ホームアルトコインリップル(XRP)は年末どう動く?独自の価格変動をし始めたリップルの可能性に注目
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆかり

リップル(XRP)は年末どう動く?独自の価格変動をし始めたリップルの可能性に注目

リップル年末

仮想通貨全体が下落している中で、リップル(XRP)は下落幅が少ないなど独自の価格変動をしています。そんなリップルですが、今後どうなっていくのでしょうか。今回は、2018年年末に向けてリップルの価格がどうなっていくのかを考察していきたいと思います。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゆかりゆかり

こんにちは!ゆかりです(^^♪


みなさん、お元気ですか?近年、人気が高まって来たリップル(XRP)ですが、仮想通貨暴落の波にのまれて価格が低迷していますね!

しかし、最近のリップル(XRP)は独自の価格変動を見せ始めているみたいですね!そこで今回は、2018年の年末のリップル(XRP)価格について考察していきます。

年末を迎える前に!リップルについて復習

リップル年末

リップル(XRP)の価格について考察する前に、リップル(XRP)の基礎情報を復習していきましょう!

リップルの基礎情報を確認

まず初めに、リップル(XRP)の基礎情報を確認していきます。

ゆかりゆかり

なにごとも基礎は大事です!

  • 通貨名:リップル(XRP)
  • 通貨略号:XRP
  • 発行上限枚数:1000億枚
  • 発行年:2013年

まず初めに、リップルというと通貨をイメージしがちですが、実は少し違うんです!リップルはもともとリップル社が開発した送金・決済システムの名前だったんですよねー

なので、リップルのシステムで使用される通貨がXRP(リップル)といわれています。そこの違いはしっかり確認しておきましょう。

ゆかりゆかり

リップルとリップル(XRP)を混同しちゃってたよー(*’▽’)

また、リップル(XRP)の特徴として、システムであるのでビットコインなどのようにマイニングして通貨を増やすということはできません!なんと1000億枚はすでに発行されているんですよー

リップルの特徴とは

ブリッジ通貨としてのリップル(XRP)

リップル(XRP)の通貨としての特徴は、送金システムにおいてブリッジ通貨の役割が果たせることです!ブリッジ通貨といわれてもイメージがわかないですよねー!なので詳しく説明していきます。

ブリッジ通貨とは、送金システムの中でどの通貨でも自由に交換できる通貨のことで、送金時に一度XRPに変換し、そのXRPを再度受け取り側で通貨に変換して受け取るというシステムです!

これでは少しわかりにくいなーと思ったので図にしてみました!

例 A銀行からB銀行への送金の場合

  • A銀行は送金側の法定通貨を(送金) →
  • →送金する通貨の金額分のXRP(ブリッジ通貨)に変換
  • →送金されたXRPを受け取り側の法定通貨に変換してB銀行に(入金)

 

このように、XRPが仲介役となって送金を行うことで、A銀行もB銀行も送金先の通貨を持ってなくても送金ができちゃうんです!XRPってすごい役割ですよね(^^♪

ゆかりゆかり

リップル(XRP)って何気にすごい通貨なのかもー( ゚Д゚)

システムとしてのリップル(XRP)!送金スピードと送金手数料

システムとしてのリップル(XRP)の特徴は、送金スピードと送金手数料です。実は送金スピードはビットコインよりも優れているんですよ(*’▽’)

ビットコインが送金まで10分ほどかかるのに対して、リップル(XRP)は数秒で送金が完了します!かなり送金スピードが速いですね。

また、送金手数料も安いのが特徴です。リップル(XRP)はブリッジ通貨の役割を果たしているので、現在の送金システムのような仲介業者は必要ないんです!だから、送金手数料もその分安くなるってことなんです(^^♪

ゆかりゆかり

なんか私もリップル(XRP)に期待しちゃうな―(*´ω`)

リップルの価格下落の原因とは

リップル,年末

現在、リップル(XRP)の価格は下落しています。2018年に入ってから下落相場が続いていたリップル(XRP)ですが、9月には1XRP=65円まで回復など価格の回復を期待していました

……….が、また価格が暴落し、30円台まで後退してしまいましたぁぁ(´;ω;`)その原因とは何だったんでしょうか!

ゆかりゆかり

また暴落するなんて(´;ω;`)

暴落の原因と考えられているのは、ビットコインキャッシュのハードフォーク問題です。ビットコインキャッシュは定期的にハードフォークが話題にはなります。

しかし、今回は価格の上昇が期待されていたはずなのですが、ネガティブな反応が出てしまいました!そのため、ビットコインキャッシュのハードフォークが原因でビットコインの価格も暴落しました。

そして、それにつられるようにリップル(XRP)を含む他の通貨も暴落してしまいました……..リップル(XRP)は他の通貨に比べると下げ幅は少なかったのですが、価格は下落してしまいました。

ビットコインキャッシュのハードフォークについてはここでは詳しく取り上げません。でも、ビットコインのハードフォークについて知りたい!というそこのあなた!以下の記事で解説されているので、ぜひ読んでみてくださいね(^^♪

 

リップルが年末価格が上昇する要素とは

リップル,年末

ここからは、リップル(XRP)の価格が年末に向けて上昇する要素を予想していきたいと思います。価格が低迷しているリップル(XRP)ですが、年末にかけて価格が上昇する可能性があるんですよ!

ゆかりゆかり

年末に期待のリップル(XRP)ワクワク

価格上昇の要素①時価総額が第2位に上昇!

2018年に入って成長を続けているリップル(XRP)ですが、とうとう時価総額第2位に浮上しました。イーサリアムが長い間2位だったのですが、それを抜いて2位となりました。この伸びにはびっくりしちゃいました(^^♪

この時価総額が2位になったのがリップル(XRP)の価格が低迷している時期であることを考えると今後に期待しちゃいます!また、リップル(XRP)が一時的に2位になったのか長期的にそうなのかは分かりません。

でも、私個人としては時価総額が2位になった勢いや今後の将来性からも2位は維持するんじゃないかな~と思ったりしてます(*^-^*)また、あわよくばビットコインの座も狙える位置にきているのではないでしょうか?

ゆかりゆかり

目標は高く!めざせ!時価総額第1位の座( ・´ー・`)

価格上昇の要素②xRapidの本格始動!

リップル(XRP)の年末にかけての価格上昇を後押しする要素として「xRapid」の本格実用化があります。まず、「xRapid」が何なのかご説明しますね!

「xRapid」とは、リップル社が運営する国際送金ネットワーク(RippleNet)の構築のために提供されているプロダクトの1つです。ちなみに、提供されているプロダクトは「xCurrent」、「xRapid」、「xVia」があります!

xRapid」は送金業者などの金融機関にさまざまな貨幣の送金や両替を簡単に行うことができるプロダクトです。「xRapid」を利用する機関は、世界中の銀行と連携して国際送金や貨幣の調達をすることができるようになります!

また、「xRapid」を利用することによって扱う外貨を管理する口座を用意する必要がなくなります!それによって外貨を送金できるまでの準備の手間が省けるんです!これはとても便利ですよね(^^♪

他にも、XRPをブリッジ通貨として使用するので、送金スピードも速くなりますし、送金コストも削減できます!

ゆかりゆかり

xRapidは国際送金システムを変えるっていわれているよ!

また、実際にxRapidの実用化が進んでいます。例えば、送金会社のMercuryFXはヨーロッパからメキシコへの送金に「xRapid」を利用する予定となっています!

また、Cuallixはアメリカからメキシコへの送金ルートに重点を置いており、そこにxRapidを導入する予定だそうです!私が知らない間に「xRapid」は実用化へ進んでいたみたいです( ゚Д゚)

その他にも、銀行や送金業者などxRapid」の利用を進めていこうとしている企業や、「xRapid」に理解を示している企業が増えつつあるんです!価格は低迷しているのに賛同してくれる企業が増えるってびっくりです!

このことは、年末のリップルの価格上昇の好材料となる可能性がありますよね(^^♪期待しちゃいます!

価格上昇の要素③リップル社への訴訟取り下げ!

リップル,年末

年末のリップル(XRP)の価格を上昇させる要因として、リップル社への集団訴訟の取り下げがあります!この集団訴訟はアメリカで行われたもので、内容はリップル社が未登録証券の販売をしているというものでした。

どうやら、訴えた側は、リップル(XRP)が未登録の証券なんんじゃないのかと主張していたみたいです!

結局訴訟が取り下げられたため結論はでませんでしたが、訴訟が長期化したり、万が一リップル社の言い分が却下された場合にはリップル(XRP)の信用にかかわる可能性もありました”(-“”-)”

2018年中に早期決着できたことで、リップル社やリップル(XRP)の不安材料を取り除けたので良かったですね!このことが、年末にかけての価格の上昇の要因になるかもしれないです。

ゆかりゆかり

リップル(XRP)の不安要素が解消されて一安心(*´ω`)

価格上昇の要素④世界初のXRPのみが基軸通貨の取引所開設!

年末にリップル(XRP)の価格が上昇する要因として、世界初のリップル(XRP)のみを基軸通貨とする取引所「DCEX」が誕生したことが挙げられます!このニュースには私もびっくりしました( ゚Д゚)

取り扱い通貨としてもビットコインをはじめとした主要通貨や、私が大好きなビットコインキャッシュも取り扱っていますよ(*’▽’)

また、リップル(XRP)が基軸通貨として採用された理由としては、高速な取引が可能なことと、ユーザーも低コストでDCEXから他の取引所へ送金することができることを挙げています!

リップル(XRP)のみを基軸通貨にした取引所が誕生したことはリップル(XRP)の需要拡大にとって非常に大きなできごとであるといえますよね!

また、他にも基軸通貨の1つにリップル(XRP)を採用している取引所も増えていますし、今後リップル(XRP)のみを基軸通貨とする取引所も増えていくかもしれません。

そうなったら、年末の価格上昇への影響にとどまらず、2019年以降の価格上昇へつながっていくかもしれないです(^^♪

ゆかりゆかり

日本にもリップル(XRP)が基軸通貨の取引所ができる日がこないかな~

あっ!でも基軸通貨ってことはリップル(XRP)を購入しないといけないですよね。そんなときにおすすめの取引所が知りたいときは以下の記事を読んでみてください!

 

価格上昇の要素⑤BinanceなどXRPを取り扱う取引所の増加!

年末にリップル(XRP)の価格が上昇する要因として、Binanceなどリップル(XRP)を取り扱う取引所が増加したことが挙げられます。

世界最大級の取引所の1つである、Binanceが取引ペアの中にリップル(XRP)/USDTを追加しました!USDTはUSD(米ドル)と連動した価値を持つ通貨ですので、暴落時にも価格の変動が比較的少ないといわれています!

このリップル(XRP)/USDTが追加されたことでリップル(XRP)の流動性が上がるのではないかと期待されています(*^-^*)

他にも、アメリカやイギリスの取引所でリップル(XRP)が上場したり、インドなどの取引所でも基軸通貨になっています!

2018年の間にかなりの数の取引所がリップル(XRP)を何らかの形で取り扱うようになっていますし、リップル(XRP)にとって2018年は拡大の年ともいえますね(^^♪

そのため、2018年の年末も2018年の取引所などのあいつぐ取り扱い開始が評価され、価格が上昇する可能性もあります!

ゆかりゆかり

今年はかなりリップル(XRP)の取り扱い開始のニュースが多かった印象だよねー(*’▽’)

年末リップル価格!著名人の予想は?

リップル,年末

ここからは、2018年年末までのリップル(XRP)の価格について著名人はどのようにいっているのかみていきましょう。

ゆかりゆかり

やっぱり著名人の意見は聞いてみたいよね(*´ω`)

アイルランドのフィンテック企業SeedUpsのサムスン・ウィリアムズ氏の見解

アイルランドに拠点をおくフィンテック企業SeedUpsのCSO(最高戦略責任者)のサムソン・ウィリアムズ氏は2018年12月までに16ドル(約1700円)になると予想しています!この予想はなかなか強気です(^^♪

しかし、2018年12月7日現在、リップル(XRP)の価格は30円台前半とかなり下落していますよね!ここから年末までに価格の暴騰があるのでしょうか………

有識者ジョセフ・ラチェンスキー氏の見解!

大手情報サービス会社Thomson Reuterのジョセフ・ラチェンスキー氏は、2018年10月1日までに約42.33円、2018年12月31日までに約46.78円になると予想しています。

また、長期的にリップル(XRP)は上昇するとは思うが、すぐに上がるわけではなく、0.3ドルから0.4ドル前半で推移すると予想しています。正直かなり細かい予想だと思いますし、現実的な予想をしていると感じますね(^^♪

このジョセフ・ラチェンスキー氏の予想は今の価格から考えてもそこまで無理のない予想ではないかと思います!

SBIホールディングス社長北尾吉孝氏の見解!

次は、SBIホールディングス社長の北尾氏の見解です。これは北尾氏本人が発言したわけではなく、Twitterで他人の意見をリツイートする形で発信したものです。

リツイートしたということは何らかの共感できる部分があったと考えることができますよね?そのため、今回はご紹介します!

北尾氏がリツイートした内容には、2018年年末までに10ドル約1000円以上になると予想されていました。1000円というとかなり強気な予想であるといえます!

北尾氏がどこまで1000円という数字に共感していたかは残念ながら分からないです…..でも、北尾氏は以前からリップル(XRP)の需要が拡大していくだろうと主張していますので、数字は別にしても価格が上昇するとは考えているといえますね(^^♪

ゆかりゆかり

私の個人的な意見では、ジョセフ・ラチェンスキー氏の予想が一番現実的な気がするなー(*^-^*)

リップルの年末価格はどう動く?【まとめ】

ここまでで、リップル(XRP)の価格上昇の可能性と、著名人の年末の価格予想を確認しました!年末まではあと1ヵ月を切っていますが、ここからリップル(XRP)の価格が上昇することはあるのでしょうか。

2018年はリップル(XRP)にとって好条件なニュースが数多くありましたが、なかなか価格が上昇しないまま現在に至っています。年末までにリップル(XRP)の可能性が認識されて価格が上昇する可能性も大いにあり得るのではないでしょうか(*´ω`)

ゆかりゆかり

年末まで価格が上昇することを願いながら過ごしていきましょう(^^♪

今回はリップルの年末価格についてみていきましたが、リップルについてもっと詳しく知りたい方にはこんな記事もおすすめですよ!リップルについて理解できること間違いなしです(^^♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事