ホームウォレット【仮想通貨ウォレット開発競争】各所が開発に力を入れている「仮想通貨ウォレット」。安全な資金管理を!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えりな

【仮想通貨ウォレット開発競争】各所が開発に力を入れている「仮想通貨ウォレット」。安全な資金管理を!

ウォレット, 仮想通貨, 開発

仮想通貨投資は、「稼ぐ」ことしか考えていない人が多いです。もちろんそれも構いませんが、それより大事なのは仮想通貨の保管だと思います。

そこでおすすめなのが、仮想通貨ウォレットです。仮想通貨の保管に特化した、様々な開発がなされています。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

目次

えりなえりな

2018年もそろそろ終わろうとしています。皆さん仮想通貨投資はいかがでしたでしょうか?えりなです。

2018年の仮想通貨市場は、2017年とは打って変わって閑散としたものでした。そんな2018年だったからこそ仮想通貨の管理が緩んでいませんか?

仮想通貨業界は、ハッキングによるコイン流出の懸念がまだ払拭されていないため、こういう時こそ管理に気を配らなければなりません。

そこでお勧めしたいのが、仮想通貨ウォレットの導入です。仮想通貨ウォレットは様々なタイプが開発されており、それぞれに使い勝手が違います。

仮想通貨ウォレットとは?開発されている意図は?

 

ウォレット, 仮想通貨, 開発

仮想通貨ウォレットとは?その答えを簡単に言うと「仮想通貨を保管する財布」です(ウォレットは、日本語で財布の意)。

仮想通貨ウォレットの種類は、オンラインウォレット、モバイルウォレット、ハードウォレットなど様々あります(詳しく後述)。

仮想通貨ウォレット開発の意図はセキュリティ

なぜ、仮想通貨ウォレットはたくさん開発されているのか?その答えは、セキュリティの強化にあります。

それぞれの仮想通貨ウォレットでセキュリティレベルが違うので、「一番セキュリティの強い仮想通貨ウォレットを使えばいいんだね!」と思われがちです。

でも、そうとも限りません。ユーザーの環境によって向き不向きが変わるため、使い勝手も考慮して選ぶべきなのです。

色々開発されている!主な仮想通貨ウォレットを紹介

 

ウォレット, 仮想通貨, 開発

2018年12月現在、開発されている仮想通貨ウォレットは5つあります。それぞれの特徴を解説しましょう。

仮想通貨ウォレットその1、オンラインウォレット

最もベーシックな仮想通貨ウォレットが、オンラインウォレットです。オンラインウォレットはインターネット上で仮想通貨を管理します。

そのため、パソコンやスマートフォンが故障しても保管している仮想通貨に影響が出ません

サーバーダウンやハッキングに注意

ただし、サイトがサーバーダウンしているときに扱えないのがデメリット。そして、もっと注意したいのは、アカウントのハッキングです。

ハッキングされると保管していた仮想通貨を盗まれる可能性があります。そのため、オンラインウォレットを使う場合は、信頼できる仮想通貨取引所を選ばなければなりません。。

おすすめのオンラインウォレット「Zaif、bitFlyer、BITPOINT」

Zaif、bitFlyer、BITPOINTはなどの仮想通貨取引所は、国内で馴染みがあるので選びやすい存在です。

日本語完全対応なので、トラブルシューティングのやりやすさも魅力となっています。

おすすめのオンラインウォレット「Blockchain」

世界的に人気があるオンラインウォレットです。スマートフォン専用アプリが開発されているので、パソコンが使えない環境でも仮想通貨の管理ができます。

えりなえりな

日本語対応しているオンラインウォレットなので、日本人にもおすすめです。

おすすめのオンラインウォレット「コインベース」

コインベースは世界的シェアを誇っている仮想通貨取引所です。三菱ufjフィナンシャルグループと提携したことで、日本進出も期待されています。

そんなコインベースも、オンラインウォレットを開発しているのです。2018年12月現在、日本語には対応していませんが、日本進出した際には対応されるはずなので、期待しましょう。

コインベースの日本上陸はこちらも!

仮想通貨ウォレットその2、クライアントウォレット

クライアントウォレットは、パソコンやスマートフォンにインストールして使うタイプです。

オンラインのみに対応しているものもあれば、オフラインで使えるものはあります。

仮想通貨取引所が破産しても資産に影響なし

クライアントウォレットの良いところは、万が一仮想通貨取引所が破産しても預けている資産に影響はないことです。

そのため、オンラインウォレットよりもセキュリティが優れています。

完全型と簡易型が開発されている

クライアントウォレットは完全型と簡易型が開発されています。

完全型

完全型は、すべてのブロックチェーンをダウンロードしなければなりません。そのため数十GBのハードディスク空き容量が必要になります。

ここは少々デメリットかもしれませんが、セキュリティの強さはメリットです。

簡易版

簡易版は全てのデータをダウンロードする必要はありませんので、ハードディスクを占める容量が少なくなります。

その代わりセキュリティ面が劣るため、ウイルス感染が心配です。

おすすめのクライアントウォレット「BitcoinCore」

ビットコインのオフィシャルで開発されているクライアントウォレットなので、ビットコインユーザーから圧倒的な支持を得ています。

完全版のダウンロードは数日かかるのがデメリットでしょうか。

おすすめのクライアントウォレット「Electrum」

日本語対応しているクライアントウォレットなので、日本人でも扱いやすいです。前述したBitcoinCoreより処理速度が速いのも魅力となっています。

seedという英単語をマスターキーに使うことで、バックアップをいちいち取る必要がないのも魅力的。

オンラインだけではなく、オフラインの操作もできるなど、使い勝手の良さが光ります。

おすすめのクライアントウォレット「MyEtherWallet」

イーサリアムの管理に特化して開発されたクライアントウォレットです。イーサリアムの保管だけではなく、イーサリアムを利用したトークンの保管もできます。

えりなえりな

イーサリアムユーザーは、是非ご検討ください。

おすすめのクライアントウォレット「Copay」

簡易型のクライアントウォレットで、AndroidやiPhoneといったモバイル端末に特化して開発されています。

会社内や友人、家族とウォレットを共有できるのが魅力的。セキュリティの高さにも定評があります。

仮想通貨ウォレットその3、モバイルウォレット

スマートフォンなどの大携帯端末に特化して開発されているのがモバイルウォレットです。

モバイルウォレットはスマートフォンのカメラと連動しているため、QRコードを読み取って店頭で決済できます。ビックカメラがモバイルウォレットに対応していることで有名です。

スマートフォンの紛失に要注意

モバイルウォレットを使う時に一番気をつけてもらいたいのは、スマートフォンの紛失です。

拾った人に資産を失う可能性がありますので、セキュリティはあまり高いとは言えません。

おすすめのモバイルウォレット「coinomi」

モバイルウォレットは、取扱通貨が少ない物が多いのですが、coinomiは70種類以上の通貨に対応しています。

ただ、不具合で通貨を取り出せなくなるトラブルが発生しているようです。あまり、多くの通貨は預けない方が良いかもしれません。

おすすめのモバイルウォレット「breadwallet」

日本の仮想通貨取引所bitFlyerが出資して開発されたモバイルウォレットです。鍵をデバイス上で管理するため、仮想通貨取引所がハッキングされても仮想通貨を盗まれる心配がありません。

そのため、セキュリティは高め!「breadwallet」は、シンプルな操作性に定評があるため、モバイルウォレット初心者にこそおすすめとなっています。

おすすめのモバイルウォレット「Mycelium」

Android専用に開発されたモバイルウォレットです。iOS版も開発されてはいますが、iOS版はドイツ語と英語にしか対応していないので、日本人向けではありません。

Myceliumもスマートフォン上に鍵を保管するため、仮想通貨取引所のハッキングの影響を受けません。

仮想通貨ウォレットその4、ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、ビットコインの鍵を紙(ペーパー)に印刷して保存する仮想通貨ウォレットです。

ペーパーウォレットはインターネットに接続されていないため、セキュリティの高さが魅力!

ただ、ペーパーウォレットを紛失すると保管していた仮想通貨の復元ができなくなるので注意です。

ペーパーウォレットが劣化すると文字の読解ができなくなり、仮想通貨の復元ができなくなる可能性があることにも注意してください。

おすすめのペーパーウォレット「bitaddress.org」

日本語を含んだ12ヶ国語に対応しているペーパーウォレットで、世界中で愛用されています。

ペーパーウォレットの作成は、サイト内の「ペーパーウォレット」ボタンをプッシュするだけだから、とてもお手軽。鍵はそのまま印刷でき、自分で保管します。

金庫に入れて保管しているユーザーも多いようです。

仮想通貨ウォレットその5、ハードウェアウォレット

現在開発されている仮想通貨ウォレットの中で、一番セキュリティに信頼がおけるのがハードウェアウォレットです。

パソコンに外付けするハードウェアを用いています。

えりなえりな

要は、外付けハードディスクのイメージです。

中古での購入に要注意

ハードウェアウォレットは、メルカリやヤフオクで中古品を格安で購入できますが、それはやめた方が良いです。

これらのルートで購入するということは、個人から購入するということなので、盗難リスクが高まります

おすすめのハードウェアウォレット「LedgerNano/NanoS」

与沢翼さんが、650万リップルを保管して金庫に入れている「LedgerNano/NanoS」。

価格は1万円程度ですが、28種類の仮想通貨に対応しており、利用勝手が良いです。USBでパソコンに接続できたり、アプリが日本語に対応しているなど、操作性に優れています。

おすすめのハードウェアウォレット「Trezor」

ハードウェアウォレットの中で人気ナンバーワンとの呼び声も高いです。価格は1万円程度で、7種類の仮想通貨を保管できます。

パソコンがウイルス感染しても、「Trezor」の鍵かなければ送金できないためセキュリティは高いです。

おすすめハードウェアウォレットはこちらも!

開発されすぎ…仮想通貨ウオレットの使い分けは?

ウォレット, 仮想通貨, 開発

いかがでしたでしょうか?前述したようにたくさんの仮想通貨ウォレットが開発されています。

それぞれにメリットデメリットがあり、「結局のところどのウォレットを選んでいいのかわからない…」という方もいますよね?

なので、この章では目的に合わせた仮想通貨ウォレットの選び方を説明します。

決済の利便性

普段から仮想通貨で買い物する人は、決済の利便性が重要になります。となると、モバイルウォレットかオンラインウォレットです。

特に、モバイルウォレットはスマートフォン一つで決済ができるため重宝します。

投資メイン

仮想通貨の取り扱いは投資がメインならば、仮想通貨取引所が開発しているウォレットが良いと思います。

日本人ならbitFlyerやビットポイントなどの国内取引所が使いやすいです。複数の取引所のウォレットを使って、分散管理するのも良いかと思います。

貯蓄目的

貯蓄目的で仮想通貨を保管する場合は、セキュリティの高さを第一に考えるべきです。となると、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットになるでしょう。

とはいえ、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットを紛失してしまったら意味がありません。与沢翼さんのように、金庫に保管した方が良いでしょう。

新しい開発も?信頼できる仮想通貨ウォレットで自分に見合った資産管理を

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?今回は、仮想通貨ウオレットに焦点を当ててみました。

ご覧になっていただいた通りたくさんの種類がありましたね。

仮想通貨はまだ新しい業界なので、今後さらなるセキュリティを追求した新しい仮想通貨ウォレットが開発される可能性もあります。

しかし、しばらくの間は現状の仮想通貨ウォレットのまま行くでしょう。仮想通貨投資されている方は、自分に見合った仮想通貨ウォレットを見つけて、健全な資産管理をしてくださいね。

ウォレットの解説はこちらも!

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」