ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】12月17日(月):今週の仮想通貨はどう動く?ビットコインの底値はどこになるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.18 最終更新
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】12月17日(月):今週の仮想通貨はどう動く?ビットコインの底値はどこになるのか

先週末の株式市況の大幅下落をうけ、仮想通貨相場はビットコインなど年初来安値を更新するコインが続出しています。地合いの悪さから、ここのところ上昇することが多かった休日中も下げ止まるのが精いっぱいというところもようです。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

先週末のレポートでは、ビットコインの4時間チャートに下落トレンドが発生していることから、休日中の安値更新の可能性が想定されましたが、2度にわたり年初来安値を更新しています。ちねみに、4時間チャートの下落トレンドはいったん解消され、現在は安値圏内でももみ合い相場の様相です。

まず、注目されるのは先週末に約500ドル安と急落しているNYダウですが、週明け月曜日の日経平均株価は132円高と持ち直していますが、今週はどうでしょうか?

 

チャートは、NYダウの週足一目均衡表です。

 

先週末の暴落で、雲に突入し下限ラインに接近して引けています。今週にも雲の下限ラインを大きく割り込むようだと、いよいよ本格的な下落トレンド突入の可能性が高くなります。先週末の安値ではきれいに下限ラインにワンタッチしており、ここがサポートラインとして意識されていつことが伺えます。

また、赤い長方形の囲みの2018年4月第1週の安値23,344ドルは強烈に意識されるところで、ここを割り込むと一目均衡表の雲の下限ライン同様に投げ売りを巻き込んでの暴落が予想されそうですね。。。

このチャートはすべての機関投資家が見ていますので、ベア派(売りで利益を狙う投資家)にとっては攻めどころといえるのかもしれませんよね!

もう一つ気になる指数があります。

前回も同じことを言ったのですが、このチャートはビットコインのチャートではありません。これは、ドイツの株式指数DAXの週足一目均衡表です。

これって、完全に長期下落トレンド発生中ですね!何故、DAX指数がこれほどビットコインの動きと酷似しているのかは、前回ご説明した通りですが、やはりマイナーが非常に厳しい状況となっているということでしょうかしら!

一目均衡表の雲が交差するタイミングでもありますので、いったんは反発する可能性もありますが、水色の転換線を上抜かない限りは下落トレンド継続となる可能性が高そうです。

 

このようにして見ると、ビットコインが先週下げ止まらなかったというのも納得ですが、それでは今週はどうなるのでしょうか?また、想定されるビットコインの大底圏内とはどの水準となるのでしょうか?

 

チャートは、ビットコイン日足チャート(拡大版)です。

12月の下落相場では、ことごとくサポートラインとなり立ちはだかる21日移動平均線に本日チャレンジしそうな状況です。これまでは跳ね返されてきたサポートラインだけに上抜いた場合には久々の強烈な反発も期待できそうですよね。

ただし、反発後の戻りについては相当な売り物が浴びせられる可能性にも注意が必要です。売りたくてしょうがないマイナーがいる可能性がありますから。。

 

ビットコインの底値はどこなの?

下げ止まらない仮想通貨相場の象徴ともいえるビットコイン相場です。昨年12月には230万円台にまで歴史的な大暴騰劇を記録したビットコインですが、暴落のほうも歴史的といえるような大幅なものとなり、1年後も下げ止まる気配が今のところありません。

しかし、相場と名の付く限りは必ず底値が存在しますので、ビットコインが継続する限りにおいては、大底値圏内から反発していくことになります。

では底値はどこなのでしょうか?それは「相場は相場に聞くしかないのでしょうが、過去の経験則から想定出来うる水準とはいくらくらいになるのでしょうか?

まず、価格云々の前に、為替や株式の過去の経験則で行くと、相場の終盤には必ずセイリングクライマックスと呼ばれる場面がやってきます。最後の最後に大量の投げ売りが出ることで、価格は大きく暴落しますが、そこが底値となるケースです。

この観点からは、ビットコインには急落はあってもセイリングクライマックスと呼べるような場面は未だ迎えていないでしょう。今後はあるかもしれませんが、そういう意味では、いまだ年初来の安値を更新していないリップルが年初来安値を割り込んだ場合などにはセイリングクライマックスと呼ばれるような場面があるのかもしれませんね?

 

ビットコイン3,000ドル底値説とは?

巷では、ビットコインの3,000ドル底値説というのが幅を利かせているようですが、これにはいくつかの理由が考えられます。ちなみに個人的には3,000ドルでも30万円説でもどちらでも大差はないと考えています。

1.大きな心理的な節目であること。3という数字は数霊的にも神秘的な数字であり人をひきつけますね。他にこれといった底値候補があるわけでもありませんので、最も説得力のある数字ですよね!

2.ドル建てビットコインの週足の200日線が3,150ドルに位置している。ちなみに、株式市場では次々にこの200日線が破られている状況です。

よく比較されるインターネットバブル時のアマゾンは、107ドルの高値(1999年12月)から5.6ドル(2001年9月)まで暴落しています。


同じ納税でも、お得に賢く!
今だけふるさとプレミアムなら還元率が驚異の58%!

「リップルの高騰に備えて今から買っておきたい!」という人には、こちらの記事がおすすめです!

最終更新日:2018年12月18日

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事