をザザッと見てみましょう。

①世界で初めての「仮想通貨を用いたESGに対する直接投資プラットフォーム」

GFPは、前述したように近年問題視されている様々な環境技術、CO2を削減する取組みや人権問題などに対応したESG事業に、仮想通貨を利用して直接投資できる世界初のプラットフォームと言われています。

基本的な投資方法として、「Green Funding Platforms Co., Ltd.(GFP)」という運営会社が精査したプロジェクトからオンライン上で投資可能となっています。

②直接投資にすることで中抜きを防止する

GFPでは、前述した「中抜き問題」に対応する為に、仮想通貨のブロックチェーンを利用して直接投資を可能にします。

独自の仮想通貨「GFC(Green Funding Coin)」を通じて、自分が気に入ったESG事業に直接投資する事ができるのも魅力的です。

また、GFCを利用する事によって、一般のESG投資とは違い、世界中の投資家にアプローチが可能になります。

はるはる

仮想通貨の「国境をこえた送金が簡単」という利点をうまく活かしているんですね!!



③ブロックチェーン技術で資金の流れを透明にする

仮想通貨としてのブロックチェーン技術を利用する事によって、資金の流れに透明性を持たせたり、公平性を持たせる事も可能になります。

また、従来まで紙をベースにしていた財務情報を、仮想通貨のブロックチェーン上で紐付ける事によって、リアルタイムで会計や測定の記録が可能となります。

はるはる

先ほどの日産自動車のような事件は起こりにくくなる、ということですね。

④誰でも資金の流れがわかるようなUIにする

誰が見てもひと目で分かるUIにする事で、不正行為の有無や資金の流れ、本当の一次情報をいつでもさかのぼって追いかけられるようになります。

財務情報として代表的な財務諸表では、従来までは月次や四半期など、素人にわかりづらい点がありました。

はるはる

つまり、財務諸表が一次情報(日々のお金の流れ)を集積・解釈した二次情報でしかなかったのです!!



これを仮想通貨のブロックチェーン上で管理する事によって、事業者としては今まで発生していた入力ミスの回避や経理担当者の人件費等、コストの削減にもつながります。

運営元の企業は長年ESG投資の世界で活躍してきた

GFPの運営企業となる「green funding platforms Co., Ltd.」は、長年にわたって「ESG投資」の世界で活躍してきた経歴を持っています。

その中で、ESG投資の課題点である「中抜き」の現状を何度も目の当たりにしてきました。

GFPはこの課題を一番合理的に解決できるプロジェクトなのですね。

はるはる

仮想通貨ありきのプロジェクトとは全然違う、ということなんです!!

またそうした経歴から投資先となる事業体とはいくつもの交渉を積み重ねることが出来ています。
さらにGFPは、ESGデューデリジェンス等で世界的にも非常に高い評価を得ている機関と連携しており、より質の高いESG事業体をラインナップしています。

GFPの仮想通貨『GFC』とは

GFP

GFCとは、Green Funding Coinの略称で「GFPで使われる基軸通貨」です。

GFCの仮想通貨としての基本情報・概要は以下になります。

【仮想通貨GFCの基本情報】

仮想通貨名称 GFC
仮想通貨単位 GFC
システム NEO
通貨種類 ユーティリティトークン
通貨総発行枚数(予想) 100億枚
トークンセール価格 0.02ドル+ボーナス※

※「ボーナス分については、プラットフォーム上での投資用途に限定しており、市場での売り圧力を作りません。
プラットフォームでESGプロジェクトへの投資を楽しむことができ、各プロジェクトからの配当が期待できます」。

価格は一定に保たれる設計になっている

従来のICOでは、リリース前のプレセール・クラウドセールによって価格を上昇させ、投資するユーザーの期待が大きければ大きいほど上場してから暴落するのがほとんどでした。

しかし、こうした方法だと資金調達する企業側にはメリットが得られますが、一般の投資家からすると「上場後に暴落した通貨」という印象が残り、通貨への信頼感はなくなります。

GFCは、こうしたプレセールやクラウドセールで「価格を0.02ドルに固定」する事で低価格で上場する事を目指しています。

こうすることで投資家の投げ売りを防止し、価格を一定に維持する事が可能になっています。

こうした仕組みを作る事で無用な価格暴落を未然に防ぎ、GFCを通じてESG事業への投資でリターン(利益)を得る事が可能になります。

さらにGFCは所有するだけでは大きな投資の効果は見込みづらい、というのがミソです。

GFCを投資家が自ら活用し、気に入った事業体に対して直接投資を行なわせることがGFPの役割なんですね。

はるはる

つまり、一般的な仮想通貨に対する投資ではないのがポイントです!!



実用性が高いGFCの設計

より質の高いESG事業を行う為には、ビットコイン、イーサリアムといった既存の仮想通貨では価格変動が激しすぎて、実社会で使用するには困難となります。

では、どのようにしてGFCトークンが設計されているのかその仕組みをみていきましょう。

価格が安定する仕組み

ESG事業運用のプロセスで法定通貨を利用する為には、為替変動のリスクは必ず付きまとってきます。

世界各国の間で資金のやり取りをするESG投資プラットフォーム上では、世界中で取引可能な「基軸通貨となるGFC」が必要不可欠となってきます。

GFCトークンの実際の流れ(トークンエコノミー)は以下になります。

  • 投資家は取引所からGFCを購入して投資する
  • 事業者は受け取ったGFCを取引所で換金して活用する
  • 事業運用のためGFCを法定通貨に変える(市場で売る)
  • 事業者は投資のリターンを同様に投資家に送る
  • 投資家は一部を換金し、一部を再投資する

この仕組みにより、GFCのやり取りを通じてGFPにだんだんと価値が積み上がっていくことになり、
GFCの価格は緩やかに上がっていくことになります。

また、GFCをたくさん保有した投資家にセキュリティトークンを発行して、このトークン保有量に応じて運営母体から配布される仕組みになっています。

はるはる

つまり、セキュリティトークンの発行によって、GFC保有者にインセンティブを与えているわけですね!!

ここでポイントとなるのは、
GFPでの投資というのは仮想通貨GFCではなく、事業者に対する投資だということです。

GFCはあくまで、ESGの直接投資を加速させるために使われるツールなのです。

「投資家はGFCを通じて事業者に投資を行い、事業者はGFCを通じて投資家に利益を配分する。」
という形になっているので、通貨そのものに投資を行う一般的な仮想通貨投資とは別であることには注目ですね。


独自コインでなければならない理由

それでは、GFCが独自トークンでなければならない理由はどこにあるのでしょうか。

前述したように、現状取引されている仮想通貨はどれも価格変動が激しい為に他の通貨では代替できない理由がまず考えられます。

でもそれだけなら、テザーやジェミニドルといったステーブルコインを活用すればすむ話です。
価格が一定に保たれる仮想通貨なら、最近数多く姿を現してきています。

その上で独自通貨を作るのは、GFPが資金の流れを透明化させるという役割を担っているからなんですね。

企業内の財務情報への紐付けなどは、独自ブロックチェーン上でないとできません。ゆえにそれに付随する仮想通貨も独自のものとなるということです。

はるはる

ここがGFPの注目ポイントですね。独自の通貨とブロックチェーンが必要なちゃんとした理由があるのは、他の多くのプロジェクトと違うところです!!

既に世界トップ10のうち5つの取引所で交渉済み

このGFPのトークンエコノミーがどれだけ成長するかは、もちろん投資家と事業者がどれだけ増えるかも大切です。

しかしもっというなら、仮想通貨のGFCがどれだけの流動性を持つことができるかも大きな要素になっています。

つまり、GFCのやり取りがどれだけ簡単にできるかということことですね。素晴らしい設計のシステムだとしても、GFCのやり取りがスムーズでなければ投資は行われません。

この点では、GFPはすでに仮想通貨GFCを世界トップ10の仮想通貨取引所に上場させる交渉が完了しています。
確約されたという訳ではありませんが、将来的によほどのことがない限り間違いなく来春に上場するだろうというのがおおよその見解のようです。

ESG投資をより良いモノへ変革させるGFPの世界初可視化プラットフォームまとめ

GFP

今回は、過去に様々な問題を抱えていたESG投資をより良いものへと変える事ができる「世界初の可視化プラットフォーム」となり得るGFPについてご紹介しました。

ブロックチェーン技術によって運用されるGFCトークンを基軸通貨として扱う事によって、資金の流れを透明化し財務情報を紐付してリアルタイムに追跡可能になるのが魅力的ですね。

実態のある企業が、しっかりと需要のある所に仮想通貨をうまく活用したプロジェクトの為に、仮想通貨ありきで作られた従来の集金目的のものとは大きく違う点も特徴と言えます。

今後、投資先となるESG事業体が増えて、投資事業が活発になればなるほど仮想通貨GFCを活用する価値が上がって行く可能性は非常に大きいと言えるでしょう。

はるはる

現在は低迷気味の仮想通貨相場ですが、来年になって仮想通貨市場が活気を取り戻した時が非常に楽しみですね!!



【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事