ホーム取引所コインベース(coinbase)の使い方を徹底解説!日本進出前に備えよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
るな

コインベース(coinbase)の使い方を徹底解説!日本進出前に備えよう!

コインベース 使い方

コインベース(coinbase)の日本進出が決定したことにより、登録者数が増えると予想しています。日本にいながらコインベースに登録することが可能なのですが、その使い方が気になることです。そこで、コインベースの使い方について、解説いたします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
るなるな

こんにちは、NEMが大好きなるなです♪冬の寒さ対策をしっかりと行い、風邪をひかないようにお過ごしくださいね。よろしくお願いします♪(≧▽≦)

コインベース(coinbase)が日本進出を決定したことにより、日本や海外の仮想通貨ユーザーなどから注目されています。日本に進出する時期は不明ですが、予定では2019年内に進出する予定とのことです(゚ω゚)ノ

コインベースが日本に進出する前に、事前に登録しようと考えている人がいると言えるのですが、登録したのは良いけどその使い方がわからないという人もいると考えています(^.^)

そこで今回、コインベースの使い方を中心に解説いたします。みなさん、必見ですよ(‘ω’)ノ

るなるな

コインベースの登録方法は下記の記事で語られていますので、良ければ見に来て、参考にしてみてくださいね(*^^*)

コインベース(coinbase)の使い方とは?

コインベース 使い方

コインベース(coinbase)登録後と、パソコンでの使用を前提に説明していきますよ♪

コインベースに登録した後、コインベースを利用できる状態にあるのですが、注目してほしいのは、Dashboard、Buy/Sell、Accounts、Tools、Settingsの5つです。そこで、その5つを挙げて、詳しく解説してみますね♪(^O^)/

るなるな

英語がわからないという人は、GoogleChromeの翻訳機能を利用してみましょう!(‘ω’)ノ

コインベース(coinbase)の使い方その1:Dashboard

コインベースにログインしたとき、ほとんどが最初に、このページにアクセスします。このDashboardは仮想通貨のポートフォリオとしての機能を持ち、自分の保有する仮想通貨を管理することが可能なのです(^.^)

それだけでなく、サイトデザインも非常にシンプルで見やすく、仮想通貨が初めてだという人にとっては、とても扱いやすいと考えています!(^^)!

コインベース(coinbase)の使い方その2:Buy/Sell

コインベースが扱う仮想通貨の売買を行うことができる機能です。しかし、2018年12月17日時点で、日本居住者はこの機能を利用することができません。利用することができないので、Buy/Sellについて、今のところ気にする必要はないということです(^.^)

コインベース(coinbase)の使い方その3:Accounts

ウォレットとして管理する場所です。日本居住者はコインベースで仮想通貨の売買を行うことができないのですが、単なるウォレットとしてなら、利用は可能です(^.^)

もう少し深掘りして説明すると、コインベースから他の取引所またはウォレットに送金することが可能で、逆に取引所もしくはウォレットからコインベースに送金することが可能となります(‘ω’)ノ

るなるな

ただのウォレットとして活用するという方法もありますね(*^^*)

コインベース(coinbase)の使い方その4:Tools

Toolsとは、よく取引に使われるウォレットアドレスを登録し、管理することができると言われた機能なのですが、日本居住者はこの機能を利用することができないので、あまり利用する機会がないと思います(′ – ′)フーン。

コインベース(coinbase)の使い方その5:Settings

ここで様々な設定の変更や確認などを行うことができます。具体的に説明すると、プロフィールの編集または変更とか、パスワードの変更や二段階認証の設定などです(*^^)v

だけど、Settingsは重要な役割を担っており、初めてコインベースに登録したユーザーはSettingsにアクセスして、必ずセキュリティを設定しなければなりません。(‘ω’)ノ

そこで、セキュリティの設定方法を詳しく説明していきます。まずはこの画像をご覧ください(´・ω・`)

コインベース 使い方

わかりやすくお伝えするために文字を入れてみました。セキュリティの設定をクリックして、その設定を行っていきますね♪q(。・ω・q)(p・ω・。)pドキドキ

この設定で、電話番号認証と二段階認証を行っていくのですが、その前にスマートフォンを用意しなければなりません。そのスマートフォンに、Googleの二段階認証アプリを入れるのですが、AndroidとiOSでは、その名称が異なるのです(´・ω・`)モキュ?

るなるな

どうしてでしょうか?(´・ω・)

AndroidのGooglePlayは「Google 認証システム」、iOSのAppStoreは「Google Authenticator」というそれぞれの名称なのですが、中身が全く同じなので、利用には問題ありません(´・ω・)

ただし、そのスマートフォンで二段階認証の設定を行った場合、そのスマートフォンが破損または紛失すると、ログインはできても、コインベースに入金した仮想通貨を出金できなくなる可能性がかなり大きいです(-ω- )o

二段階認証の設定に利用したスマートフォンの管理を怠らないように注意しましょう(*´▽`*)ゞ らじゃ♪

コインベース(coinbase)の日本進出と同時に取扱通貨が増えるのだろうか

コインベース 使い方

コインベースで取引ができる仮想通貨は現在、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ジーキャッシュ、USDコイン、Basic Attention Token、ゼロエックスの9つとなります(^.^)

以前はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコインの5つしか取り扱わなかったのですが、次々とアルトコインを上場させているのです!

るなるな

どんどん増やしてください!お願いします♪(≧▽≦)

それだけでなく、コインベースは30以上のアルトコインの追加を検討しているとのことです。根拠となる情報はこちらです!(*^^*)

コインベースの公式ツイートなのですが、注目していただきたいのが、このツイートの画像です。ネオとかオミセゴーとかステラなど、ほとんどの人が聞いたことがある仮想通貨が多く存在します。

その中に、過去に上場が見送られたリップルも存在するのですが、一番気になっているところがあります。それは……なんでNEMがないのですかーーーーー!!!Σ(・□・;)

NEMは時価総額ランキング15位で、18位のNEOより上なんですよ!?(`Д´)ノ(参照:CoinMarketCap)

なぜNEMがアルトコイン上場検討のリストに入っていないのかは不明ですが、コインベースが日本に進出し、本格的に運営するようになったら、NEMが追加される可能性があると言えるでしょうね(^.^)

るなるな

NEMについて知りたいという人は、下記の記事にその詳細が語られていますので、良ければ見に来て、参考にしてみてくださいね♪(^O^)/

コインベース(coinbase)の使い方についてのまとめ

コインベースが日本に進出し、日本居住者向けサービスが展開されることに、仮想通貨に参加している多くの人達は注目しています。なぜかと言いますと、コインベースが取り扱う通貨の価格上昇に大きな期待感を持っていると考えているからです!(^^)!

コインベースが日本に進出するのは2019年中とのことなのですが、明確な時期は現時点で不明となっています。もしかしたら、2019年1月になるかもしれないですし、反対に2019年12月になるかもしれません(゚ω゚)ノ

とはいえ、コインベースの日本進出が確定しているのは間違いないですし、日本居住者向けサービスが停止しているとはいえ、登録だけなら行うことが可能です(`・ω・´)

コインベースに登録したら、色々な機能に触れるなどして、使い方を覚えるのは良いと言えるでしょう。コインベースが日本に進出する前の準備が欠かせないということです(・∀・)/

るなるな

コインベースが開発しているオンラインウォレットは現在、ほとんどのブロックチェーンゲームに採用されています(^.^)

ブロックチェーンゲームについて知りたい方は、下記の記事に足を運んでみてください。ゲーム好きにとってはたまらない情報がありますよ~♪(⌒∇⌒)

【この記事を書いた女子会メンバー】

るな
NEMをガチホしてるけど、ねぼすけだからではないです(。-_-。)。普段の仕事はOLで、NEMバーは何回か行ったけど支払いはいつも円。。。いつか増えたNEMでお酒飲みたい!!
るなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」