ホーム仮想通貨初心者向け今の仮想通貨って本当に稼げるの?暴落中でも稼ぐ人は何をやってるのかを追求してみよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
研修生

今の仮想通貨って本当に稼げるの?暴落中でも稼ぐ人は何をやってるのかを追求してみよう!

仮想通貨,稼げる

2018年12月現在、ビットコインが暴落しています。なかなか仮想通貨投資に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。今回は、仮想通貨が暴落していても稼げる方法をいくつかご紹介します。ぜひ自分にあった稼ぎ方を見つけてみてください。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ビットコインをはじめとした仮想通貨が暴落してる状態が続いています。
なかなか仮想通貨で稼いでいくには難しい状況が続いているのではないでしょうか。

今回は、仮想通貨が暴落している状態でも稼いでいく方法を紹介していきます。

仮想通貨FXで稼げる!下げ相場でも利益が!

仮想通貨FXなら、暴落時でも稼げる方法があります。
下げ相場とはいえ、多少の上下を伴っています。

FXではレバレッジといって、少額の資金で大きな取引をすることが出来ます。
小さな値動きで、稼ぐことが可能となります。

また、通常のトレードだとまずは仮想通貨を買い、そのあとに売ったことによって利益を得ることが出来ます。
しかし、仮想通貨FXの場合は売りからスタートをすることもできます。

暴落時でも仮想通貨FXを使って賢く稼いでいきましょう。

仮想通貨FXの基本を押さえよう!

仮想通貨,稼げる


仮想通貨の取引には、大きく分けて「現物取引」「証拠金取引」の二つに分けられます。
FXは、証拠金取引に入ります。

現物取引の場合、100万円のビットコインを買う時には、100万円を用意して購入します。
FXを含む証拠金取引では、証拠金を取引所に預けることで自分が持っている以上の資金を扱うことが出来ます。

この仕組みは、レバレッジといって、てこの原理を意味する言葉で小さな力で大きなものを動かすように、資金も同じようなイメージで動かすことができます。

このレバレッジが仮想通貨FXの大きな特徴であり、魅力でもあります。
また、仮想通貨FXでは最終的な結果分のみが口座に入金されます。

例えば、現物取引では1BTCを購入したら口座に1BTCが入金されます。
しかし、仮想通貨FXでは1BTCが100万円で購入し、110万円で売却したとします。

その際に口座に入るのは、差額の10万円となります。
そのため、90万円で売却した場合、差額がマイナス10万円なので、口座からは10万円マイナスされます。

現物取引の場合は仮想通貨の移動を伴いますが、仮想通貨FXの場合、実際に手元に入るのは日本円だけです。

というのも、ビットコインなど仮想通貨を一時的に借りて取引をしているだけであり、自分のところに入るのは最終的な結果の日本円のみとなります。

さらに通常のFXと仮想通貨FXも大きな違いがあります。
それは、仮想通貨の方が非常にボラリティが大きいことにあります。

ボラリティとは値動きのことで、仮想通貨は非常に値動きが激しいことが特徴として挙げられます。
そのために、レバレッジをかけた時の影響が非常に大きい反面、リスクも高いことが特徴となります。

仮想通貨FXのメリットは?

仮想通貨FXのメリットは大きく二つあります。
「売りからスタートできる」「レバレッジを使うことができる」ことです。

自分の手元にないものを売買できるため、仮想通貨を持っていなくても売買が可能です。

現物取引ではまずは仮想通貨を買って、それを売りますが、仮想通貨FXの場合は売りからスタートすることができるのが大きな特徴です。

売りからスタートできるため、下げトレンドから稼ぐことができます。
高い時に売りからスタートし、安くなったら売るということが可能です。

この売ることからスタートできるということが、暴落時でも稼げる一つの要因でもあります。

もう一つの大きなメリットがレバレッジです。
既に述べている通り、少ない資金でもてこの原理で大きな取引が可能です。

最初に円を入金し、それを証拠金として仮想通貨FXをスタートします。
レバレッジをかけると、その証拠金の何倍もの取引でも行うことが可能となります。

提供している取引所によって、レバレッジの倍率が変わってきます。
金融庁が認可している取引所では、最大で25倍の取引を行うことができます。

1万円の差額が発生した場合、通常1万円の儲けが出るところ、25万円も稼げることになります。
これは大きな特徴ですね。

この特徴のために、暴落時であったとしても多少の値動きの中でうまく取引を行うことにより、利益を得ることが可能です。

仮想通貨FXのデメリット・注意点は?

仮想通貨,稼げる


ここまで読むと良いことばかりのように思えてしまう仮想通貨FX。
しかし、もちろんデメリットもあります。

レバレッジを大きく使えるということは、それだけ損をすることもあるということです。
25倍でレバレッジをかけて、1万円損した場合、25万円が必要になります。

損失が大きく膨らむと、ロスカットされます。
ロスカットとは、含み損が大きくなると強制的に約定をしてしまうことを言います。

仮想通貨が下げていき、含み損が大きくなると、そこから上げ相場になる可能性もありますが強制的にロスカットが行われます。

そのために、あまりに大きくレバレッジを使うこともリスクとなります。
レバレッジを使う点が、大きなリスクであり注意点といえるでしょう。

また、株などのように取引時間が決まっておらず、24時間値動きがあります。
寝てる間も相場が動いているため、急な値動きについていけないこともあります。

ある程度画面に張り付いておくことが必要な点についても、注意点です。

レバレッジを10倍20倍使えることは可能ですが、リスクにもなるため、ある程度レバレッジを押さえることも必要です。

そうすれば、寝ている間に大きな値動きがあったとしても、それほどの含み損にはならずに取引を続行することができます。

仮想通貨FXにおすすめの取引所は?

それでは、どこの取引所で仮想通貨FXを始めたら良いのでしょうか。
初心者におすすめは、金融庁の認可を受けている国産の取引所です。

特に、GMOコインやBITPointからスタートするのが良いでしょう。

初心者に優しいGMOコインの特徴は?

初心者の方はGMOコインがおすすめです。
GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネットは運営する国内最大規模の取引所です。

GMOインターネットは、GMOクリック証券という証券会社が運営しており、大手ならではの安心感があります。

手軽に少額から取引可能でスタートできることも特徴です。
GMOコインでは、なんと100円(1BTC=100万円の場合)から取引可能です。

そして、手数料も多くかかりません。
仮想通貨FXを行う場合、その都度手数料が発生するところが大半ですが、GMOコインは入金手数料・出金手数料・口座開設手数料がすべて無料です。

GMOコイン公式のスマートフォンアプリ「ビットレ君」も用意されており、チャート分析やワンタッチでの注文機能もあり、始めて仮想通貨FXを行う方にとっても使いやすいアプリとなっています。

リスクであるロスカットも、証拠金が75%維持されていれば、行われません。
まずは、初めて仮想通貨FXを行う人は、GMOコインから始めてみてはどうでしょうか?

FX経験者はBITPointで仮想通貨FXをスタート!

もしもFX経験者であれば、MT4というツールをご存知ではないでしょうか。
MT4はFXを行うときに広く使われているツールです。

PCではもちろんのこと、スマートフォンでも簡単に使うことができます。

BitPointは、仮想通貨FXでは国内の取引所で始めてMT4を採用しました。
FXで慣れている人であれば、非常に使いやすいツールとなっています。

また、BitPointは国内最大のレバレッジ25倍を実現しています。
そのため、大きく稼げる取引所となっていることが特徴です。

さらにロスカットは証拠金維持率100%のため、下げ相場にも強い取引所といえるでしょう。
FXに慣れている方であれば、BitPointで仮想通貨FXを始めるのも良いのではないでしょうか。

仮想通貨のICO投資で稼げる!

仮想通貨,稼げる


仮想通貨では、ICOと言われる資金調達を行うことがあります。
Initial coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)を略してICOといいます。

このICOで一般投資家も投資をすることができます。
ICOについて、いったいどのようなものなのか、またメリットやデメリットなどを見ていきます。

仮想通貨のICOとはいったい?

ICOは、仮想通貨の運営資金や上場資金を稼ぐために、運営側が行う戦略です。
似たような言葉で、IPOというものがあります。

Initial Public Offering の略で、東京証券取引所などに上場することを意味します。
IPOを行うことで、企業は一般投資家から資金を集めることができます。

仮想通貨の世界ではICOが頻繁に行われており、そこで資金を集めることが一般的となってもいます。
IPOでは証券取引所を介して資金を調達しますが、ICOでは直接投資家から資金を集めることができます。

そのため、短期間に大きな金額を集めることが可能です。

ICOには仲介者がいないため審査をされることもありません。
誰でも自由にできるため、敷居が低いことが挙げられます。

ICOのメリットは?

ICOに参加する際、投資する側が受けられるメリットはなんでしょうか?
一番大きな要因としては、やはりプロジェクト完了後の利益です。

ICOで発行される仮想通貨は低い値段で売買されます。
しかし、そのプロジェクトが成功した際には、100倍以上のリターンが見込めることも多くあります。

新しい通貨が上場した際、それを売買することでかなり稼げることになるでしょう。
今では当たり前に使われているイーサリアムもICOを行いました。

2014年9月に行われたICOでは、15億円の金額を集めました。
そのイーサリアムは、1年後に16倍、3年半後には5000倍となりました。

このようなICOに参加できると、確実に稼げるでしょう。

当時は1イーサリアムを約20円で販売されたようです。
今からだと考えられない価格ですが、その時はそれほど注目はされなかったようです。

投資する側も、証券取引所を通すことなくインターネット上で直接投資を行うことができることもメリットの一つです。
IPOのように仲介業者を通すことなく、時間にとらわれずにICOに参加ができます。

ICOのデメリットは?

夢のあるICOですが、デメリットももちろんあります。
ICOを行った運営が上場する確率は、実は20%程度といわれています。

80%のICOを行った企業がプロジェクトを失敗して上場ができなかった、ということになります。
また、プロジェクト失敗ならまだしも、最初から詐欺目的でお金を集めて運営が持ち逃げするということもあります。

ICOが行った価格より、低い値段になることもリスクとして挙げられます。
上場はしたものの、プロジェクトがうまく進まずICO割れしてしまったということもあり得る話です。

当たると大きいICOですがデメリットも大きいので、最新の注意を払って参加することが必要です。

そのようなデメリットを避けるためには、仮想通貨の仕様用途をよく調べてみたり、ホワイトぺーパーを事前に読んでおくことが必須です。

また、プロジェクトの進捗度合いを見るために、公式SNSやHPもチェックしておくのもよいでしょう。

仮想通貨の草コインで稼げる!一攫千金!

仮想通貨,稼げる


草コインはご存知でしょうか?
草コインとは「超低位仮想通貨」の俗称で、具体的な定義はありません。

超低位仮想通貨ですが、仮想通貨は値動きが大きいことが特徴です。
なにが成功につながるかわかりません。

もしもなにげなく買っておいた草コインが急激に時価総額が上昇し大きな利益になることも十分にあり得るでしょう。

草コインとはいったい?

草コインとはいったいどのようなものでしょうか。

名前の由来ですが、Twitter上で超低位仮想通貨のことを「糞コイン」と呼んでいましたが、さすがに直接すぎる物言いから「草コイン」に呼称を変えたことが由来のようです。

海外では「Shitcoin」と呼ばれており、日本のほうがまだ上品な呼び方ですね。
仮想通貨は世界中に数千種類以上あるといわれており、ほとんどが実は草コインとなります。

超低価格仮想通貨を草コインと呼ぶということは前述しましたが、それ以外にも

  • 名の知られていないもの
  • 開発されたばかりのもの
  • 価格チャートの推移が激しく予測が難しいもの

ということも挙げられます。

最後の「価格チャートの推移が激しい」という点が重要になってきます。
価格チャートが激しいために、一攫千金を狙うことができるのです。

草コインが購入できる取引所は?

草コインは、日本国内の取引所では購入することができません。
国内取引所では審査が厳しいため、草コインは上場ができないのです。

それではどこで草コインは購入できるのでしょうか。

「Cryptopia」と「CoinExchange」がかなりの数の草コインを扱っているため、この二つを押さえておけば大丈夫です。
CoinExchangeは日本の国産コインも上場しており、日本人の中でも有名な取引所の一つです。

国内では名前が知られている国産コインも、海外から見たら草コインですね。
国産のNANJやVIPSなどもCoinExchangeで取り扱いがあります。

ここでのコインは、1satoshi(※)で取引されてるのは良いほうで、現在DOGE建てになっている仮想通貨もたくさんあります。
※BTCの最小単位で、1satoshiは0.00000001BTC

ここでも紹介をしたアイドルコインなどもCoinExchangeで取引可能ですので、まずはこちらを見てみるのがおすすめです。

アイドルコインについてはこちらの記事で紹介をしております。

草コインのメリットは?

仮想通貨,稼げる


草コインのメリットは超低位仮想通貨のため、低予算で買うことができるのがメリットの一つでしょう。
また、その価格が急上昇することも挙げられます。

XPという草コインは中でも有名なコインで、日本でも店舗決済可能となっているコインです。
東京ではエンポリオカフェで決済することができます。

エンポリオカフェ公式HP

また、関西方面ではとり天店舗が有名です。

とり天店舗公式Facebook

一時期、イケハヤ氏もアピールしていたのがXPです。

XPコインは「すべての人に経験値を」というコンセプトの元、ゲーム通貨や実店舗決済などで利用可能なコインとして有名になり、あのバイナンスの投票でも2位に入るほど熱狂的なファンが多い仮想通貨です。

現在はその価格は下落していますが、2017年には約66000倍も価格が上昇したという仮想通貨です。
また、XVGという仮想通貨も1900倍を達成しています。

現在ビットフライヤーに上場しているMonacoinもかつては国産の草コインでした。
しかし、今では国内の取引所に上場し、一時期1500円近くまで上がりました。

草コインは価格が低いうちに仕込んでおいて、高値になった時に売ることで大きく稼げることができます。

日々草コインについて調査をしていくと、思わぬお宝に巡り合えるかもしれませんよ。

草コインのリスク、注意点は?

一攫千金の夢がある草コインですが、もちろんリスクもあります。
実は、取引高が少ないと上場廃止になる取引所も存在しています。

また、確実に上がるかどうかは全くの未知数です。
値動きが激しい仮想通貨ですので、さらに下がることもあり得ます。

草コインは種類が多すぎて、どれを買うかを決めるのも一苦労です。
そこの運営の公式サイトやSNSなどを見て、将来性があるかどうかを判断していく必要があります。

「具体的な用途があるか」「多くの人に使われる要素はあるか」など、自分なりの指標を立てて、投資すべき仮想通貨を見つけていきましょう。

リスクは大きいですが、伸びしろがあるのは草コインではないでしょうか。
一攫千金を稼げることを夢見て、草コインに投資するのも仮想通貨の楽しみ方の一つでもあります。

仮想通貨のアービトラージで稼げる!低リスクで確実に!

仮想通貨,稼げる


複数の取引所を使っていると、なにか違いに気づきませんか?
実は同じビットコインでも、売買価格が違います。

この価格差を利用して、利益を得る手法をアービトラージと呼びます。
アービトラージのやり方、リスクなどを見ていきましょう。

アービトラージとはいったい?

アービトラージは取引所によって同時刻でも価格が違う仮想通貨を、安い取引所から買い、高い取引所で売ってその価格差から利益を得る手法を指します。

安いところから買って高いところで売るため、理論的には必ず稼げる仕組みになっています。
また、単純に価格差だけを見ているので、暴落しているか暴騰しているかも関係ありません。

そのために、今現在ビットコインの価格が冷え込んでいますが、関係なく利益を稼げるということになります。

差額も、時にはビットコインでも取引所間で1万円以上発生していることもあります。
タイミングよく行うことで、大きく稼ぐことも可能となります。

アービトラージの具体的なやり方を紹介!

それでは実際のやり方を解説していきます。
まずは、取引所ですが複数開設しておく必要があります。

二つだけだと大きな価格差を拾う可能性が減るため、少なくとも5社か6社は開設しておく必要があります。

また、取引所の仮想通貨価格を見るためにアプリを入れておくことをおすすめします。

複数の取引所の価格が一目でみることのできるアプリがAndroid、iOS共にありますので、アプリをまずはインストールしましょう。

Twitterで価格差を教えてくれるサービスもあります。

価格差を定期的に配信してくれるのと、価格差が大きいときは臨時で配信されるようです。

後は価格に差が出たときに安いところで買って、高いところで売るだけです。
しかし、各取引所から送金するのに時間がかかり、価格が変動してしまうこともあります。

そのために、それぞれの取引所に円とビットコインなどのアービトラージを行う仮想通貨を入金しておくのがよいでしょう。

そのように準備しておくことで、少ないチャンスを最大限に生かすことができます。

アービトラージのリスクは?

さて、アービトラージのリスクですが、すでに分かった方は多いかもしれません。
既に書いた通り、実はすぐに買い・売りを行わないと時間差が生まれてしまい、思ったような価格の取引ができないのです。

これがアービトラージのリスクとなります。
もしもすべての取引所に円と仮想通貨を用意しておくとなると、それだけでかなりの資金が必要になってきます。

2社分用意するのにも資金が必要なのに、5社6社となると、相当な資金が必要となってしまいます。
また、少ない資金でやることもできますが、手数料がかかってしまいますのでマイナスになることもあります。

さらに、相場に張り付いている必要があり常に価格チェックが必要となります。

このようなことから、実はアービトラージは簡単に思えてしまえますが、実はなかなかできる人が少ない手法です。

時間とお金がある方には理論的には必ず稼げる方法のためおすすめしますが、普通に会社勤めをしている方には向かないでしょう。

仮想通貨の自分にあった稼ぎ方を見つけよう!

仮想通貨,稼げる

暴落時でも、仮想通貨で稼げる方法をいくつかご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
こう見ると、やはり確実で簡単に利益を出すことが難しいのが仮想通貨取引です。

しかし、うまく立ち回ることができれば一財産を稼ぐことも可能です。
今回紹介した方法を参考に、自分にあった稼ぎ方を身に着けるとよいかもしれませんね。

12月に入り、ボーナスで仮想通貨を購入、という方もいるかもしれません。
今回紹介はしませんでしたが、長期保有をして価格が上がるのを待つ、という方法もあります。

もしかしたら、今安くなっているビットコインを買っておくと、稼げる未来もあるかもしれません。

ビットコインの考察はこちらに書いていますので、参考にしてください。

【この記事を書いた女子会メンバー】

研修生
研修生の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」