ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨のセキュリティはどこまで安全?仮想通貨の本来の使い方からセキュリティを考えてみよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

仮想通貨のセキュリティはどこまで安全?仮想通貨の本来の使い方からセキュリティを考えてみよう

仮想通貨,セキュリティ

仮想通貨はたびたびセキュリティについてのリスクが指摘されています。初心者の方も仮想通貨はセキュリティが安全なのか気になりますよね。そこで今回は仮想通貨のセキュリティは安全なのかについて解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨が誕生してからさまざまな出来事があり、仮想通貨を取り巻く環境も変わりつつあります。そんな中で仮想通貨のセキュリティのリスクが指摘されることが度々あります。

では、仮想通貨自体のセキュリティは安全なのでしょうか。今回は仮想通貨自体のセキュリティについて考えていきます。

仮想通貨のセキュリティとは?過去のセキュリティー問題を振り返る!

仮想通貨,セキュリティ

ここからは、仮想通貨のセキュリティを知るために、国内外で起こった過去の仮想通貨に関連する問題を振り返っていきます。

ビットコイン(BTC)流出!マウントゴックス事件

まず始めは、マウントゴックス社のビットコイン流出事件です。この事件は、2014年2月、世界的な仮想通貨取引所のマウントゴックスがサーバー攻撃によってビットコイン75万BTCと現金28億円が消失したと発表しました。

当時のビットコインは1BTCが6万円前後であることを考えるとビットコインが約470億円、現金と合わせると約500億円が消失したことになります。

また、最初、サーバー攻撃での流出だと考えられていた事件ですが、マウントゴックス社の当時社長のマルク・カルプレスが私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕されることとなります。

これは、マルク・カルプレスがビットコイン消失に何らかの関与をしたのではないかと考えられたための逮捕です。現在も公判が続いており、真相は分からないままです。

この事件で、ビットコインの名が悪い意味で世に知れ渡ることになりました。また、日本や海外などニュースなどで多く取り扱われたことで仮想通貨への不信感が世の中に広がりました。そのことによって、ビットコインの価格も暴落しました。

ネム(XEM)の流出!コインチェック事件

コインチェック事件は、2018年1月に起こったマウントゴックス事件以降、過去最大の仮想通貨流出事件です。日本の仮想通貨取引所大手のコインチェックが利用者から預かっているネム(XEM)約580億円分を流出させたと発表しました。

原因は、外部からの不正アクセス(ハッキング)だったと説明し、コインチェックの一部サービスを停止する事態となりました。この事件が起こった理由は、コインチェック側のセキュリティ対策に問題があったからだと指摘されています。

仮想通貨は本来インターネットから遮断した状態(コールドウォレット)で管理すべきものです。しかし、コインチェックでは顧客の仮想通貨をオンライン(ホットウォレット)で管理していたようです。

また、コインチェックは監視体制が不十分で、ハッキングされてからハッキングに気がつくまで長時間経過してしまい、対応が遅れてしまっています。そのため、このような大規模な仮想通貨流出事件が起こったと考えられています。

この事件も取引所側のセキュリティの甘さが浮き彫りになりました。また、この事件によって国内の取引所のセキュリティに対する意識が高まるきっかけにもなりました。

複数通貨の流出!Zaif事件

Zaif事件は今まで紹介した事件の中で最も最近起こった事件で2018年9月に発生しました。この事件は、日本の仮想通貨取引所大手のZaifでハッキングによって約70億円分の複数の仮想通貨が盗まれた事件です。

この事件では、ビットコイン(BTC)・モナコイン(MONA)・ビットコインキャッシュ(BCH)が盗まれました。また、盗まれた約70億円分のうち、顧客の資産が約45億円分であったと発表されています。

盗まれた通貨の半分以上が顧客の資産という事態となってしまいました。このことがきっかけとなり、取引所を運営していたテックビューロがフィスコ仮想通貨取引所にZaif事業を事業譲渡することとなりました。

仮想通貨流出事件が顧客だけではなく、取引所の運営にも影響を及ぼした事件です。

仮想通貨流出事件は仮想通貨以外に問題がある!

仮想通貨,セキュリティ

ここからは、過去に起こった仮想通貨流出事件の根本の問題について考えていきます。流出事件が起こると仮想通貨自体への不信感が高まる傾向にありますが、本当に仮想通貨自体に問題があるのでしょうか。それでは見ていきましょう。

仮想通貨のセキュリティではなく【取引所】のセキュリティ問題

仮想通貨流出事件は実は仮想通貨自体のセキュリティが甘いために起こったのではありません。その根本ぼ原因の1つの取引所のセキュリティ問題があります。

取引所は、各々の取引所でセキュリティ対策が異なっています。そのため、取引所によってセキュリティレベルが異なっていることがあります。

取引所のセキュリティ対策としては、顧客の資産を管理するウォレットの管理やハッキング被害にもしあってしまった場合にもなるべく被害を少なくするための監視体制などが考えられます。

ここまでで、紹介した流出事件では、取引所のセキュリティが甘かったといえます。顧客の資産をしっかり管理し、ハッキングされた後の対応をしっかり行っておけばこのように被害が拡大することはなかったかもしれません。

仮想通貨のセキュリティではなく利用する【ウォレット】のセキュリティ問題

仮想通貨流出事件の原因の理由の1つには、利用するウォレットの問題があります。取引所では顧客の資産を管理するのにウォレットを使用しています。しかし、どのようなウォレットを使用するのかは取引所に任されています。

現在こそ流出事件の教訓を活かし、セキュリティに対して厳しく対応するようになりましたが、以前は本当に取引所によってウォレットのセキュリティに差がありました。

実際に流出事件を起こしたコインチェックなどでは本当はコールドウォレットに保存しなければいけないものをホットウォレットに保存していたために多くの仮想通貨を流出させる結果となってしまいました。

やはり、仮想通貨自体のセキュリティに問題があるのではなく、あくまで仮想通貨の保管の仕方、ウォレットのセキュリティの低さが原因で引き起こされた事件であるといえます。

ウォレットは仮想通貨を保管する方法として有効な手段です。以下の記事ではウォレットの中でもハードウェアウォレットのおすすめを紹介しています。ぜひ読んでみてください。

 

仮想通貨の本来の使い方は個人間送金!

仮想通貨,セキュリティ

ここからは、仮想通貨の本来の使用目的について紹介していきます。仮想通貨は本来の使用用途で用いることで仮想通貨本来の高いセキュリティを活かすことができます。それでは見ていきましょう。

取引所を介してのやり取りはセキュリティの穴を生む!

初心者の方は仮想通貨は取引所を介してやり取りするものだと考えているかもしれません。しかし、仮想通貨本来の使用用途は取引所を介してやり取りすることではありません。

そのため、取引所を介して仮想通貨をやり取りしているとセキュリティに対する労力とリスクが高まります。例えば、通貨を取引所に保管しているだけでハッキングのリスクに晒されます。

また、取引所のセキュリティ管理に依存してしまうので知らない間にハッキング被害にあっている可能性が高くなります。

また、攻撃してくる側からすると取引所という通貨が多く集まっている場所を狙って攻撃してくるのでよりハッキングのリスクに晒されやすいといえます。

このように、取引所を介しての仮想通貨のやり取りはかなりリスクが高くセキュリティ対策を難しくするということがいえます。

仮想通貨は個人間のやり取りが本来の使用用途!

仮想通貨の本来の使用用途は個人間のやり取りで使用することです。仮想通貨のセキュリティについて語るときによく取引所のハッキング問題が取り上げられます。

しかし、仮想通貨自体のセキュリティを考えるうえでは切り離して考える必要があります。なぜなら、仮想通貨のハッキング事件は取引所のセキュリティ問題が原因であるからです。

結論からいうと仮想通貨のセキュリティは高いです。その理由としては仮想通貨が取り入れているブロックチェーンという技術にあります。ブロックチェーン技術は、簡単に言うと細かく分散して取引データを管理する方法です。

そのため、仮にハッキングされ1つの取引データが改ざんされたとしても他の取引データと整合性がとれないので改ざんを見抜き排除することができます。そのため、相当数の取引データを一度にハッキングされない限り安全といえます。

実際に、マウントゴックス事件で盗まれたビットコイン(BTC)やコインチェックで盗まれたネム(XEM)はセキュリティが高いことで有名な通貨です。

このように、仮想通貨自体のセキュリティは高く使用の仕方や管理の仕方によってセキュリティが甘くなっていることが分かります。

仮想通貨のセキュリティ対策はウォレット使用

仮想通貨,セキュリティ

ここまでで、仮想通貨自体はセキュリティが高いことを確認しました。そこでここからは、どうやってセキュリティの高い仮想通貨をセキュリティの高いまま保管するかについて考えていきたいと思います。

仮想通貨のセキュリティを活かす!セキュリティーの高いウォレットを利用

仮想通貨自体のセキュリティが高いことは確認しましたが、その仮想通貨のセキュリティを活かすには高いセキュリティのウォレットを使用する必要があります。今回は、取引所のセキュリティウォレットについて言及します。

まず、取引所のウォレットはやはりハッキングのリスクが高いことは頭に入れておく必要があります。そのうえで、利用する場合には顧客の資産をコールドウォレット(オフライン)で管理しているかどうか確認する必要があります。

また、取引所によっては一部コールドウォレット(オフライン)で保管し、他の資産はホットウォレット(オンライン)で保管している場合があります。そのため、取引所を利用する前にホームページなどで確認しておくことをおすすめします。

仮想通貨のセキュリティ対策におすすめ!【ハードウェアウォレット】

仮想通貨のセキュリティ対策の重要性を確認しましたが、仮想通貨のセキュリティ対策におすすめなのはハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットは、ウォレットの一種でUSBのような形をしたハードウェア媒体です。パソコンに接続し、仮想通貨を送金するときに必要な「秘密鍵」を保管するものです。

これは、約1万円前後と少し価格が高い場合がありますが、その分セキュリティが高いです。インターネットに接続しているのは仮想通貨のデータを移すときだけです。

それ以外はインターネットに未接続ですので、ハッキングのリスクを最小限にすることができます。また、もし故障や紛失してしまってもリカバリーフレーズを保管しておけば復元することができます。

このように、ハードウェアウォレットは仮想通貨のセキュリティを最大限活かして保管する手段として有効ですので、ハードウェアウォレットをおすすめします。

仮想通貨のセキュリティについて【まとめ】

ここまでで、仮想通貨のセキュリティについて解説してきました。仮想通貨の流出事件はたびたび起こっていますが、原因は仮想通貨自体のセキュリティ問題ではありません。

本当の原因は取引所やウォレットのセキュリティ問題であるということが分かっていただけたのではないでしょうか。

そのため、仮想通貨のセキュリティを維持するためにもウォレットを利用するなどセキュリティ対策をしっかりしていく必要があります。

仮想通貨の保管に利用するウォレットですが、様々な開発が行われています。以下の記事ではウォレットの開発について解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事