ホームアルトコインリップル(XRP)が決済通貨に採用されたR3とは?今さら聞けないリップルの関連用語を解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆかり

リップル(XRP)が決済通貨に採用されたR3とは?今さら聞けないリップルの関連用語を解説!

リップル

リップル(XRP)は人気が上昇してきている通貨です。そんなリップルに関連する用語として「R3」があります!いったい「R3」とは何なのでしょうか?今回は「R3」とは何なのかについて解説していきます!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゆかりゆかり

こんにちは!ゆかりです(*^-^*)


最近、寒くなってきましたが、体調は大丈夫ですか?私は寒いの苦手です!ところで、最近、リップル(XRP)の人気が高まっていますよね(*´ω`)時価総額も第2位に浮上しています!

そんなリップル(XRP)に関連する用語に「R3」があります。何それ!聞いたことないよって方もいると思います。そこで今回は、R3について解説していきます!

「分散型台帳技術開発企業」のR3とは?

リップル

まず初めに、R3の概要を解説していきたいと思います!なるべき分かりやすく説明していくのでついてきてくださいね(*´ω`)

ゆかりゆかり

それでは解説スタート!

R3の基本情報

ここからは、R3の概要について解説していきます。まず、もしかしたら、R3を組織名だと思っている方もいたかもしれませんが、実は企業名なんです(*^-^*)

R3は、「分散型台帳技術開発企業」で、分散型データベースを扱ったり、金融システムやその他の商業分野で分散型台帳サービスの開発を行っています(^^♪数多くの企業と連携していることも特徴の1つなんですよ!

ゆかりゆかり

なんと200以上の企業と連携しているみたいだよ( ゚Д゚)すごいね!

ちなみに、先程から何度か出てきている「分散型台帳」とは何かについて説明しておきますね!「分散型台帳」とは、台帳(データ記録)を中央集権的に管理するのではなく、分散してデータを管理する方法です!

実は、ブロックチェーン技術も分散型台帳技術に分類することができます!このように、R3はデータ記録を分散して管理するシステムを開発している会社です(^^♪

ゆかりゆかり

なるほど!分散型台帳ってそういう意味だったんだ!

R3の開発したCorda(コーダ)とは

R3では、「Corda」といわれる分散型台帳を開発しています!これは、分散型台帳の特徴を活かしながら、送金やデータ通信などを行うプラットフォームです(^^♪

世界の大手金融機関と共同開発しており、日本企業のSBIホールディングスから出資を受けています!

分散型台帳は、取引監視の役割を仲介人を通して行うのではなく、分散されているデータベース上で直接接続してデータのやりとりや送金を行うことができるシステムです!

ブロックチェーンもこの分散型台帳なのですが、オープンソースのため、コードや取引などが公表されてしまうため、匿名性がないんです(‘ω’)

ゆかりゆかり

ブロックチェーンは匿名性がないんだったね(*´ω`)

一方、R3が開発したCordaは、分散型台帳の特徴である分散してデータを管理する点と、ブロックチェーンとは異なる取引内容を外に開示しない匿名性を持っているシステムです(*´ω`)

そのため、取引をした双方同士の間のみで取引が完結する方式となっています!ただ、Cordaは取引内容については匿名性を持っていますが、仕組みを作るコードなどは誰でもしることができるオープンソースの形を取っています(*^-^*)

このことについて、R3のチーフエンジニアのジェームズ・カーライル氏は以下のように発言しています!

「われわれは他の銀行や企業にこのプラットフォーム上に搭載される商品を開発してもらいたい。

個々の企業がそれぞれ独自のプラットフォームを作ることは望んでいない。お互いに会話できない多数の離島(離れ小島になってコミュニケーションが取れなくなるの意)ができる事態となってしまうからだ」

出典:ロイター

と述べています!R3はさまざまな企業・金融機関にCordaを活用してもらってCordaの実用性を高めていきたいと考えているようですね(^^♪

ゆかりゆかり

R3はCordaを多くの企業・金融機関とともによくしていきたいと考えているんだね!

リップル社とR3の訴訟問題

リップル

ここからは、リップル社とR3の訴訟問題について確認していきます!リップル社とR3は実は過去に訴訟問題が起こっていました(‘ω’)

大手企業同士仲良くしてもらいたいものですが、その訴訟とはどういうものだったのかみていきましょう!

ゆかりゆかり

訴訟問題があったなんて知らなかったな~

リップル社とR3の訴訟内容

リップル社とR3の訴訟の経緯は2016年にさかのぼります!2016年にリップル社とR3の間でパートナーシップが締結されました!

ゆかりゆかり

この頃はまだ協力関係だったんだね(*´ω`)

その同意書には、2019年末までR3が50億XRPまで1XRP=0.0085ドルで購入できるという契約が含まれていたんです!この価格で50億XRPすべて購入すれば、約4250万ドルになります。

しかし、2017年にリップル(XRP)の価格が暴騰したことによって、当初の契約では1XRP=0.0085だったものが、1XRP=0.21ドルまで上昇してしまいました( ゚Д゚)

これによって、当初、R3支払う予定だった金額以上に支払わなければリップル(XRP)を購入することができなくなりました!それに不満を抱いたR3が2017年の9月に訴訟を起こしました(‘ω’)

ゆかりゆかり

なるほど!R3はリップル社が契約違反をしたとして訴訟を起こしたわけか!

また、リップル社側も黙っていたわけではありません!リップル社もR3に対して契約事項を破棄したのはR3側だとして反訴しました!

しかし、結果的にはリップル社・R3の両者ともに訴訟は棄却され、裁判は泥沼化することが予想されました”(-“”-)”

リップル(XRP)は現在、価格が下落していますが、2018年年末の価格はどうなると思いますか?私は以下の記事を参考にしたいと思います(^^♪

 

皆さんも参考にしてみてくださいね!

リップル社とR3の訴訟が和解した理由【予想】

約1年間に及ぶリップル社とR3の訴訟の和解が2018年9月に成立しました(*^-^*)その合意事項については機密文書であるため公開されていません!

ゆかりゆかり

約1年間の間双方争っていたのか!意外に短い気もするな~(*^-^*)

そのため、訴訟が和解した真意を知ることはできませんが、和解した理由を予想してみたいと思います(*^-^*)まず、考えられるのは、これ以上訴訟を長引かしたくはなかったというものです。

リップル社もR3も大手企業です!お互いに訴訟が長引くことはイメージ的にもあまりよくありません。また、リップル社もR3も抱えている課題はこの訴訟だけではありません!

他の課題を解決して会社として前に進むためにも、早く訴訟を解決したかったのではないでしょうか(*´ω`)他の理由としては、リップル社と協力する理由が生まれたからではないでしょうか!

ゆかりゆかり

やっぱり会社のイメージって大事だよね!(^^)!

もともと、リップル社とR3はパートナーシップを結ぶほどの協力関係を築いていました!そして、リップル(XRP)を購入できる契約を結んでいましたよね(*^-^*)(それが原因で裁判沙汰になったのですが…..)

このことからも、R3リップル(XRP)に魅力を感じていたということが分かります(^^♪これからもリップル(XRP)を活用していきたいと思ったのでリップル社と和解したのではないかと想像できます!

ゆかりゆかり

今回は私が予想してみました(*^-^*)

XRPが「Corda Settler」の決済通貨に採用

リップル

ここからは、リップル(XRP)がR3の「Corda Settler」アプリの決済通貨に採用されたことについて解説していきます(*^-^*)つい最近まで訴訟問題で争っていたリップル社とR3ですが、ここにきて急速に事業を展開しています!

R3の「Corda Settler」とは

まず、R3の「Corda Settler」とは何なのか解説していきますね(^^♪「Corda Settler」は先ほどご紹介したCordaを活用した国際決済アプリです!

Cordaの取引で発生した決済をこの「Corda Settler」で行うことができるようにするということです(^^♪

Cordaは金融・医療・船舶・保険など幅広い分野で活用されているので、「Corda Settler」も幅広い分野で活躍することが期待されているんです(*^-^*)

ゆかりゆかり

Corda Settler」はCordaを決済分野でサポートしているんだね!(^^)!

R3がXRPを決済通貨に選んだ理由

R3Corda Settler」のアプリ上での決済にリップル(XRP)を選択した理由についてR3の最高技術責任者であるRichard Gendal Brown氏は以下のように述べています!

Corda Settlerの導入、および最初の決済メカニズムとしてCorda SettlerがXRPをサポートするという事実は、世界で大きな影響力を持つ仮想通貨とブロックチェーンコミュニティによって育まれた

2つの強力なエコシステムがどのように協力し合えるのかを示す重要な一歩である。あらゆる形態の暗号資産と伝統的資産が Settlerを利用可能だが、XRPを使用したこの実証は、

価値の移転と支払いのために、どのようにデジタル資産を幅広く受け入れ、使用できるのかを示す論理的な次のステップだといえる。

 

と述べています!このことから、R3は「Corda Settler」にリップル(XRP)を採用することで、リップル(XRP)とCordaを連携させていくことで、「Corda Settler」をよりよくしていくことができると考えたといえます(*^-^*)

ゆかりゆかり

R3はリップル(XRP)を必要としたということだね(^^♪

XRPが「Corda Settler」の決済通貨に採用された影響

リップル

ここからは、「Corda Settler」の決済にリップル(XRP)が採用されたことによって考えられる影響をみていきます(*^-^*)

リップル(XRP)の活用例として需要が高まる!

「Corda Settler」の決済にリップル(XRP)が採用されたことによってリップル(XRP)の実用例の1つとして認識されるようになると考えられます!

「Corda Settler」の決済にリップル(XRP)が採用されたことによって、リップル(XRP)の実用化の例として世界に発信することができます!また、これを機に他の企業や金融機関がリップル(XRP)を活用することが増加する可能性があります(*^-^*)

ゆかりゆかり

今回「Corda Settler」に採用されたことで、リップル(XRP)の実用性が認知されるということだね(^^♪

また、リップル(XRP)の実用性が認知されることによって、リップル社が自社で開発し、実用化を進めている「xRapid」を採用する金融機関や企業なども増えてくるかもしれません!

このように、「Corda Settler」の決済にリップル(XRP)が採用されたことによってリップル(XRP)の需要が高まると考えることができます(*^-^*)

ゆかりゆかり

リップル(XRP)の需要が高まるってなんだかうれしいな~(^^♪

リップル(XRP)の価格が上昇する!

「Corda Settler」の決済にリップル(XRP)が採用されたことによってリップル(XRP)の価格が上昇する要因になる可能性があります!

R3は数多くの企業と連携しています。そのため、「Corda Settler」も数多くの企業や金融機関に使用されることが予想されます!そんな中で、決済にはリップル(XRP)を使用するので、必然的にリップル(XRP)の需要は高まりますよね(^^♪

それによって、リップル(XRP)の価格自体も上昇すると予想することができます!

ゆかりゆかり

リップル(XRP)の価格が上昇するのが待ち遠しいですね!

リップル関連用語R3とは【まとめ】

ここまでで、R3とは何なのかやリップル(XRP)とR3の関連について解説してきました!R3とリップル社は一時期は訴訟問題などで対立していました!

しかし、現在ではR3が開発した「Corda Settler」の決済アプリにリップル(XRP)を採用するなど急速に事業を展開しています(*^-^*)

今後も、R3とリップル社ともにが連携してくことでリップル(XRP)の実用化も進んでいくことでしょう!今後のR3の動向に注目していきたいと思います(^^♪

ゆかりゆかり

私も今後のR3にも、リップル(XRP)にも注目していきます!(^^)!

R3のようにリップル(XRP)が実用化される例も増えてきましたが、リップル(XRP)の将来性が気になりますよね?そんな方には以下の記事がおすすめですよ(^^♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事