ホーム最新ニュース仮想通貨の今後を予想するには?注目すべき3つのポイントを解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

仮想通貨の今後を予想するには?注目すべき3つのポイントを解説

仮想通貨,今後,予想

仮想通貨が低迷している中で、今後の仮想通貨がどうなっていくのか気になると思います。そこで今回は、仮想通貨の今後を予想するうえで注目すべきポイントを3つご紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨は下落傾向にありますが、こんなときに仮想通貨の今後を予想するにはどうすればよいのでしょうか。ここからは仮想通貨の今後を予想するのに必要なポイントを紹介していきます。それでは見ていきましょう。

仮想通貨の今後を予想する①【普及率】として時価総額を見る

仮想通貨,今後,予想

ここからは、仮想通貨の今後を予想するポイントとして普及率の重要性を解説していきます。どうして普及率が大事なのでしょうか。それでは紹介していきます。

仮想通貨の今後予想・時価総額が多ければ価格暴落に耐えるだけの体力がある

仮想通貨の普及率を考えるうえで、通貨の時価総額があります。時価総額とは、価格×数量で計算されるものです。この時価総額が多ければ多いほど今後の仮想通貨市場で生き残る可能性が高いといえます。

時価総額が多いということは、世の中にそれだけの数量の通貨が普及しているということです。このことによって、現在のように通貨の価格が暴落してしまっても、また価格が上昇するまで耐えることができます。

もし、時価総額が少なく、価格が暴落してしまえば、そのまま価格が上昇することなく価値のない通貨になってしまう可能性があります。また、現在では数千種類以上の通貨があるといわれています。

そんな中で価格の暴落があった場合にも耐えることができる体力がある通貨がのみが残っていくということを考えると、やはり時価総額が多い通貨が優位であるといえます。

仮想通貨の今後予想・取り扱う取引所が多い=需要が高いということ

仮想通貨の普及率を考えるうえで、取り扱う取引所が多いということは、それだけ通貨を購入できる機会が多いということなので普及率は高まるといえます。

また、その通貨を取り扱う取引所が多いということはそれだけ利用者が見込まれるということであり、需要が高いと考えることができます。

需要が高ければ、いったん価格が暴落してしまっても、保有し続ける方が増えますし、また価格が上昇する可能性が高いです。このように、多くの取引所で取り扱われている通貨は需要が高く、今後に期待できる通貨であるといえます。

仮想通貨の今後を予想する②生き残れるかどうかの【実用性】を見る

仮想通貨,今後,予想

ここからは、仮想通貨の今後を予想するポイントとして実用性を見ていきます。いくら通貨として注目されていたとしても実用性がなければ今後に期待することができません。それでは、その実用性の重要性について解説していきます。

仮想通貨の今後予想・現状の問題を解決し実用化できる機能を持つかどうか

仮想通貨の今後について予想するときには、現状の問題を解決できる機能を持ち、実用化することができるかどうかが重要です。

例えば、送金のスピードや手数料が高いことが問題となっている場合は、送金スピード速くし、手数料を安くできる機能を持った通貨が必要とされます。

また、その機能を持っているだけではなく、その機能が安全実用化できるかどうかが大切です。技術的に未熟で安全に実用化できないのであれば、使用する通貨として選ばれることはありません。

このように、現状の問題点を解決する機能を持ち、かつそれが不安要素がない状態で安全に実用化できる通貨が今後の仮想通貨市場で生き残っていくといえます。

仮想通貨の今後予想・現在どれくらい実用化が進んでいるか

仮想通貨が実用化できるかどうかも大切ですが、今現在どれくらい実用化が進んでいるかも重要です。現状の問題を解決するために仮想通貨を実用化するのですが、その問題を解決できる機能を持つ通貨が複数ある場合があります。

その場合、同じ機能の通貨であれば先に実用化に向けて検討や実験をしている方が実際に通貨として採用される可能性が高くなります。

そのため、現在、通貨が持つ機能に注目が集まっており、実用化されると需要が高まるといわれている通貨であっても、同じような機能を持つ他の通貨が実験を成功させている場合には後者が通貨として採用される可能性が高いです。

そうなってしまえば、前者の通貨は淘汰されてしまいます。このように、仮想通貨は実用性も大事ですが、現在どこまで実用化が進んでいるのかも今後の生き残りを考えると重要です。

仮想通貨の今後の予想について以下の記事ではコインベースCEOの発言が紹介されています。

 

仮想通貨の今後を予想する③生き残れる仮想通貨は他の通貨と【差別化】されている

仮想通貨,今後,予想

ここからは、今後生き残っていく通貨の特徴として、他の通貨と差別化されているということを紹介していきます。これだけ通貨が増えている仮想通貨市場では差別化は必須となるのではないでしょうか。それでは、解説していきます。

仮想通貨の今後予想・数多くある仮想通貨に埋もれてしまわない個性(機能)

仮想通貨の今後を予想するうえで、他の通貨にない機能を持っている通貨が生き残ると考えることができます。他の通貨にないといっても通貨は数千種類以上存在しているので、唯一無二の機能を持っている通貨はほとんどないといっても過言ではありません。

しかし、そんな中でも、<b個性のある機能を複数持っていれば生き残ることができます。例えば、時価総額第2位のリップルであれば、送金速度の速さ+手数料の安さが個性になります。

今回は例に時価総額上位のリップルを出しましたが、時価総額がたとえ下位だったとしても個性のある機能を持っている通貨は今後も生き残っていけるといえます。

このように、今後の仮想通貨を考えるうえでは他の通貨に埋もれない個性がある通貨が必要であるといえます。

仮想通貨の今後予想・定期的にアップデート(改善)可能な通貨

仮想通貨の今後を予想するうえで、定期的にアップデートすることができ、機能を改善することができるかどうかがポイントであるといえます。

仮想通貨は最新技術を利用していることや、誕生してまだ日が浅いことから技術的に問題が発見されることがあります。そういったときにアップデートできる通貨は他の通貨よりも優位であるといえます。

また、アップデートし、機能を改善できることは通貨の価格が暴落したときにも優位です。通貨が暴落したときでも、アップデートによって問題を解決し、性能を改善する可能性ある通貨であれば、そのアップデートに期待して再び価格が戻る可能性があります。

このように、通貨の問題を解決できるアップデートができる通貨は今後も生き残る可能性が高いといえます。

仮想通貨の今後を予想するには!注目するポイント【まとめ】

このように、仮想通貨の今後を予想するときのポイントとして、【普及率】・【実用性】・【差別化】をご紹介しました。現在は数千種類以上ある仮想通貨ですが、今後生き残っていくのはわずかであるといえます。

その中で、今回紹介したポイントに当てはまっている仮想通貨が今後の仮想通貨市場で存在感を示すのではないでしょうか。

仮想通貨の今後と同じくらい価格が暴落しているビットコインの今後は気になります。以下の記事ではビットコインの今後が予想されています。ぜひ読んでみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事