ホーム最新ニュース『リップル=証券』と言われ始めた理由|XRPの有価証券問題の経緯から読み解くリップルの今後
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

『リップル=証券』と言われ始めた理由|XRPの有価証券問題の経緯から読み解くリップルの今後

リップル 証券

リップル(XRP)が有価証券なのか、そうではないのかという議論を良く聞きます。なぜリップルを有価証券と言われ始めたのかと気になるところです。そこで、リップルが有価証券と言われ始めた理由やその経緯などについて、解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆいゆい

こんにちは、ゆいです♪冬の寒さで風邪をひかないように、温かくお過ごしくださいね。よろしくお願いします♪(≧▽≦)

リップルは仮想通貨であるが、「リップル=証券」と言われ始めているとのことです。しかし、一方でリップルは有価証券ではないという否定的な声もあります。リップルが有価証券として認められるのなら、他の仮想通貨はどうなのかと思いますね。

そこで今回、リップルが有価証券と言われ始めた理由やその経緯について解説し、さらにリップルに関連する将来性などについても、考察していきます。

ゆいゆい

そもそもリップルって何?と思った方は、下記の記事にその詳細が語られていますので、良ければ見に来て参考にしてくださいね♪

リップル(XRP)の有価証券を説明する前に、有価証券とは何かから解説

リップル 証券

仮想通貨一本で投資している人の中に、有価証券とは何かとわからない人がいると思いますので、まずは有価証券とは何かから説明していきます。

国税庁の解釈によると、有価証券は印紙税法に規定され、財産的な価値のある権利を持つ証券とされています。どのようなものが有価証券になるのか、どのようなものが有価証券にならないのか、下記の画像をご覧ください。

リップル 証券

有価証券に該当するものと言えば、株券や債券などを思い浮かぶ人が多いと思っています。他にも、投資信託の受益証券や為替手形など、中にはあまり聞き慣れない有価証券も存在します。

ゆいゆい

色々な有価証券があるのですね・・・。

現在の仮想通貨は有価証券に該当せず、単なる通貨になるというわけです。

リップル(XRP)の有価証券問題が続いている?その原因と経緯をまとめてみた

リップル 証券

リップルは現在、ある問題を抱えております。それは、有価証券問題です。この問題を抱えることになった経緯は、2018年中に合計3度の訴訟を受けていることにあります。

1度目は、2018年5月3日に未登録証券の販売を理由に、リップルの投資家達がリップル社に対する集団訴訟を起こしたとのことです。

この集団訴訟問題は今までアメリカの州立裁判所で裁判が行われていたとされているのですが、その問題がアメリカ連邦裁判所に移転され、現在でもその裁判が続いているのではと考えています。

2度目は、リップル社に対するR3社からの訴訟です。契約不履行を理由に、リップル社は提携していたR3社から訴訟を起こされたのですが、現在は和解しているとのことです。

ゆいゆい

和解して前に進むのが大事だと、わたしは考えています(^^♪

そして3度目は1度目と同じく、未登録証券の販売を理由に、リップル社に対して訴訟を起こしたとのことですが、このときの原告はリップルの投資家達ではなく、David O’coner氏という人物とされています。

彼はリップルに投資して損害を被ったとして訴訟を起こしたとのことですが、なぜこれを理由に訴訟を起こしたのかは不明です。リップルの価格暴落による損失は自己責任なのですが、この場合は理不尽と言っても過言ではないでしょう。

リップル(XRP)はいつ有価証券と言われ始めたのか?

気がついたとき、リップルは有価証券であるとか、そうではないかという声がインターネット上で聞かれています。リップルが有価証券と言われ始めた時期は不明ですが、その原因はやはり、リップル社に対する3度の訴訟であると考えられるでしょう。

このうち、1度目と3度目の訴訟は、未登録証券の販売を理由に起こされたものです。しかし、共通する部分があります。それは、リップルという仮想通貨がリップル社によって、集中管理されているというところです。

仮想通貨はブロックチェーンによって成り立っている通貨と言えるのですが、中にはリップルのような集中管理されている仮想通貨も少なからず存在します。

ゆいゆい

ステーブルコインもそうですよね?ステーブルコインは投資というより、買い物の決済や送金などの利用に特化しているので、本格的に普及したらどうなるか楽しみですね♪

話しを戻しますが、リップルはいつ有価証券と言われ始めたのかをまとめると、リップル社に対する訴訟問題がきっかけでしょう。しかし、リップルが有価証券ではないと言い切っている人も多数存在しているようです。

リップル(XRP)が有価証券ではないと言い切る根拠とは?

なぜリップルが有価証券ではないと言い切れるのかというと、リップルは株式やFXと異なり、別の取引所への資金移動を行うことが可能だということにあります

ゆいゆい

資金移動の機能に関しては他の仮想通貨にも言えることですよね?

仮に、リップルを扱うリップル社が倒産したとしても、リップルという仮想通貨の存在はネットワーク上、というよりリップルを扱う仮想通貨取引所やその他のウォレットなどに残ります。

株式の場合は、企業が倒産したら、その企業の銘柄が消滅して無くなるのですが、仮想通貨の場合だと、上述した理由でそういった概念が存在しません。

もうひとつは、リップルが有価証券として認められたら今後、どうなってしまうのかについてです。リップルが有価証券になった場合、そのリップルを扱うのは仮想通貨取引所ではなく、証券取引所になる可能性があります。

とはいえ、これは非現実的になる可能性のほうが高いです。なぜかと言いますと、世界中にある仮想通貨取引所の多くが、リップルを扱っていることにあります。

一国が「リップルを有価証券と認めます」となっても、他の国は「いいえ!リップルは有価証券ではなく仮想通貨です!」となるかもしれないからです。

ゆいゆい

確かにそうですよね?リップル云々を除いて、各国によって仮想通貨の態度や認識などが異なるのです。

下記の記事に、リップルが有価証券になったら、どのようなデメリットが発生するのかを詳しく記載されていますので、良ければ見に来てみてくださいね♪(‘ω’)ノ

リップル(XRP)以外の仮想通貨が証券として認められる可能性はあるか?

「リップル=証券」と言われ始めた理由と、証券ではないと言い切る根拠をまとめてみたのですが、ビットコインやイーサリアムなど、他の仮想通貨が今後、有価証券として認められるかどうかについて、気になり始めた人がいるでしょうか?

わたしは他の仮想通貨が有価証券として認められる可能性が低いと考えています。仮にリップルを有価証券として認めてしまったら、他の仮想通貨も有価証券として認めることになる可能性が高くなってしまうからです。

ビットコインやイーサリアムなど、時価総額ランキングが上位の仮想通貨は確かに魅力的で、暴落傾向が強いとはいえ、今後値上がりする可能性があります。しかし、有価証券として認められるのは、現時点で非常に難しいと言えるでしょう。

とはいえ、可能性はゼロではないので、今後の動向が注目です。

ゆいゆい

楽しみですね~♪

リップル(XRP)は有価証券問題を解決できるか?その将来性を考察してみた

リップル 証券

リップルが抱える有価証券問題は2018年内に解決することが望ましいと言えるのですが、解決は見込めないでしょう。解決が見込める時期を考察すると、2019年になるのではと考えています。長くて2020年と言ったところでしょう。

もし、リップルが2019年にその有価証券問題を解決したら、リップルの価格が大暴騰に転じる可能性が十分高いと考えています。

それだけでなく、暴落した今のリップルは非常にお買い得で、安く買い増しが可能です。しかし、いつ暴騰するかわからない一方、反対に暴落する可能性も否定できません。

ここはやはり、ドルコスト平均法で定期的に買い増ししておいたほうが適切であると言えるでしょう。

リップルの将来性についてまとめてみると、その将来性は非常に有望で、現に世界各国にある多くの銀行との提携を結んでいます。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行も、リップルのプロジェクトに関わっているとのことです。

ゆいゆい

リップルは凄いのです!不謹慎なことを言いますが、リップルが暴落すればするほど、わたしは嬉しいと思っています。なぜかと言いますと、安く買い増しができるからなんです♪(*^-^*)

リップル(XRP)の有価証券問題についてのまとめ

リップルは現在、時価総額ランキング2位を維持しています。時価総額ランキング2位にも関わらず、1枚の価格が安価で、仮想通貨初心者でも気軽に購入できると考えているのです。

しかし、有価証券問題を抱えているというデメリットもあります。有価証券問題は2018年内に解決する可能性は見込めないのですが、2019年には解決するのではないかと考えています。

この問題が原因なのか、リップルが有価証券であるとかないとかという議論が交わされたとのことですが、現在でもそう言った声がたまに聞かれるようです。

2019年は、リップルの有価証券問題がどうなっていくのかが注目と言えるでしょう。

ゆいゆい

下記の記事にリップルの価格予想に関する情報が語られていますので、良ければ見に来てみてくださいね♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事