ホーム仮想通貨初心者向けビットコイン高騰への期待!2018年以降に注目したい理由をまとめてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えりな

ビットコイン高騰への期待!2018年以降に注目したい理由をまとめてみた

ビットコイン,高騰,2018

ビットコインは、2018年は悲惨たるものでしたが、2018年以降のビットコインは高騰する可能性がありますよ!高騰が期待できる理由や予想をまとめてみました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

こんにちは!えりなです!2018年のビットコイン相場は、暴落→レンジ→暴落の繰り返しでしたね。

2017年に起きたビットコインバブルの高騰のタイミングで仮想通貨取引を始めた人達にとって、2018年は悲惨たるものだったと思います。

そんな人たちに朗報です!2018年以降のビットコイン相場が高騰する可能性があります。

相場に絶対はないので100%とは言い切れませんが、高騰が期待できる理由や証言がたくさんあるのです。

目次

2017年はビットコインが大高騰!

ビットコイン,高騰,2018

ビットコインの高騰といえば、記憶に新しいのは2017年ですよね。

2017年1月は10万円前後だったビットコイン価格が、2017年8月に30万円前後に高騰!それだけにとどまらず、2017年12月には240万円を突破しました。

一般のサラリーマンやOLが億単位を稼ぐ時代に発生!ビットコインバブルと呼ぶにふさわしい時代でした。

この直後に、ビットコインで儲けようと考え、仮想通貨取引所に新規登録する人たちが増えたのです。

海外の仮想通貨取引所では、新規登録が急増して、仮想通貨取引所のサーバーがダウン!

一時的に新規登録ができない仮想通貨取引所も出たそうです。

ビットコインの高騰はどこへ…2018年は大暴落へ。なぜ?

ビットコイン,高騰,2018

2017年に歴史的高騰を見せたビットコイン価格は、2018年1月から大暴落しました。

売られすぎから、少し反発上昇する場面もありましたが、一時的なものにとどまり、戻り売りを繰り返しています。

2018年は特別な行動を見せることなく終わりそうです…。なぜ2018年に入りビットコインは暴落したんでしょうか?

暴落の理由①コインチェックのNEM流出事件

2018年1月下旬に起きた「コインチェック事件」。仮想通貨取引所のコインチェックがハッキング被害を受けて、580憶円相当のNEMが盗まれた事件です。

ガバガバのセキュリティが露呈に

仮想通貨取引所はセキュリティを強化するために、マルチシグやゴールドウォレットというシステムを導入していますが、コインチェックはこれらのセキュリティ対策をしていないことが判明!

専門家たちからは「このセキュリティがハッキングされてもしょうがない」と見られてしまいました。

コインチェックは、出川哲朗さんを起用したユニークなCMで一躍有名になった仮想通貨取引所です。

えりなえりな

セキュリティより広告に費用をかけていたことが伺えます。

「仮想通貨は危ない」というイメージが蔓延

コインチェック事件は世界中で報道されて、「仮想通貨は危ない」というイメージが蔓延しました。それが理由で、ビットコインを含む仮想通貨全体が暴落したという見方ができます。

暴落の理由②多額のビットコインの利益確定

2017年後半に向けてのビットコインの高騰は異常なものがありました。

相場の素人はイケイケムードだったかもしれませんが、相場のプロは危険と感じていたでしょう。

なぜなら、株や為替取引でも異常な高騰を見せた後は暴落するからです。

なぜ暴落するかと言うと、多額の利益確定売りが出るから。その暴落に慌てて、損切りする投資家も出てくるので、さらに暴落します。

相場のプロたちはこれを見越して、一足先に売り抜けていたと考えられるのです。そこで起きた暴落に、慌てて利益確定や損切りが重なったと予想できます。

ちなみに、元ライブドア社長の堀江貴文さんは、暴落が起きる手前で利益確定していたそうです。さすがの相場観ですね!

仮想通貨の暴落についてはこちらも

気になるのはビットコインの今後!2018年以降の高騰はあり得るのか?

ビットコイン,高騰,2018

多くの投資家が気になっているのは、「ビットコインは2018年以降も上がるのか?」だと思います。

賛否両論の予想が飛び交っていますが、高騰する予想が根強いようです。高騰するとしたらその理由は何なのか?リサーチしてみました。

ビットコインが2018年以降も高騰する理由①セキュリティ向上からくる安心感

日本で起きているハッキング事件といえば、コインチェックやザイフが有名ですが、海外でもちょくちょく起こっています。

そんな背景もあり、仮想通貨取引から離れる投資家が増えました。今現在、仮想通貨取引所はセキュリティ強化に力を入れている最中です。

セキュリティが確固たるものになれば、ビットコインへの安心感が高まると予想されるため、高騰が期待できます。

ビットコインが2018年以降も高騰する理由②大手企業の参戦

無料通話アプリ「LINE」が、BITBOXという独自の仮想通貨取引所をオープン!

マネックスグループや楽天は、仮想通貨取引所を買収して業界に参戦しています。

仮想通貨業界はまだ動き出したばかりなので、不透明感があるのは否めませんが、誰もが知っている企業が参戦することで安心感が広がりやすいと予想できるのです。

このような動きは、日本だけではなく世界中で起こっています。

海外の仮想通貨取引所「コインベース」が三菱UFJフィナンシャルグループと提携!日本上陸へ

海外の有名な仮想通貨取引所「コインベース」が、三菱UFJフィナンシャルグループと提携して日本に上陸することが分かっています。

海外の仮想通貨取引所に興味がある投資家は多いと思いますが、ちょっと怖くて口座開設できなかった人も多いですよね?

しかし、三菱UFJフィナンシャルグループと提携しているとなれば安心感が湧きます。

しかも、日本版コインベースのCEOを務めるのは日本人だから、より安心!

コインベースが本格的に日本に上陸すれば、日本の仮想通貨市場に影響を与えることは間違いありません。

コインベースの日本上陸はこちらも!

ビットコインが2018年以降も高騰する理由③新興国の参戦

仮想通貨取引は先進国が参入している傾向があり、新興国は禁止にしている傾向があります。

しかし、新興国も仮想通貨取引に参入する動きが見えているのです。

注目は13億の人口を抱えるインドの新規参入

中でも注目されているのは、インドの参入です。インドは、世界第2位に当たる13億人もの人口を抱えている国だって知ってましたか?

世界人口第1位の中国の陰に隠れがちなので、意外と知らない人が多いんですよね。

これだけの人数が仮想通貨取引に参加するとなれば、ビットコインの高騰は約束されたも同然!

えりなえりな

その他の新興国の参入にも注目していきましょう。

信じるか信じないかはあなた次第!「2018年以降もビットコインは高騰する」と予想する専門家たち

ビットコイン,高騰,2018

2017年のビットコインバブルに乗り遅れた人たちは、あのような高騰がもう一度来ないか期待していますよね?

そんな人達に朗報があります!多数の仮想通貨の専門家たちが、「2018年以降もビットコインは高騰する」と予想しているのです。

その一部を抜粋しました。彼らの予想を信じるか信じないかは、あなた次第です!

ジョン・マカフィー「2020年までに1BTC=100万米ドル(約1億1,000万円)」

ウイルスソフトの「McAfee」の創業者であるジョン・マカフィーは、SNSでビットコインのツイートを度々しています。そんな彼が予測するビットコインの高騰は、

「2020年までに1BTC=100万米ドル(約1億1,000万円)」

です。

ティム・ドレイパー「2022年までに1BTC=25万米ドル(約2,750万円)」

ベンチャーキャピタルのドレイパーアソシエイトの創業者「ティム・ドレイパー」。

彼は、2018年4月に行われた仮想通貨のパーティーでビットコインの高騰を予想しています。その内容は、

「2020年までに1BTC=25万米ドル」

です。さらに、15年先の高騰も予測しています。その内容は

「15年間で1BTC=80兆米ドル(約8,800兆円)」

というものです。15年先の予想はちょっと遠すぎる気がしますが、2020年の高騰なら現実味があるかもしれませんね。

トーマス・リー「2020年3月に1BTC=9万1,000米ドル(約1,001万円)」

アメリカの調査会社ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ社のトム・リーは、アメリカの経済情報誌フォーブスのインタビューで

「2020年3月に1BTC=9万1,000米ドルになる」

とビットコインの高騰を予想していました。

ロニー・モアス「2020年末に40%~60%の確率で4万米ドル(約440万円)」

アメリカの金融調査会社「スタンドポイントリサーチ社」でCEOを務めるロニー・モアスは、自身のツイッターで

「2020年末に4万米ドルに高騰する」

と予想しています。ちなみにその確率は40%から60%とのことです。結構高めですよね!

更に彼は、全てのアルトコインの合計が3,250億米ドル(約35兆7,500億円)になるとも予測していますから、アルトコインの高騰にも期待です(ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼んでいます)。

ビットコイン一本で投資している人は、アルトコインの買いも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

アリステア・ミルン「2020年に来る次の半減期までに1BTC=3万5,000~6万米ドル(約385~660万円)」

アリステア・ミルンは、アルタナデジタルカレンシーファンドのCIOを務める人物です。彼は自身のツイッターで

「2020年に来る次の半減期までに、1BTC=3万5,000米ドル~6万米ドル」

になると予想しています。

否定派の意見も参考に!「2018年以降のビットコインは高騰しない」と予想する専門家たち

ビットコイン,高騰,2018

前述したような予想を見ると、ビットコインの未来は明るいと感じますが、安心するのはまだ早いです。

2018年以降のビットコインは高騰しないと予想する専門家たちもいます。

仮想通貨相場に絶対はありませんので、否定派の意見も参考にしながら投資戦略を作るべきです。

えりなえりな

否定派の意見を見ていきましょう。

アーサー・ヘイズ「2020年春まで現在の値動きを継続」

海外の仮想通貨取引所BitMEXでCEOを務めるアーサー・ヘイズ氏は、

「現在のボラティリティ環境が12ヶ月から18ヶ月継続する」

と発言しています。つまり、2020年の春までは今の値動きのまま動かない予想です。

ケネス・ロゴフ「2028年に100米ドル(約110万円)レベル」

ケネス・ロゴフは、ハーバード大学教授やIMFチーフエコノミスト、etc、輝かしい経歴を持つ人物です。

彼はニュース番組の取材で

「ビットコインは10年後100ドルレベルで取引される」

と予想してます。その理由は

「大国が調整の動きを見せるから」

だそうです。

ウォーレン・バフェット「殺鼠剤を二乗したもの」

ウォーレン・バフェットは、投資会社バークシャー・ハサウェイのCEOです。彼は、ビットコインに対して、以前から否定的な意見を通していました。

バークシャー・ハサウェイの株主総会で

「ビットコインを殺鼠剤を二乗したもの」

と発言しています。

具体的なビットコイン価格の予想は出していないものの、否定的な姿勢は変わりありません。

ビル・ゲイツ「より馬鹿なものが行う理論」

言わずと知れた世界一の大金持ち「ビルゲイツ」。もはや説明不要だと思いますがMicrosoftWindowsの創業者です。

彼は、米CNBCのインタビューで

「ビットコイン投資は、より馬鹿なものが行う理論」

と発言しています。具体的な将来価格を予想しているわけではありませんが、ビットコインに否定的なのがよく分かる発言ですね。

ただ、ビルゲイツは自身の「ビルゲイツ財団」で仮想通貨リップルとの提携をしているので、仮想通貨全体を否定しているわけではなさそうです。

今後、ビットコインへのイメージが変わるのか?変わらないのか?注目が集まります。

【結論】2018年以降もビットコインの高騰が期待できる

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?ビットコインの高騰は否定派の意見もありますが、このように見てみると、行動する可能性の方が高そうですよね。

2018年の暴落で「あぁ、終わった…(ToT)」と思っていた人たちは諦めないでください。今から買いの準備をしておいた方が良いかもしれません。

ただ、2020年に向けて行動する見方が強いので、短期間で儲けようとするのはナンセンスです。

1年から2年長期保有するつもりが良いかもしれません。となると、多少の暴落でも資金が尽きない余裕資金が必要です。

節約や副業をして投資資金を貯めておいた方が良いかもしれませんよ!

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事