ホーム仮想通貨初心者向けビットコインの仕組みが注目されるワケ|様々な分野にブロックチェーンが示した道しるべとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.06 最終更新
ゆかり

ビットコインの仕組みが注目されるワケ|様々な分野にブロックチェーンが示した道しるべとは

ビットコイン仕組み

仮想通貨でもっとも有名な通貨はビットコインですよね。ビットコインにはブロックチェーンという技術が使用されていて、その仕組みに注目が集まっています。そこで今回は、ブロックチェーンがどのように活用されているのか解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

みなさん、お元気ですか?仮想通貨市場が低迷しているので気分が乗りませんが頑張っていきましょう。今回は、ビットコインに使用されているブロックチェーン技術が注目されている件について解説していきます。

ゆかりゆかり

さぁみなさん頑張っていきましょう(*’▽’)

ビットコインの仕組みを知る前に!ビットコインについておさらい

ビットコイン,仕組み

まず初めに、ビットコインについておさらいをしていきます。それではみていきましょう。

ビットコインの誕生の経緯

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトという人物がインターネット上に公開した論文が元で誕生した通貨です。

この論文には現在のビットコインに使用されているブロックチェーンやそのセキュリティについてや、マイニング技術について書かれています。

ビットコインは、電子取引においてデータの改ざんなどの不正を予防し、金融機関など仲介を必要としない取引を実現させる仕組みとして提唱されたものです。

ゆかりゆかり

なんだか、日本人みたいな名前だけど正体は分かっていないんです!

その後、この論文に賛同した有識者が研究をはじめ、現在のビットコインが誕生しました。

ゆかりゆかり

ここから仮想通貨の歴史が始まったといっても過言じゃないな~(^^♪

ビットコインの仕組みを復習

ここで、ビットコインの仕組みについて復習しておきましょう。ビットコインには、マイニングp2pネットワークが用いられています。

マイニングとは

マイニングとは、取引データをブロックにまとめて書き込む作業のことです。これではまだ分かりづらいと思いますのでもう少し詳しく説明していきます。

ゆかりゆかり

これじゃまだ分かりづらいですよね~

ビットコインは世界中で取引されており、そのデータ数もかなりの数になります。この取引データはブロックチェーン技術で管理されており、複数の取引データをまとめたブロックを生成しています。

そのブロックに取引データが書き込まれることによって取引(売買)が実行されます。しかし、ビットコインでの取引は世界中で行われているので膨大な量のデータをブロックに書き込む必要が出てきます。

そこで、ブロックに取引データを書き込む作業を行うことをマイニングといいます。取引データをブロックに書き込むには膨大な計算を行う必要があります。

そのため、その見返りとしてビットコインが報酬として支払われることになっています。また、報酬で支払われるビットコインは、新たに発行されたビットコインです。そのたびに、世の中にビットコインが増えています。

ゆかりゆかり

マイニングは日本語で「採掘」を意味しているんです!

P2Pネットワークとは

P2Pネットワークとは、Peer to Peerの略です。これではさすがに意味が分かりませんよね。詳しく説明していきます。

ゆかりゆかり

頭が痛くなってきたよ…….これじゃ全く分からないよ(*_*)

P2Pネットワークとは、サーバーを介してやり取りを行うのではなく、分散してネットワークを管理する方式です。中央管理者が存在せず、使用する端末ごとが結びついてデータをやり取りする方法です。

このP2Pネットワークと対になる方式としてクライアント・サーバー型があります。これは、データを特定のサーバーで一括管理するという仕組みです。

一括で管理しているのでサーバーが攻撃されたり、異常が発生した場合全てのネットワークが使用できなくなるという特徴があります。

一方で、P2Pネットワークでは、データを分散して管理しているので1つの端末が攻撃されても他のネットワークは利用することができます。

実は、ビットコインを支える技術であるブロックチェーン技術はこのP2Pネットワークを応用してできています。そのため、P2Pネットワークについて理解しておくことで、この後のブロックチェーンの仕組みの解説が分かりやすいと思います。

ゆかりゆかり

準備体操は終わりです!ここからはブロックチェーンの仕組みについて解説していきます(*^-^*)

ビットコインの仕組み!ブロックチェーンとは

ビットコイン,仕組み

ここからは、いよいよビットコインを支える技術で、最近注目されているブロックチェーン技術について解説していきます。

ゆかりゆかり

それでは解説スタートです!

ビットコインの仕組みをひも解く!ブロックチェーンのしくみ

まず初めに、ブロックチェーンの仕組みを確認していきます。ブロックチェーンは、ブロックがチェーンのようにつながって管理されていることから名づけられました。

ブロックとは、一定数の取引データの集まりのことを指します。そのブロックを紐づけて管理していることをブロックチェーン技術といいます。

ゆかりゆかり

なるほど!取引データの集まり(ブロック)が鎖のようにつながっているからブロックチェーンなのか~

ブロックチェーンのブロックには、送金先や送金元の情報や金額などの情報が記録されています。しかし、具体的な内容についてはハッシュ関数によって暗号化されています。

ハッシュ関数によって生成された値はハッシュ値といいますが、このハッシュ値はデータが変わると異なる値を生成する特徴があります。また、生成されたハッシュ値から元のデータを読み取ることはできないようになっています。

ビットコインの仕組みの根幹!ブロックチェーンの特徴とは

ビットコインの仕組みを支えているブロックチェーン技術の特徴はセキュリティの高さです。ブロックチェーンは、取引データが分散して管理されています。

ブロックチェーンは複数のコンピューターで管理されているので、全てにシステムがダウンすることがない点が特徴です。

中央集権的に管理すると管理はしやすいですが、ハッキングや不具合などによってシステムがダウンしてしまった場合に、全てのシステムがダウンしてしまいます。

しかし、ブロックチェーンであれば、一部のシステムダウンで済むため、復旧活動がしやすいというメリットがあります。さらに、取引データの改ざんが困難になるというメリットもあります。

ブロックチェーンでは、取引データは複数に分散して管理されているうえに、ハッシュ値によって暗号化されています。そのため、仮にデータが不正に改ざんされたとしても、他のデータとの整合性が取れません。

そのため、不正が明らかになり取引が成立しないようになっています。このように、ブロックチェーンは改ざんすることが実質不可能なほどセキュリティが高いです。

ゆかりゆかり

セキュリティの高さから世の中のシステムを変える可能性を秘めています!

ビットコインの仕組み!ブロックチェーンの活用例

ビットコイン,仕組み

ここからは、今後実用化されるかもしれないブロックチェーンの仕組みを活用した取り組みをご紹介していきます。さまざまな分野に活用されることが予想されているようです。それではみていきましょう。

ゆかりゆかり

今後、ブロックチェーンはどんな分野に活用されるんだろう?

一番有名なブロックチェーン活用方法!送金システム

ブロックチェーンの活用方法としてもっとも有名なものは送金システムへの導入ではないでしょうか。送金システムとブロックチェーンは非常に相性がいい技術です。

ゆかりゆかり

送金システムといえば、国際送金システムとしてリップル社のxRapidなどが有名ですよね(^^♪

その理由としては2つ考えられます。1つ目は、セキュリティの高さです。送金システムはセキュリティの高さが重要視されます。送金するときに取引データが改ざんされて不正に取引が行われると大変な被害が出てしまいます。

しかし、ブロックチェーンを活用して送金システムを運用すると、取引データを分割して管理し、取引データを暗号化していることから改ざんがほぼ不可能となります。そのため、現在の送金システムよりセキュリティを高めることができます。

2つ目は、送金手数料の削減につながり、送金の低コスト化を実現することができるところです。ブロックチェーンを活用した送金では仲介業者を間に入れることなく、ユーザー同士で取引をすることができます。

そのため、今までの送金では発生していた仲介手数料が発生しません。また、取引データも分散管理されているのでセキュリティも高く安心して取引をすることができます。

実際に、ロシアではブロックチェーン技術を利用した送金システムSPFSへの採用を検討しているというニュースもあります。

その他にも、さまざまな送金システムで導入が検討されており、ブロックチェーンの活用方法として送金システムが注目され始めています。

ブロックチェーンを活用して楽しいゲーム開発!

ビットコイン,仕組み

最近では、ブロックチェーンを活用したゲームの開発が盛り上がりをみせています。このゲームはブロックチェーン上で動くゲームで、DApps(分散型アプリケーション)と呼ばれています。

これには中央管理者が存在しないゲームで、運営元の不正などがほぼできないという特徴があります。また、ゲーム内での通貨にはトークンといわれる仮想通貨を使用します。

このトークンは、取引所で取り扱いがあれば換金することもできます。そのため、仮にゲームがなくなってしまったとしても通貨は資産として残ります。

また、ゲーム内で入手したアイテムはゲーム内で他のユーザーと売買することができ、売れれば利益となります。上手く利用するとゲーム内で稼ぐことも可能です。

実際にブロックチェーンの仕組みを利用したゲームは多く開発されています。例えば、モンスターを捕獲したり、モンスターと戦ってレベルを上げていくゲームがあります。

他にも卵をお世話してふ化させるゲームなど普通のゲームのような内容のものも開発されています。日本でもゲーム市場はかなり大きいので、今後ブロックチェーンゲームが流行する日がくるかもしれません。

ゆかりゆかり

ゲームを楽しみながら仮想通貨を稼げるなんて一石二鳥(^^♪

ブロックチェーンを利用したゲームがとうとうPS4で楽しめる時代が来たみたいですよ。私もとても楽しみです。

 

ブロックチェーン技術で医療分野改革!

ブロックチェーンの仕組みは医療分野でも活用が検討されています。医療分野は仕事上、個人情報を多く管理しなければいけません。また、流出などに備えてセキュリティにはかなりのコストを費やす必要があります。

しかし、ブロックチェーン技術を取り入れることで、セキュリティ管理を効率化し、コストも削減することができます。そして、ブロックチェーン技術によってデータの改ざんがほぼ不可能になります。

また、セキュリティが高まることでデータの相互利用も可能となり、より医療を向上させることができると考えられています。

さらに、偽薬や基準外の医薬品の流入を防いだり、医療保険詐欺の防止にも役立てることができるのではないかと考えられています。

ブロックチェーンを利用して流通システム開発!

ビットコイン,仕組み

ブロックチェーンの仕組みは、流通業界にも活用され始めています。やはり、流通分野でもブロックチェーン技術を活用することによって流通コスト削減やセキュリティ強化をはかろうとしているようです。

例えば、中国の大手企業アリババは海外の企業と共同でブロックチェーン技術を利用した食品流通トラッキング・システムを開発したと発表しています。

このアリババでは、主に偽物商品が流入してこない対策としてブロックチェーンを用いています。ブロックチェーンによって偽物を排除し、正規品を販売できるようにしようとしているようです。

また、他にもオーストラリアのスタートアップ企業が、もともとブロックチェーン技術を使用していなかった農作物取引プラットフォームにブロックチェーンを導入する試験を始めています。

これによって、仲介者なしで自動で農作物生産者と買い手が取引をすることを目指しています。また、生産者はしばしば本当の適正評価価格より低い価格で販売していることがあります。

しかし、その農作物の生産過程品質などがデータとして残っていることで適正な価格で販売することができます。また、買い手としても農作物の内容を知ったうえで取引ができます。

そのため、生産者と買い手の双方が満足できる取引を実現することができるのです。

ゆかりゆかり

今後このシステムが広まって、もし日本に導入されたら日本の農業は大きく変化するかもしれないですね!

ブロックチェーンで選挙投票に不正を無くす!

ブロックチェーンは選挙の投票システムにも利用が検討されています。選挙の投票ではセキュリティ対策が必須です。選挙を透明性のあるものにし、不正ができないようにしなければいけません。

ブロックチェーンを使用すると、データの書き換えが実質的にできないために透明性のある公平な選挙投票をすることができます。実際に、いくつかの国では試験的にブロックチェーン技術を利用した選挙が計画されています。

例えば、ウクライナでは一度選挙で不正行為があったことを受けて、中央選挙管理委員会が選挙の投票にネム(XEM)ブロックチェーン技術を活用することを計画しています。

また、ケニアでは独立選挙・区割委員会が過去に大統領選挙で選挙の不透明性から暴動が起こっていることから、透明性を確保するためにブロックチェーン技術を導入する計画を立てています。

このように、選挙投票は国や地域によっては不正が行われていたり、投票の不透明性から暴動が起こったりと問題を抱えている場合もあります。その中でこの現状を改善しようとブロックチェーンの仕組みを導入する取り組みが始まっています。

ゆかりゆかり

ちなみにアメリカでもブロックチェーンを活用した選挙投票が議論されています!

ビットコインの仕組みが注目されるワケ!【まとめ】

ここまでで、ビットコインの根幹を担っているブロックチェーンの仕組みとその活用例について解説してきました。ビットコインが誕生してから約10年ほどです。

しかし、その根幹を担っているブロックチェーン技術はさまざまな分野で応用されています。今後、私たちの生活の中にブロックチェーン技術が浸透し、なくてはならない技術となる日が来るかもしれませんよ(*^-^*)

最後に、現在価格が暴落しているビットコインですが、今後はどうなっていくのでしょうか。今後については以下の記事でご紹介していますよ。

ぜひ読んでみてくださいね!それではまたお会いしましょう(^^♪

最終更新日:2018年12月06日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事