ホームリップルリップルニュース!xCurrent,xRapid,xViaを統合し「RippleNet」と表記していることが明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.04 最終更新
えりな

リップルニュース!xCurrent,xRapid,xViaを統合し「RippleNet」と表記していることが明らかに

リップル,ニュース

リップルのホームページからxVia、xCurrent、xRapidが消えて、RippleNetに統合されるとのニュースが!世界の金融市場どんな影響があるのか?

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

えりなえりな

皆さんこんにちは、えりなです。リップルから注目のニュースが届きました。

ホームページからxVia、xCurrent、xRapidが消えて、RippleNetに統合されています

これは、世界の金融市場に革命を起こしかねない状況です。xVia、xCurrent、xRapid、RippleNetとは一体何なのか?

RippleNetに統合されることでどんな影響があるのか?お届けします。

注目のリップルニュース!xVia、xCurrent、xRapidをRippleNetに統合!

リップル,ニュース

ビットコインイーサリアムに肩を並べる人気を誇っている仮想通貨「リップル」から、注目のニュースが届きました。

それは、xVia、xCurrent、xRapidをRippleNetに統合するというものです。

根拠は公式サイトからの削除

このニュースを裏付ける根拠として、リップルの公式サイトからxVia、xCurrent、xRapidの記載がなくなり、RippleNetのみになっていることが挙げられます。

JimChauncey-Kelly氏のツイートも根拠に

このニュースを裏付ける根拠は他にもあります。

それは、リップル社のディレクターを務めるJimChauncey-Kelly氏のツイートです。

彼は、Twitter上でこのトピックに触れており、否定をしていません(そのツイートは現在は削除されている模様)。

リップル、xCurrent、xRapid、xVia、RippleNetとは?

リップル,ニュース

前述の内容を読んで、xCurrentやら、xRapidとかxViaとか、よくわからない単語が出てきてちんぷんかんぷんの人もいると思います。

えりなえりな

そこで今一度、リップル、xCurrent、xRapid、xVia、RippleNetをおさらいしてみましょう。

リップルのしくみ・リップルとは?

リップルは、リップル社によって開発された仮想通貨のことです。

リップルは、銀行や送金業者に重宝される国際決済ネットワークを構築しています。その国際決済ネットワークは、

・xCurrent
・xRapid
・xVia
・RippleNet

の4つで構築されているのです。

リップルのしくみ・xCurrentとは?

xCurrentは、国際送金や銀行送金のスピードを速めるためのソフトウェアのことで、銀行が導入します。

xCurrentを使用することで、送金のプロセスが可視化できるようになるのです。

銀行間でのメッセージのやり取りも、リアルタイムで可能になるため、取引の確認や着金が簡潔になりました。

リップルのしくみ・xRapidとは?

xRapidは、送金業者が主に使うサービスで、ブリッジ通貨の役割を果たしますリップルを円やドル、ユーロに変換させるのです。

リップルのしくみ・xViaとは?

xViaは、国際送金を可能にするプロダクトです。

RippleNetとつながっている銀行や送金業者を通した国際送金を可能にしました(RippleNetについては後述)。

リップルのしくみ・RippleNetとは?

RippleNetは、銀行や送金事業者、仮想通貨取引所等を接続するサービスです。

RippleNetを使うことで、従来よりも低コスト&スピード感がある国際送金ができるようになります。

今まで、数1000円&数日かかっていた国際送金が、RippleNetを使えば一瞬で行うことができるのです。

リップル社とRippleNetの関係はこちらも!

リップルのしくみ・RippleNetと100社以上が提携

世界中の大手銀行や金融事業者がRippleNetに賛同しています。

リップル社のCCOを務めるクリス・ラッセン氏によると、RippleNetは100社以上と提携をしているようです。

200社を超える見込みもあるんだとか。将来的に、世界中の金融機関の大半がRippleNetに賛同するかもしれません。

もしそうならば、リップルが急騰するのは間違いなし!

えりなえりな

リップルがビットコインを抜いて時価総額一位になる日も近いかもしれません。

今回のリップルの統合ニュースにネットの声は?

リップル,ニュース

xVia、xCurrent、xRapidがRippleNetに統合された今回のニュースを受けて、ネット上もざわざわしています。

2チャンネル、Twitterなどに寄せられている声を一部抜粋しました。

  • いよいよ(´∀`)ワクワクが止まらない?SWELLでどんな発表くるんだろ
  • 送金革命ここにありですね(^-^)
  • これは!XRP使われるという事でいいんだよね?思ったより早くに天下とるかもね
  • ヤバイ全世界がリップルで統合される!!
  • これマジで凄いな! 統合って言ってたけど着々と進んでたんだな!後は実需を待つのみだな!始動したらクッソぶち上げてくっぞ!

このようにポジティブな意見が並んでいました。

2019年以降の仮想通貨取引は、リップルに注目するべきなのかもしれません。

今回のリップルニュースが世界規模で金融の常識を変えるかも?

えりなえりな

皆さん、いかがでしたでしょうか?

今回は、xVia、xCurrent、xRapidがRippleNetに統合されたトピックをお届けいたしました。

私たちの身近なところではあまりピンとこない話題かもしれませんが、世界の金融市場に衝撃を与える内容なのは間違いありません。

RippleNetが普及する事で、世界規模で金融の常識を変えるかも!今後のリップルのニュースに要注目です。

リップル社の技術についてはこちらも!

 

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

最終更新日:2018年12月04日

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事