ホーム最新ニュースまだ儲かる? 仮想通貨ビットコインはオワコンなのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.08.21 最終更新
えりな

まだ儲かる? 仮想通貨ビットコインはオワコンなのか?

ビットコイン,儲かる,仮想通貨

2018年の仮想通貨(ビットコイン)相場は閑散としていたため、儲かることができなかった人も多いと思います。それどころか、2018年12月現在は大暴落している最中です。仮想通貨(ビットコイン)は、もう儲かることはできないのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

皆さんこんにちは、えりなです!年末になって職場も忙しく、残業続きのおじさんのタバコ臭も最高潮!仮想通貨も最高潮!になってほしいところですよね!

2017年に爆発的な沸騰を見せて話題になった仮想通貨「ビットコイン」。1億円以上儲かる一般サラリーマンやOLが続出したこともあり、2018年も熱い視線が注がれていました。

ところが、2018年はビットコインだけではなく、仮想通貨全体が閑散としたものでした。2018年12月は、軒並み下落している状態です。

仮想通貨ビットコインは、まだ儲かるものなのでしょうか?それとももうオワコンなのか?検証してみました。

仮想通貨ビットコインはまだ儲かる?もうオワコンなの?

ビットコイン,儲かる,仮想通貨

2018年に入って、ほとんど値動きを見せていなかったビットコイン。

それどころか、仮想通貨全体がそんな感じでした。

2008年12月に入って、急激な暴落を見せているところを見ると、仮想通貨はもうオワコンかと思われますよね?

暴落した今だからこそチャンス!今からでも遅くはない

仮想通貨チャートは、急激に上がった後は必ず下がりますし、急激に下がった後は必ず上がるものです。

つまり、急落している今だからこそ、買うチャンスと言えます。

えりなえりな

まだ下がり続けると思うのであれば、「売り」で儲かる作戦でも良いのです

中長期投資なら儲かる可能性あり

ただ、今買いに走るのは危険です。いつまで下がるか分かりませんからね。

だから、下がりきるのを虎視眈々と待ってください。

底打ちと思われるところが来てから、まずは少額で買ってみましょう。

少額なら、また下がったとしてもダメージは最小限で済みます。

徐々に上がり始めたと思ったところで、少しずつ買い足して行けば良いのです。

数ヶ月の中長期戦略で作戦を立てれば、相場を読むのが苦手な人でも儲かる可能性はあります。

仮想通貨ビットコインが儲かる理由とは?

ビットコイン,儲かる,仮想通貨

前述した以外にも、仮想通貨ビットコインが儲かる理由はあります。

値動きが大きい

ビットコインに限らずですが、仮想通貨は、株や為替では考えられない値動きを見せることがあります。

1日単位で数10%増加することは珍しくありません。

値動きが大きいということは、短期間で儲かる可能性もあるということです。

先ほど、「中長期的な方針が良いのではないか?」と言いましたが、デイトレードでも儲かることができます。

1日でトレードを終了させるデイトレードなら、思わぬね動きに振り回されることはありません。

国家情勢の影響を受けにくい

ドルならアメリカ、ユーロならヨーロッパ、円なら日本、etc。

このように、存在する通貨は国家と深い関係があるため、国家情勢によって価格が急変することがあります。

しかし、仮想通貨は国が発行しているものではないため、国家情勢の影響を受けにくいのです。

投資初心者の方は、経済や政治の事ってわからないですよね?

経済や政治の知識がなくても、仮想通貨の動向を探ることができます。

日本は仮想通貨に寛大

海外は、ビットコインや仮想通貨にネガティブなイメージを持っており、厳しい規制を設けている国もあります。

しかし、日本は仮想通貨に対して寛大です。

金融庁の監督対象にすることで、仮想通貨を禁止するのではなく、安全に取引できる方針を固めています。

家電量販店でビットコインの利用が可能になるなど、民間においても促進の動きが広まっているため、堂々と取引できるのです。

どうやったら儲かる?仮想通貨ビットコインの儲け方をおさらい

ビットコイン,儲かる,仮想通貨

ここまで説明してきたように、ビットコインを始め仮想通貨はまだまだ儲かる可能性があります。

そこで「仮想通貨で儲かるためにはどうしたらいいんだっけ?」を改めておさらいしましょう。

仮想通貨初心者の方は、取引する以外に儲かる方法はないと思っていますが、実はそうではないんですよ~♪

えりなえりな

取引以外に、「マイニング」や「アービトラージ」という方法もあるのです。

仮想通貨ビットコインの儲け方①仮想通貨取引

これは最もオーソドックスな方法で、仮想通貨が安い時に購入して、高くなったら売る(あるいはその逆)です。

これをするためには仮想通貨取引所で口座を開設しなければなりません。

おすすめは、初心者でも簡単に使えるGMOコインです!登録や入金も簡単で、ツールの使い方もわかりやすいのでおすすめです!

詳細はこちら↓↓

仮想通貨ビットコインの儲け方②アービトラージ

海外も含めると仮想通貨取引所は世界中に数多く存在してます。

全ての取引所でビットコインが同じ価格になっていると思われがちですが実は違うんです。

取引所によって価格が少しずれていることは珍しくありません

それを利用するのがアービトラージです。

相場が安い取引所で「買い」、相場が高い取引所で「売る」

前述した特徴を利用して、相場が安い取引所で「買い」、相場が高い取引所で「売る」のがアービトラージです。

仮想通貨はビットコイン以外にも100種類以上ありますから、チャンスは膨大!

これなら仮想通貨チャートを読むのが苦手な人でも分かります。

アービトラージをチェックするツールもあるので、ご活用ください。

ただ、デメリットなのは、1回あたりの利益が薄いということです。

まとまった資金がないと一気に儲かることはできません。

アービトラージはこちらも

仮想通貨ビットコインの儲け方③クラウドマイニング

ビットコインを始め仮想通貨はマイニングによって新規発行されます。

マイニングするためには高性能なコンピューターとそれを動かすための多額な光熱費が必要で、なおかつ知識も必要です。

そこでマイニングを受け持ってくれる企業が登場しました。

その企業にマイニングを依頼して一部の報酬を受け取るのがクラウドマイニングです。

日本の事業所もクラウドマイニングに参入

クラウドマイニングは日本にはあまりなく、海外の事業所を使うのが一般的でした。

しかし日本の事業所も続々参入することを決定しています。

例えば、GMOインターネット、DMM.com、SBIホールディングスなどです。

これらは大手企業ですから、信頼性も大きいため、これから発展する可能性があります。

マイニングに関する記事はこちらも!

 

えりなえりな

なるほど!取引所の取引以外にもいろいろ儲け方があるんですね~~♫

仮想通貨取引で儲けるための手順

仮想通貨取引所での口座開設の手順をざっくり説明します。

仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所で口座を開設します。

海外の仮想通貨取引所でも良いですが日本人なら日本の取引所を使った方が安全です。

よほどマニアックな人でなければ、まずGMOコインに登録しておいて問題ありません。取引手数料も無料なので、少額からでも何回でも気にせず取引できます。

口座開設の手続きは各仮想通貨取引所のホームページ上で完了します

主婦やフリーターでも口座開設できるので特に厳しい審査はありません。

取引所に日本円を入金

無事に口座を開設できたら、日本金を入金してください。

えりなえりな

資金はあればあるほど稼ぎやすくなります。

取引スタート

お目当てのビットコインの取引を始めましょう。

ビットコインでも良いですしリップルやイーサリアムなどの他のコインでも構いません。

チャートにテクニカルをプラスして、売買タイミングを探りましょう。

仮想通貨ビットコインはまだ儲かる可能性あり

えりなえりな

仮想通貨やビットコインに投資している初心者は、チャートが下がったらもう儲かることはできないと思いがちです。

しかし、下落することに「売り」で儲けている人も数多くいます。

売りに乗り遅れた人は、下げ止まりを待って買いでエントリーするのもありです。

えりなえりな

仮想通貨の値動きの大きさがある限り、儲かるチャンスはまだまだあります。諦めずに頑張りましょう!

 

いろんな取引所を比較したいという人は、こちらの記事がおすすめです!

 

 

最終更新日:2019年08月21日

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事