ホームアルトコインリップルの高騰は必至か 資産運用会社Fidelityでのリップル取扱開始で機関投資家が動く?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.10 最終更新
仮想通貨 ねこ

リップルの高騰は必至か 資産運用会社Fidelityでのリップル取扱開始で機関投資家が動く?

リップル 高騰

アメリカにある大手資産運用会社フィデリティ(Fidelity Investment)が機関投資向け仮想通貨取引デスクにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の他に、リップル(XRP)を追加するとの噂が流れています。受益者から「時価総額ランキング4~5位の仮想通貨も追加してほしい」との要望があったためです。それは機関投資家達にとってどのような影響があるでしょうか?著名人の発言をもとに予想します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

リップル(XRP)の高騰を牽引しつつある大手資産運用会社フィデリティ(Fidelity Investment)とは?

リップル 高騰

1946年に設立された70年以上の歴史をもつ投資信託の販売・運用会社です。米マサチューセッツ州ボストンに拠点をおき、世界5大金融サービスプロバイダーの1つとされています。

ねこねこ

わ〜歴史ある会社だにゃ〜

取引している投資は2700万人以上で、運用する依頼人の資産総額は800兆円を超えるとも言われています。オープンエンド(終わりが決められていないこと。

中途で変更が可能であること)型投資信託だけで300以上の基金を持っています。推定運用資産額は2017年時点で2.4兆ドル(約264兆円)にものぼります。

フィデリティ(Fidelity Investment)は創設者のエドワード・C・ジョンソン(Edward C. Johnson)氏の「群衆に流されるより、賢明なリスクを取ることを選べ」という言葉にしたがって、これまでさまざまな取り組み(ブロックチェーン技術、人工知能/AI、仮想現実/VR)など、最先端技術の研究開発に多額の資金(約2800億円)を投じています。

またフィデリティ(Fidelity Investment)はデジタル資産を約5年間研究していて、2015年からビットコイン(BTC)をマイニングしています。

未来を作るテクノロジー技術に投資をおしまない先見の明をもった会社ですね!

リップル(XRP)の高騰は必然!?フィデリティ(Fidelity Investment)が新会社を発表 機関投資家参入のきっかけになるか?

リップル 高騰

2018年10月15日、フィデリティ(Fidelity Investment)は機関投資家向けの仮想通貨取引(トレーディングデスク)と、仮想通貨管理(カストディ)サービスの提供に向けて、新会社Fidelity Digital Asset Service(フィデリティ・デジタル・アセッツサービス)を設立したことを発表しました。

新会社の拠点は本部と同じボストン。100人ほどの従業員で構成され、今現在は、最初の顧客を迎えるための準備段階とされています。本格的な公開は2019年の初頭の予定です。

Q1(日本では1月から3月)に予定されているサービスは、仮想通貨取引プラットフォーム(トレーディングディスク)機関投資家基準のカストディ※1、そして24時間、機関投資家向けの顧客対応を実現することだとしています。

※1 カストディアン(Custodian)のことで、投資家に代わって有価証券の保管や管理を行う機関のことをいう。特に、国外の有価証券に投資する際、現地で有価証券を管理する金融機関のことを指すことが多い。

リップル(XRP)の高騰には充実したカストディサービスが必要

リップル 高騰

仮想通貨業界では「カストディサービス」が不足していて、それは多くの機関投資家が仮想通貨市場から遠ざかっている要因でもあります。

今後は、フィデリティ(Fidelity Investment)のプラットフォーム上でカストディサービスが提供されることで、機関投資家からの大きな資金流入が期待されています。

といいますのも、カストディサービスはソフトウェアベースの高いセキュリティ機能をもち、物理的にも保有する資産を金庫に格納します。

つまり、世界中の複数拠点に分散して格納するという策があり、それにより安全性を高めているというわけです。

機関投資家にとって懸念されるのが保有面のリスクなので、フィデリティ(Fidelity Investment)のような大手機関によるカストディサービスは重要とされています。

ねこねこ

米大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)もカストディ事業を手がけているにゃ!!リップル(XRP)も取り扱っているにゃよ〜。これについて知りたい人は↓を見てにゃ!


アメリカ大手仮想通貨投資企業「Galaxy Digital」のCEOであるMichael Novogratz氏は、ブルーグバーグの取材でフィデリティ(Fidelity Investment)のカストディサービスについて発言しています。

機関投資家が仮想通貨市場に入る上で、第一関門となるのはカストディだ。フィデリティ(Fidelity Investment)が提供するカストディソリューションズがこれを保証するため、機関投資家は安心して投資できるようになる。

また、フィデリティ(Fidelity Investment)が設立する新たな仮想通貨企業は、Bakkt(NYSEの姉妹会社)のように、信頼されているウォール街の企業であるため、機関投資家は資金を投入しやすくなるはずだ

今すでにハーバード大学やイエール大学などの著名大学が仮想通貨ファンドに投資し始めているので、仮想通貨が安全な「アセットクラス」であることが徐々に普及していき、機関投資家も段々と入ってくると思う」 引用 COINPOST

また、Novogratz氏は「Galaxy Digital」がFidelity Digital Asset Service(フィデリティ・デジタル・アセッツサービス)のカスドティクライアント第1号となるとし、これによって、機関投資家の参入が期待できると陳述しています。

リップル(XRP)の高騰には機関投資家の存在がカギ

リップル 高騰

リップル(XRP)を始め、仮想通貨業界を賑わせる要素の1つに機関投資家たちの存在があります。それを予見している人たちの発言を集めてみました。

フィデリティ・デジタル・アセッツサービス(Fidelity Digital Asset Service)のCEOの発言

リップル 高騰

トム・ジェサップ(Tom Jessup)氏

「これら(フィデリティ・デジタル・アセッツサービス)の取り組みは、仮想通貨に関する我々の考え方を理解し、進展させるのに成功しています…

フィデリティ(Fidelity Investment)はヘッジファンド、ファミリーオフィス、市場仲介業者などの機関投資家を引き付けたいと考えています

Fidelity Digital Asset Service(フィデリティ・デジタル・アセッツサービス)の設立は、デジタル資産のフルサービスエンタープライズグレードプラットフォームを構築する長期ビジョンの第一歩です 引用 COIN TOKYO

「機関投資家に求められていて、私たちFidelityのような企業にしか提供できないものがあります……」

ねこねこ

フィデリティはプログレッシブな会社だにゃ〜。

フィデリティ(Fidelity Investment)社のCEOの発言

リップル 高騰

アビゲイル・ジョンソン(Abigail Johnson)氏

Fidelity Digital Asset Service(フィデリティ・デジタル・アセッツサービス)の母体であるフィデリティ(Fidelity Investment)社のCEOのジョンソン氏は同じブランド名を用いて、仮想通貨取引を熱心な機関投資家に引き入れることを期待し、次のように語っています。

「Fidelity Digital Asset Service(フィデリティ・デジタル・アセッツサービス)の目標は、ビットコインなどの仮想通貨資産を投資家が利用しやい環境を作ることです。

これからも長期目線で投資や実験を重ね、顧客がこの新しい資産を理解して容易に利用できるようにしようと思っています」

数々の著名人の発言

その他にも米CFTC(アメリカ商品先物取引委員会)のクリストファー・ジャンカルノ委員長は、大手テレビ局のフォックスの取材で「仮想通貨市場の成熟には機関投資家の参入が鍵」と発言し、米経済番組CNBCのコメンテーターであるブライアン・ケリー氏は人気番組で、「フィデリティ(Fidelity Investment)の仮想通貨業界参入は『素晴らしいニュース』である」と発言しています。

国内ではSBIホールディングス機関投資家向けの仮想通貨ファンド事業を進めていくことを強調しています。SBIといえば、社長の北尾吉考氏もリップルを推している人物ですね。

このように、ウォール街の資産運用会社のフィデリティ(Fidelity Investment)が仮想通貨業界に参入したことで、機関投資家たちの関心を高めることが予想されています。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など代表的な仮想通貨を始め、現在時価総額2位の位置をキープしているリップル(XRP)にとっても、価格推移の鍵を握る機関投資家の動向に注目せずにはいられないに違いありません。

ねこねこ

機関投資家たちの仮想通貨参入が予想されているにゃ〜↓


最終更新日:2018年12月10日

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事