ホーム最新ニュースビットコインの相場をどう見る?今後のビットコイン相場を予想するのに必要な情報とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.17 最終更新
えりな

ビットコインの相場をどう見る?今後のビットコイン相場を予想するのに必要な情報とは

ビットコイン, 相場

2018年の年末になって、ビットコイン相場は大暴落をしています。2019年以降のビットコイン相場を専門家たちはどう予想しているのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

肌の乾燥が気になる季節になりましたね!皆さんスキンケアしてますか?えりなです。

2017年は、ビットコイン元年の幕開けと言っても良い年でしたね。億単位を稼ぐOLやサラリーマンが続出したため、2018年もその流れを引き継ぐと思われていました。

しかし、暴落に次ぐ暴落…。2018年の年末になって、またもや大暴落をしています。「もうビットコインは終わったのか?」

そんなふうに思っている方も多いことでしょう。今後のビットコイン相場を予想する上で、注視するべき情報はどんなものなのでしょうか?

目次

【最新】2018年12月14日のビットコイン相場を見てみよう

ビットコイン, 相場

まずは、2018年12月14日現在の最新のビットコイン相場をチェックしましょう。

朝方に36万円台まで下落

13日のビットコイン相場は、39万円台に上昇しましたが、その後38万円まで下落。そして、14日は朝方に36万円台まで下落しています。

しかし、一時的な下楽に止まり、37万円台まで戻しました。これは、年初来安値の12月8日以来の安値です

週足での200MA(移動平均線)が底値か?

皆さんが気になっているのは「今のビットコインの下落は、どこが底値になるのか?」だと思います。

底値と予想されているのは、ドル/ビットコインの週足で見た200MA(移動平均線)です。3100ドルあたりなので、日本円で言うと、約35万円となってます。

現在のビットコインがほんの少し反発しているのは、この底値が意識されている可能性が高いです。近いうちに、上昇に転じるかもしれません

「今後ビットコイン相場は上昇する」との声多数!予想に必須な情報とは?

ビットコイン, 相場

2018年の12月14日現在、急落を見せているビットコイン相場ですが、「2019年以降は上昇する」との意見が各方面から上がっています。

なぜそのような意見が上がっているのか?まとめてみました。

仮想通貨市場はこれからさらに広がっていく

今、世界で利用されている「Amazon」「Google」もスタートから順調だったわけではありません。紆余曲折を経て、今の地位を獲得しているのです。

ビットコインを始め、仮想通貨市場はまだ動き出したばかりなので、これから市場が広がる可能性はあります。

ビットコインはインターネットバブルに似ている

先ほど名前を挙げたAmazonやGoogleは、当初100ドルにも満たない価値でした。しかし、1990年以降から急激に成長し、現在は900ドルを超える価値になっています。

ビットコインは、このようなインターネットバブルに似ていると読み解く専門家が多いのです。

大手証券会社の取り扱いで市場拡大の可能性

大手証券会社が、決済手段としてビットコインを選ぶ流れが増えています。日本で言えば、DMMやSBI、GMOなどですね。

この流れを受けて、その他の証券会社も参入すれば、ビットコイン市場がさらに拡大するのは確実!上昇する可能性ありということです。

企業と仮想通貨の取り扱いはこちらも

新興国でビットコインの扱いが増える

ビットコインが使われている国は、日本やアメリカが中心で、主に先進国となっています。しかし、2018年に入り新興国がビットコインの取り扱いを始めているのです。

情勢不安からビットコインを扱うことが増えている

新興国の多くは、深刻な情勢不安を抱えています。自国の通貨の代わりに、仮想通貨を扱うケースが増えているのです。

例にはインドネシアがあり、決済の採用が増えています。海外への送金手数料の安さも相まって、外国人観光客に好評です。

このような流れが強くなれば、ビットコイン価格が高騰する可能性は高いですね。

相場のプロたちが「ビットコインは上昇」すると声をそろえている

ビットコイン相場に精通するプロたちが、「今後のビットコインは上昇する」と声をそろえています。どんな意見が出ているのかまとめてみたので、今後のトレードの参考にしてみてください。

マイケル・ノボグラッツ

投資家として有名なマイケル・ノボグラッツは、2018年1月に起きたビットコインの暴落を言い当てた人物です。

そんな彼は、「2018年年末にビットコインは2万ドルになる」と言っています。2万5千ドルや5万ドル、10万ドルという予想をしている投資家も多い中で、堅実な予想です。

RonnisMoas

世界の経済アナリストのランキング「TipRank社」から高い評価を得ている専門家のRonnisMoas氏。彼は、2020年までに、15,000USD~20,000USD(約165万円~220万円)まで上昇すると予想しています。

2020年といえば東京オリンピックが開催される年なので、多くの外国人が日本に流れ込んでくる時期です。日本のあらゆるところで、ビットコイン決済ができるようになっているかもしれません。

JamesonLopp氏

BitGoのソフトウェア・エンジニアを務めるJamesonLopp氏。彼は、2020年までに250,000USD/BTC(2750万円/BTC)くらいまで価値が上がると推測しています。

これは、過去のビットコイン価格推移から予想した結果だそうです。

MaxKaiser氏

米国出身の経済ジャーナリストのMaxKaiser氏。

彼がニュース番組に出演した際、「ビットコインは今後1000万円を超える」と語っていました。その理由として

・ビットコインの本質はまだ理解されていない
・ビットコインは銀行の代わりになり得る
・ビットコインは交換媒体になり得る

などを掲げています。

えりなえりな

一つずつ紐解いていきましょう。

理由その1、ビットコインの本質はまだ理解されていない

ビットコインを始め、仮想通貨はまだまだスタートしたばかりなので、本当の価値や本質はこれからはっきりします。

現在の一時的な暴落で、「ビットコインは終わった…」と諦めるのは早いのかもしれません。数年たってから価値が爆上げする可能性は十分にあるのです。

理由その2、ビットコインは銀行の代わりになる

現金で海外送金する際は、煩わしさが残ります。しかし、ビットコインがあれば送金は快適に!しかも、スマートフォン一つで完了するお手軽感です。

この便利さが浸透すれば、銀行のATMは不要となり、ビットコインの利用価値は上がっていくと思われます。

理由その3、ビットコインは交換媒体になり得る

現在のビットコインは、店頭よりもネットショッピングで使われる傾向にあります。今後、インフラが整ってビットコイン決済できる店舗が増えれば、利用価値が高まるでしょう。

最近はビットコイン先物取引も始まり、法定通貨からビットコインに移行する流れが見えています。近い将来、1000万円/BTC以上の成長を見せる可能性はあるかもしれません。

TimDraper氏

ベンチャーキャピタルの投資家のTimDraper氏は、CNNのインタビューで次のようにコメントしています。

ビットコインは、2022年までに25万ドル(約2680万円)になる」。

彼は、短期的な利益にとらわれるのは良くないと考えているようです。

仮想通貨は、突然激しいボラリティを見せることがあるので、短期投資が苦手な人も多いと思います。

えりなえりな

のんびり堅実にトレードしたい人は、長期保有の参考にしてみてはいかがでしょうか?

ThomasLee氏

Fundstrat社の共同設立者で、有名アナリストでもあるThomasLee氏。彼は、2018年年末までの価格予想をしています。

彼は、年末までに25,000USD(約277万円)になると予想しているようです。以前の彼は、2022年までに25,000ドルになると予想していたため、大幅な上方修正となっています。

SteveWozniak氏

Appleの共同設立者のSteveWozniak氏。

彼は、明確な価格推移は予想していないものの、仮想通貨とブロックチェーンの可能性から、ビットコインの成長を期待しています。

彼は、その可能性を次のようにコメントしているのです。

「ブロックチェーン技術は素晴らしい技術。今後、起こり得る大規模なIT革命の要因になり得る」

ビットコインの可能性が認められるのは10年必要

Wozniak氏によると、ブロックチェーンと仮想通貨の技術を発揮するのに10年はかかると予測しています。

その理由は、ビットコインの発行数量の上限が決められているからです。

通常の法定通貨は、中央銀行により、通貨の流通量をコントロールする事ができますが、ビットコインにそのようなシステムはありません。

発行数量が上限2,100万枚に設定しているため、希少価値が生まれ、価格高騰に向かっています。

この概要が世間に理解されて、ビットコインのポテンシャルが発揮されるのは、10年必要と考えられているのです。

Arthur氏

金融のプロフェッショナルとして世界的に知られているArthur氏。彼は、CNBCのインタビューで次のように語っています。

2018年の年末までに、ビットコインは50,000ドル(約550万円)まで
高騰する

3,000~5,000ドル(約33万円~55万円)付近を底値に上昇すると考えているようです。

上昇の理由は「米国証券取引委員会(SEC)がビットコインを組み込んだ上場投資信託(ETF)を承認」

ビットコインが上昇すると思っている理由は、「米国証券取引委員会(SEC)がビットコインを組み込んだ上場投資信託(ETF)を承認する事」です。

ETFは値幅制限があるため、急落した時のリスクが軽減されますから、初心者が安心して投資できる環境になります。

加えて、違法取引(インサイダー取引)の監視が厳しくなるため、安心してトレードできるようになり、価格上昇に好材料なニュースになるのです。

今のビットコインは、有価証券としてSECから認められていないのですが、公の場でこれだけの発言をするということは、有価証券として認める動きが進んでいるのかもしれません。

えりなえりな

TimDraper氏

アメリカのベンチャーキャピタル投資家のTimDraper氏は、15年以内に80兆ドル(約8,880兆円)まで上がると予想しています。

2017年12月の仮想通貨市場は5兆円と言われているので、その当時の1,776倍の急騰です。

1万円をビットコインに投資すると、1,776万円になります。少額資金で気長に長期投資するにはもってこいの条件です!

ビットコイン相場の暴落の可能性を検討してみた

ビットコイン, 相場

前述したように、ビットコイン相場は今後上昇していく可能性は十分にあります。しかし、相場に絶対はありませんから、さらに下落する可能性も否めません。

えりなえりな

ビットコイン相場が暴落するとしたら何時頃になるのでしょうか?

2019年1月に下落する可能性あり

直近で言うと2019年1月に下落する可能性があります。どうしてかと言うと、2015年から~2018年にかけて毎年1月に暴落しているからです

株や為替でも毎年の傾向は重視されているので、ビットコイン相場でも無視できないものとなっています。

2018年1月にビットコイン相場が暴落した理由を検証

2018年1月にビットコイン相場が暴落した理由を検証してみました。2019年1月にビットコイン相場が暴落したとしても、これと同じ理由とは限りません。

しかし、過去の出来事に習うのは必要なことですから、参考にしておきましょう。

理由その1、韓国の仮想通貨取引規制

2018年1月11日、韓国が仮想通貨取引を全面禁止すると言う発表をしました。この報道は大きなインパクトを与え、ビットコインが20%下落する事態になったのです。

その後、韓国財務省は否定のコメントを出したのですが、鎮静下には至りませんでした。さらに、中国でも同じような動きが見られて、ビットコイン相場が暴落する事態となったのです。

理由その2、ビットコイン大量保有者による利益確定売

2017年の急上昇で多額の利益を得たビットコインの大量保有者が、一斉に利益確定売りをしたという説もあります。

先ほど紹介した韓国や中国の仮想通貨取引規制のネガティブ要因も相まって、大きな売りがあったのは確かなようです。

理由その3、初心者のパニック売り

社団法人「日本仮想通貨交換業協会」によると、2017年11月までの仮想通貨の入金額は900億円だったのに対して、2017年12月は1兆円を超えています。

これは、2017年後半に仮想通貨の新規参入者が増えたからです。この時期に参入した人たちは、ビットコインバブルに慌てて飛び乗った初心者と思われます。

初心者が増えた直後にビットコインが大暴落!それに慌てた初心者たちが、買っていたビットコインを売却したことも暴落の要因だと言われているのです。

この時に痛手を負った初心者は、あっという間に仮想通貨取引から身を引いたんだとか…。

【まとめ】ビットコインの上昇は期待が持てそう

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?今回は、ビットコイン相場の今後に焦点を当ててみました。

このような情報をもとにすると、ビットコインが上がる可能性は十分にありそうです。

ただ、下落する可能性もゼロではありません。買い方針でトレードする予定の方は、必ずストップロスを設定しておきましょう

2018年の価格推移おさらいはこちらも​

最終更新日:2018年12月17日

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事