ホーム最新ニュースどうなる今後の仮想通貨|注目の仮想通貨のニュースをおさらい
研修生

どうなる今後の仮想通貨|注目の仮想通貨のニュースをおさらい

仮想通貨は、年を追うごとに注目度が上がってきています。それは仮想通貨を取り上げたニュースの多さが物語っています。仮想通貨は今後どうなるのか、過去に注目された仮想通貨のニュースをおさらいしながら、今後どうなるのか、を予想してみたいと思います。

記事上ふるさと

どうなる今後の仮想通貨?価格は上がる?下がる?

仮想通貨,今後,どうなる

仮想通貨は、定義によっては20年近く前から存在しているといわれていますが、日本においての仮想通貨は、2017年頃から一般的に広く知られるようになりました。

一説には2017年が「仮想通貨元年」とも呼ばれており、仮想通貨市場は前年に比べて約40倍と急成長しました。

日本国内の仮想通貨取引所での仮想通貨の取引高の合計は、2017年12月時点で約2000億円とも言われています。

そして今年2018年も引き続き仮想通貨の世界は盛り上がっています。それは仮想通貨を取り上げたニュースの多さでも理解できます。

その多くの仮想通貨関連のニュースから仮想通貨が今後どうなるのか、価格が上がるかもと注目されたニュースと価格が下がるかもと注目されたニュースを、おさらいしながら、今後の仮想通貨がどうなるのかを予想してみようと思います。

どうなる今後の仮想通貨!価格が上がるかもと注目されたニュース

仮想通貨,今後,どうなる

どうなる今後の仮想通貨!価格が上がるかも①:SEC上級幹部がビットコインETFの再審査を行うと発表

なぜこのニュースが仮想通貨であるビットコインの価格が上がるかも知れないと注目されたニュースかというと、ビットコインETFがポイントになります。ビットコインETFとは、ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託のことを言います。

ビットコインETFは、2017年3月にウィンクルボス兄弟が、最初にビットコインETFの申請をしましたがSECにより却下されてから、複数のファンドやCBOE(シカゴオプション取引所)がビットコインETFの承認を要請するなど、何度申請しても却下され続けました

しかし、その後SEC上級幹部がビットコインETFの再審査を行うと発表しました。これは近い将来、ビットコインETFが承認され上場するのではないかと仮想通貨投資家は大きな期待を寄せました。ビットコインETFが承認されると、なぜ仮想通貨であるビットコインの価値があがるかというと、下記の理由が挙げられます。

仮想通貨であるビットコインのイメージが今後上がる

ビットコインをはじめ仮想通貨のイメージは「危ないもの、怪しいもの、胡散臭い」という悪いイメージが先行されていますが、しかし、ビットコインETFが承認されて証券取引所に上場されると、株式や債券と同じように証券取引委員会が認めた具体的な投資対象となり、仮想通貨であるビットコインのイメージが上がります

仮想通貨であるビットコインの取引が今後広がる

現在の仮想通貨であるビットコインの購入や取引は、仮想通貨取引所のみ取り扱っています。しかし、ビットコインETFが承認されて証券取引所に上場されると、証券取引所に上場している株の売買と同じように証券会社を通じて取引ができるようになります。

仮想通貨であるビットコインの税金が今後低くなる

現在、仮想通貨であるビットコインの売買取引で得た利益は、雑所得に分類され税率は最大で55%にまでなります。しかし、ビットコインETFで得た利益は、申告分離課税に分類されるのではないかと言われています。もしそうなれば、税率は約20%ほどとなり、半分以下の税率になり利益が大きく確保できるようになります

仮想通貨であるビットコインの市場が今後活発になる

今の仮想通貨市場に流れている資金のほとんどは、個人投資家の資金で機関投資家の資金はほとんど入ってきていません。

その理由として、仮想通貨であるビットコインは歴史がまだ浅く安全面で不安視されて投資対象とするのはふさわしくないと考えられるためです。

しかし、ビットコインETFが承認されて証券取引所に上場されると、株式や債券と同じように証券取引委員会が認めた具体的な投資対象となり信用がつくため、機関投資家が投資対象としてビットコインETFに参入する可能性が高くなります。

機関投資家がビットコインETFに参入すれば、個人投資家の資金とは比べ物にならないくらいの大きな資金が流入し仮想通貨市場が活発になると期待されます。

どうなる今後の仮想通貨!価格が上がるかも②:Bakktがビットコイン先物取引を今年12月に開始予定

Bakktは、米国時間の2018年10月22日にBakktでのビットコイン先物取引を2018年12月12日に上場する予定であることを公式発表しました。※追記:その後、上場予定日は2019年1月24日に延期されました

Bakktでのビットコイン先物取引が上場されれば、なぜ仮想通貨であるビットコインの価格が上がると注目されるかというと、

仮想通貨であるビットコインが今後一般的に流通するかも

日本では現在、仮想通貨であるビットコインを支払いの決済に利用できるのは、ビックカメラやほんの一部の店舗だけで、まだまだ利用できるところは少ないのが現状です。

しかし、Bakktという仮想通貨決済のプラットフォームが実用されれば、おそらくですが短期間でクレジットカードやデビットカードが使用できる店舗なら、どこでもビットコインをはじめとする仮想通貨を決済に使うことが可能にできると思われます。

仮想通貨が、どこでも使えるようになるということは利用価値が上がるわけですから、仮想通貨の価格も上がると見られ注目されています。

Bakktについて、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さい。

 

どうなる今後の仮想通貨!価格が上がるかも③:楽天、LINE、仮想通貨に参入

ネット通販でおなじみの楽天グループは、2018年8月31日に仮想通貨交換事業者である「みんなのビットコイン」を買収し、仮想通貨市場に参入することを発表しました。

通話アプリで有名なLINE(ライン)は、2018年10月16日に自社が運営する仮想通貨取引所「BITBOX」でLINEの独自仮想通貨「LINKトークン」の取扱いを開始しました。

一般的に知名度が高い楽天やLINEが仮想通貨市場に参入することは、仮想通貨をあまり知らない人でも仮想通貨の価格が上がるかもと想像されることだと思います。

楽天はネット通販の「楽天市場」やフリーマーケットアプリの「ラクマ」を運営しています。そこでの決済に仮想通貨を使うことを考えています。

LINEの独自仮想通貨「LINKトークン」は日本と米国を除く国で発行されます。そのため日本では「LINKポイント」と呼ばれる独自通貨が発行されるのですが、これはLINEの通話アプリなどで使える「LINEポイント」と交換が可で、スマートフォン決済サービス「LINEペイ」などで利用ができます。

どちらも仮想通貨を知らない人も含めて多くの人が普通に利用しているサービスです。たくさんの人が利用しているサービスで仮想通貨が使えるとなれば、仮想通貨の価格は上がる可能性が高いと思うのは当然の流れではないでしょうか。

どうなる今後の仮想通貨!価格が下がるかもと注目されたニュース

仮想通貨,今後,どうなる

どうなる今後の仮想通貨!価格が下がるかも①:コインチェック仮想通貨不正流出事件

2018年1月26日に日本の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)で、約580億円相当の仮想通貨NEM(XEM)を不正アクセスにより盗まれるという事件が起きました。

この事件の被害額は、仮想通貨史上では最高額の盗難事件となり、全世界で大きくニュースに取り上げられました。これにより仮想通貨投資家はもちろん、一般の人にも仮想通貨への不信感や不安感が広まり、この事件以降、仮想通貨であるビットコインは実際に価格が下がりました

どうなる今後の仮想通貨!価格が下がるかも②:Zaif仮想通貨不正流出事件

2018年9月20に日本の仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)で、約70億円の仮想通貨ビットコイン(BTC)とモナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)を不正アクセスにより盗まれるという事件が起きました。

約70億円の被害額のうち約45億円は顧客の預かり資産だったことや、近畿財務局に仮想通貨交換業者として登録されているにも関わらず不正アクセスされてしまったことで、かなりショッキングな事件でした。

コインチェックの仮想通貨不正流出事件の時のように、仮想通貨が暴落するするのでは、と仮想通貨業界に大きな不安感が漂いました。

どうなる今後の仮想通貨!価格が下がるかも③:11月15日にビットコインキャッシュがハードフォーク実施

2018年11月15日に、ビットコインキャッシュのハードフォークが実施されました。そのタイミングからビットコインキャッシュをはじめビットコインでも価格の下落がはじまりました

ハードフォーク後の通貨のルールが各取引所で異なるという状況が起こったために、投資家の間で混乱を招き、価格の下落へと繋がったのでは繋がったのではないかと考えられています。

今回のハードフォークの発端は、コミュニティであるBitcoinABCと、BitcoinSVの技術的な対立から始まりました。BitcoinSVコミュニティを率いるクレイグ氏の発言が投資家の不安を煽っているとも考えられます。

クレイグ氏は、以前から攻撃的な発言を繰り返してきたことで注目を集めており、今回のBitcoinABCコミュニティに対しては今まで以上に言動の勢いを強めているように思われます。

コミュニティの争いが激化した当初には、ツイッターでビットコインキャッシュの下落を煽るような過激な発言を展開していました。また、他のネットワークへの攻撃を示唆するなど、投資家はかなりの不安感を持ってしまい、下落に繋がったのではないかと考えられます。

想通貨の今後どうなるのかは、常にニュースでチェックしよう

仮想通貨,今後,どうなる

2018年12月現在、先月11月のビットコインの大きな下落から、なかなか価格が上昇しない状態が続いています。過去には不正流出事件などをきっかけに下落したこともありますが、直近ではビットコインキャッシュのハードフォークをきっかけに下落し、なかなか価格が上がらない状態が続いています。

しかし、価格が上がるかもと注目されたニュースでご紹介した内容は、これから上場されるかもしれなかったり、今後の発展に大いに期待が持てる内容となっています

仮想通貨取引所が年々増えてきているのは、仮想通貨は今後発展すると各企業が見通しを立てている証ではないかと思います。仮想通貨が今後どうなるのかは、常に最新のニュースをチェックして動向を見守っていくことが大事でしょう。

今後の仮想通貨の価値が価格は上がっていくと期待しながら「どうなるのかな?」とニュースをチェックできればいいなと思います。

仮想通貨の最新ニュースをこまめにチェックしたい人は、こちらの記事を参考にしてください。

記事下ふるさと

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

同じ納税でもお得に賢く!

同じ納税でもお得に賢く!

CryptoGTの無料登録はこちら

大人気ブロックチェーンゲーム

コインガールズ記事も配信中!

ランキングに参加してね♡

ランキングに参加してね♡

【期間限定】大人気MCHスタート!

同じ納税でもお得に賢く!

【期間限定】大人気MCHスタート!

MCHサイド