ホームICOビットコインキャッシュで初めてICOがなされた件について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えりな

ビットコインキャッシュで初めてICOがなされた件について

BCH,ICO

「ビットコインキャッシュのネットワーク上で、初めてICOがされた」。このニュースが流れて、投資家たちはそわそわしています。仮想通貨市場にどのような影響をもたらすのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

皆さんこんばんは!ビットコインの下げ止まりがどこになるのか気になってしょうがない、えりなです

ビットコイン、イーサリアム、リップル、etc。人気がある仮想通貨はたくさんありますが、その中の一つにビットコインキャッシュがあります。

ビットコインキャッシュについて、前向きなニュースが届きました。それは、「ビットコインキャッシュのネットワーク上で、初めてICOがされました」というものです。

投資家や仮想通貨市場にどのような影響をもたらすのでしょうか?

ビットコインキャッシュが初めてCIOがなされた件

BCH,ICO

仮想通貨ニュースサイトのBitcoin.comが、以下のようなアナウンスをして話題を読んでいます。

その中身は、「ブロックチェーン企業やマイニング事業で有名なViabtcが、ビットコインキャッシュのネットワーク上で初めてICOへ

というものです。

ビットコインキャッシュのプラットフォームを使って、約34億円の資金調達も完了しているとのこと。

しかも、たったの2時間のいうのだから驚きです。

えりなえりな

私の職場のおじさん達と違って仕事が早い(笑)

中国の開発者の提案によるワームホールを利用

今回のビットコインキャッシュのICOは、中国の開発者たちの提案により、ワームホールというテクノロジーの使用が決まっています。

利用者は、ワームホールによりスマートコントラクト機能を実装することができるとのこと。

しかも、ビットコインキャッシュのブロックチェーンの合意ルールを変更する必要はありません。これは、便利そうですね。

マイナーに支払うトークンも発行

Viabtcは、ワームホールを基盤にして、トークンを発行します。マイニングを行う投資家(マイナー)に対して、インセンティブの支払いなどに使う予定とのことです。

ビットコインキャッシュのICOについてTwitter上では?

今回の、ビットコインキャッシュのICOについて、Twitter上では様々な意見が飛び交っています。基本的には、ポジティブな意見ばかりです。

その一部を取り上げてみましょう。

・「BCHは暗号経済の未来を勝ち得るだろう」

・「3~5年後には、1コイン当たり10万ドルになると信じています。」

このように、ビットコインキャッシュのシェアが、さらに広がる期待が持たれているようです。

次の項目で説明しますが、ビットコインキャッシュはビットコインから派生したコインですから、そもそも一定の人気を誇っています。

今回のトピックで追い風が来れば、数年後に天下を取る可能性はあるかもしれません。

今後、どの仮想通貨に投資するべきか悩んでいる人は、ビットコインキャッシュの長期保有も悪くないかも?

私も少額からポジションを持ってみようかしら。

えりなえりな

想像よりも早く急騰が起これば、タバコ臭い職場をいち早く抜け出せるかも!

今回のICOは受けて【改めておさらい「ビットコインキャッシュとは?」】

BCH,ICO

今回のICOニュースは、ビットコインキャッシュ上で「初めて」ということで、SNS上でも話題になっていますから、置いていかれるわけにはいきません。

そこで、ビットコインキャッシュのことを改めて簡単におさらいしておきましょう。

仮想通貨ランキング第4位

ビットコインキャッシュの時価総額は、日本円で約1,387,113,377,249円です。仮想通貨ランキングでは、第4位につけています。

ちなみに、時価総額は

・第1位ビットコイン
・第2位イーサリアム
・第3位リップル

です。

ビットコインの分裂から派生した仮想通貨

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日に誕生しました。ビットコイン初の分裂によって生まれた仮想通貨です。

ビットコインから分裂した仮想通貨は他にもあるのですが、圧倒的な知名度とシェアを誇るのがビットコインキャッシュとなっています。

ビットコインキャッシュとビットコインの違いはブロックサイズ

ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生しただけあり、基本的なロジックは同じです。

特徴的な違いは、ブロックサイズにあります。ブロックサイズは、ネットワークの処理能力です。

ビットコインは上限1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュは8MBの時代を経て現在では32MBとなっています。

今後の更なる拡大が見込まれている

ビットコインキャッシュは、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースの上場や、ビットコイン決済大手のビットペイの採用などで話題沸騰中です。

今後、利用の更なる拡大が見込まれます。

ビットコインキャッシュについてはこちらも!

ビットコインキャッシュのICOは、イーサリアムの牙城を崩すか?

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?今回は、ビットコインキャッシュのICOに焦点を当ててみました。

初めての試みということもあり、世界中の投資家から熱い注目が集まっています。

ICOといえば、イーサリアムも注目されていますが、最近のイーサリアムは下火になっている感は否めません。

イーサリアムは、ただでさえリップルに押され気味なところもあるので、「時価総額ランキングが一気にひっくり返されるのでは?」と噂されています。

今後、ビットコインキャッシュがどのような追い上げを見せるのか要注目です。
​ビットコインキャッシュの仮想通貨のトップになる可能性はこちら

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事