ホーム最新ニュースビットコインの今後は来年次第?専門家が占うビットコインの明るい未来とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

ビットコインの今後は来年次第?専門家が占うビットコインの明るい未来とは

ビットコイン 今後

ビットコインETFの審査が2019年2月27日に延期されたことを受けて、ビットコインの価格が暴落しました。しかし、ビットコインは今後どうなるかが来年次第と言ったところです。今回は、ビットコインの今後を占う形で、考察していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆいゆい

こんにちは、ゆいです!冬の寒さに負けず、風邪をひかないように、お過ごしくださいね♪よろしくお願いします♪(≧▽≦)

ビットコインETFの審査が通らなかったことが原因なのか、ビットコインの価格が暴落しました。しかし、ビットコインETFの審査が通らなかったとしても、正確には、2019年2月27日に審査期間が延期されただけなので、チャンスがあるというわけです。

専門家も、ビットコインは底値を着いたと楽観視している一方、ビットコインの未来に対する不安を隠せない人もいます。

そこで今回、ビットコインの今後を考察しつつ、ビットコインの未来を楽観視している専門家の意見と、逆にビットコインの未来を不安四している専門家の意見をまとめて、考察していきます。

これから仮想通貨の参入を検討している人や、仮想通貨に興味のお持ちの方は必見ですよ♪

ゆいゆい

それ以前にビットコインETFって何?と思った方は、下記の記事に詳しく語られていますので、良ければ見に来てみてくださいね♪(‘ω’)ノ

ビットコインの今後に専門家の意見をまとめてみた

ビットコイン 今後

専門家の意見と言っても、ビットコインの今後を楽観視している専門家がいれば、反対に不安視している専門家もいます。

なぜ楽観視しているのか、なぜ不安視しているのか、この二つをそれぞれ挙げて、解説していきます。

ビットコインの今後を楽観視している専門家の理由をまとめて考察

まずはこのツイートをご覧ください。

アメリカ投資戦略企業Fundstrat Global Advisorsの共同創業者であるThomas Lee氏は、大勢のフォロワーに向けてアンケートを実施しました。

ゆいゆい

ツイートにアクセスすると、その他のアンケートがあるツイートを閲覧することができます。わたし自身もアンケートを確認しましたが、強気ですよね~♪

合計6つのアンケートを実施したところ、半数近くが楽観的かつ強気な姿勢を取っています。特に注目してほしいのは、このツイートのアンケートです。

半数以上が、ビットコインの価格が底を着き、これから大きな反発が起きると予想しているのです。

ゆいゆい

暴落の先に暴騰が待っているということですね!

アンケートを実施したThomas Lee氏本人も、ビットコインの今後について楽観視しています。彼はビットコインの価格が2018年末までに、1BTC250万円以上に達するという強気な予想をしているとのことです。

ゆいゆい

そう考えると、今のビットコインはバーゲンセールってことですね♪

ビットコインの今後を不安視している専門家の理由をまとめて考察

Thomas Lee氏の話になるのですが、彼は2018年末に1BTC250万円以上に達すると予想していました。だけど後になって、1BTC170万円に下方修正されたとのことです。それでも、170万円でも十分な強気の予想でもあると、わたしは思っています。

中国最大取引所のひとつにして、中国最大だった仮想通貨取引所BTCChinaのCEOだったBobby Lee氏も、ビットコインの暴落に懸念を示し、このような意見を述べています。

ビットコインの弱気な相場が次のビットコインの半減期まで続く可能性がある、弱気な投資家が投げ売りするまで価格上昇が始まらないなど、独自の予想を展開しているとのことです。

ゆいゆい

ビットコインの半減期については下記の記事で語られております。ビットコインの価格にも影響してくるので、見ておいたほうがいいでしょう(‘ω’)ノ

余談ですが、ビットコインの次の半減期は2020年とされ、ちょうど東京オリンピックの時期と重なっています。偶然なのでしょうか?どちらにしても、その時期にビットコインの需要が高まるのは間違いないと言えるでしょうね♪

Bobby Lee氏曰く、ビットコインは5~10年保有し続けることを推奨しているとのことです。

ビットコインの今後を考察!来年は本格的に動くか?

ビットコイン 今後

ビットコインキャッシュのハードフォーク分裂が引き金となって、ビットコインの価格が暴落したとされています。

さらに追い打ちをかけるように、ビットコインETFの審査が通らず、その審査期間が2019年2月27日に延期されたことで、さらに暴落したとのことです。

しかし、2019年2月27日に伸びただけで、まだ却下されてはいません。つまり、まだチャンスがあるということなのです!

ゆいゆい

ビットコインETFが鍵となりそうですね(^^♪

話しをまとめると、ビットコインは来年になったら、本格的に動くと予想しています。その予想の根拠を次に挙げて、詳しく解説いたします。

ビットコインの今後!来年動く根拠その1:Bakkt(バックト)の存在

Bakkt(バックト)とは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社インターコンチネンタル取引所(以降はICE)が運営する仮想通貨取引所、またはビットコイン先物取引プラットフォームのことを言います。

ビットコイン先物を取り扱うのですが、本格的な取り扱いは2018年12月12日を予定していました。しかし、2019年の1月24日までに延期する予定であると、Bakktは発表しています。

延期した理由によると、顧客のオンボーディングがまだ進めていない状況にあるのと、CFTC(アメリカ証券先物取引委員会)の承認の確保が難しいことにあるとされています。

ゆいゆい

オンボーディングとは、簡単に言えば「新人研修」です。新たに採用または配属された従業員に対して、部署のルール・文化・仕事の進め方などを教えるという意味を持つとのことです。

早い話、12月12日までに、CFTCの承認条件に追いつけず、延期せざるを得なかったということでしょう。だけど、これはネガティブな理由というより、ポジティブな理由であると感じてしまいます。

なぜかと言いますと、CFTCに遵守した条件を満たせば承認を得られる可能性が非常に大きいと考えているからです。

ちなみに、CFTCの承認を受けた後、2019年1月24日に、Bakktはビットコイン先物取引のサービスを開始する予定とのことです。同時にウォレットのサービスも開始されるという情報もあります。

ウォレットのサービスについてもう少し深掘りしていくと、コールドウォレットに保管されているビットコインは保証の対象となるそうです。ホットウォレットについては、そのウォレットの保険を現在、確保している最中とされています。

CFTCの承認を得て、Bakktのビットコイン先物取引サービス開始が実現できれば、機関投資家が仮想通貨市場に参入してくる可能性が高くなると考えています。

機関投資家の参入によって、ビットコインの需要が高くなると同時に、ビットコインの価格暴騰が期待できるでしょう。

ゆいゆい

Bakktについてもう少し知りたいと思った方は、下記の記事で語られていますので、興味があれば見に来てくださいね♪

ビットコインの今後!来年動く根拠その2:ビットコインETFの審査が2月27日に延期

ビットコインETFの説明は、すでに冒頭で説明しているので省略しますが、審査が2019年2月27日に延期されただけで、完全に非承認となったわけではありません。

仮にビットコインETFが承認されれば、多くの機関投資家の参入が期待できるだけでなく、それまで抱いていた仮想通貨のネガティブなイメージが払拭されることでしょう。

ゆいゆい

機関投資家のビッグマネーが仮想通貨市場に流れるかもしれないことを考えると、ビットコインの暴落はチャンスだということですね(^^♪

ビットコインの今後!来年動く根拠その3:ナスダック自らがビットコイン先物取引を実施する予定!?

ナスダックとは、アメリカ合衆国に存在する世界最大のベンチャー企業向けの株式市場なのですが、そのナスダックがなんと、自らがビットコイン先物取引を実施する予定とのことです。

実施時期が2019年前半とされているのですが、明確な時期は不明です。しかし、これは朗報と言っても過言ではなく、ナスダックがビットコイン先物取引を本格的に実施されたら、機関投資家の参入が見込めるでしょう。

ゆいゆい

これは今までにない貴重な情報かもしれません!必見です絶対に♪(≧▽≦)

ビットコインの今後は来年次第についてのまとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク分裂が引き金となって、ビットコインだけでなく、アルトコインの多くが価格暴落を受けました。

しかし、ビットコインの価格が暴騰する要素がなくなったわけではありません。来年になったら、本格的に動くのではと予想しています。

根拠のひとつが、機関投資家です。機関投資家が仮想通貨市場に参入したという情報は現在のところありませんが、ビットコイン先物やビットコインETFの承認が降りたとなれば、機関投資家の参入が見込めるでしょう。

そう考えると、今のビットコインはお買い得、仮想通貨に新規参入する絶好の時期だということですね(^^♪

ゆいゆい

ビットコインだけでなく、そのビットコインに使われているブロックチェーンも活発になりつつあります。詳しくは下記の記事をご覧になっていただければと思いますm(__)m

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事