ホーム最新ニュースビットコイン(BTC)の価格変動はなぜ激しい?市場規模の拡大がもたらすビットコイン(BTC)価格への影響とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

ビットコイン(BTC)の価格変動はなぜ激しい?市場規模の拡大がもたらすビットコイン(BTC)価格への影響とは

ビットコイン 価格

ビットコインは他の仮想通貨と比較しても価格変動が激しいのですが、なぜ価格変動が激しいのかと気になるところです。そこで今回、ビットコインの価格変動が激しい理由をまとめ、市場規模の拡大がもたらすビットコインの価格の影響について、考察いたします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆいゆい

こんにちは、ゆいです!冬の寒さに負けず、風邪をひかないように過ごしてくださいね。よろしくお願いします♪(≧▽≦)

仮想通貨の特徴の一つに「価格変動が激しい」というデメリットがあるのですが、見方によっては、大きなメリットでもあると思っています。

その大きなメリットを叶えてくれるとされるのが、ビットコインという仮想通貨です。ビットコインは時価総額ランキング1位を常に維持している仮想通貨の王様でもあります。

だけど、なぜビットコインの価格変動が激しいのかと、多くの人は気になっていることでしょう。そこで今回、ビットコインの価格変動が激しい理由と、市場規模の拡大がもたらすビットコイン価格への影響について、考察していきます。

ゆいゆい

ビットコインがわからない人は、下記の記事にその詳細が語られています。これから仮想通貨に参加してみたいという人には、必見ですよ♪(^^)/

ビットコイン(BTC)の価格変動がなぜ激しいのか?

ビットコイン 価格

株式やFX(外国為替証拠金取引)でも、価格変動が激しい時はあるのですが、ビットコインの場合は、価格変動の激しさが日常茶飯事でもあります。

なぜビットコインの価格変動が激しいのか、それはビットコイン市場が黎明期であると考えられるからです。

ゆいゆい

「黎明期(れいめいき)」という意味を調べてみると、夜明けにあたる時期とか、新しい物事・時代・文化が始まろうとする時期だそうです。簡単にまとめると、軌道に乗るまでには、まだまだ弱々しい存在の期間になりますね♪

ビットコイン市場が黎明期であるのか、相場の動向にビットコインの価格が振り回されやすい傾向にあると言われています。

投資分野の中で、仮想通貨は株式やFXより新しく、発展途上の段階にあり、ビットコインの市場規模の拡大には至っていないと考えています。

その黎明期を乗り越えると、ビットコインの市場規模が拡大され、ビットコインの価格上昇につながるだけでなく、激しくなっていた価格変動が抑制されることに、わたしは期待しているのです。

ゆいゆい

確かに、株式やFXを比較すると、ビットコインの市場規模はまだまだ小さいということになるんですね・・・。(。・ρ・。)ヘー

ビットコイン(BTC)だけでなくアルトコインの価格変動も激しい

仮想通貨に関心を持っている人の多くが、ビットコインの激しい価格変動に注目しているようです。しかし、アルトコインの価格変動にも注目してほしいと、わたしは思っています。

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の名称でありますが、イーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、NEM、モナコインなども、それに該当します。

ゆいゆい

草コインも一応アルトコインの部類に入ると思うのですが、やはり需要が高く、時価総額が高い通貨はアルトコインになるのでは、とも考えています。明確な定義はありませんけどね♪

アルトコインの価格変動は、ビットコインほどではないにせよ、激しいことには変わりありません。

2017年当時は、アルトコインの知名度はかなり低かったようですが、2018年1月下旬に起きた、Coincheck(コインチェック)の約580億円相当のNEM流出事件がきっかけで、アルトコインの存在が世間に知られるようになったと、考えています。

ゆいゆい

コインチェックは現在、新規登録を受け付けていますが、2018年11月12日にNEMの取引が再開されているようです。その他の状況については、下記の記事が参考になるでしょう。

余談ですが、コインチェックは現在、金融庁認可を受けるための審査中にあるとのことです。コインチェックが認可を受けたら、仮想通貨市場はどうなるか楽しみですね♪

ビットコイン(BTC)の価格が暴落した原因もついでにまとめてみた

現在のビットコインは暴落傾向が強いとされるのですが、なぜ暴落しているのか、考えられる原因をまとめてみました。

まず一つ目は、ビットコインの需要が低くなったことにあります。現在のビットコインは時価総額ランキング1位を維持しているのですが、CoinMarketCapの時価総額ランキングを確認しますと、リップルが破竹の勢いで追い上げて来ているようです。

ゆいゆい

暴落しているのはビットコインだけではないようですね・・・。

ビットコインの需要が低くなった理由は、アルトコインの存在にあります。暴落したにせよ、ビットコイン1枚自体の価格が高く、アルトコインのほうが安くて手が出しやすいのではないかと思っています。

もうひとつは、ビットコインキャッシュのハードフォーク分裂にあります。ビットコインキャッシュのハードフォークによって、仮想通貨の全体的な価格暴騰が期待されていたのですが、見事に裏切られ、暴落を招きました。

ビットコインキャッシュについてですが、ABCのほうがビットコインキャッシュの名称をそのまま継承している一方、分裂した一方はビットコインSVとして、すでに各取引所に上場しているようです。

ゆいゆい

そのビットコインSVが「BCHSV」として、すでにBinance(バイナンス)に上場されています。その他にビットコインSVを扱っている取引所については、こちらのサイトで確認すると良いですよ♪

余談ですが、ビットコインSVは2018年12月1日時点で、時価総額ランキング9位(参照:CoinMarketCap)となっています。

ビットコイン(BTC)の激しい価格変動を抑制しつつ価格上昇をさせる方法とは?

ビットコイン 価格

ビットコインの激しい価格変動を抑制する最適な方法は、ビットコインの市場規模の拡大であると考えています。なぜかと言いますと、ビットコインの需要にあります。

ビットコインの需要について知ってほしいのは、ビットコインの供給量がどれくらいかというところです。供給量とは、仮想通貨の世界で言う、発行上限にあります。

現在のビットコインの発行上限は2100万枚となっており、発行上限を上回ることはありません。もうひとつ、ビットコインの需要について知ってほしいのは、機関投資家の存在です。

機関投資家とは、多くの投資家から集めた巨額の資金を株式や債券などで運用し、管理する法人または団体のことを言います。一般的に知られている投資信託や年金基金や銀行なども、機関投資家に分類されます。

大手企業が仮想通貨市場に参入しているという話は聞いていると思いますが、機関投資家が仮想通貨市場に参入したという話は、あまり聞きませんよね?

ゆいゆい

ビットコインの需要を高めるには、機関投資家の参入が一番でしょうか?

なぜ機関投資家の話しに触れるのかというと、機関投資家の参入によって、ビットコインの需要が高まり、ビットコインの市場規模の拡大につながると、考えているからです。

もう少し深掘りしていくと、ビットコインの需要を高めるキーワードのひとつに、ビットコインETFが挙げられます。

ビットコインETFの詳しい説明は省略いたしますが、ビットコインETFの申請先であるアメリカ証券取引委員会は現在でも、ビットコインETFの審査を継続しているとのことです。

しかし、ビットコインETFの審査が通り、承認されれば、世界各国の機関投資家の参入が見込めるとされています。

ゆいゆい

ビットコインETFについて詳しく知りたい方は、下記の記事が参考になりますね♪これから仮想通貨を始めたい方にとっては、必見と言えるでしょう

ビットコイン(BTC)の市場規模の拡大のメリットを誰も知らないのでは?

ビットコインの市場規模が拡大しても、様々なメリットが得られる見込みがあることを認識している人は、そんなにいないと思われます。まず、ビットコインの市場規模拡大のメリットをまとめてみると…。

  • ビットコインの需要性が高まり、価格上昇と激しい価格変動を抑える見込みがある
  • アルトコインもその恩恵を受けて、ビットコインの同様の効果が得られることに期待が持てる
  • 今まで動静を観察してきた機関投資家の仮想通貨市場参入が期待できる
  • 仮想通貨が抱えるネガティブなイメージ(ハッキングなど)の払しょくが見込める
  • 仮想通貨人口が急激に増える可能性が非常に高くなる

こんな感じとなります。ビットコインの市場規模が拡大すれば、ビットコインや仮想通貨に無関心だった人達を振り向かせることができるようになるでしょう。

ゆいゆい

そう考えると、この時期に、仮想通貨に参入するのは、非常に最適であると考えています。ビットコインやアルトコインの価格暴落に悲観的となっている人にとっても、朗報だと言えますね♪(^^)/

ビットコイン(BTC)の価格変動が激しいことについてのまとめ

ビットコイン 価格

今のビットコインの市場規模は黎明期なので、相場の動向に価格が振り回されやすいという一面を持っていると言えるのですが、その黎明期さえ乗り切れば、ビットコインの価格上昇と、市場規模の拡大が期待できるでしょう。

そう考えると、仮想通貨に投資する人や、新規参入を考えている人にとって、非常にチャンスではないでしょうか?

なぜかと言いますと、世界全体の仮想通貨人口が少ない、ビットコインの市場規模がまだ小さい、この二つが重要なキーワードとなってくるからです。

時間の経過と共に、ビットコインの市場規模が徐々に拡大される可能性と、世界全体の仮想通貨人口が増える可能性がそれぞれあるとしたら、暴落傾向にあるビットコインは、非常にお買い得品であると言えるでしょう。

ゆいゆい

下記の記事に、ビットコインの今後について語られていますので、良ければ見に来てくださいね♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事