ホーム税金【今なら間に合う!ふるさと納税】年末ギリギリの実体験レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たかしま編集長

【今なら間に合う!ふるさと納税】年末ギリギリの実体験レポート

ふるさと納税

ふるさと納税って今まで聞いたことはあっても、やったことがないという人が多いのではないでしょうか。実は申請は5分でサクッと終わるほど簡単で、しかも税金が大幅に控除されるということで、私もふるさと納税に挑戦してみました!画像付きでレポートしていますので、ぜひ「簡単にできる節税対策」として参考にしてくださいね。

記事上「BitPointキャッシュバックキャンペーン」
記事上「コメントボタン」
たかしま編集長たかしま編集長

先日、ちょっと駆け込みになってしまったんですが、ふるさと納税の申込をしました!

私はAmazonギフト券の申込をしたんですけど、還元率43%ってすごいですよね?

本来「納税して終わり」のはずが、なんと6万円分のギフト券が還元される予定なんですよ。

納税でなくなるはずだった私の6万円・・・ご褒美もあって地域に貢献できるって素晴らしいと思いませんか?

 

ただし、2018年分の税金を控除してもらおうと思ったら、12月31日までに決済しなくちゃいけないんです。

と言っても、商品を選んでクレジットカードで決済すれば完了するので、サクッと5分ぐらいでできちゃうんですけどね(笑)

5分でできて、かなりお得になるシステムなので、今日は体験レポートも兼ねてサクッと紹介したいと思います。

初ふるさと納税!12月ギリギリに申込完了!

ふるさと納税

これがふるさと納税を申込したあとで送られてくる「受領証明書」です。

私の周りでも結構やってる人が多かったんですけど、あとでやろうと思っていたらいつのまにか12月になっていて焦りました。

12月31日までに商品を選んでクレジット決済しないと間に合わないですからね…。

あやうく忘れてしまうところでした。

ふるさと納税の何がお得って、本来納めるはずだった税金を地方への寄付にあてることで、返礼品としていろんな商品が貰えるってことですよね。

ポイントはこんな感じ。

  • 好きな自治体に寄付する
  • 寄付と同額の税金が控除される
  • 寄付した自治体から返礼品が貰える

これだけです。

たとえば、10万円を寄付することで、10万円分の税金が控除されるということ。

しかも、Amazonギフト券やカニやHIS旅行券など、素敵な返礼品付きです。

やらない理由ないですよね?

デメリット?ないです!

この制度を使わないのはもったいないくらいで…お得すぎて来年からちょっと規制が入るかも?みたいな話にはなっていますが、今年に関しては本当に「ただお得なだけの制度」です(笑)

お得すぎて怪しいと思うかもしれませんが、国がやってる制度なので、全然安心して大丈夫です。

ふるさと納税

ふるさと納税の申込は3ステップでOK

ふるさと納税

「納税」って聞くとなんかややこしいような気もしますが、実際やることはネットショッピングと同じです。

具体的には、次の3ステップで完了するので、5分で終わります(笑)

  • ふるさと納税特設サイトへアクセス(1クリック)
  • 好きな商品を選んで決済(クレジットカード決済OK)
  • あとから自治体に申請書を送付(返送するだけ)

素敵な商品が多いので、それを選ぶのに迷ってしまう人は多いかもしれませんね。

お得な商品を選ぶための最重要ポイント「還元率」について

ふるさと納税はたしかにお得な制度ですが、どれだけお得になるかは商品の選び方によって大きく変わってきます。

そこで重要なポイントとなるのが、ふるさと納税特設サイトにも書かれている「還元率」です。

還元率は高ければ高いほうがお得で、目安としては、

  • 還元率50%代:圧倒的にお得(肉、米、商品券でたまに見かけるが在庫切れも多い)
  • 還元率40%代:非常にお得(商品券の一番お得なラインがこのあたりで、激戦区)
  • 還元率30%代:お得(ここも人気が高く商品によっては在庫切れしているかも)
  • 還元率20%代:普通(よくあるのがこのライン。もっと上を目指したいところ)
  • 還元率10%代:普通

私が今回一番お得だと思ったのが、今ふるさと納税特設サイト(ふるさとプレミアム)でキャンペーンをやっている「Amazonギフト券」で、還元率は43%です。

50%代の商品も探したんですが、やはり在庫切れなどが多くなかなか見つからず…

同じくふるさとプレミアムの「HISギフトカード」で、還元率58%が最高でした。(ほかにもあるかもしれませんが、私は見つけられませんでした。)

たかしま編集長たかしま編集長

在庫は各自治体に依存しているから、気になる商品があれば在庫が切れる前に申し込んだほうがいいかも。

 

特に12月は自治体も「商品の在庫を減らす」ことを考える時期だから、多くの在庫を抱えてないことが多いんですよね。

ふるさと納税

【5分でできる!】税金の控除を受けるための申請方法

12月31日までに商品を選んでクレジット決済が完了すれば、あとは返礼品が贈られてくるのを待つだけです。

ただし、税金の控除をしてもらうには、簡単な申請をしなければいけません。

申請の方法は、次のどちらかでOKです。

  • 確定申告
  • ワンストップ特例申請

普段から確定申告をしている人は、確定申告に追記するだけなので問題ないですね。(寄附先の自治体名称や所在地、寄付額を記載し、いつも通り計算して完了です!)

それに対しサラリーマンなど、確定申告をしていない人は「ワンストップ特例申請」を利用することで、めんどうな書類作成とか無しで申請できます

ワンストップ特例申請は、確定申告をしない人のためにつくられた制度で、とても簡単に申請できることで爆発的に利用者が増えたそうです。

ワンストップ特例申請の方法

ふるさと納税の商品の決済が完了したら、自治体から返礼品とは別に「ワンストップ特例申請の申込書」が送られてきます。

以下は、私がAmazonギフトカードを購入したときに送られてきたものです。

ふるさと納税

これが届くので、2019年1月10日までに「2 申告の特例の適用に関する事項」に2ヶ所✔を入れて返送するだけです(笑)

お得なのでたくさん申請する人が多いのですが、6ヶ所以上になると確定申告をしないといけないので、5ヶ所までに抑えておくのが簡単でおすすめです!

やってみたら思ったより簡単だった

私は今回初めてふるさと納税をやってみたのですが、思ったより簡単でびっくりしました。

こんなに簡単で数万円単位でお得になるのに、なんで今までやってなかったんだろう、って感じです。

というか、今までどれくらいチャンスを逃していたのか、考えるとちょっとこわくなったので考えるのはやめました!(笑)

過去のことより、これからどうするかですよね(*´ω`)

ニュースにもなっていますが、もしかすると2019年はふるさと納税の制度が大きく変わってしまうかもしれないので、今年がラストチャンスの可能性もあります。

まだ申請していない人は、12月31日までに商品を選んで決済しておけばOKなので、ぜひ以下の特設サイトで好きな商品を選んでくださいね!

ふるさと納税

記事下「BitPointキャッシュバックキャンペーン」

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録
サイド「LINEコンバ」

マイクリ!驚異の2億円調達?!

SPサイド「マイクリmch-start」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

SPサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

PCサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

CryptoGTの無料登録はこちら

サイド「CryptoGTの無料登録はこちらchika-cryptogt」

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

ランキングに参加してね♡

SPサイド「ブログランキング」 SPサイド「ブログ村」