ホームリップルリップルはブロックチェーンを使っていない?!リップルと他の仮想通貨との大きな違いとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

リップルはブロックチェーンを使っていない?!リップルと他の仮想通貨との大きな違いとは

リップル ブロックチェーン

リップルは仮想通貨ではないと言われることがあります。それはリップルがブロックチェーンの代わりに採用する分散型台帳に由来しています。今回はブロックチェーンという観点からリップルと他の仮想通貨の大きな違いを紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

こんにちは、さおりんです。

ゆいゆい

「リップルは仮想通貨ではない」って書き込みを見たんだけど、これってどういうこと?

さおりんさおりん

ビットコインフォーラムの書き込みね。リップル社のガーリングハウスCEOも同じような発言をしているわ。誤解を招く表現だけど、確かにリップルには他の仮想通貨とは違う点もあるの。

ゆいゆい

どういった点が違うの?

さおりんさおりん

実はリップルはブロックチェーンを採用していないんです。けどそもそも、ブロックチェーンって何なのか分からないって人もいるかもしれないわね。

ブロックチェーン技術は仮想通貨の中核技術として位置づけられる技術です。

ただ普段仮想通貨を取引していてもブロックチェーン技術を実感する機会はあまりないため、リップルと他の仮想通貨が違うと言われてもピンと来ないかもしれません。

ですがブロックチェーン技術は従来の経済のあり方を変えうる仕組みですし、リップルが代わりに採用する技術もまたリップルの特徴をよく表しているんです。

リップルを運用するうえでこの違いを理解していないのはとてももったいないことです。

そこで今回はリップルがブロックチェーンの代わりに採用する技術とブロックチェーン技術についてそれぞれ紹介していきます。

リップルはブロックチェーンを使っていない?

リップル ブロックチェーン
先に書いたように、リップルはブロックチェーンを採用していません。

しかしブロックチェーンの代わりに「XRP Ledger」という技術を採用しています。

XRP Ledgerはブロックチェーンと同じ「分散型台帳」と呼ばれるものです。

両者には明確な違いがありますが、大きな枠組みとしては共通する部分も多いです。

そこでまずはブロックチェーンとは何か、という部分から紹介していきます。

そもそもブロックチェーンって?

リップル ブロックチェーン
ブロックチェーンとは仮想通貨を取引した情報をある一定の量や時間でひとかたまりにし、ブロック内の情報をある方法で承認し、また新たなブロックと繋いでいくという仕組みです。

ひとかたまり(ブロック)にした情報を鎖(チェーン)のように繋ぐイメージであることからブロックチェーンと呼ばれます。

従来の金融システムでは取引の情報が記された台帳を中央のサーバーで不備がないか承認するのですが、ブロックチェーンでは不特定多数の集団で承認します。

さおりんさおりん

不特定多数の人で分散して台帳を管理するので、分散型台帳と呼ばれています。

仮想通貨は非中央集権型の通貨であるとよく言われますが、これはブロックチェーンによって取引の管理に中央のサーバーを必要としないことに由来しているのです。

ブロックチェーンの利点はセキュリティ面の高さにあります。

ブロックチェーンでは台帳を不特定多数の人で管理するために一人の不正がすぐに見つかってしまいます。

もし不正を行おうと思ったら、すべてのブロックを操作するか、ブロックを管理するすべての人に不正をするよう働きかける必要がありますがいずれもひどく労力が必要です。

そのため非常にセキュリティ面を強固にすることができます。

また仮想通貨でブロックの承認を行う方法は「コンセンサスアルゴリズム」と呼ばれています。

ビットコインで導入されたコンセンサスアルゴリズムはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)というもので、文字通り最も仕事(ワーク)をした人がブロックを承認する方法です。

この場合の「仕事」とは取引記録を証明する作業、つまり計算です。

そしてブロックを承認した人は報酬として仮想通貨をもらうことができるため、計算のことを採掘作業になぞらえて「マイニング」、マイニングで仮想通貨を得ようとする人を「マイナー」と呼びます。

ビットコインのような規模の大きな仮想通貨だとマイナーが多く、マイニングはとても競争が激しくなります。

専用のマシンと膨大な電力が必要になるため、マイニングには電気代などによる経済的な負担と環境への負荷が大きくなってしまいます。

一方、イーサリアムなどのアルトコインではPoS(プルーフ・オブ・ステーク)というコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

PoSは出資金(ステーク)の多い人がブロックを承認する仕組み、つまりその仮想通貨の保有量や保有期間の長い人がブロックを承認し報酬を得る方法です。

手間のかかるマイニングをしなくても報酬をもらえる可能性がある反面、どうしても保有量の多い一部の投資家に保有量が集中してしまう恐れがあります。

また一部の仮想通貨にはPoWとPoSを両方を用いるハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを採用しているものもあります。

ブロックチェーンは現在では主に仮想通貨の台帳管理に使われますが、広く応用が利く技術であり、今後はあらゆる分野で展開されていくと考えられています。

さおりんさおりん

ブロックチェーンに関しては以下の記事で深く掘り下げているから要チェックですよ。

リップルの「XRP Ledger」とブロックチェーンの違いとは

リップル ブロックチェーン
ここまではブロックチェーンについて紹介してきましたがリップルはブロックチェーンの代わりに「XRP Ledger」という仕組みを採用しています。

XRP Ledgerでは取引の記録はブロックではなくレジャー(台帳)へ記録されます。

一定の時間の間に発生した取引の記録がレジャーへ記録され、UNL(Unique Noad List)から選ばれた特定の承認者によって承認されます。

ひとつのレジャーはすべての承認者のうち80%が有効と判断しなければ承認されません。

そしてレジャーに固有の番号を振ることでネットワークに整理される、という仕組みです。

このレジャーとUNLによるコンセンサスアルゴリズムをPoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)と言います。

リップルのネットワークでは常に取引が行われており、ひとつのレジャーを作成するたびに「候補トランザクション」という取引記録の中からまたレジャーが作成されます。

こうして延々とレジャーを作成して番号で整理するというのがXRP Ledgerなのです。

さおりんさおりん

請求書や領収書から振替伝票を起こす、経理の作業に似ていると言ったらイメージしやすいかもしれないわね。

XRP Ledgerとブロックチェーンの大きな違いはひとえにこのコンセンサスアルゴリズムの違いにあります。

それはPoWとPoS、そしてPoCはそれぞれ承認方法が違う、ということには留まりません。

ブロックチェーンで採用されるコンセンサスアルゴリズムはいずれも完全な不特定多数による承認であり、ブロックチェーンは完全な分散型台帳と言うことができます。

ですがPoCでレジャーを承認するのはリップル社が選択したUNLに記載された承認者たちです。

XRP Ledgerは中心のサーバを必要としませんが、承認にリップル社が深く関与している点やUNLにネットワークが集中している点などから完全な非中央集権型の分散型台帳とは呼べません。

このことがブロックチェーンとXRP Ledgerの決定的な違いです。

リップルの「XRP Ledger」の利点と問題点を紹介!

リップル ブロックチェーン
XRP Ledgerのコンセンサスアルゴリズムが完全な非中央集権型でない点は、リップルが仮想通貨か否かという議論の中心にあります。

仮想通貨の定義には様々なものがありますが、非中央集権型であることは仮想通貨にとって大きな意味を持ちます。

従来の中央集権型の金融システムは恣意的にコントロールができる非効率的なものであり、より自由で効率的なシステムを目指すために仮想通貨で非中央集権型な仕組みを目指すという前提があるためです。

実際にリップル社もリップルに対し仮想通貨という表現はあまりしておらず「デジタルアセット(デジタル資産)」という表現をむしろ好んでいるようです。

しかし完全な非中央集権型でないXRP Ledgerにも導入するメリットが当然存在します。

ここからはXRP Ledgerのメリットとデメリット、将来へ向けた課題について紹介していきます。

リップルの「XRP Ledger」の利点とは

リップル ブロックチェーン
そもそもリップルはビットコインのように純粋にデジタル通貨、決済手段として開発されたわけではありません。

リップルはリップル社が「RippleNet」という国際送金システムで利用するために開発しました。

そんなリップルの中核をなすXRP Ledgerは従来の国際送金システムが抱える課題の多くを解決する仕組みとなっています。

まず利点として挙げられるのは高速で取引ができる点です。

従来の国際送金システムでは近いところでも送金に数日必要なほかビットコインでも一度の取引には10分もかかってしまいます。

しかしXRP LedgerではUNLによる承認のみで取引ができるため一度の送金に3~6秒ほどしかかかりません。

マイニングなどで環境に負荷を与えることもせず、取引手数料を安く抑えることができるのも利点です。

またブロックチェーンでは承認作業を誰もが管理できるようにすることで安全性を確保していますが、XRP Ledgerではログインに手数料としてリップルを支払うようにすることでセキュリティ対策をしています。

ハッキングでは連続的なアクセスでネットワークに負荷をかけるのが一般的なのですが、XRP Ledgerにハッキングをしかけた場合には多くの手数料が必要になってしまいます。

しかも承認を行うUNLはリップル社が選んだ安全意識の高い投資家であり、悪意のある人は選ばれません。

そのため安全性もブロックチェーンと同じく確保されます。

他にもXRP Ledgerは他のデジタルアセットとRippleNetを接続することを可能にします。

接続することで請求書などの様々なデータや、リップル以外の通貨であってもRippleNetというひとつのプラットフォームで送ることができます。

XRP Ledgerの仕組みや中央集権型のコンセンサスアルゴリズムは、様々な利点をRippleNetの利用者へ提供しているのです。

リップル社が提供するRipplenNetについては以下の記事でより詳細に紹介しています。

ぜひ読んで理解を深めてください。

リップルの「XRP Ledger」の問題点とは

リップル ブロックチェーン
XRP LedgerはUNLにネットワークが集中してしまうことが問題として挙げられます。

先にも紹介しましたが非中央集権型であるブロックチェーンでハッキングをするにはブロックの計算の過半数を掌握しなければいけません。

さおりんさおりん

ブロックの過半数を掌握しようとするハッキングを「51%攻撃」と言います。

ですがXRP Ledgerでは悪意を持ったUNLが結託することで簡単にネットワークを掌握することができてしまいます。

外部からの攻撃には強くても、内部からの攻撃には弱いのです。

そのためリップル社はUNLの分散化を課題として掲げています。

UNLの分散化は2つの方向性によって行われます。

ひとつはUNLの多様化です。

リップル社は今後、アイデンティティ(民族、立場)や地理的なロケーション(国籍、居住地)などが多様になるようにUNLを増やしていく予定です。

もうひとつが第三者によるUNLの追加です。

現在リップル社が提携した中央銀行や企業によってUNLへの追加が行われています。

そしてリップル社によるものではないUNLへの追加が2度行われた場合、リップル社によって追加されたUNLを1つ消去します。

この追加と消去は特定の組織による追加が過半数を超えないようになるまで続けられる予定です。

ブロックチェーンを使わないリップルは「仮想通貨」なのか

リップル ブロックチェーン
今回はブロックチェーンと、リップルがブロックチェーンの代わりに採用するXRP Ledgerについて紹介しました。

ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨とリップルとではそもそも作られた目的がはっきりと違います。

リップルはXRP Ledgerを使った国際送金システムRippleNetで活用するために開発されました。

XRP Ledgerの中央集権型のコンセンサスアルゴリズムは高速で安価な送金を可能にしています。

しかしそれゆえにリップルは厳密な意味で「仮想通貨」であるとは言えないかもしれません。

さおりんさおりん

何をもって「仮想通貨」と呼ぶのかは難しい話よ。ブロックチェーンを使用すること、完全な非中央集権型であること、というのも定義のひとつに過ぎません。

ただリップルが仮想通貨だろうとそうでなくても、今回紹介したXRP Ledgerの仕組みは知っておいて損はありません。

これまでの、そしてこれからのリップルの躍進を支える中心にある技術だからです。

リップルは今後も将来性は非常に高いので、更なる躍進も期待されます。

下に載せた記事で具体的に説明していますので今回紹介したXRP Ledgerの仕組みや利点と合わせてご覧下さい。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」