ホーム最新ニュースビットコイン暴落で何が起こった?40%もの下落が世界に与えた影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

ビットコイン暴落で何が起こった?40%もの下落が世界に与えた影響

ビットコイン,暴落

ビットコインがの価格が暴落しています。このビットコインの暴落は世の中にどのような影響を与えたのでしょうか。そこで今回は、ビットコインの暴落の原因を押さえつつ、ビットコイン暴落が世の中に与えた影響を考察していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ビットコインは一時、1BTCが約40万円まで暴落しました。そんなビットコインですが、暴落したことによって世の中にどのような影響があったのでしょうか。ここからは、暴落した影響を探っていきます。

ビットコイン暴落の原因をおさらい

ビットコイン,暴落

ここからは、ビットコインの価格が暴落した理由をおさらいしていきます。どのような理由でビットコインは暴落していったのでしょうか。それでは見ていきましょう。

ビットコイン暴落!ビットコインキャッシュのハードフォークの影響

ビットコインの暴落は、ビットコインキャッシュのハードフォークが原因の1つであると考えられています。ビットコインキャッシュは2018年11月15日にハードフォークしました。

このハードフォークはもともと、ビットコインABCとビットコインSVの勢力の対立によって起こりました。対立を解決できないままハードフォークが実施されたのでビットコインABCとビットコインSVは分裂してしまいました。

その結果、ビットコインABCが既存通貨としてビットコインキャッシュを継承し、ビットコインSVは新通貨となったといわれています。

ハードフォーク前の予想ではハードフォークによって価格が上昇するといった予想もありましたが、現実にはビットコインキャッシュの価格は大きく下落し、それに連動する形でビットコインの価格も下落したとみられています。

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークしたことによって誕生した通貨ですので、影響を受けたと考えることができます。

このように、ビットコインキャッシュのハードフォークの影響でビットコインの価格も下落したと考えられています。

ビットコイン暴落理由!ビットコインの需要が減少した

ビットコインが暴落した理由として、ビットコインの需要が減少したというものがあります。ビットコインは2009年に誕生してから今まで主要通貨として存在しています。また時価総額も現在第1位と取扱量も多いです。

しかし、最近ビットコインの需要が減少しています。その理由としては優れた機能を持つ通貨が数多く誕生し、次々と実用化に向かっていることが挙げられます。

ビットコインはたしかに誕生したときには、処理能力や送金スピード・送金手数料の面で現状システムより優れているということで需要が高まりました。いち早く実用化された通貨もビットコインです。

しかし、現在では、ビットコインよりも優れた通貨も多いです。例えばリップルやステラは送金スピードが優れていますし、ビットコインからのハードフォークで誕生したビットコインキャッシュも処理能力はビットコインより優れています。

このように、通貨の数が多くなり、ビットコインよりも優れた通貨が誕生してきたことでビットコインの需要が減少したと考えられます。

一時的な暴落なのかこのまま続くのかは分かりませんが、ビットコインにとっては厳しい時期が続く可能性もあります。

ビットコインとともに仮想通貨全体が暴落していますが、暴落中こそ強い通貨は何なのでしょうか。以下の記事では暴落中こそ強い通貨を紹介しています。

 

ビットコイン暴落!世界に与えた影響とは

ビットコイン,暴落

ここからは、ビットコインが暴落したことによって世の中にどのような影響を与えているのかをみていきます。ビットコインが暴落するというのはどういうことなのでしょうか。

ビットコインの価格暴落!時価総額が減少しリップルが迫る

ビットコインの価格が暴落すると同時に、時価総額にも影響を与えています。ビットコインの価格が暴落すると時価総額も減少しました。また、他の通貨も下落しましたが、リップルは時価総額が第2位に浮上しました。

これはリップルが他の通貨に比べて下落率が低かったことが原因であると考えられています。その結果、時価総額でビットコインとリップルの差が減少することになりました。

このように、ビットコインの暴落によって時価総額が減少したと同時に、他の通貨の時価総額も減少しました。また、その結果、時価総額でリップルがビットコインに迫ってくるという事態となりました。

ビットコインにつられて他の通貨も暴落!

ビットコインの暴落に伴って他の通貨も価格を下落させました。例えば、リップルは暴落前50円台を推移していましたが、30円台まで下落しました。

また、ビットコインキャッシュは暴落前50000円以上の価格を推移していましたが、暴落後20000円台まで価格を下落されています。

このように、ビットコインの価格暴落に連動するように他の通貨も下落相場になり価格が暴落しました。

ビットコイン暴落の副作用!仮想通貨に対してネガティブ思考が広がる

ビットコインの価格暴落によって仮想通貨に対するネガティブな思考が世の中に広がりました。また、今回は仮想通貨の代表的な通貨であるビットコインが暴落しました。

そのことによって、より仮想通貨に対する不安感や失望感につながったと考えることができます。

他のアルトコインの暴落であれば、ここまでネガティブな思考が広まることはなかったかもしれませんが、中心的通貨のビットコインだからこそ仮想通貨全体の印象に大きく影響したと考えることができます。

ビットコイン暴落の思わぬ影響!半導体メーカーの株価に影響も

ビットコイン,暴落

ビットコインの価格暴落が思わぬところに影響を与えているようです。ビットコインの価格暴落は一見仮想通貨業界のみの問題のようですが、経済にも影響を与えています。

今回の暴落で、ビットコインのマイニングに使われる半導体メーカーの株価に影響を与えているといいます。

アメリカの半導体大手会社のエヌビディアとアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は近年仮想通貨のマイニングに使用する半導体の需要が高かったことから、今回の暴落によって需要減速を懸念して株価が減少したと考えられています。

他にも、ビットコインを決済に使用している企業にとっても影響は考えられます。今回の暴落によってもしビットコインの需要が縮小してしまうことになれば、他の通貨に切り替えを検討する企業も出てくるかもしれません。

このように、ビットコインの価格暴落は仮想通貨業界のみならず、経済にも大きく影響を与えると考えることができます。

ビットコイン暴落が世界に与えた影響【まとめ】

ここまでで、ビットコインの暴落が世の中にどのような影響を与えているのかを考察しました。ビットコインが暴落しても仮想通貨業界のみに影響しないと考えている方もいるかもしれません。

しかし、実はビットコインの暴落は仮想通貨業界以外にも経済に大きく影響を与えています。ビットコインは思ったよりも社会に影響力をもっているということです。

ビットコインと経済に影響を与えると分かるとビットコインを理解するには経済についても学ぶ必要がありそうですね。

ビットコインは現在暴落していますが、今後のビットコインについて知りたい方は以下の記事がおすすめです。ぜひ読んでみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事