ホーム税金【12/30まで】5分でできる ふるさと納税!|節税効果バツグンのオススメふるさと納税をご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.24 最終更新
はる

【12/30まで】5分でできる ふるさと納税!|節税効果バツグンのオススメふるさと納税をご紹介

ふるさと納税って知ってる人は多いと思います。でもやってる人は意外と少ないんじゃないでしょうか?そんな人に向けてふるさと納税についてまとめてみました!最後に紹介する最大還元率58%のものと合わせて、今年はお得な納税をしちゃいましょう!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ『はる』です。今回は納税している人にはピッタリ!というと、働いている人はみんなになりますけど、誰でもできる最強の節税対策を特別に紹介していきますね!



目次

サラリーマンこそやった方がいい『節税』対策

ふるさと納税

節税、って聞くとサラリーマンの人は関係ないって思う人が多いかもしれませんね。

はるはる

税金周りは会社が全部やってくれるもの!みたいな?

でも、年末の時に会社から年末調整の用紙をもらったりしますよね?

あれの時に、サラリーマンでも節税(=払うはずのお金でご褒美がもらえる事)ができるんですよ!

納税について言うと、普通に会社から給料もらっている人はもちろん、
個人で会社とは別にお金を稼いだ場合の納税についても、このまま納税してしまうのはちょっと勿体ない感じがします。

もちろん仮想通貨で稼いだ場合も同じです。

はるはる

正直、仮想通貨が関係なくても、節税を知らずにせっかくもらえるものを見逃すのはもったいないですよね



今回は仮想通貨に対する税金対策だけでなく、普通のサラリーマンとして働く人でも、5分でできるお得な「ふるさと納税をご紹介していきます!




5分でできるふるさと納税|簡単な手続きでサクッとお得に節税しよう!

「ふるさと納税」と聞くと、納税という言葉から「手続きが面倒そう」「時間がかかりそう」と思ってしまうかもしれませんね。

しかし、納税は納税でも「ふるさと納税」は違います。

簡単な手続きで5分程度しか時間もかからない上に、

はるはる

出て行くはずのお金で返礼品がもらえる」など、まさに一石二鳥の節税対策として注目されているほどなんですよ!!



ふるさと納税の手続き手順を簡単に説明すると、

  • ①寄付したい自治体を選ぶ(あとでオススメのものを紹介します)
  • ②寄付の申し込みをする(5分で完了)
  • ③寄付金を支払う(クレカ決済もOK)
  • ④自治体からお礼を貰う(待つだけ)

という上記手順が基本となります。

ここでは、ふるさと納税の手続き方法を、詳しく具体的にお話します

ぜひ、実際にふるさと納税を申し込む際の参考にして下さいね。

手続き方法①ふるさと納税する自治体を決める

ふるさと納税を利用するには、まず自分が寄付したい自治体を選ぶ事から始まります。

とはいえ、ふるさと納税を実施している自治体はたくさんあり、その中からお気に入りを探すのはなかなか大変です。

はるはる

今回は私のオススメを選ぶとして先に進んじゃいましょう!



ちなみに、各自治体の返礼品の選び方を詳しく説明すると以下のような感じです。
(ここは飛ばしても大丈夫です。)

【自治体によるお礼品の違いと基準】

  • 自分の欲しいお礼の品物で選ぶ
  • 自分の住んでいる所やふるさとなど地域で選ぶ
  • お礼の品物ランキングで選ぶ
  • 寄付金額で選ぶ(お礼の品ページで寄付金額を確認可能)
  • 使い道で選ぶ(自治体のサイトで使い道を確認可能)

主に上記5つの基準により、自治体を選ぶのが一般的となっています。

返礼品の例としては、有名どころだとカニいくらといった海産物。
他にも高級なお肉日本酒といったものまで、かなり豪華なものになっています。

特に、2018年12月中に限っては、全国の系列店で使えるHISギフト券や、Amazonで普通にショッピングで使えるAmazonギフトカードも取り扱われるとのことです。
これについては後ほどご紹介します。

お礼の品で私のオススメ以外を選ぶ場合は、寄付金額によって異なるのはもちろん、旬の食べ物などであれば届ける季節が決まっていたりしますので、

はるはる

好きな地域や、好きな返礼品などで決めると良いでしょう!





手続き方法②5分でふるさと納税の申し込みを済ませる

オススメにするにしても、自分で選ぶにしても、ふるさと納税したい自治体が決まったら、
いよいよふるさと納税」の申込み手続きをしましょう。

申込み方法についても、ほとんどの自治体はインターネット上で申込み可能になっています。

はるはる

役所のHPでありがちな使いにくいサイト、みたいな感じではないので安心してください(笑)

 

ちなみにふるさと納税で寄附したときに控除される上限額は、年収や家族構成によって変わります!

かなり複雑な計算が必要なんですが、目安は年収の約1%です。

簡単な目安は以下の表で確認してもらえれば、無駄なく寄附できるかと思います♪

給与収入(年間) 独身もしくは
配偶者控除のない共働き夫婦
夫婦のみ
(配偶者控除あり)
夫婦(配偶者控除あり)と
子(16歳以上19歳未満)
年金暮らしの夫婦
400万円 43,000円 33,000円 25,000円 36,000円
600万円 77,000円 68,000円 60,000円 78,000円
800万円 131,000円 120,000円 111,000円 134,000円
1000万円 177,000円 165,000円 156,000円 185,000円
2000万円 552,000円 546,000円 534,000円
5000万円 2,056,000円 2,046,000円 2,031,000円

具体的には、以下のサイトで自分の年収や家族構成に合った上限額を計算できるので、ぜひ利用してみてください!

「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション

手続き方法③ふるさと納税の支払いをする

ふるさと納税の申込みが完了すると、今度は自分が申し込んだ自治体から振込用紙や納付書など納税に必要となる書類が届きます

支払い方法については、送付されてきた納付書などで支払ったり、指定された口座に振り込んだり、現金書留で送付したりするなど色々な方法があります。

また、最近ではクレジットカードでの支払いが可能な自治体も増加しているようです。

はるはる

これはすぐに終わるので便利ですね!!

ちなみに、先ほど少し紹介したHISギフト券やAmazonギフトカードのふるさと納税もクレジットカードが使えます

納税関係でクレカが使えるようになっていることからも、ふるさと納税は人気を集めていることがよくわかりますね!


手続き方法④ふるさと納税の返礼品を待つ

自治体への寄付金を振り込むと、ふるさと納税を申し込んだ自治体から「謝礼の手紙」や「寄付金受領証明書」などの書類が送付されてきます。

この寄付金受領証明書が確定申告をする方にとっては、必要になる大切な書類となりますのでなくさないよう大切に保管しておきましょう。

そして、その後に自分の選んだお礼の品が届く流れになっています。

はるはる

つまり、あとは待つだけ!簡単だったでしょ?




そもそもふるさと納税とは?その仕組みと寄付限度額を分かりやすく解説

ふるさと納税

そもそもふるさと納税はなんぞや、というと自分が応援したい自治体に寄付する仕組みの事なんです。

納税という名の、税金を活用した『寄付』というのがポイントですね。

この仕組みを活用することで自治体は財源を確保することができる、というのが表向きのメリットです。

その一方で納税する人からしても、ふるさと納税を上手に活用する事によって確定申告が必要な方はもちろん、

はるはる

一般のサラリーマンで年末調整で確定申告が必要ない方も控除可能なのが特徴です!!



ふるさと納税を活用する具体的なメリットは以下の通りです。

  • 様々な返礼品を貰える(特産物や家電など)
  • 自己負担が実質2000円でできる
  • 寄付した分だけ税金が控除される(所得額による上限あり)
  • 「寄付すればするほど控除される」というのが最大の特徴

など、非常に税金面でお得な制度となっており、今注目を集めています。

ふるさと納税の自己負担金は2,000円

ふるさと納税を利用する際のメリットをご紹介しましたが、その中でも「自己負担金2,000円でできる」点は非常に魅力的ですよね。

具体的には、ふるさと納税として寄付した金額から自己負担金2,000円を除外した金額を、所得税や住民税から控除できます。

例えば、10,000円の寄付金を3つの自治体へ寄付した場合の寄付金合計は「30,000円」になりますが、

はるはる

その場合も自己負担金は2,000円で済み、残りの「28,000円」を差し引く事ができるんです!!



ふるさと納税はあくまで寄付金扱い

ふるさと納税と聞くと、「納税」という言葉が使用されているため勘違いしやすいですが、あくまで法律上は自治体に支払う寄付金になります。

はるはる

寄付金扱いになるので、確定申告によって税金が控除されるという事ですね!!

寄付限度額について

ふるさと納税とは、あくまで自治体へ寄付する事によって、既に支払っている所得税や住民税を控除するので、自己負担金である2,000円を除いた全額が返金されるわけではありません。

つまり、自分が納めている税金以上の控除はできず、

はるはる

自治体へ寄付する人の収める税金によって控除できる限度額も違ってくる点には注意しましょう!!



ふるさと納税・寄付ならふるさとプレミアム

自治体へ寄付する事で、寄付した事の証明書とともに自分の好きなジャンルのお礼品を貰える「ふるさと納税」。

これからあなたが、ふるさと納税を活用して控除を受け、さらに寄付によるお礼の品物や地域ごとに選びたいと考えているなら「ふるさとプレミアム」というサイトを活用しましょう。
(ふるさとプレミアムのオススメ寄付先はこちら

ふるさとプレミアムでは、全国のHIS系列店で使える「HISギフトカード」やAmazonで使用できる「Amazonギフトカード」から、

はるはる

人気のお礼品ランキングなど、様々なジャンルのお礼品を選ぶ事ができるのでおすすめです!!




ふるさと納税でどれだけ節税できるのか

ふるさと納税

では次に、例えば「仮想通貨で得た利益をふるさと納税でどれだけ節税できるのか」ご紹介したいと思います。

はるはる

せっかくなので仮想通貨のことについても触れておきましょう!

まずは、ふるさと納税で控除できる税金2種類をみていきましょう。

種類①所得税の控除(還付)

仮想通貨で得た利益は、現時点では法律上「雑所得」という扱いになっており控除が可能です。

具体的に10,000円を寄付し、所得税率が10%の場合には以下の計算式のように「800円が還付」されます。

  • 【寄付金10,000円 - 自己負担金2,000円 = 8,000円】
  • 8,000円 × 所得税率10% = 800円

※上記の所得税率10%が適用されるのは「所得金額が195万円以上330万円以下」の場合になります。

自営業の方は確定申告時に寄付金証明書を提出する事で控除対象となりますが、一般的に会社で働いている方については、会社で年末調整をしており確定申告は基本行いません。

そのため、会社にお勤めの方にとっては「なんだか面倒くさそう」と思われがちですが、

はるはる

手続きはそれほど難しくなくインターネット上からも可能です!!



種類②住民税の控除

次に住民税の控除ですが、これも前述した所得税と同じ割合の所得税率が適用されます。

具体的に10,000円を寄付した場合は、以下の計算式のように「6,400円が還付」されます。

  • 寄付金10,000円-自己負担金2,000円×【100%-10%(基本税額控除)-所得税率】
  • 8,000円 × 【80%】 = 6,400円

※所得税の控除と同じく、上記所得税率10%が適用されるのは「所得金額が195万円以上330万円以下」の場合になります。

上で書いたものはあくまで一例なので、実際の寄付額を知りたい人はここでシミュレーションしておきましょう!

「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション

【結論】ふるさと納税を活用する事で仮想通貨に限らず節税対策になる!

結論から言ってしまうと、基本的にふるさと納税を上手に活用する事でお得な納税を行うことができます。

ふるさと納税の定義については、総務省の「ふるさと納税ポータルサイト」で以下のように定義されています。

「ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります)。」


つまり、上手にふるさと納税を活用する事によって、

はるはる

「所得税と住民税の控除対象となる」ので仮想通貨の節税対策にもなるというわけですね!!



また、ふるさと納税を行う事で、所得税、住民税の控除だけでなく、様々な特産品やギフトカードといったお礼の品を貰う事ができるのが最大の魅力と言えるでしょう。

ふるさと納税はワンストップ特例が楽チン

ふるさと納税

実際にふるさと納税を活用して寄付をする方法は2種類ありますので、ここではぞれぞれの方法をわかりやすく簡単にご紹介します。

便利なワンストップ特例制度

自分の所得に応じた上限金額までは、複数の自治体へふるさと納税で寄付をしても、自己負担金は2,000円で済む事はご紹介しました。

実際にやってみると簡単な確定申告も、やはり慣れていないと「めんどうくさい」「煩わしい」「時間がない」という方の為の制度がワンストップ特例制度です。

つまり、確定申告を行わない方向けの制度になりますが、これを利用するためには以下に記載した一定の条件をクリアしている事が必要になってきます。

  • もともと確定申告をする必要がない給与所得者
  • ふるさと納税を申請する自治体が5つ以下
  • ふるさと納税以外に確定申告をするものがない方

また、基本的に確定申告では「所得税から還付され住民税から控除」されますが、ワンストップ特例制度では「所得税からの還付」がなく「住民税からの控除」のみになります。

はるはる

ただし、所得税から本来還付されるお金は住民税から控除されるのでその点は安心してくださいね!!



ワンストップ特例制度の申請方法

ワンストップ特例制度を申請するには、ふるさと納税を行った自治体に以下の書類を送付する必要があります。

【ワンストップ特例制度で用意するもの】

  • 封筒と切手
  • ワンストップ特例制度申請用紙
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)

※同じ自治体へ複数の寄付をした場合、まとめて発送が可能です。
※申込み用紙や郵送対応をしているか等の詳細は各自治体により異なります。
※ふるさと納税への寄付後に申請可能です。

確定申告を行う(自営業の場合)

自営業を営んでいる方の場合は、毎年自分で確定申告を行う際に行う事になります。

その際には、寄付先から送られてくる「寄付金受領証明書」が必要となりますので確定申告時に持参しましょう。

サラリーマンの方は確定申告不要

最初にもお話ししましたが、会社勤めをしている方(サラリーマン)の場合には会社が年末調整をしてくれるので確定申告を行う必要はありません。

なので確定申告自体よくわからない方も多いでしょう。

ただ、ふるさと納税を活用する場合は、別途税務署やインターネットで確定申告を行う必要があります。

はるはる

その際に、源泉徴収票と寄付金受領証明書が必要となりますので用意しておくようにしましょう!!



ふるさと納税で貰えるお礼の品は何を選ぶのがベスト!?

いざ「ふるさと納税」をしようにも、「多数の寄付先があって選ぶのが大変」「良い品物とはいえ肉や魚がたくさんくると大変」といった事が多数散見されます。

その為、あえてふるさと納税への寄付を分けて申請することで、一気に返礼品が来ないようにすることも重要となってきます。

はるはる

ふるさと納税のお礼品として「何を選ぶのがベストなのか」は気になりますよね!!



貰える様々なモノについては、基本的に以下の3種類に分類されます。

  • 『地域別の特産品類』
  • 『家電』返礼品
  • 『Amazon・HISのギフトカード』等

ふるさと納税

特産品については、「季節もの」がある点や「日持ちしない食べ物」がある点に注意して選ぶと良いでしょう。

実は、返礼品の中でも「家電製品」は、自治体によって様々な品物が用意されており、日常生活でも使用できるために非常に人気が高いようです。

はるはる

「特産品や家電などは必要ない」「普通の買い物に使いたい」「休みに旅行に行きたい」という方は、やはり『Amazon・HISギフトカード』がおすすめです!!



Amazon・HISギフトカードは、「好きな時に使えるから融通が効く」「生ものじゃないから腐らないのは大きい」といった利点もあるので非常に魅力的でおすすめです。

また、お札のように紙のものなので、家電ほど場所をとりません!

はるはる

特に、特産品や家電などで欲しいものが無い方は、とりあえず「AmazonかHISのギフトカード」を選ぶと良いでしょう!!

最後に女子会オススメのふるさと納税を二つ紹介しますね!




女子会のオススメふるさと納税チョイス①:静岡県小山町

さていよいよ私がオススメするふるさと納税の紹介です!

まずは静岡県小山町のふるさと納税。

なんと、あの巨大ネットショップサイトのAmazonで普通に使えるAmazonギフトカードが返礼品、というすごい内容。

しかも還元率が最大43%というボーナス価格なんです。

Amazon内でと限れば、普通の買い物で現金と同じように使えるというのは、他のふるさと納税とは大きく違う点です。

納税額は2万5000円から200万円まで、少額から高額の納税をする人までをカバーしてます。

はるはる

これなら普通のサラリーマンから、今年は少ないと思いますが仮想通貨で億った人でも寄付できますね!

静岡県小山町のふるさと納税一覧



女子会のオススメふるさと納税チョイス②:佐賀県みやき町

そして次に最大還元率が脅威の58%である佐賀県みやき町のふるさと納税を紹介します!

返礼品は全国の系列店で使えるHISギフトカードと、静岡県小山町のAmazonギフトカードと比べると使う場面は少ないですが、

その代わり還元率がプラス15%とお得感倍増な内容になっています。

はるはる

普通の相場で30%ぐらいで高め、という感じですからね。

一口にHISギフトカードといっても、その対象の納税額は10万円から200万円まで幅広くカバーしているので。ちょっとした額から、ドカーンと納税する人まで誰でも申し込むことができます。

佐賀県みやき町のふるさと納税一覧



女子会オススメのふるさと納税を一覧!

最後に今回紹介したふるさと納税を、金額ごとに一覧して終わりにしましょう!

それぞれにリンクを貼ってるので、「これにしよう!」というものがあったらクリックしてくださいね!

オススメチョイス①静岡県小山町のふるさと納税一覧〈還元率43%〉

※今なら下の表にプラスで3%分のAmazonギフトコードも付いてきます。
ギフトカード額をクリックすると詳細が見れます。

 ふるさと納税額  Amazonギフトカード額  還元率
  25,000円   10,000円   40%
  50,000円   20,000円   40%
  100,000円   40,000円   40%
  150,000円   60,000円   40%
  200,000円   80,000円   40%
  300,000円   120,000円   40%
  400,000円   160,000円   40%
  500,000円   200,000円   40%
  1,000,000円   400,000円   40%
  1,500,000円   600,000円   40%
  2,000,000円   800,000円   40%

 

オススメチョイス②佐賀県みやき町のふるさと納税一覧〈還元率58%〉

※今なら下の表にプラスで8%分のAmazonギフトコードも付いてきます。
ギフトカード額をクリックすると詳細が見れます。

 ふるさと納税額  HISギフトカード額  還元率
  100,000円   50,000円   50%
  120,000円   60,000円   50%
  140,000円   70,000円   50%
  160,000円   80,000円   50%
  180,000円   90,000円   50%
  200,000円   100,000円   50%
  300,000円   150,000円   50%
  400,000円   200,000円   50%
  500,000円   250,000円   50%
  1,000,000円   500,000円   50%
  2,000,000円   1,000,000円   50%

 

表を見てもらうとわかると思いますが、ふるさと納税額に関わらず一律50%の還元率はかなり破格です。

しかも、普通のお金のように使えるAmazonギフトコードも8%分ついてくるのですから、

はるはる

手続きの手間届くまでの時間を考えないなら、やらない手はないでしょう!

今回は日本で納税する人にとって、誰もがお得になる『ふるさと納税』について紹介してきました。

これは滅多に言うことではないですが、ふるさと納税で損をすることはありません

むしろ得しかない、という評判が多くを占めています。

そんなふるさと納税ですが、静岡県小山町のふるさと納税を申し込めるのは、

2018年12月31日まで

佐賀県みやき町のふるさと納税は

2018年12月30日まで

となっています。

平成最後の今年も後わずか。

来年も同じようにギフトカードが扱われているとは限らないので、
見逃さないうちにサクッとふるさと納税を済ませてしまいましょう!



二つのふるさと納税はこちら↓↓↓

静岡県小山町のふるさと納税一覧



佐賀県みやき町のふるさと納税一覧

最終更新日:2018年12月24日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事